そして羽根手裏剣は・・・
2017-01-06 Fri 20:24
#105「地球消滅!0002」
あのジョーの投げた羽根手裏剣は、そして健たちは・・・いよいよ最終回です。

G1051.jpg

前半の、ジョーがみんなに遺言する有名なシーン。
クロスカラコルムの霧深い中、精根尽きたジョーが横たわり、周りで心配そうに見守る健たち。ここのシーンは辛いので、今回はジョーを撮りませんでした。かろうじて見える脚で十分伝わると思います。

死期を悟った人間というのはこうも冷静でいられるものなのでしょうか。特に彼は余命いくばくもないと知った時から覚悟は強いものでした。彼の表情からは笑みも見えます。皆に会えて自分の気持ちを打ち明けられた安心感があったのだと思いますが、おそらく彼には自分を見下ろす両親の姿が見えていたのかもしれません。もう俺は頑張らなくていいんだ、親父たちの待つ所へ行けるんだと思ったら嬉しくなったのかも。


G1052.jpg

G1053.jpg

さて、投げられた羽根手裏剣はどうしたでしょう。
機械のさらに奥へと吸い込まれるように向かい、そして歯車に突っ込み、なんと動きを止めます。
どんなに健たちが爆弾やらつぎ込んで爆発させてもビクともしなかった機械が、中での爆発により静止したのです。


G1054.jpg

すっかり静かになってしまった機械の前で立ち尽くす4人。彼らはまさかジョーの羽根手裏剣が止めた、なんて夢にも思わないでしょう。カウンターゲージが「0002」秒前で止まったのがなんとも不思議な光景です。

結局総裁Xは宇宙へと帰り、カッツェは身を投げてしまいました。
なんとも後味の悪い結末でしたが、彼らはこの後も精力的にパトロールを続けているようです。
きっと天国でジョーが見守っていますね。
彼のことだから、また地球を悪の手に行きそうになれば、今度は健たちに羽根手裏剣でも投げてきそうですね。



レビューは一旦終わりますが、ちょっと言いたいことがあるので、下に書きます。
だいぶ逸れるので会えて別にします。「more」のところをクリックしてください。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
羽根手裏剣の行方
2017-01-05 Thu 19:45
#104「魔のブラックホール大作戦」
ギャラクターの魔の手を阻むものは・・・

G1041.jpg

悪魔の薬を打たれてもはや意識が遠のく中、カッツェらの企みを聞いてうっすら笑い飛ばすジョー。こんな時でも相手を茶化すことは忘れないのはさすがというべきか。
最後の力を振り絞って彼はカッツェに羽根手裏剣を投げつけます。
でもそれは大きく逸れてしまった・・・。

G1042.jpg

でも!
この羽根手裏剣は実に劇的な運命をたどります。それは敵味方関係なく、誰一人(視聴者以外)気づかないところで思わぬ大仕事を成し遂げるのですが・・。

G1043.jpg


普通、どんな硬い鉄だって、こんな歯車の中を進んだら、押し潰れるか、はたまた機械がすぐにダメになると思うのですが、ところがこの羽根手裏剣はビクともしない。ぐんぐん進みます。いかにこの武器が強靭か、そして同時に柔軟性があるというのがわかろうというものです。これを忍者隊(特にジョー)はいとも簡単に操るんですから、すごいものです。

G1044.jpg

ジョーは倒れてもかすかに笑みを浮かべる。GPがやってきたのを見たからです。
ジョーは知りません。自分の投げた羽根手裏剣がまさか、ああなるとは。
そんな運命もまた、この物語の悲しさを表している気がします。

次回はいよいよ最終話です。

別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
コンドルは飛んでいく
2016-12-28 Wed 17:17
#103「死を賭けたG2号」
コンドルはどこへ行ったのかというと、「ヒマラヤ」に飛んで行ったのです。

素顔を見られたジョーはギャラクターに追いかけ回されてついに拉致されます。

G1031.jpg

逃げ出そうと飛び出したはいいが、高度何千メートルとかありそうなところから真っ逆さまに落ちるジョー。
ギャラクターのチーフは彼が死んだと思い込みますが、ジョーは変身。しかし不調の彼はこれでかなりのダメージを受けただろうなあと思うんですけどね。
通りかかったドライバーの方に病院へ連れて行かれます。そして自分の余命を知ることにー。

G1032.jpg

ヒマラヤの山々を見下ろすように立つジョー。コンドルがこのような光景の上を飛んでいるのを思うと、なかなかしっくり馴染んでいます。
自分の命が後1週間良くて10日と知った時は頭が真っ白になったんじゃないかと思いますが、すぐさまここに何かあると睨んだ彼は単身乗り込みます。彼の歳を考えると悲しいですがこれが彼の残された時間の使い方だったのでしょう。


G1033.jpg

当然ながらギャラクターに囲まれるジョー。ブレスレットを破壊され素顔をさらしてしまいますが、ここからがすごい。死を覚悟した人間の執念というのか、鬼気迫る彼の姿に圧倒されます。

結局捕まってしまったジョー。一方の健たちもナマズ型メカ鉄獣に手も足も出ず。
ギャラクターの最終兵器が刻一刻と地球破滅へと導いていきます。

別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
チェックメイト
2016-12-27 Tue 17:54
#102「逆転!チェックメイトX」
チェックメイトしたつもりが、されてしまった、というお話。

G1021.jpg

ファンサービスのようですから、載せてみました(*^_^*)・・ん?なんか飛んできたぞ・・・

にしてもこんな若くていい体つきの若者の肌を見られるなんて、この医者はなんて果報者なんだ・・・とか思いますが、意外にお医者さんって患者の裸なんてなんとも思ってないのよね。なんというか物体というか。まあ中にはよからぬことをする医者もいるようですが。特にこの人はモグリだし。
うん、確かに左手首が陽に焼けてない。この医者もそうだが、スタッフもかなりの曲者だ。


だけど・・竜、どうしてあんなに冷たいの〜?ここまでの間に2人に何かあったのか?気になるわ。


G1022.jpg

モグリの医者があの女隊長と話している様子を見たジョーは激高し、なんと痛めつけてしまう。そして女隊長の乗る車を追う彼の眼の前に現れたのは鉄獣。あれは・・カメムシ?

そこからジョーの猛追撃が始まります。そしてカッツェを見つけて追いかけたまでは良かったけど・・・


G1023.jpg

G1024.jpg

ある部屋に入るジョー。そこには、メガザイナーで待ち構えていたカッツェの姿がありました。そして南部博士も。
ジョーは博士の前で素顔に戻って気絶してしまいます。
以前にも健がやはりメガザイナーの光線を浴びて気絶してしまったことがありましたが、この光線はかなり苦痛を伴うのではないかと思うのです。衝撃というか、きっと変身のメカニズムを破壊しているのだからかなりの力が働いているじゃないかなあと。
脚だけ撃たれたジョーはあの時も衝撃で落ちてしまいました。なので全身浴びてしまったので失神するほどなんですよ・・。
でもこの苦しむジョーが何だか色っぽいとか思ったのは内緒です(こら)
・・・懺悔します・・。

メガザイナーが暴発したおかげでカッツェの素顔も拝めることに・・。”見たなあ〜〜〜”と言わんばかりに、男女の声で喋るカッツェがいかにも悪の頭領という感じがして貫禄あります。

別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第105話「地球消滅!0002」(最終回)
2015-11-19 Thu 19:49


ジョーはありったけの力を振り絞って地上へ出ます。
そこではまさしく近くで健たちがギャラクターと戦っている真っ最中。
敵の「ガッチャマンだ!」という声に、彼らが来ている事を悟ったジョーは、懸命に健の名を呼びます。
でもそんな彼の声に気づいたのは、ジュンでした。
寸でのところを彼に救われた彼女は、倒れ込むジョーを見て駆け寄ります。

そしてジョーは集まって来た4人一人一人に遺言のように自分の思いを告げます。
その中で、ジュンに話しかける台詞は、ジョーらしくない、とかやはり男の女に対する意見だ、というのを見かけますが、私はそれはそれで彼らしい台詞ではないかと思っています。

ジョーは口は悪いし素直じゃないけど、一方では小さいものや弱い立場にあるものにはとても優しい。
そして全話通して観て分かるけど、女性に対しても優しい。
ジョーは仲間であるジュンに、淡い感情を持っていたかもしれないし、それはないとしても、彼女の事は気にかけていたと思います。やはり女性として心配していたかもしれません。
女としての幸せを、と願うのは、自然ではないのかなあと。
まあ、あくまでも私個人の考えですので。



迫り来るギャラクターに立ち向かうように立つ健、ジュン、甚平、そして竜の4人。
それはまるでジョーを守っているように見えます。もうこれ以上寄らせないぞ、という意思の現れ。

そして彼らはギャラクターをその場におき、本部への入り口から中へ流れ込みます。
カッツェを痛めつけた健ですが、もう装置が動いてて時間が迫って来ます。
カッツェがマグマへ身を投げ、総裁Xが去ってしまうと、残された4人は装置を止めようとするのですが・・。

ジョーの投げた羽根手裏剣が機械の中へ進んで、そして歯車を止め、落ち損ねた中性子爆弾が暴発し、装置は壊れてしまいました。
でも健たちはまさか機械を止めたのが羽根手裏剣だとはつゆ知らず。

地上へ出た健たちが見たのは、荒れ果てて誰もいなくなってしまったクロスカラコルムの風景。
残されたのは、ジョーに渡した健のブーメランでした。


記者会見する南部博士の後ろでGPが飛んで行きます。でもジョーはいません。
彼が命を賭けて救った地球を、今日も守るため、彼らは行きました。
4人のことをジョーが見守ってくれているといいですね。
え?檄飛ばしてる?そうかもしれませんね(爆)


(シリアスのまま終わるのもなんなので、遊んでしまいました。スミマセン・・)

別窓 | コンドルのジョー(#101〜105) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT