いつも心の中に
2017-09-23 Sat 10:59
with_you.gif

929が近づく頃の恒例の天使です。

今までは彼一人のイラストが多かったのですが、今回はちと趣向を変えてみました。
親友(戦友)だった彼を失い喪失感に襲われている健にそっと何も言わず寄り添っているジョーという感じ。でもきっと健にはジョーの姿は見えないし声も聞こえない。

話の前半を見る限りはそんなそぶりもなくてただの同僚という感じの2人だったのですが、後半にはお互い信頼し合い時には拳を交わす、深い仲(いい意味でね)になった彼らだと思います。

そんな中で片割れがいなくなった時の気持ちは他人にはわからない特別なものでしょうね。


スポンサーサイト
別窓 | 画像(イラスト) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
水彩画に挑戦
2017-09-18 Mon 11:14
私のイラスト画の基本は、以前は下絵を描いたものをスキャンして、色塗りスタイル。今はペンタブで下絵を描いて色塗り(いつもフォトショ)。という感じでした。
それか、水彩色鉛筆で彩色したもの。

今回は、「水彩毛筆」というのを使ってみました。
水彩毛筆というのは、分かりやすく言うと筆ペンの毛筆版。筆ペンというのはみなさんご存知ですよね。穂先が硬くペンのうように描くもの。
その穂先を筆のような柔らかいものを水彩毛筆と言います。まるで水彩画を描いているような感じになります。


手順としてはまず下絵。今回はジュンのイラストを描いてみました。

suisaiga_1.gif



下絵には、水彩に耐えられる専用の用紙です。水彩画用紙として調べれば出てきます。
私はパッド式のA4サイズ。大きいサイズもあるのですが、スキャンする時ようにこのサイズです。

デジタルと違って下絵の線が見えるので、余計な線は極力消すことが必要ですね。あちらはごまかしとか色々出来ます(爆)が、水彩は綺麗に仕上げるのに結構気を使う。

まあだけど・・あまりジュン描かないので可愛く描くのは難しいですね。特にちょっと目が怖いかなあ。
ジョーの絵も最初の頃は目が怖かったので慣れてくれば可愛く描けるかな。


suisaiga_2.gif

色をつけてみました。これならまあそれなりにできた感じ?
目も水をつけて補正したんですがあまり変わらないか。

あ、そうそう水彩なので、間違えたりした場合は水をつけて薄くしてティッシュか何かで拭くと直せます。
それから背景のぼかしは、あらかじめ紙に水を含ませてその上からなぞると薄く塗れます。その逆でも可能です。

普通の紙だと水を吸ったらもう乾くとシワが寄ったりゴワゴワして波打ってしまうのですが、これは専用なのでそれはないです。

suisaiga_3.gif


こちらが用紙と水彩毛筆セットです。36色あります。
水彩毛筆はいろいろ種類があって迷いましたが、口コミとかを参考にして購入しました。(皆アマゾンで)


私のイラストデビューは幼稚園児の頃の鶏の絵でした。
先生が「あらー、キサラさん(仮名)は絵が上手ね〜」と褒めてくれたのを真に受けて(笑)気を良くしたのが始まり。
小学校に入るととにかく図工の時間が大好きでしたね。もう全部の教科が図工ならいいのにという勢いです。
好きな教科はそれと音楽だったので私はひょっとして芸術家肌?なのかも(自画自賛)←ジョーダンですから〜

先生!鶏がここまできましたよ!(お元気かなあ)


そんなわけで時たま水彩画をやってみたいと思います。ジョーのさらっとしたイラストが描けたらいいな。

別窓 | 画像(イラスト) | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
想い2017
2017-08-26 Sat 10:47
friends2017.gif

4年前に、「想い」というタイトルのイラストを描きました。改めて描いてみたのがこれです。

今回は、フォトショを利用せず、下絵から色塗りまで全てペンタブで仕上げました。そして「鉛筆」を選んだのでまるでアナログ風になったかと。
やはりいいですね、アナログ風は温かみがあります。エフェクトとか効果を駆使してすごいものを描くのも楽しいですが、これはこれでなかなかいいなと思っています。何よりも一気に描きあがるのがいい。

来月の恒例のイラストはもう仕上がったので、その前のちょっと一息、です。


ちなみに4年前の「想い」は、こちらです。
昔の絵って何だか変。(今でもあまり進歩ないですが(笑))




別窓 | 画像(イラスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Birds
2017-07-15 Sat 11:31
以前お話をしたイラストが出来上がりました。忍者隊と鳥。
色ぬりを変えて鳥は羽の質感が出るようにしてみましたが、どうでしょうか・・?

それでは、彼らや鳥を紹介する前に、忍者隊、そして我々人間が生物学上どんな分類なのか見てみましょう。
これは、かつて放送していた動物番組で司会者がゲストを紹介する時に言っていたフレーズです。

ヒト:霊長目ヒト科ホモ・サピエンス

「ホモ・サピエンス」とは、”知恵のある人”という意味です。


それではまずリーダーのこの方から。


ken_the_eagle.gif

<科学忍者隊G1号・大鷲の健>
科学忍者隊のリーダー。またの名を「ガッチャマン」。本名は鷲尾健。
責任感が強く真面目な性格だが、それゆえに怒らせると怖い。
武器は鳥の格好をしたブーメラン、そして撒菱型爆弾など。
父はレッド・インパルス隊長・鷲尾健太郎。

<大鷲>(学名:Haliaeetus pelagicus)
鳥網タカ目タカ科オジロワシ属
大韓民国・中国北東部・朝鮮半島・日本・ロシア東部に分布。
日本では冬季に越冬のため北海道や本州北部に飛来する。
日本で一番大きな鷲。特に大きなくちばしが特徴。
全長オス88cm、メス102cm。翼を広げると220〜250cmになる。



次は、サブリーダーのこの方です。


joe_the_condor.gif


<科学忍者隊G2号・コンドルのジョー>
科学忍者隊のサブリーダー。イタリア・BC島(シシリー島)出身。本名はジョージ浅倉。
両親はギャラクターの幹部であったが、裏切ったためジョーが8歳の時に眼の前で暗殺され、
彼自分も深手を負う。ギャラクターに復讐を誓っている。
一匹狼のような性格でリーダーに反抗したりしているが、根は優しく仲間想い。
射撃の名手らしく、武器は多機能のエアガン、そして羽根手裏剣。
普段はトレーラーハウスに住み、プライベート・レーサー。

<コンドル>(学名:Vulture gryphus)
鳥網タカ目コンドル科
南アメリカ大陸アンデス山脈に生息。
南米コンドル、アンデスコンドルと呼ばれる。
生きた獲物を狩るのではなく主に大型動物の死体を漁って食料としている。
くちばしから尾の先までが約1、2m、翼の端から端まで約3m、10kg以上。
ボリビア・チリ・コロンビア・エクアドルの国鳥。


お次は紅一点のこの方です。

jun_the_swan.gif


<科学忍者隊G3号・白鳥(しらとり)のジュン>
科学忍者隊の紅一点だが、男たちと同等の活躍を発揮。本名は不明。
アメリカと日本のハーフ。
爆弾処理等の知識に長け、ギャラクター基地の起爆装置などの細工を施す。
武器はヨーヨー。これも起爆装置になっており、彼女の指先ひとつで対象物を爆破する。
同じメンバーの甚平とともにスナックジュンを経営。
またリーダーの健に恋心を抱いているが、彼が無関心のため本作では実らず・・。

<白鳥>
鳥網カモ目カモ科
シベリアやオホーツク海沿岸で繁殖。
冬季には温暖な日本などへ渡り、越冬する大型の渡り鳥。
大人しいイメージではあるが、子育て中の時などは、近づく人間をつついて追い払う例もある。
日本においては、オオハクチョウとコハクチョウがやってきて、北海道や本州沿岸、河川等で過ごす。



お次は最年少のこの方です。

jinpei_the_swallow.gif


<科学忍者隊G4号・つばくろの甚平>
科学忍者隊最年少の11歳。本名は不明だが、甚平という名はジュンが名付けた。
孤児院で育った甚平だが、自分は伊賀の血筋を引く者と思っている。
武器はアメリカン・クラッカー。それを相手に投げ、手足を縛って不自由にさせることができる。
また、ジュン同様爆発物の知識も持っている。
小回りもきき、機転も利くので科学忍者隊の任務の助けになっている。

<燕>(学名:Hirundo rustica)
スズメ目ツバメ科ツバメ属
古くは”ツバクラメ”あるいは”ツバクロ”と呼ばれた。
北半球の広い範囲で繁殖する。
日本で繁殖したツバメは台湾、フィリピン、ボルネオ島などで越冬。
一方で日本で越冬する個体は「越冬ツバメ」と呼ばれ、中日本〜西日本各地で過ごす。
エストニア・オーストリアが国鳥に採用している。



最後は忍者隊きっての力持ち、のこの方です。


ryu_the_owl.gif


<科学忍者隊G5号・ミミズクの竜>
科学忍者隊いちの巨漢。出身は東北の漁村。父は漁業組合長。本名は中西竜。
忍者隊ではその体を利かし、戦闘に加わった時にはギャラクター相手に肉弾戦に挑む。
しかしメンバー中で唯一肉親がいるということで、あまり戦闘に参加させられることはなく、
常にゴッド・フェニックスで待機している。本人はそれが不満なのだが、メンバーや博士の計らい
でもあるのは理解しているようである。


<ミミズク>
鳥網フクロウ目フクロウ科
分類学的には単一の分類群ではなく幾つかの属からなる。
英語はミミズクを総称する表現がなく、羽角のあるなしに関わらず、owlと総称する。
羽角とは、哺乳類の耳のように突出した羽根である。
漢名の木菟・木兎(ぼくと)は、ウサギの意味で、羽角をウサギの長い耳になぞられたもの。


(以上、鳥の説明はウィキペディアから引用しました)



私はもともと鳥は好きだったのですが、彼らのファンをやっていてますます好きになり、「日本野鳥の会」の会誌を送ってもらっているほどです。会員ではまだないのですが、時々グッズを買い、少しばかりですが寄付しています。
少しでも野鳥たちが健やかに暮らしていける環境が整えばいいなあと思います。

最後は超真面目に締めくくりました(笑)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


別窓 | 画像(イラスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
挑戦中!
2017-06-24 Sat 10:30

現在、忍者隊5人のイラストを作成中です。それもただのイラストでなく、忍者隊とその彼らのコードネームとなった鳥のイラストを描いてみようと。

swallow.gif

先に忍者隊の諸君の色ぬりをしていて、まだ塗っていない甚平を載せてみました(もう今は塗ってあります)。
こんな感じで、下の方に人間、そして上に鳥の絵。写真との合成にしてもいいかなと思ったのですが、ここはイラストに挑戦してみよう、と。

忍者隊の色ぬりは今まで通りで、鳥の方の塗り方を変えてみようと思っています。羽毛の感じがもふもふしている風に塗ることができたら最高ですが。

で、イラストの見せ方は、1人1人載せるか、一気に全員載せるかどうするかですが、まそれは、成り行きですかね。

忍者隊みんなの色ぬりが済んだら、鳥です。写真を見ながら格闘する時間が増えそうです(笑)

別窓 | 画像(イラスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT