「これが俺の生き方だったのさ」
2015-11-24 Tue 11:00


最終回105話「地球消滅!0002」から。
最後の力を振り絞って地上へ出たジョーは集まって来た健たち4人にお別れを告げます。
最初に口を開いたのは健。彼が「ジョー、お前ってヤツはー」と話しかけると、ジョーは彼に答えます。
まず彼の思いが一番詰まっていると思われる台詞からです。


  「これが俺の生き方だったのさ」


   Questo e stato il mio modo di vivere.
   (クエスト エ スタット イル ミオ モード ディ ヴィーヴェレ)
   *questo の後の e の上にチョン


   questo は、”これは””これが”、stato は、”~の状態””~である”という意味  です。
   il は定冠詞、次のmio(私の)に掛かります。

   modo は、”やり方””方法”、di は接続詞の”~の”、vivere は”生きる”
   なので、 modo di vivere で、「生きる方法、生き方」となります。


   (英)This was my way of life.

   英語は分かりやすいですね。「これが私の生きる道だった」ですね。


 そしてジョーはその前にこう言います。

  
   「分かってるよ。それ以上言うなって・・」


    Lo capisco. Piu non dica・ ・(イオ カピースコ。 ピュ ノン 
    ディッカ・・)*piuの最後の u にチョン


     capisco は、capire(カピーレ:分かる、理解する)の1人称単数です。

    他動詞なので、lo(私は)と合わせます。

   dica は、dire(ディーレ:言う)の3人称単数。打ち消しの non  がある   ので、”言うな”というわけです。
   
   piu は、色々な意味があり、主たる意味は”多くの””より多くの”で、それ以上  (何も)言うな、となるのでしょう。



    (英)I understand it. No longer say ・・

    no  longer で、”もうそれ以上”です。



みんなに会えて笑みを浮かべていたジョー。きっとこれで安らかに旅立つ事が出来たでしょう。
向こうの世界で幸せになってくれるといいですね。



そんなわけで、長きにわたりお送りして来ました「ジョーの台詞でイタリア語」はこれにて終了です。付き合っていただき、ありがとうございました。
またいつかお会い出来るといいですね。

それでは。


  Grazie !(グラッツエ!)

  ありがとう!

  Ci vediamo !    Arrivederci !(チ ヴェディアーモ! アッリヴェデルチ!)

  また会いましょう! さようなら!



  

                 ー Fine ー




スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「1人でも多く貴様らを道連れにしてやるぜ!」
2015-11-17 Tue 18:00


103話「死を賭けたG2号」から。

ブレスレットを破壊されたジョーは、自分を取り囲むギャラクターのチーフ以下隊員たちに向かって叫びます。
どっちみち、残された命を投げ出す覚悟でいた彼はこれで吹っ切れたのでしょう。


 「1人でも多く貴様らを道連れにしてやるぜ!」



  Viaggio con molto di Lei solo!(ヴィアッジョ コン モルト ディ
  レイ ソロ!)

  viaggio というのは、”旅””旅行”という意味。
  molto は、”~の多く”、Lei は、”あなた方”ですので、”あなたたちの多くを”という意味です。
  で、どうして敬語を使っているのかというと、以前にも述べたように、恐らく
 ”貴様”とか”お前”が元々敬語だったためと思われます。

 solo は、多分日本語の”1人”に反応したためかもしれません。

 英語も同じような言い回しです。


  (英)I travel with a lot of you alone!

 こちらも、イタリア語同様な感じですね。

 さて、道連れですが、”一緒に旅をする”というニュアンスです。
 よく日本語でも、「旅は道連れ、世は情け」と言いますね。

この場合は、俺と一緒に地獄へ行こうぜ、という意味なのでしょう。
戦いに身を置いて来たジョーとはいえ、何だか若者らしくない台詞です。
彼をもっと幸せにしてあげたかったな。って私たちにはどうする事もできませんが・・。


それではいよいよ次回は最終回ですね。
やはりあの台詞でしょうか。

ではまた!

 A presto !

別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「とんだ無駄遣いだ」
2015-11-10 Tue 18:01


102話「逆転!チェックメイトX」より。

潜りの医者を訪ねたジョーですが、もう今更自分の病気を知ったって何にもならない、診察を断ろうと決意。そして医者に金だけを渡して終わりにしよう、とするのですが、そんな時にこう言い放ちます。


  「とんだ無駄遣いだ」



    E lo spreco terribile.( エ、 ロ スプレッコ テッリービレ)
    *Eの上にチョン

  Eのチョン付きは、次の lo (それ)を強調しています。

  spreco は、”無駄遣い””浪費”という名詞です。

  terribile は、形容詞で、”恐ろしい””厳しい””手に負えない””恐るべき、並外れ  た”とかいう意味があります。 

  なので、”恐ろしいほどの無駄遣い”という意味合いです。



  (英)It is terrible waste.


  順序はイタリア語と逆で日本語と同じ、こちらも”恐ろしくムダだ”という意味で  す。


リーダー様はオケラですが、ジョーはきっといくらか所持金があるのだろうと想像していますが、自分の病気を知りたくないために金を払うなんて、ときっと自嘲しているのでしょうね。

だけど無駄遣いと言えば、国が今やろうとしているものも色々”とんだ無駄遣いだ”、ですね。この国をいったいどうしようと考えているのか、とつい思ってしまいます。


というわけで、本日はここまでです。
また次回!


 A  presto !

別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「俺の身体はいったい、どうなってるんだよ?」
2015-11-03 Tue 10:19


99話「傷だらけのG-2号」より、体の異変にいいようのない苛立ちを覚えるジョー。待機を命じられたゴッドフェニックス内でその気持ちをぶつける彼が思わず漏らす台詞です。


   「俺の身体はいったい、どうなってるんだよ?」


   Su terra che avviene con il mio corpo?
  (ス テラ ケ アッヴェーネ コン イル ミオ コルポ?)


  avviene は、”(何かが)起きる”という意味の avvenire(アッヴェニーレ) の単数変化。
  前に付いている、che が、”何か”なので、”何かが起きている”となります。


  mio は、”私の”、corpo は、”身体””体”です。


  最初の、su terra 、この場合は、副詞で、”いったい””一体全体”という意味。
 
  terra は、”地球”という意味ですが、このように使うのは外国語特有の表現です。

  なので、英語を見るとよくわかります。



   On earth what happens to my body?


  英語も、earth(地球)を使って、いったいぜんたい、どうなってるんだ、という意味にしています。
  単語通り、”地球”と訳したらちょっとおかしな感じになりますね。


ジョーの病気の原因はいろいろと言われていますが、とにかく彼の人生はけっして穏やかでなく、戦い等で相当体を痛めつけられているので様々なものが重なってついに体が悲鳴を上げてしまったのでしょうね。
ただ、有力な8歳の時の傷が原因だとすると、長い間眠っていた病魔が目覚めた、となりますがもう少し待って欲しかった・・と思わざるをえません。

これからの彼の活躍に目が離せませんね。

それでは本日はここで。


 A presto !


別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「やりゃあいいんだろ」
2015-10-27 Tue 17:59


98話「球形鉄獣グレープボンバー」より。

体調不良で集合出来なかったジョーに、博士は1人で任務を行うよう命じます。
そんな彼の態度を見て、どうしたんだ、と健は心配そうに声を掛けますが、ジョーはちょっと不貞腐れたようにこう突っぱねます。


  「やりゃあいいんだろ」


     Devo farlo.(デヴォ ファルロ)


これはかなり主語等が省略されていますね。

  farlo というのは、”~をする、行う”と言う意味の、fare に、

 ”それを”という意味の、lo がくっ付いたものです。

  devo は、dovere(~しなければならない)の単数・現在形です。

なので、”それを行う必要がある””それをしなければならない”ということになります。



  (英)I should do it.


  こちらも、”私はそれをしなければならない”です。



反抗的なのは今に始まった事ではない・・・と言う博士。恐らく手元に預かってからずっと手を焼いていたことがうかがえる台詞です。
でもその頑な態度の裏に何かを読み取ったようにみえる博士ですが、体の不調には気づけなかったようです。おまけに、それが出生の事で荒れている、という風に解釈してしまっています。

ちゃんと解ってくれた方か、それとも勘違いしてくれた方か、どちらがジョーにとっては良かったのでしょうか。
任を解かれるよりは、違う方に行って欲しいと思っていたのかも。
ファンとしは、彼の不調に気づいて欲しかったですけどね。


それではまた次回。


A  presto !  Ciao !

     
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT