FC2ブログ
 
ジョーとBM<36>
2018-12-27 Thu 20:33
今日は第99話「傷だらけのGー2号」から。


Joe296.jpg

Joe297.jpg

話の冒頭からカッツェを追跡するGP。
そしてたどり着いたいかにも怪しげな塔からギャラクターの攻撃が始まり、その光が発せられると、ジョーはそれに過剰反応して倒れてしまいます。

Joe298.jpg

Joe299.jpg


気を取り直していつものようにボタンに向かうジョー。
しかし、眩暈が襲い、焦点が合いません。
(この乱れる画像はすごいなあと実に思います。CGではないのに本当に眩暈がしているように感じます)


Joe300.jpg

Joe301.jpg


うまく見えなくて狼狽しているジョーに、みんなはどうしたのか、早くと急かします。
まさか具合が悪いことを言えるはずがない彼はついイライラしてあてずっぽうにボタンを叩きます。

でも、それは上の方へ飛んでいき、少し崩しただけで終わってしまいました。
なので、ギャラクターには致命的打撃を与えらなかったけど、まあそれでも多少痛めつけられたので良しとするか?

・・・でも・・


Joe303.jpg

Joe304.jpg

ジョーを置いて基地へと向かった健たち4人。大暴れする彼らですが、カッツェらに騙され、ドリルの部屋に閉じ込められてしまいます。
それはかなりのスピードで地底へと進み、そのままマグマへと突っ込んでいくもの。遠のく意識の中、健はジョーに超バードミサイルをドリルの先に撃ち込んで止めてくれ、と頼みます。

でもジョーは眩暈でうまくできるか自信がない。下手したら皆死んでしまうかもしれない・・。

ジョーはそれでもやるしかない。励まされて地下へと向かいます。


Joe305.jpg

Joe306.jpg


健の言われた通り、30秒にセットし、コックピットに戻ります。


Joe307.jpg

Joe308.jpg


そして、バードスクランブルを頼りに、一瞬だけ眩暈が治ったと同時にボタンを押します。
それは地中へと深く進み、突進していくドリルの先に見事に止まります。


Joe309.jpg

無事に脱出できた4人。ジョーも安堵の息を吐きます。心配そうなメンバーの表情が印象的です。

GPの見事な操縦さばきに称賛する竜やジュン、甚平ですが、健はジョーのいつもと違う様子にただならぬ不安を感じます。


さて、ジョーが超バードミサイルを撃つのは今回が最後となりました。もう2度と彼が撃つことはありません。


スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<35>
2018-12-21 Fri 18:00

第98話「球形鉄獣グレープボンバー」
ここでは、なんと、大好きが高じて自らミサイル内に入ってしまいます!

・・いや、そうじゃなくて、実は立派な作戦なんですが。


Joe288.jpg


鉄獣出現に出動する忍者隊ですが、突如襲った眩暈のため合体できなかったジョー。
これだけでもダメだったのに、さらに反抗しちゃったので博士の逆鱗に触れ、罰として一人で任務に当たれ、と言われてしまう始末。
具合悪かったのは事実なのになあ・・。やっぱり日頃の行いがここで響くよね。

忍者隊みんなそうだったと思いますが、特にジュンは心配そう。落ち込んでいる彼のもとへ来てくれたもんね。ジョーも他の連中みたいに彼女には邪険にすることもできず。


Joe289.jpg


で、任務に向かうジョー。どこにいるのかと言うと、なんと、超バードミサイルの中!

よかったね、ジョーo(^▽^)o

・・いや、これは任務だから。

つーっか、これ中入れるんですね。いや、今回だけかな。


Joe290.jpg

Joe291.jpg


こちらが、紫の爆弾もどきをつけた超バードミサイルでございます。
今だけの、ご奉仕!
今だけの大特価!

そこの奥様、いかがですか?

え?本物のブドウがいい?


Joe292.jpg


とそうこう言っているうちに、ミサイルは発射。撃ったのは誰だろう?
多分リーダー様かな。
さあ、ジョー、行けよ!・・と愛を込めて。

いきなり撃つなよ!心構えができねえじゃねえかっ

いいぜ、と言ったのはお前じゃないか!


・・・と後で揉めただろうな。


Joe293.jpg


そして紫の球が残った。白い部分はランチャーの役目だったようで。ありがとう。あとはジョーに任せろ。


Joe294.jpg

Joe295.jpg


ギャラクター基地。整列する紫の球にちょこん、とさりげなく付いている変なものを発見する隊員たち。
よく見れば大きさが違う。本家は大きいです。でもこの中に公害物質がたっぷり詰まっていると思うと、ぞ〜っとしますわ・・。

そして、その偽の球から登場するジョー。ただ球から出るだけなのに、なんて偉そうな感じなんでしょう。
リーダー様も相当偉そうですが、やっぱりジョーも態度が大きいです。
でも、ジョーはこうでなくっちゃ。
今後の彼を思うと、こう言う反抗的で強がりな姿を見るのは安心するものです。

ああ、病魔よ時間をください!


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<34>
2018-12-07 Fri 20:00
今日は93話「逆襲!地中魚雷作戦」から。

『仕上げは流々仕上げを御覧(ろう)じろ』、です。


そう、ジョーの細工をとくとご覧ください。


Joe280.jpg

はじめに、基地を失いすっかり意気消沈している博士と5人の若者たち。
そんなとき、博士はジョーにこんなことを。

「ジョー・・超バードミサイルはあといくつ残ってる」

ジョーは無言ですっと人差し指で「1本でーす」と表示。

博士は、リーダーである健に聞かず、ジョーに聞いたんですが、なぜでしょう?

やっぱり博士の頭の中にも、「(超)バードミサイル=ジョー」という構図が刷り込まれているからでありましょう。


・・ふーんだ、博士までバカにしやがって、今に見てやがれ。


とジョーが思ったかどうか知りませんが・・。


Joe281.jpg

そのあと、古びた空港管制塔へ忍び込む忍者隊。ギャラクターが自分たちが死んだと思い込んでいるのを利用した忍び作戦です。(忍者だね〜)

で、そこの地下倉庫にたくさんの魚雷を発見。それを見たジョーは何か閃きます。
みんなから小型探知機をもらうジョー。

Joe282.jpg


そしてそれらを魚雷に取り付けた彼は先ほどのことわざを言います。

もうここに来られているかたは意味わかりますよね。

「仕事も色々やり方があるし、細工もしっかりしているから、ゴタゴタ言わず見ていてくれ」
外野は何も言わずただ黙って見てなって、ということですね。ジョーが使うと、なんだか様になってます。(もともと江戸弁だし)


Joe284.jpg

Joe286.jpg

たった1本残った超バードミサイル。
鉄獣を至近距離で狙います。

今回はリーダー様もすっかり彼にお任せです。

Joe283.jpg

Joe285.jpg


渾身を込め、赤いボタンを拳で叩くジョー。いつもの優雅な指一本じゃありません。よっぽど作戦に自信があると見え。

が、超バードミサイルは爆発しない。不発じゃないの、というリーダー様に、そうだよーと返すジョー。
まあ、見てろって!言ったでしょ、仕上げを御覧じろ、って。


Joe287.jpg


実は超バードミサイルには発信機が取り付けてあったのだ。
勢いよく飛び出した魚雷たちは、管制塔を回避し、そのまま鉄獣に向かってついていきます。
そしてそのままどかーん!


「へへへ・・」

今まで俺のことバーキチ、とかなんとかバカにしやがった連中の鼻をあかしてやったぜ。



ジョー、あなたが本当は「能ある鷹は爪を隠す」だと思ってたわ。


ほんとかよ?


・・・へへ・・


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<33>
2018-11-29 Thu 20:23
今日は、第91話「三日月基地爆破計画完了」からです。

海上にて魚雷を撃ち込まれ、沈没する豪華客船ドリアン号。犠牲者はかのタイタニック号を上回る大惨事となりました。
そして睨んだ通りギャラクターの仕業。怒りを込めて出動する科学忍者隊の諸君ですが・・。


Joe271.jpg

Joe272.jpg


ドリアン号の残骸近くを調査していたGPの目の前にギャラクターのカニ戦車がわらわらと姿を現します。

「ぶっとばしてやるっ!!」

あまりの惨状を目の当たりにして怒りが頂点に達していたジョーは思わず赤いボタンの前へ。

「まて、ジョー。様子を見るんだ」

あくまでも冷静なリーダー様。


Joe274.jpg

Joe276.jpg

Joe277.jpg


GPの近くへやってきたカニ達。カニらしく(?)泡をいっぱい出して目くらまし。

その様子を見たジョーは堪忍袋の尾が切れた!



Joe273.jpg

Joe278.jpg


「我慢できねえ!!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ」

飛び出した超バードミサイルは見事、カニ戦車をぶっ飛ばしたのですが・・。

次々と引き返すカニ戦車。


実はその間にもGPに魔の手が迫っていたのです。


Joe275.jpg

Joe279.jpg


カニ戦車に構っている間に、すーっとコバンザメメカがGPの横を通って行きます。そしてそこにピタッと張り付き、そうとはつゆ知らぬGPはそのまま基地へと戻って行きます。


そしてその中に入っていたギャラクターによって三日月基地内に誘導装置を取り付けられ、ギャラクターの魚雷ミサイルが大挙して攻撃し始めます。
91・92話で基地は海底奥深い場所で眠りにつきました。自分たちの手で破壊しなければならなかったというのは彼らの心に深い傷を残したことでしょう(撃ったのはリーダー様・・)

物語はまた一つの節目を迎えます。


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<50>ゴッド・フェニックス
2017-12-26 Tue 20:47
99話「傷だらけのG−2号」では、前話であれ?ちょっとおかしいぞ・・という感じのジョーに、いよいよ症状が悪化し、他のメンバーに知られてしまいます。(本格的ではないですが)

目の前の標準が合わず、超バードミサイルの狙いを外し、敵の基地を上だけ崩した程度。本来ならばど真ん中に命中し、かなり破壊したことでしょう。
そして忍法・竜巻ファイターを2度失敗。すぐに体勢から外れて落下してしまいます。

それが決定的となってジョーは不本意にもゴッド・フェニックス(当ブログでは、GPと省略しています)に待機することになったジョー。


Joe133.jpg

そんなジョーに面目躍如のチャンスがやってきました。
地底のマグマへまっしぐらに進むドリルカプセルの中に閉じ込められた健たち4人を救う大役を任されたのです。

初めこそ自信がない、と弱気だったジョーですが、健に励まされ、超バードミサイルをドリル先に打ち込むことに。
そして健は、目印にバードスクランブルを出します。

迫り来る敵を蹴散らし、ジョーは・・・

Joe134.jpg

Joe135.jpg


GPを上空で水平させたと思うと、急降下。


Joe136.jpg

以前G−2号機で出した的をGPでも表示。そしてバードスクランブルに合わせます。

が、なかなか眩暈のために合わない。ジョーは祈ります。

「1秒、いや、その半分でいい・・合ってくれ・・頼む・・っ!」

そしてその願いが通じたのか、ピタッと合い、ジョーはボタンを押します。


Joe137.jpg

Joe138.jpg

それは見事にドリルを止め、4人は無事に脱出することができました。

見上げると、かなりの低空飛行でやってくるGPが。
甚平が嬉しそうに、あ、ジョーだ!と言っています。

この操縦テクニックは大したもの。竜もその腕を褒めちぎります。

そうなんです、ジョーははっきり言って「下手っぴい」でした。上空ではフラフラ、海上に降りれば、大揺れで特に甚平に文句を言われる始末。

「火事場の馬鹿力」という言葉があります。
どんなに力の弱い人でも、火事のような出来事に遭った時、思いもよらない力を発揮し、自分より重たいものを持ち出すことができる。
人間というのはいざというときにはいつもと違う力が湧き上がってくる、ということなのでしょうね。

彼が苦しい状況に置かれているにもかかわらず任務をこなし、おまけにGPの操縦までやってのけた。

人間は、普段は70%の力しか出せないそうです。100%出すと壊れてしまうとか。
でも緊急事態の時はタガが外れて最高の力が出せるというらしい。

ジョーの場合は、いわゆる力仕事とは違いますが、でも土壇場でものすごい力が出せたというのは人間の本来の能力を発揮した、という訳かな、と。

彼の原動力は、何と言っても大切な仲間を救いたいという思いでしょうね。

別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT