「El Condor Pasa」へようこそ!
2024-02-22 Thu 17:08
shutterstock_435722866_convert_20171226205550.jpg




「科学忍者隊ガッチャマン」に登場するG2号・コンドルのジョー大好きな管理人が気ままに書くブログです。前サービスとさよならしてこちらへ引っ越してまいりました。
古くからお越しいただいている方も新しくお見えになられた方もどうぞよろしくお願いいたします。

なお、コメントの移動は出来なかったので、手動で入れました。2015年12月18日以前のものは、それぞれの記事の最後にある「+Read More」をクリックしていただくと、コメントが現れます。


<Notice>

*当ブログにおいて無関係のコメントは削除いたしますのでご了承ください。


*Please understand that irrelevant comments will be deleted on this blog.


*Vi preghiamo di comprendere che a prescindere dei commenti che elimino
in questo blog.


スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2特別編〜音楽用語のイタリア語2〜
2018-04-17 Tue 18:00
italiano_musica2.gif


Ciao, tutti !

今日は、音楽用語の第2弾だよ。


<C>

♪「cadenza( カデンツア )歌や言葉の節回し、抑揚、調子、終止形(女性名詞)」

英・仏 cadence(女) 独 Kadenz(男)


♪「campana( カンパーナ )鐘、釣鐘、鐘の音(女性名詞)」

英 bell 独 Glocke 仏 cloche

*ラテン語の(vaso)campana「カンパーニャ地方特産の青銅の壺」から派生したもの
* campana della chiesa「教会の鐘」、tocco della campana「鐘の音」


♪「cantabile( カンタービレ )」

英 in a singing style  独 gesanglich  仏 chantant

*「旋律的な特徴を持つ声楽曲」という意味で、音楽的には、声楽では「旋律の流れに委ねるように」、楽器では「歌うように」


♪「cantare( カンターレ )歌う(動詞)」

英 to sing  独 singen  仏 chanter


彼らは声を合わせて皆で歌った。

Hanno cantato tutti in coro.

エンツオはバリトンとして歌っていた。


そういえば、僕の中の人は、以前どこかの掲示板で「バリトンボイス」と言われていたのを読んだな。

Enzo cantava da baritono.

** cantate( カンターテ )歌手(男女共)、cantata( カンタータ )(好きで)歌う事
   cantatore( カンタトーレ )歌い手(男性名詞)、歌う(形容詞)
   cantilena( カンティレーナ )哀歌、子守唄(女性名詞)


♪「canzone( カンツオーネ )歌、カンツオーネ(女性名詞)」

*ラテン語のcantus「歌、音、旋律」やcantio「歌、音楽」からイタリア語としてcanzone になった。



♪「capo( カーポ )韻、頭部(男性名詞)」

*音楽用語では、前置詞 da と一緒に用い、da capo( D.C.)「冒頭から楽節を繰り返す」
*「初めから」という時にはイタリア語では、 dall'inzio , dal principio という表現を使う。


初めからやり直しましょう。

Ricominciamo da capo.


♪「cimbali( チンバリ )シンバル(男性名詞・複数形)」

英 cymbals. 独 Becken, 仏 cymbales


酔って浮かれすぎてはダメよ、あまりはしゃがないように( シンバルを鳴らして行くな、という意味)

Non andare in cimbali.


♪「clarinetto( クラリネット )」

英 clarinet,  独 Klarinrtte, 仏 clarinette


僕の大好きなクラリネット

il clarinetto che mi piace tanto

ふーん・・バードミサイルの場合は、il uccello missile・・と言えばいいんだな

  ***注:時々ジョーくんのつぶやきが入ります。ご注意下さい(爆)


♪「coda( コーダ )尻尾、末端、最尾部」

英 ending,  独 Koda,  仏 queue

*ラテン語の cauda から。coda di cavallo「ポニーテール」pianoforte a coda「グランドピアノ」


私たちの猫は白色だが、尻尾は黒い。

Il mio gatto è bianco, ma con la coda nera.



♪「contrabbasso( コントラバッソ )コントラバス(男性名詞)」

英 double bass,  独 Kontrabaß, 仏 contrebasse


私の伯父さんは(コントラバスのような)大きないびきをかいていました。

Mio zio russava come un contrabbasso.


♪「crescendo( クレッシェンド )次第に大きくなること(男性名詞)」

英 getting louder,  独 lauter werdend,  仏 en croissant

*動詞 crescere のジョルンディオ crescendo が名詞化したもの


<D>

♪「decrescendo( デクレッシェンド )次第に弱くなっていくこと(男性名詞)」

英 getting weaker, 独 leiser werdend,  仏 en décoissant

ピアニッシモまで徐々に音が弱くなる

decrescendo sino al pianissimo


♪「delicato( デリカート )繊細な、デリケートな、優美な(形容詞)」

英 delicate, 独 zart, 仏 délicat

*ラテン語の delicatus「上品な」が語源。


♪「do( ド )音符の第一音・ド、ハ音(男性名詞)」

仏は同じ   英・独 C


♪「dolce( ドルチェ )甘い、穏やかな、優しい、心地よい(形容詞) デザート(男性名詞)」

英 sweet, soft, 独 süß, santf, 仏 doux

*acqua dolce「淡水」、vino dolce「甘口ワイン」、patata dolce「さつまいも」


私は辛口ワインの方が甘いのより好きです。

Preferisco il vino secco a quello dolce.


♪「due( デューエ )2の(形容詞)(基数)」

英 two, 独 zwei, 仏 deux

「2」かあ、僕の数字じゃのう・・・

*tutti e due「2つとも全部(両方とも)」、noi due「私たち2人」、due volte「2回」、in due「2人で」


(レストランなどで)私たちは2名です。

Siamo in due.


♪「duetto( デュエット )二重奏(曲)(男性名詞)」

英 duet, 独 Duett, duo,仏 duo


♪「duo( デューオ )二重奏、デュオ(男性名詞)」



<E>


♪「elegante( エレガンテ )上品な、優雅な、洗練された、巧みな(形容詞)」

*ラテン語の elegans(elegantis)「精選された」が語源


私は気の利いた喫茶店で待ち合わせをしている。

Ho appuntamento in un elegante caffè.


今回も長くなってしまったね。でもこうしてみると結構いろいろあるよね。楽譜に書いてあるのを見ていると面白いかもよ。

それじゃ次回からはまた通常に戻るね。音楽用語はまた後で。

Ci vediamo !





別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
寝込んでおります
2018-04-14 Sat 17:09
omimai_1.gif

キサラが体調崩したらしいぜ(←事実です)

しょうがねえな、まあ新しい職場で疲れが溜まったんだろ。(でも楽しいところですよ!)


omimai_2.gif


それにしてもよ、キサラが寝込むなんてなあ。
「鬼の霍乱」だな。


・・・いてっ


omimai_3.gif


やれやれ、それじゃあずっとそばにいてやるか。
早く元気になれよ。

(うん!ジョーくんがそばにいてくれるなら早く治るね(* ´ ▽ ` *))




そんなわけで・・皆さまもそうぞ体調に気をつけて・・・

おやすみなさい・・。




別窓 | 写真(ドール) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ボーリング
2018-04-12 Thu 19:58
23話「大暴れメカ・ボール」

今日は、ボーリングについて話をしてみたいと思います。

とその前に。

meka_boul_1.jpg

我が物顔でタイトル通り大暴れするメカボールくん。ただの鉄球なのに手足みたいのが出てこれがまた厄介。
そんな鉄球を倒す手立てが浮かばない博士とリーダーに業を煮やしてスナックJでヤケ酒ならぬヤケコーヒーする4人の不良たち(違)

meka_boul_2.jpg

ジュンちゃん。
「ねえ、パーっとボーリングでもしない?」

それに同意する男たち。

meka_boul_3.jpg

コーヒーを飲む彼ら。動作が皆一緒。・・ん?甚平、コーヒー飲んでいいの?
いいのか、スナックで働いているから(よかない)

でも鉄獣が現れてボーリングはできず。
彼らはきっとストライクのオンパレードで、周りの大人たちの注目を浴びちゃうかもね。

ボーリングといえば、私が20代の頃も流行っておりました。
あの当時はまだカラオケなんぞあまりなく、大勢で楽しむ娯楽といえば、ボーリング。
その頃私は都立高校の事務をやっており、事務職員会の仲間たちと親交を深めるためにボーリングに出かけました。

私は最初は変な持ち方をしていたためかすぐにガーター(両脇にある溝)に入ってしまい、点が思うように入らなかったのですが、先輩から教えてもらったらなんと真っ直ぐに行くようになり、結構点を稼ぐことができました。
で、ストライクを出したこともありますが、その次の順番でボールを後ろに落とすというポケをやらかしてユーモア賞なるものをもらった覚えがあります(笑)
いや、でも笑い事じゃないですよ、ボールを足に落とすと骨が砕けるくらい危険なので決して落とさないように!←誰も落とさないって

もし機会があったならやってみたいものだ。
でもまだボーリング場ってあるのかなあ?

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2特別編〜音楽用語のイタリア語1〜
2018-04-10 Tue 20:50
italiano_musica.gif

Ciao !
今日はいつもの会話編をお休みして特別編をお送りするね。
「音楽用語のイタリア語」
以前にもちょろっと話したように、音楽でよく聞く用語はイタリア語から来ているのが多いんだ。
もちろん、他にもドイツ語とかフランス語とかもあるけどね。
これはやはり、主にこの3国は音楽が盛んだということからもいえるよね。イタリアは「オペラ」が有名だね。
そしてその音楽用語は普通の会話にも登場するんだよ。

今回はその第1弾。次回は続きを説明するね。

そうだ、kisara、せっかくだからなんか弾いてよ。

・・え?「猫踏んじゃった」?

そりゃあ、カッツェは踏んづけたいけどさあ。

それじゃあ始めるか。

♪♪♪〜

もう。

たくさんある用語からよく聞く単語をピックアップするね。


<A>

♪「accent( アッチェント )アクセント、強勢」(男性名詞)

*英・仏語 accent、独語 Akzent


Toshi ha un forte accent romano.
トシには強いローマのアクセントがある。


♪「accrescendo( アックレッシェンド )次第に音を大きく強く」男性名詞


♪「adagio( アダージョ )ゆっくりと、静かに(副詞)」男性名詞

*英語 slow 独語 langsam 仏語 adage

Cerchiamo di parlare più adagio.
私たちはもっとゆっくり話すようにしましょう。


♪「allegro( アッレーグロ )陽気な、快活な、(形容詞)」男性名詞

Quel tenore catava un'allegra canzone.
そのテノール歌手は陽気な歌を歌っていた。


♪「alto( アルト )アルト、高音(名詞)、高い(形容詞)」男性名詞

*英語 high 独語 hoch 仏語 haut

Quanto sei alto ?
君の身長はどのくらい?

Sono(alto)due metri.
2メートルあります。


♪「amore( アモーレ )愛、愛情、恋、愛する人、愛の神」男性名詞

音楽用語では、”情熱を込めた、優しい」という意味。


♪「ancora( アンコーラ )まだ、もう一度、もっと(副詞)」

*英語 again, still, 独語 wieder, noch, 仏語 encore
*なお、日本語の「アンコール」は、和製イタリア語。コンサート等でアンコールを要求する時は、bis( ビス )と言う。

Vuole ripetere ancora una volta ?
もう一度繰り返してもらえませんか?


♪「andante( アンダンテ )現行の、平凡な、気取らない(形容詞)」男性名詞

*英語 walking pace, 独語 gehend, 仏語 en allant
*自動詞 andare「行く、進む」の現在分詞が形容詞や男性名詞へと転化したもの。


♪「ardente( アルデンテ )燃えている、激しい(形容詞)」

*動詞 ardere「燃やす(他動詞)」「燃える(自動詞)」の現在分詞。
*スパゲティでよく言うアルデンテは、正しくは al dente( アル デンテ )dente は、”歯”という意味。


♪「arpeggio( アルペッジョ )」男性名詞

*伊・英・独 Arpeggio, 仏 arpège
*和音のそれぞれの音を連続的に演奏すること。

*ヴェルディ作曲のオペラ<イル・トロヴァトーレ>のアルペッジョが有名。


♪「arrabbiato( アッラビアート )怒った、腹を立てた、熱烈な(形容詞)(過去分詞)」

*英語 angry, 独語 wütend, 仏語 enragé
*強意の a とrabbia「怒り」から派生した言葉。自動詞 arrabbiare「怒る」の過去分詞。
*料理用語では、「香辛料を効かせた料理」という意味。


Sono molto arrabbiato con Valerio.
私はヴァレーリオにとても腹を立てている。

penne all'arrabbiata
唐辛子の効いたトマトソースのペンネ(ショートパスタ)


<B>


♪「balletto( バッレット )バレエ、バレエ団、バレエ曲(男性名詞)」

*英・仏 ballet, 独語 Ballett


♪「baritono( バリートノ )バリトン(の声)、バリトン歌手」

*英語 baritone, 独語 Bariton, 仏語 baryton
*ギリシャ語の「バリュトノス」が語源。(バリュス「重い」、トノス「音調」)
*男声高音のテノールと男声低音のバスの間の声。


♪「bravo( ブラーヴォ )優れた、立派な、上手な(形容詞)」

*男性一人の場合。
*女性一人の場合は、brava, 複数の場合は、bravi, 女性だけの複数は、brave

Luca è un bravo cantante.
ルーカはいい歌手だ。




今回はここまで。
続きはまた今度ね。


それじゃあみんな、来週会おうね。

Ci vediamo !



別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<10>
2018-04-08 Sun 13:16
しばらく隊長さんが登場しないので楽しみにしていらっしゃる方には申し訳ないのですが、その代わりと言ってはなんですが、ジョー君が頑張っておりますんで。
というか、それが本来の姿ですけどね、ここはジョーファンのブログなので。

Joe172.jpg

22話「火の鳥対火喰い竜」より。

今回はジョーが志願したわけでなく、なんとリーダー様の命令です。
「ジョー、バードミサイルだ!」

この話の健は何しろ博士の待機命令を無視して勝手に出動。命令違反がなんだって?知らん。

で、そんなリーダーに盛り上がる諸君。
ジョーはカッコつけて「いいってことよ、健。ギャラクターと刺し違えなら本望だぜ!」と江戸っ子風に粋がる。
他のメンバーも命を捨てる覚悟。甚平まで!(偉いなあ・・・(;д;))

で、火の鳥になったGPを包むようにキングドラゴンは炎で焼き払う。あえなく墜落するGP。
このキングドラゴン、まさしく中華の龍、って感じで左手には宝玉が。(これはカッツェの脱出用カプセルである)
カッコいいですよね〜、人気があるのはうなづけます。鉄獣のコーナーで紹介しておりますのでもしよろしかったら。

このジョーと健のツーショット、だんだんと増えてきましたね。
スタッフがファンの心を離さない仕掛けです(笑)

別窓 | コンドルのジョー(#21〜30) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
7連勝だ!
2018-04-07 Sat 20:51
西武特急はとまらない。

そりゃね、レッドアロー号の停車駅は所沢までノンストップだからね。(思いっきり地元民しかわからん話をする私(爆))

そのレッドアロー号です。今日は贅沢して西武球場前までの特別特急車に乗りました。

lions2018_1.gif

その名も「ドーム」号。この野球シーズンのみの特別列車で、1日に4本くらいしかありません。
当然ながら乗客は皆球場へ向かうファン。なんだか仲間が一杯でそれだけでもワクワクします。

このレッドアロー号は、普段は「西武秩父」行きがほとんどで、「ちちぶ○○号」と言います。


lions2018_2.gif

今日の球場。ちと暗いです。時々陽は射すのですが、どんより曇り空。風が冷たかったですね。
電光掲示板には、今日のスターティングメンバーの紹介があります。


lions2018_3.gif

lions2018_4.gif

今日の試合は、初めから絶好調で、6点あげて7回裏のラッキーセブンを迎えます。
ピッチャーの多和田が安定していて、ストライクの山を築き上げて行きました。

で、いつも飛ばすジェットバルーンですが、今回は青以外でも、赤や緑、オレンジ、ピンク、と実にカラフル。写真だとあまりよく見えないですね。

lions2018_5.gif

lions2018_6.gif

オリックス・バッファローズの反撃があってハラハラしたものの、6ー3で勝利を挙げました!
これで開幕7連勝。今日行って勝ちを止めたらどうしよう、と心配しましたが、良かったです・・(笑)

明日も頼むぞ!8連勝だ〜


lions2018_7.gif

本日の戦利品。
フラッグは来場者全員プレゼント。リバーシブルになっていて、左側が今季のキャッチフレーズ、裏が40周年を記念したロゴ入り。なんだかF1レースのフラッグみたいです。

下にあるタオル類は、実は本当はショルダーバッグが欲しかったのに品切れで代わりにもらったものです。
結構こう言うタオルってもったいなくて使えないのよね(爆)
こちらは毎年変わるファンクラブ入会記念グッズの一つです。


さて、連勝をいくつまで伸ばせるかなー?
実際に観てきて今年のライオンズはなんだかやってくれそうな予感がします。
頑張れ!





別窓 | 埼玉西武ライオンズ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT