FC2ブログ
 
今日のキャプチャ<#59>
2019-06-27 Thu 20:03
はい、今日のテーマはですね

「江戸っ子ジョーくん」です(笑)

#59_1

#59_2


え?ジョーはイタリアーノでしょって?
そうなんだけどね・・・!

まずは、第59話「怪獣メカ工場の秘密」からこの台詞をお聞きください。

「だけど漁師の話じゃ、ここら辺は波一つない穏やかな海だっていうじゃないか。そんならおよそ非科学的だい。そんなこと信じられるかいっ」

この後には、「しゃらくせえ!」が続きます←嘘

お前さんはどうだい?ってな感じで竜に降るジョー。

まあジョーの江戸弁はこの回ばかりじゃないですが(てか、そればっか)

で、そんな彼の態度も腕組んで実に鯔背。あぐらでもかいてそうな雰囲気さえしますな。イタリアーノだったら、ポッケに手突っ込んでキザを装う・・ってこれもやってるか。

うーん、「日系イタリア人」という設定のはずのジョーがどうして江戸弁ベラベラのべらんめえなんだろうなあ。


これは私の個人的見解なのですが、パパのジュゼッペ浅倉さん、彼は日本人とイタリアのハーフだと思うんです。
で、ママのカテリーナさん、それこそ結婚して名字が浅倉ですが、彼女は生粋のイタリア人なので、イタリアの名字だと思うのです。(だから、ジョーはクオーター←ほとんど日本人の血が入っていないし)

なので、その浅倉家、つまりジュゼッペの父ちゃんは実は下町生まれ(希望は浅草(爆))のチャキチャキの江戸っ子。
その遺伝が伝わって孫であるジョーに・・・なんて。
それか、南部博士に引き取られた後、遊んでくれた研究員か何かが江戸弁使ってたのを聞いて覚えちゃった、とか。
将棋詳しいしね!


ところで、「本郷も江戸のうち」という言葉があります。本郷というのは、文京区の一部で、東大がある場所です。
つまりその付近までが江戸だった、という意味で、東京全体が江戸だったわけではありません。
(余談ですが、ここにあった、「かねやす」というお店に若かりし頃の母が働いていました)
で、ジョーのべらんめえにすごく心地よいというか、なんか好きなのですが、実はひいお婆ちゃんが生粋の江戸っ子でして、その血が僅かでしょうが、私に流れていると思うんです。なんで、好きなんですよ、江戸弁。
そういうわけで、たまーに口悪くなります、私(爆)←たまーに?
母は以前、口が悪い婆さんだったなあとしみじみ言っておりました。


まあだけど、イタリア人だけどべらんめえのギャップがジョーの魅力かな〜。
かっこよけりゃいいんだ、うん。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<23>
2018-08-24 Fri 19:39
今日のジョーくんは、第60話から。

Joe219.jpg

鉄獣を見ると条件反射的にバードミサイル撃ちたい病を発するジョー。頼まれもしないのにちゃっかり前にしゃしゃり出ていきます。ジュンも甚平もぽかんとしてないで止めてよ。


Joe220.jpg

Joe221.jpg


見事ムササビにヒットーっ。

2、3発撃ったでしょうか。でも全くもって影響なし。ムササビくんにしてみたら、”オヤ?何か当たったかな?”って感じでしょう。

でも!この赤いボタンをポチッとするジョーの手は芸術的に美しいです。惚れ惚れ。(ん?左利き?たまたまか)


Joe222.jpg

「くそう、役に立たねえミサイルだっ」

この悔しがるジョーくんが可愛くてねえ。
コンソール叩くのと同時にマントまでひらりとしてまた可愛いんですよ。
ぜひ無印のこのシーンをムービーでご覧ください。悶え死にしそうになること間違いなし、です(* ´ ▽ ` *)

え?けなしたり褒めたり、一体どうしたいんだ?って?

愛するがゆえにいじめたくなるのですわ〜←変態


別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<22>
2018-08-18 Sat 11:21
ジョーのバードミサイル大好き発言も、後半戦に入ってまいりました。
お元気ですか?←?

さて、今日は第58話のメカブッタからです。

石だろうかなんだろうがなんでも焼き切ってしまうジェットカッターなるものを四方八方ぶっ放す危なっかしいメカブッタをなんとか倒さねばなりません。

海の中を歩く鉄獣、頭を出したところでバードミサイルだ、とリーダー様。

待ってました!


Joe213.jpg


「ほいきた、そいつは俺の仕事だ!(^∇^)ノ」


関係ないが、指が可愛いぜ。

Joe214.jpg


海から頭を出すのを今か今かと待ち構えるジョーくん。皆の期待を一身に受けての作業にいつも以上に緊張感が走ります。
(なんかいつもと違うけどまあいいか)


Joe215.jpg

Joe216.jpg

Joe217.jpg


これだけ見ると罰当たりな感じに見えますが・・。

2、3発バードミサイルを食らうメカブッタ。中にいるギャラクター隊員たちは衝撃を受けて転げ回ったり倒れたりしてます。鉄獣も膝をついてそれなりのダメージを受けたようですが。


Joe218.jpg

でもメカブッタ、すくっと立ち上がる。

「ちぇっ、相変わらず役に立たねえミサイルだ」

あんなに撃ちたがってたのに、悪態を吐く・・。
でも結構打撃を受けたようだから多少役には立ったんですよ。


ところで皆さん、バードミサイル22回目です。話はもう58話まできました。
いつもBMの事ばかり言っているように思えましたが、なんと半分しか言っている話がなかったですよ。
だから、彼も毎回言っているわけじゃないんですね。まあ見えないところで言っているかもしれませんが。

思えば素顔の時はあまり言いませんね。バードスタイルになった途端(というかGPに乗った途端)に「BM発射したい病」に取り憑かれてしまうんでしょうね。
今後お祓いしてもらってください。


別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<21>
2018-08-09 Thu 17:38
今日は55話「決死のミニ潜水艦」からです。

海洋汚染を起こし、降伏を条件に汚染を辞めることを宣告してきたカッツェ。怒りを抑えながら出動するGPですが・・。


Joe206.jpg

カッツェとの待ち合わせに向かうGP。
「まるで死刑台に向かう気分だ」と竜。そんな雰囲気の中のジョーくん。
いいですなあ。彼の背中。ずっと見ていたい気分・・・。


Joe207.jpg


彼らの背後に何かが。カッツェだと思った彼らは攻撃を仕掛けます。早速ボタンを押すジョー。いつものリーダ様の邪魔が入らないのが何とも気がかりです。さては顛末を知ってたか←まさか


Joe208.jpg

Joe209.jpg

Joe210.jpg


撃ったのは、何とただのミサイル。あの汚染物質を積んだ囮だったのです。
みるみる汚れていく海・・・。

魚たちがお亡くなりになります。とても残酷なので大丈夫なところで止めてありますが。


Joe211.jpg


その結果、見るも無残な光景が彼らの眼の前に広がります。これはひどい。


Joe212.jpg


苦しむジョー。
他のメンバーも目をそらしていましたが撃った本人が一番ショックで辛いです。「罠だったのか・・」という声が無念を感じさせます。

ジョーってばなんだか貧乏くじ引くよなあ・・。

やっぱり彼には楽しく(?)バードミサイルを撃ってほしいものです。


別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<20>
2018-07-20 Fri 20:28
さて、物語も折り返し地点にやってきました。
今後のBM大好き中毒者様の動向からますます目が離せませんね^^

第52話「レッド・インパルスの秘密」では、一人で親父さん探しに出かけてしまったリーダー様を欠いたGPでのグダグダを描いております。とはいえ、持ち前のチームワークでなんとか乗り越えるのですが(←チームワーク?(笑))


Joe203.jpg

Joe204.jpg


鉄獣キャタローラー。文字通りタイヤのお化けですが、そんな巨大な鉄獣に手も足も出ないGP。それもそのはず、G−1号機がないからです。

このままではやられる!ついでにみなして健の悪口ばかりで何もしないから、私が頑張る!
というわけで、いつも冷静なジュンちゃんの出番です。

なんとG−1号機の格納される場所へ赴き、竜にオートクリッパーを出すよう指示。そして自分のヨーヨーでつなぎ、配線を完璧にしてしまったのです!
やぱり女子は強いぞ・・


Joe205.jpg


さて、こう来ればこの方です。

「へ、今日は邪魔する奴がいねえから、思いっきりやってやるぜ!o(^▽^)o」


戦友がどんなことになろうがお構いなし!ぶれない男・ジョーくん、もうミサイルが撃てれば細かいことは知ったこっちゃありません。それでこそ、ジョーです。

本当に嬉しそうな顔だね・・。

配線に無理があったとのことで、さっと無情にもガラスカバーが閉まってしまう。
でも、タイヤは2、3発で見事に木っ端微塵。結構弱かったですな。


リーダー様には申し訳ないですが、ジョーくんが喜んでくれたので良しとします←おい


だけど、どうしてこの人はGPに乗るとこんなんなっちゃうんでしょうねえ。





別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT