先週のジョー<25>自由すぎます!
2017-07-04 Tue 18:09
50話「白骨恐竜トラコドン」
ダム建設工事が摩訶不思議な現象で中断するという事態を受け、現場へ調査しに出動する忍者隊の諸君。

そんな中、到着早々に町へ赴く健、ジョー、ジュンの3人。
ジョーは特に単独行動をしていたようで(まあいつものことなので・・)

Joe045.jpg

健とジュンのところへ戻ったジョーは金貨を手にしている。弾いて健に渡す(正しくは飛ばす)行為は大変格好いいですが、その入手方法がいただけません。


Joe046.jpg

「古物商をしている男だがね、2、3発殴ったらびっくりして金貨をよこしやがった」

あちゃー、という感じがしますが、それを聞いた健ちゃん。

「呆れた奴だな」

と言ってみるものの、大して怒った様子もなく。しかもこうやってベッドに寝転がって報告する彼にもそんなこと気にしない。
ま、健ちゃんも人のこと言えたもんじゃないのできっと問題にしてないのでしょう。

でもジョーもただそれだけじゃなく、ちゃんと情報も仕入れてくる。
なんでも金貨を持ち去った人は皆、捕らえられたり、はたまた殺されたりしている。
金貨の裏を見ると、神殿跡と、地下に伸びる道のようなものが描かれ、それがここで起きている事件の解明につながります。
不良のようなことをしててもきちんと仕事をしてくるので、健を始めメンバーや博士はジョーの自由すぎる行動に目をつむっているのでしょうな。


スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<24>まだ殴る!
2017-06-27 Tue 18:10
48話「カメラ鉄獣シャッター・キラー」にて。


Joe043.jpg

この話でジョーはまた竜を思いっきり殴っております。竜の表情からして相当痛そうです。

Joe044.jpg

ほんでもって、殴られた竜はいたってのんき。
「あんれえ、見えるようになったわ」

シャッター・キラーの強烈なレーザー・ストロボを浴びて竜の目は一時的におかしくなる。視力が落ちたのでしょうか。GP操縦者としては致命的です。
なのでジョーはとっさに一発お見舞いしてしまったのでしょうか。
なんて手の早い。

こう手が早いと、きっと女の子に対しても手が早いに違いない。
ジョーのいるトレーラーハウスのあたりをうろついていたら、声をかけてくるかもです。


(以下、妄想)

ジョー:なあ、君。この辺りじゃ見かけないけど・・どこから来たの?

kisara:遠くよ・・道に迷ったみたい

ジョー:それは大変だ。こんなところ女の子一人でいたら危ないぜ。中へ入らないか?

kisara:お邪魔じゃない?

ジョー:構わねえよ。コーヒーでもどうだ?

kisara:ええ、いただくわ。ありがとう、ジョー

・・・あれ?某所での会話みたいだ(爆)



とまあジョーダンはともかく・・

でも竜ってば、ジョーに殴られても怒らないんすかね?
「おい、何すんじゃあ!」
とか言いそうだけど。

もしかしたら、ジョーに殴られるの快感なのかしら?(おい)

ジョーにしたって竜には一番手加減しないよね。竜はああ見えて結構怖いかもよ〜、ジョー。


別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<23>ことわざその1
2017-06-20 Tue 18:20
Joe042.jpg

「なるほどね。さすがは南部博士だ。”防御は最大の攻撃”ってわけか」

45話「夜霧のアシカ忍者隊」で、アシカ島から作業員たちを避難させる作戦で、GPと彼らを乗せた船を匿うため、金属の霧の幕を張ることに。敵のレーダー反応を狂わせることに成功します。

そこでジョーは得意の(?)ことわざを披露。得意、といったのは、ここから今後も色々なことわざを出してくるからです。
ことわざらしきものは、「殺人ミュージック」で言いましたが、あれはちょっと洒落を入れたものなので、今回が最初のちゃんとしたことわざだと言えます。

意味ですが、
『実際に攻撃に対する防御をすることにより、相手の攻撃をかわすことができる。守りを徹底すれば、敵への攻撃のチャンスが生まれ、結果的に勝利することができる』
となります。

ジョーといえば、イタリア国籍の日系イタリア人という設定なのですが、どういうわけか、口を開けばべらんめえだし、こうしてことわざもポンポン出てくる。(思い出しましたが、10話の蟻の回では”(将棋では)敵の駒を利用する”と言っておりました)日系ですが、もう日本人の血はほとんど少ないでしょうからね。風貌も外国人だし。

きっと、いつもGPに乗ると開口一番、”バードミサイルをぶち込んでやる!”と言ってばかりでこのままだとおばかちゃんのままで終わってしまうぞ。それじゃあ余りにかわいそうだ、というわけでこう言う賢い部分もあるのだぞ、というフタッフの親心なのでしょう。
私はそう信じております(笑)


別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<22>俺のものも他人のものも俺のもの
2017-06-13 Tue 18:21
Joe40.jpg

43話「悪に消えたロマンス」
ロミナとジュリアの新婚旅行の旅立ちの日、ロミナに近づく一人の男イリヤ。
革命の同志という間柄ということのようですが、ジョーはこの男を怪しいとにらみ、単独で追いかけます。

で、彼の目に留まったのは空港近くに駐めてあった他人の車。さっさと乗り込んでイリヤの乗るジープを追いかけてしまいます。ハッとして彼を止めようとするメンバーを無視して突っ走る。

ジョーは、健からのどうしたんだ、という問いにも、「答えている暇はない!」と応えて、ハンドルを切る。
とまあ、この時はしょうがないなあという気もしますが・・・



Joe041.jpg


なんと、この後岩にぶつけてフロント部分を破損し、そしてついに放棄して車は大炎上でございます。
そして一言。

「ちぇっ、オンボロ車め」

あの〜・・他人の車ですが?(爆)
壊しておいてその言い方はないでしょ、ジョー君・・という感じですが。

この人には他人の車との認識はあるのでしょうか?拝借という感じより勝手に乗って勝手にぶっ壊してあげくの果てに「オンボロ」発言。
ジョーらしいですわね〜
きっと持ち主は血眼になって探しているだろうなあ(苦笑)

でもね、ジョーの肩を持つわけじゃないけど、あなただって不注意よ。鍵ぐらい付けなさいって!
でもジョーなら無理してでも乗っちゃいそうだな(爆)


別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<21>いたずら大作戦
2017-06-06 Tue 18:17
Joe036.jpg

42話「大脱走トリック作戦」
ギャラクターの企みにより刑務所から脱獄する囚人たちを連れ戻すための大がかりな作戦が行われます。
リーダーの元でみんなで作戦を練るところなんか、スパイ物のドラマを観ているみたい。


Joe037.jpg


で、健がギャラクターの隊長に化けている間、ジョーが指揮をとります。ここはサブリーダーの出番だぞ。
ここからは少しの失敗も許されない・・とのナレーションですが、なんとなく楽しそうなのは気のせい?

囚人たちを乗せる輸送機に扮するGPの周りにハリボテの景色を建てますが、あれはやはりISOが総力を挙げて作り上げた作品なのでしょうか。
可愛い子供達(忍者隊)の言うことを聞いたパパ(南部博士)が真面目に技術者たちを働かせたに違いない。もー、子供に甘いんだから←違います(爆)

Joe038.jpg

Joe039.jpg


幼少のころは幼馴染曰く(第81話)、ジョーは不良少年だとのことですから、こんな風に相手をだますことは大好きでしょう。いつもより生き生きしているような。

ジョーは、もう少しで正体がばれそうになった健ちゃんを救い、そればかりかやってきたギャラクターの隊員たちを相手にジュン、甚平とともに暴れまわる。結構いいポジション。いつもこうだといいんだがなあ。

そんなわけでジョーが活躍する話、今後もよろしくお願いします。

別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT