インターミッション
2016-12-21 Wed 19:49
明日、12月22日は忘年会で遅くなる関係で、レビューを前倒しにしてお送りします。
今日は、流れから大きく外れた、まあ息抜きのような話です。次回からは重たくなりますからね。


G1001.jpg

#100「20年後のガッチャマン」
20年後だってこんなに変わるわけがないぞ!ーというお話です。

マントル計画で発生した極秘ファイルを自然消滅させるため、その道の権威であるマキシム博士と任務に当たる健。ジョー達4人は彼らの護衛です。
健が不在の時はサブリーダーであるジョーが指示を出すわけですが、この話もテキパキと動き、皆を引っ張ります。
いつもこうだといいんだがなあ、とメンバー達は思っているかもしれません。
でもあんまり素直なジョーもジョーらしくないんだけどねえ←ファン

この話は、ギャラクターが見せたトリックなのですが、彼らの口から「平和」という言葉が出てくるのはちゃんちゃら可笑しいですわ。




実は今日はもうあまり話すことないんですが、これだけでは何なので、ちょっと逸れますが、「診断メーカー」からやってみたものがすごくしっくりいったので披露したいと思います。
ただちょっと、彼の状況にピッタリだし、話が最終話に近いので胸が痛くなってしまったのですが。
覚悟して読んでね。






お題は「花に生まれてもう一度、」です。

コンドルのジョーは願えば故人ともう一度だけ会える空色の花を買い、1日だけ会うことができた。相手が消える最後まで笑顔でいたけれどいなくなってから泣き崩れた。その花言葉は「あなたを忘れない」。
#花に生まれてもう一度
https://shindanmaker.com/686182


スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
時間がない・・
2016-12-15 Thu 20:03
皆様、心の準備はよろしいですか?
いよいよやってきてしまいました。ここから最終回まで気の抜けない話が続きます(#100除く(爆))が、しっかり観ていきましょう(と自分にも言い聞かせる・・)

G981.jpg

#98「球形鉄獣グレープボンバー」
鉄獣襲来に出動命令が出た忍者隊。
でも冒頭で体に異変を感じて人身事故を起こしてしまったジョーは合流できず。

一瞬眩暈がして、老女を撥ねてしまいますが、事もあろうにジョーったら彼女にママの面影をダブらせてしまう。
うーん・・・この方はずいぶんお年を召していらっしゃるのですが・・。カテリーナさんが聞いたらショックを受けるわー。黙っててあげるね。

G982.jpg

「母親ってこんなに軽いものなのか」とつぶやくジョー。彼のような立派なガタイの息子さんだったらきっと母親なんて軽々でしょう。
私はよくフィクで子供の頃のジョー(ジョージ)を書くときに、ママに甘えん坊な坊主という設定で書いてしまいますが、それは以前の「ママっ!」ということからもわかるように、彼はママっ子だろうと思っているからです。
色々言われているように、イタリア男は概してマザコンであるというし(やはりお嫁さんは苦労するらしい)、書籍等で、佐々木さんも「ジョーはマザコン」と断言してるし、どんなに強がりのわがままな彼にだって弱いことろはあるのだ、ということでこれはもう決定です(きっぱり)。

G983.jpg

鉄獣グレープボンバー、公害物質を放出させて地上を死の街にしようとする恐ろしいそれを作ったのは、若き科学者メッケル。出動できず皆に迷惑を掛けた罰、として一人で彼を更生させるため博士のもとへ連れ戻す任務を言い渡されるジョー。しかし彼が素直に応じるわけがありません。何しろギャラクターを憎む彼は相手が誰であろうと組織に協力する奴は許せない。そしておまけに自分もそのギャラクターの血を引いている。その忌々しい事実を消し去ろうと必死です。
なのでメッケルと対面するとやはり銃を手にする。相手が引き金を引いたら自分も撃つつもりです。

そこへ健が乱入。しかもドアごとジョーを突き飛ばす。ジョーは体が・・・。
結構健って乱暴です。まあ静かに話したところで素直に聞く相手じゃないけどね(爆)

ジョーはその前に眩暈によって引き金を引けなかった。それを素直に健に言えなかった。言い訳せず心の中に閉まってしまうジョーがなんとも切ないというか。

神様に言われた10年はもう直ぐ終わってしまいます。それまでにジョーにはやらなければならないことがあります。
ギャラクターを倒すこと。(それには本拠地を探し当てることが必要)
もう彼には時間がないのです。
早く成し遂げて両親の待つ所へ・・・。



別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
怒りのジョーくん
2016-12-09 Fri 19:56
私には「ガッチャマン」の話の中で辛くてたまらない話の中に、今回の#97「明日なき宇宙船レオナ3号」というのがあります。
なんてったって、かわいそすぎる!あの飛行士はもちろん、忍者隊のみんなも。地球を救うためとは言え、若い宇宙飛行士の乗ったレオナ3号を超バードミサイルで爆破する。なんて残酷なんだろうなあと。
世間では、健にそう命じた博士が非情だとかの意見もございますが、司令官とか上が自らが手をくだすことは御法度なのです。多分博士だったらそうしたいと思っていたかもしれませんが。こういうことは通常は部下の役目なのです。そういうもんなのよ、世の中は・・・。(いや、別に何にもありませんよ・・)

で、後半部分はそんなわけで観るだけ(何しろ目の前が霞んで見えない・・)で精一杯でキャプチャしてないので、今日は怒れるジョーくんの話でも。


G971.jpg

ええっと、よく世間(またかい←つまりはネットね)では、ジョーといえば怒ってばかりいる印象が強い、だの怖い顔ばっかりしてる、という意見が見受けられます。そうね、すぐ殴るしね。
でも、彼だっていつも怒っているばかりではありません。特に怒ることがなければ、明るくジョークを言ったりするイタリア人なのですよ。優しいし。

その彼が怒る時は大抵ギャラクターが卑怯な手段で人々を苦しめたりする場合。彼はそのギャラクターの子だったわけですが、それがかえって許せないかもしれませんけどね。まあそれは次の話に・・。

若き宇宙パイロット達が乗り込んだレオナ3号が軌道を大きく外れ、しかも大気圏に突入して地球に落ちてくる。そんな非常事態に、さらに追い討ちをかけるように、博士がギャラクターに誘拐されてしまう。
そんな状況に思わず拳を握りしめて”ついてない時はとことんついてねえ!”と怒ります。
この怒った顔がまた素敵でね・・・(*´~`*)・・実は怒っているジョーって好きなんだ・・


G972.jpg

コンドルがミミズクを襲っている図・・・じゃなくて、脱出しようとした先で降りてきたシャッターを抑えようと飛び出した竜、失敗してジョーが思わず彼に怒りをぶつけるシーンです。博士や健に止められますが、ジョーだって竜を責めたって何にもならないことはわかっている・・と思うんですけどね。まあやっぱり言いやすいんだろうね。

ジョーは本性で生きている感じがします。感情もつい出しちゃう。でもきっと繊細なんだろうなあ。それで感じやすい分思いが表に出てしまうんじゃないか、と私は思って見ています。
心理学を深く勉強したわけじゃないので偉そうに言えませんけどね。

別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
戦いというのは常に犠牲の上に立っている
2016-12-08 Thu 19:59
#96「ギャラクター本部に突入せよ」から。
ビシッ、ビシッ、ビシッ!・・というお話です。これでわかる人は通です。ってか、ジョーファンはわかるよねー(爆)

G961.jpg

アメリス国のマンモスキャニオンへ出動する忍者隊。
なにやらギャラクターの本部らしい場所があるようだとの情報を得たわけですが・・。
場所が場所だけにGPで行けないため、一人留守番の竜。今頃不貞腐れているだろうなあと噂する健たちです。


G963.jpg

とそんな時。
謎の男が彼らの行方を阻みます。
車で舗装されていない荒削りの道を行く忍者隊の車にわざとぶつかり、崖に落とそうとする。そしてライフルで狙って谷底へ・・。

G964.jpg

運転手であるジョーがエアガンでワイヤーを掛けたため、運転は健が。
この素早い動作は感服ですね。これがこの2人のコンビネーション、といったところでしょうか。

でもこの男が忍者隊を狙っていたのにはわけがありました。
ギャラクターとの戦いの中で、彼が住む町が焼けてしまったのです。それでギャラクター同様忍者隊みんなを憎んでいたわけで、この一件は彼らの心に重たくのしかかってしまいました。

戦争を始め争いごとによって傷つく人たちがいるのは実社会でもあります。
このようなアニメで綺麗事で終わらないところが「科学忍者隊ガッチャマン」という作品なのです。そこがやはりすごいところというか、今でも、いや今だからこそ語り継がれる所以なのですね。

真面目になったところで・・(え)

カヌーに乗って川登りをして辿り着いた場所でカッツェに捕まる健、ジョー、ジュンの3人。皆同じ条件なのになぜかジョーだけ鞭打ちの刑に遭う。カッツェ曰く”目つきが悪いから”だけど、ジョーも言い返すから余計打たれる。
まあ話の進行上なのかもしれないし、もしかしたらファン向けサービス(?)なのかもね?
ほら、私みたいな変人が喜ぶからさー←コラっ
(欲を言えば、ジョーももっと悶えてくれたら・・・自主規制)


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
停電は大変です
2016-12-01 Thu 19:59
#94「電魔獣アングラー」から。
停電時のほんのひととき、それぞれこんなことがありました。というお話です。

G941.jpg

故郷へ一時帰郷する竜を見送るためちょっと気が焦るジョー。今までレースをやっていたらしく、その判定にご不満のご様子。ぶつぶつ言っております。
そして飛び出してきた子供に気づくも遅し、撥ねてしまいます。
駆けつけてきた子供の母親と思しき女性に詫びると同時に一緒に病院へ、と自分の車に乗せます。ジョーの態度が紳士的かつ誠意が感じられたのか、母親はジョーを咎めたりせず、そればかりか後半ではすっかりお世話になって、と低姿勢。
まあ、子供が悪かったというのもありますが、この母親の態度は安心かなあ、と。
ほら、いわゆるモンペ(モンスター・ペアレント)だったらきっと大変だろうなーと。(前にも書いたけど)
なんだかすぐに学校に責任をなすりつけたりして、文句言えばこっちのもん、みたいな親いるでしょー?前にも行事に自分の子が活躍できなかったからってやり直せ、と怒鳴り込んだり、参加できなかったから遠足をやり直せ、だの、もー、なんだ、おめえらは!って感じのニュース。自分らのしつけのなさを棚に上げて文句だけはいっちょまえ、こちとら人間なんだよ、ロボットじゃねえんだよ!・・・あら?つい興奮してしまうと少しだけある江戸っ子の血が騒いでしまうわ〜。
ほほほ、失礼いたしました^^


そんなわけで・・・結局ジョーは子供の手術が終わるまでつきっきり。本当は綺麗なお母様のそばにいたかったに違いありません・・(殴っ)・・いてっ

ここでは、ギャラクターのアングラーというアンコウのようなメカがやってきて自分に充電を始めてしまったので、発電所が機能しなくなり街全体が停電に見舞われてしまいました。
当然、子供の手術もやむなく中断。自家発電では呼吸器の作動が精一杯だそうで。大きい病院だとね、大丈夫だとは思うのですが、本当にこんな時の停電は困りますね。

停電と言えば、先月・・だったっけな、勤務先と住居のある区が両方打撃を受けて、帰りは電車が動かず徒歩で帰宅したことがありました。だいたい1時間くらいかかったでしょうか。これで将来大災害が起きて交通機関がどれもダメ、となった時の予行練習になったなと思うことにしてます。まあ元気だったら、の話ですが・・(爆)

そんなわけで、竜は帰郷途中列車が立ち往生して足止め。ギャラクター相手に活躍したのは健、ジュン、甚平の3人のみ。
いつも5人で戦っているイメージなので、たまにバラバラ、という話があるとちょっと新鮮な感じがします。

でもやっぱりもっとジョーが見たかったなあ。


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT