先週のジョー<35>悲恋?
2017-09-12 Tue 20:48
70話「合体!死神少女」ージョーのほのかな恋心?

Joe075.jpg

Joe076.jpg

雨の日に次々に人々(男性多し)がミイラになるという事件。
各々調査に出かける忍者隊。ジョーはG−2号機で山道を走ります。そして山中で不審に停まっていた1台のタクシー。

「お客さん、誰かを待っているんですか?」
「もういいわ、行って」

中に乗っていた少女は明らかにジョーの車がやってくるのを確認した上で、走らせることを伝えます。
そして彼らを待ち構える無数のマネキンロボットたち。それに襲われ、運転手は少女を逃し犠牲になります。

崖でマネキンロボに襲われ、落ちていく彼女を華麗なフットワークで受け止めます。
見てお分かりになると思いますが、自分が下になり彼女を傷つけまいと抱くようにしているジョー。なんて素敵(*´~`*)
マヤが羨ましいぞっ。


逃げていくマネキンロボたち。それを見た後彼女を見下ろすジョーは・・・


Joe078.jpg


「・・かわいい子だ。美しい・・」


ジョーのこの表情はちと怖いです(爆)が、美しい・・はずのマヤが言われるほどでない事実がそれを隠してくれます(?)私はマヤさんの方が怖い・・・←コラ


Joe077.jpg

Joe079.jpg

マヤを救い、病院まで運んだ優しいジョー。でも、健に怒られちゃいます。マネキンロボ(健たちはまだ知らない)を逃したからです。
でも、健と違って女の子に優しいイタリア男、犯人も気になりますが、それ以上に女の子が気になるのです。しかも襲われて気を失っている(フリ)。

そう、マヤは実はギャラクター。マネキンロボを操って忍者隊を抹殺することを命じられていたのです。
でもジョーは信じたくない。たとえ、捕まって酷い目にあっても彼女がというのは考えない。いえ、きっと気づいたかもしれませんがあえて考えないようにしたのかもしれません。

ジョーはマヤ以前にも、ルシィ(27話)、デブルスター2号(31話)と女性と一緒に行動したり話をしたりしてます。それも彼女たちも同じギャラクター。もっとも、デブルスター2号は知らないまま別れてしまいましたが。

こうしてみるとジョーに関わる女性はギャラクターというパターンが多いですが、それだけでなく皆死んでしまいます。
ジョーは恋してはいけないのかもしれませんね。それは彼自身が彼女たちと同じ境遇だから?
彼はきっと一途なんですね。好きな女性にはもうとことん尽くすので任務に支障が出たりするとかね。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<34>嫌な予感
2017-09-05 Tue 18:26
67話「必殺!ガッチャマンファイヤー」より。

鉄獣クラゲメカとの戦いの前にふと漏らしたジョーのセリフ。

Joe072.jpg

「嫌な予感がする」

そして彼はこう続けます。

「武器を持たねえ俺たちがどうやってギャラクターと戦えるんだ」

Joe073.jpg

そんな珍しく弱気な彼にジュンが言います。

「でも今まで知恵と勇気で切り抜けてきたわ」(相変わらずジョー以外のセリフは完璧ではないです・・^^;)

するとジョー。

「それがいつまで続くかね」


おかしなジョー、と竜。
でもそのジョーの予感通り、GPはクラゲメカに敗北し、忍者隊の目の前で大破してしまうのです。

Joe074.jpg


三日月基地に帰還して、ジョーは悔しがる健に、だから言っただろ、武器がないままいつまでも戦えるわけがない、というようなことを言います。

バードミサイル大好きでいつもギャラクターを倒すことに生き生きしていたジョーがこんなに落ち込んでいるのを見るに見かねたのか(?)博士はついに、各Gメカに武器をつけてやります。
まあ武器をつけたらつけたで、新たな悩みを持つわけですが・・。

今回のジョーはやけに勘が鋭かったですね。第六感、てやつでしょうか?(違うかな・・^^;)
そればかりか、今後も結構彼って賢いというか、何かを閃いちゃったりと随所で冴えている場面を見かけます。
バードミサイルばかりじゃないんですね(爆)

ジョーの成長を垣間見た、そんな話であります。

別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<33>興味なし?
2017-08-29 Tue 20:56
66話「悪魔のファッションショー」
ジョーがこんなことを言うシーンがあります。


Joe070.jpg

「ちぇっ、ファッションにローラーゲームか。興味ねえ」

そして、任務がギャラクターから王妃を守るというのを知らされるものの、相変わらず浮かれるジュンと甚平。

Joe071.jpg

ジョーはまたか、といい、竜もこんな感じ。

ローラーゲームはともかく、ファッションに興味ない、というはちょっと驚きですねえ。
だって、彼、イタリア人ですよ?
イタリアの男性は特に女性を口説くためおしゃれをする、というイメージがあるくらい。まあステレオタイプかもしれませんが、それでもイタリアの人はあまり砕けた格好はせず、小綺麗にしている感じがします。
なんというか、笑顔を絶やさず、誰でも挨拶など声をかけてきます。

とはいえ、彼の場合、イタリア(シチリア)には正確には8歳までしかいなかったので残念ながらパパから伝授されなかったからでしょうね。(女性が好きなのはしっかり受け継いでいるようですが)

イタリア人の3大モットーに、mangiare(マンジャーレ:食べる)・amore(アモーレ:愛する)・cantare(カンターレ:歌う)があります。(順不同)
食べること:イタリア料理はとにかく美味。南へ来るほど味がダントツに美味しくなります。特に魚介類が豊富なシチリア島料理がイタリアで一番だと言われていて、なるほどなと思います。

愛すること:特にイタリア男性は女性を愛し、そしてイタリア人は皆家族が大好きで、親族みんな近隣に住み、一緒に食卓を囲む姿がよく見られます(テレビ番組)。
ちなみにイタリアでも嫁姑問題はあるらしく、よく母親が嫁を差し置いて息子の好物をせっせと持ってくるというお話も。
でもお嫁さんが義母と仲良くしているのもあるし、どこも息子が可愛いのね、という感じがします。息子も母親が大好きで、たいていの男性はマンマの味が一番、と思っているようで、時々検定のヒヤリング問題でもネタにされています。(妻が怒って終わりというオチ)

歌うこと:イタリアの人は歌か好き、というのはあるかと思います。ツアーでも大きな劇場を見ました。外の案内板を見ると、毎日のようにオペラとかが上演されているようでした。
エメラルドの洞窟に行った時には、小舟の船頭さんが突然歌い出したのには驚きました。やはり上手いです。


一方のジョーですが、興味ないという振りをしていますが、やはり女の子好きなのかな?と思わせるシーンもあるし(27・31・70・74)、車で撥ねてしまった老女に花束を持っていくし、スタイルや口調とか身の振り方もキザで意識はしているかも。
私はフィクとかで思いっきりイタリア人している彼を描いちゃってますけどね(笑)

やっぱり彼にはキザでスマートな彼でいて欲しいと思います。

別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<32>スポーツ観戦
2017-08-23 Wed 14:34
63話「皆殺しのメカ魔球」より。

Joe067.jpg

スナックJで野球観戦をしている男子諸君。お客がいないのをいいことに至ってのんびりです。

Joe068.jpg

熱心なのは甚平、そして竜の2人。健とジョーは付き合っているという感じでしょうか。

Joe069.jpg

でも仕事熱心なリーダー様は試合ではなく異常を察知。野球キチガイでもないのに・・とジョーが言っておりますので、彼らはそんなに熱心ではなさそうです。

さて、ジョーはどんなスポーツが好きなんでしょうね。
イタリアといえば、「サッカー」です。イタリアはサッカー王国ですね。
28話「見えない悪魔」では、冒頭で竜と一緒に子供サッカーの試合を観ていました。とても楽しそうな表情をしていた気がします。
私はあまりサッカーは知らないのですが、ジョーが好きなら勉強しよっかな〜なんて(*´~`*)

イタリアのガイドブックには、イタリアにも野球チームはあるとありました。本場アメリカや日本に比べたらマイナーなのですが、それなりに人気があるそうです。

それから人気のスポーツには、「自転車競技」「モータースポーツ」「競馬」とありました。競馬はとても盛んとのこと。
よく競馬の番組とかを見るとイタリア産の馬の話が出たのを思い出します。

ジョーはあのまま島にいて大人になった暁には、サッカー選手にでもなったかなあ。
グランドを駆け回る彼の姿が目に浮かんで来るようです。


別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<31>ロボット・ジョー
2017-08-15 Tue 10:47
62話「雪魔王ブリザーダー」では、忍者隊の身代わりロボットが登場します。


Joe065.jpg

物語の冒頭で彼らの性能テストを本人たちに見せているシーンの一コマ。
ジョー・ロボは、火炎攻撃のテストでマントを翻しこれを交わしてエアガンで発射銃を見事に撃ち落とします。しかも空中で。生身の本人だってお茶の子さいさい、さ!

Joe066.jpg

そしてこれがそのロボット。口の脇に縦線があるのがロボットとしての表現ですね。アニメではよくあることです。
洋画等でロボットの話を観たことありますが、彼らはいかにも機械の塊、という感じで無機質でした。
でも忍者隊ロボたちは見た目人間そのものです。口の辺りを見なければすっかり騙されるでしょう。
おそらく彼らは体はつなぎ目だらけです。←これを言っちゃうと身も蓋もないですが・・。

さて、ロボットと似たものとしてアンドロイドというのがあります。
これは、素肌を人間の肌と似せた樹脂のようなもので覆われ、ロボットのようなつなぎ目がない、人間そっくりの物体です。ロボットよりも動きが滑らかで、ちゃんと瞬きもします。(余談ですが、アンドロイドというのは、男性を指し、女性は”ガイノイド”と呼ぶそうです)
子供の頃、デパートで国産初のアンドロイドという触れ込みで展示されたものを見に行ってことがあります。
なあ何というか、動きがちょっとぎこちなくて、でもちゃんと瞬きもするしおしゃべりとするし・・子供だったので怖かったことを思い出します。


以前にジョーに絡めてサイボーグの話をしました。
サイボーグとは、もう説明もいらないですが、生命部分とそれに代わる人工物の融合体を言います。(人工物とは、ペースメーカーや人工心臓、筋電義手、義足、人工内耳、人工眼球、人工骨など)
なので、サイボーグは人間なのですが、どうやらロボットやアンドロイドとごっちゃになることが多いようです。

ガッチャマンでは、健がサイボーグについて色々言ってくれちゃいますねえ。
「サイボーグは一つのことに集中すると他が見えなくなる」(27話)
「サイボーグだ!」(36話のサーベルタイガー・・・これは全部機械なのでロボットか何かだと思います)
70話のマネキンロボのこともサイボーグとか言ってましたね。ロボって言ってるでしょうが。

ルシィはサイボーグとのことでしたが、最後は身投げして爆破してしまいますので、多分アンドロイド(カイノイド)ですね。

また、サイボーグの端くれとして言わせていただければ、決して一つのことに集中して他が見えない、そんなことはありませんし、それは人間だってそうじゃないですかね。
人間の感情を持ってしまったために・・・、いえ、人間ですから当たり前です。ロボットではありませんよ。感情を持つのは不思議ではありません。
また、ヘンジンマン博士の作った馬。これも機械そのものなのでサイボーグではないですね。それに汗をかかないと言っていました。
サイボーグだったら生物なので(何度も言うようですが)汗はかきます。

ただ、調べてみると昔はSFが流行りだした頃、かなりサイボーグやアンドロイドなどがごっちゃに書かれていたようで、それが多分影響しているのでしょうね。
今は「サイボーグ機能」としての医療的分野ですが、近い将来は映画のように特異な装置のついた人間が生まれるのでしょうか。
人工知能が開発されたらされたで、何か恐ろしいことに利用されそうで何だか怖いですが(洗脳とか)。


ちょっと真面目すぎたので、最後に・・・

ジョー・ロボ、欲しい!!!(* ´ ▽ ` *)


別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT