子供の発想力
2016-11-10 Thu 19:33
#89「三日月基地に罠を張れ」
甚平、子供らしい発想力で基地を救う?というお話。

G891.jpg

海のど真ん中で本物のサンゴ礁の上で土壌を均したりなにやら作業をしている甚平。それは甚平の思いつきだったのですが、思いの外いいかも、ということで博士と健たちは乗ってくれました。
でも竜はそんな甚平をからかい、指令にも仕方なく従うことに。投げやりな態度でみんなについていきます。
このラジャー!というポーズもやれやれ、という感じです。

G982.jpg

で、意外というか案外乗ってくるんだなあと思わせたのが、ジョーです。
結構彼って、「け、バカバカしい」とか「他を当たってくれ」みたいな態度が多かった気がするのですが、今回は甚平のアイディアにケチつけずにしかもバカにした竜に対して怒ってたりして、やはり甚平が可愛いからなあと思ってるんですが。
なので、作戦に引っかかってギャラクターがやってきたというのを聞いて、ジュンと笑いあってます。
(まあ、ジョーの精神年齢が時には甚平くらいと思ってますが(爆))

子供って大人が考えつかないようなことも簡単に思いついちゃいますよね。彼らの純真な発想って案外侮れないものです。
甚平もこの作品では色々と機転を利かせたり、小さい体を生かして戦ったりと大活躍しますね。
私も身近にたくさんの子供達を見てますが、本当に驚かされたり感心したりすることも多々あります。

あら、そんな話なのに甚平がいない・・(爆)
ゴメンね。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
あくまでもクール
2016-11-04 Fri 17:35
#88「鉄獣スネーク828」
828(はにわ)かと思ったら、土偶じゃーん、というお話です。

G88_1.jpg

冒頭で銃を乱射し無差別殺人で刑務所に入った男が登場します。
その話を聞いた諸君は息を飲み、ジョーは博士にどうして死刑にしないのかと尋ねます。
で、博士は死刑制度が終わったのは10年も前だと説明するのですが、ジョーはその時8歳。知らなかったかもしれないですよね。知ってたとしても自分には関係ないやで終わってたかも。
博士〜、まだ子供だったのだからそんな答えはかわいそうよ〜ん。

G88_5.jpg

さて、そんなこんなで刑務所にいるその男からカッツェの秘密を聞き出そうと忍者隊が出動。今回は健&ジュン、そしてジョー、甚平、竜の3人組と二手に分かれます。
そして刑務所警備に当たるGP組。敵の攻撃に遭ってもサブリーダー様は動じません。竜がずっこける横で前を睨んでます。このシーンは揺れているので止めてみるとジョーって怖い顔だわ。・・あ、いつものことか(殴っ)


G88_4.jpg


でも刑務所の男は、一足先にギャラクターの隊長にやられてしまいました。駆けつけた忍者隊のみんなですが、この隊長さんに四苦八苦。持っている武器をいとも簡単に壊された挙句、やられそうに。ジョーに至ってはエアガンを奪われ危ういところでしたが、持ち主と一緒で捻くれてたので助かりましたね(あら、またなんか飛んできた)
で、またまたクールに立ち去る。ジョーは先に手を出したりせず、相手(敵)の様子を見ている感じでした。で、こいつは今までの隊長と違ってかなりやるぞ、と思ったかもしれません。でもそんな百戦錬磨のジョーでさえ手こずりましたね。

でもまたカッツェの秘密はまだまだ闇の中。もう話がこんなところまで来てしまったという思いです。

別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大人への一歩
2016-11-03 Thu 14:20
#87「三段合体鉄獣パトギラー」
甚平くんの淡い恋物語です。今回はジョーの比率が・・・(汗)

G87_1.jpg

パトロール中に日向ぼっこしている美少女に一目惚れする甚平。暴力団らしきワルに誘拐されたお嬢様ですが、テレビニュースでは14歳とのことですが見た感じ高校生くらい。おませです。
おませといえば、かっこよく男たちを倒していった甚平に惚れちゃってすごく自由奔放。

でも忍者隊である甚平は彼女と付き合うわけには行かず、泣く泣く別れます。
「俺たちに関わった人はこの子のようになるんだ」という健のセリフに思い知らされます。


G87_2.jpg


夕暮れの橋の上で一人思いに耽る甚平。いつまでも子供だと思ってたけど、こうやって少しずつ大人になっていくんだなあ。
見ている私のようなお姉さん(おばさん・・・)たちもそう寂しさを感じてゆくのであった。


が、ここで終わらないのがkisaraさんです。
だってここはジョーのブログですから。甚平くん大好きですが、やはりこの方を外すわけには・・。

G87_3.jpg


一人欠けていると超バードミサイルが撃てない。甚平がデートでいなかったのでカリカリしてたジョーですが、彼が戻ってくるとこの笑顔。

さて、ジョーのこの時の心境は?

1 超バードミサイルが撃てるぜ!

2 甚平、心配したぞ!

一体どちらの比重が高いのか。
甚平ももちろん心配だったろう。でも、ジョーのことです、おそらく超バードミサイルが撃てる喜びで思わず笑みがこぼれたのでしょう。(でも撃ったのは「健」、後で大げんかです(爆))
でもね、甚平の前ではお前が心配だったんだぞーというフリをしてた方がいいよ。
お互いの平和のためです。



・・・と、あれ?パトギラーちゃんがやってきたぞ。


4th_anniversary.gif


パトギラー:kisara〜、4周年おめでと〜♪プレゼントだよ(=゚ω゚)ノ

あらあ、ありがとう〜。なにかなー

パトギラー:えへへ♪開けてからのお楽しみだよ♪

(本当は葉っぱのところでくつろぐ我が家のリアルパトギラーちゃんの写真にしようかと思いましたが、やめました)


そんなわけで・・・このブログも今日で4周年を迎えました。ここまで続けられたのも皆様のおかげです。どうもありがとうございました。
これから5年目に入り、代わり映えしないところではありますが、続けられる限りよろしくお願いいたします。


別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
まぶたの母・・ならぬ父
2016-10-27 Thu 20:53
#85「Gー4号はあいつだ」
最年少の甚平、やはり親が恋しいのです。

G85_1.jpg

冒頭でGPを整備(?)している諸君・・・。
やはり自分達が使うものなので、最後のチェックは自らの手で、ということなのでしょうか。なんだか珍しい光景です。
(他のメンバーたちもいます。まあここはジョーのブログだから)

G85_2.jpg

甚平は普通の小学生と一緒で遊びたい盛りです。
ジュンとお店を切り盛りする彼ですが、時には反発。今回もお店を飛び出し、潜んでいたギャラクターに追われて怪我をしてしまいます。優しく看病してくれたジュンに感動する甚平ですが・・。

彼が街中でヒッチハイクをしていたデーブという男を連れてきます。デーブはテキパキとお店のお手伝いをして好評だったのですが、ちょっと怪しくなってきます。


G85_3.jpg


デーブはジョーの車に興味津々。ダッシュボードの中から忍者隊のブレスレットを発見しますが、これは実は健たちの作戦。
ジョーは真っ先にデーブが怪しいと目をつけ(ジョーに目をつけられたらもうお終いよね・・)みんなで彼を使ってカッツェに会うことに。
でも・・甚平が彼らの会話を聞いて責任を感じ、一足先に待ち合わせ場所まで怪我を押して出かけてしまいます。


デーブはギャラクターのスパイでしたが、甚平はデーブの正体がわかるまで親しみを感じていました。ジュンの言うように父親のような大人の男性が欲しかったんですね。デーブは年齢不詳ですが、甚平に取ってお父さんのイメージだったのかな。

ちょっと甚平にはかわいそうな話でした。


別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
タカビー
2016-10-20 Thu 20:23
#83「炎の決死圏」
どうも私は「ミクロの決死圏」という映画を思い出すんだなあ。若い方々はご存知ないでしょうけど・・。
あ、「タカビー」という言葉ももはや知らない方多いかもですね。
この言葉は1990年ごろに流行った言葉で、「高飛車」な人を指します。
高飛車というのを知らないことはあまりいないでしょうが、もし知らなくても大丈夫。この話に登場するカリグ博士を見れば一発でわかります。
ところで真面目な話をしますと、「高飛車」というのは元々将棋用語で、”飛車”を相手の陣地に、その駒よりも高い(上)位置に置くことから発生し、転じていつも他人を上から見る、上から目線のことを高い飛車、高飛車と呼ぶようになったそうです。(ウィキによる)

閑話休題。


G83_1.jpg

砂漠のど真ん中で掘削作業をしていたISO。ギャラクターのクワガタメカに邪魔をされ、ウランを積んだドリルがその弾みでマントルへ突進してしまいます。
それを食い止めるべく出動の命がかかる忍者隊ですが、南部博士は彼らの任務を地学博士のカリグの指揮に任せます。

が、カリグ博士は自己紹介を断ったりするなど初っ端から忍者隊を見下しており、思わず甚平が反抗すると、自分たちを先導するよう命じます。


G83_2.jpg

カリグ博士にいちいち突っかかる甚平をしょうがないな、と言う健。でもジョーは当然ながら怒りをあらわにします。
「なんでえ、あの野郎の態度は!」
健はそんなジョーに、シッと指を立てますが、実は健も同じ気持ちだったんですね。我慢するんだ、とまるで自分に言い聞かせてます(爆)←いや、きっと自分に言ってる。だって嫌なやつだもんねー。
健ちゃんは怒ると怖いぞー


G83_3.jpg

でもね、そんなタカビーな博士だけど彼が連れていたお猿さんは可愛いのよ。何度も載せてるけど、やっぱりジョーとのツーショットは外せません。
普通動物というのは知らない人に抱かれたりすると嫌がって暴れたりするものだけど、どうでしょ。おとなしく抱かれているではありませんか。まあジョーが怖いやつだと直感したのか・・(爆)

別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT