伊検合格への道ー春季試験2018の結果
2018-04-28 Sat 11:09
さて、先日結果が送られてきました。

結果は・・


italiano_test2018_1.gif

残念ながら「不合格」でございました。
まあ実際は公式HPで今月初めに発表されていたのを見て知っていたので、あとはどのくらいできたのかどこを間違えたのが確認しようと思い立ったわけです。

でも、私はこの内訳を見て、すごく希望が湧いてきました。
というのは、合格まであと2点だったからです。

筆記に至っては、基準を超えたし、ヒヤリングも近い。
これはさらに頑張れば、次回もしくは次次回には合格できるかもしれない。
単純かもしれませんが、そう思った次第です。


italiano_test2018_2.gif


今回の合格率です。
私の受けたのは4級ですが、これは大体4割くらいです。
一発で受かった5級は実に7割合格なので、4級はかなり低くなるのがわかります。
それだけ難しいのだ・・と言い訳したりして(爆)

今まで受けてみて、感覚ですが、秋より春の方が易しい気がします。(ただの気のせいです、きっと)
なので、その難しく感じる秋の試験に合格したら自信がつきますね。
秋はいつも学校行事(運動会)の翌日になるので(雨で順延になった場合)受けられない場合もありますが、でも申し込んでみようと思います。

次回はいいお知らせができますように!

スポンサーサイト
別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊検合格への道ーこんなことを始めます
2018-03-21 Wed 15:04
このあいだの試験発表はまだですが、実はTwitterのアプリで「イタリア語オタク」だと診断されまして・・^^;
それでは、オタクを極めようではないか、ということでこんなことを始めようかと思います。

italiago_1.gif

まずは「まいにちイタリア語」。
これはラジオです。でも、リアルでは聞けないので、テキストは購読し、音声はパソコンにダウンロードしていつでも聞けるようにしようかと。
検定を受けてみてしみじみ思うことは、やはり「ヒヤリング」が大事、ということ。暇を見つけて聴き続ければだんだん身につくのではないかと思うんですね。

前は英検とかの勉強に通勤時間を利用してカセットをウオークマンなどで聞いていたのである程度聞き取れるようになった実績があるので、イタリア語も聞くことを習慣づけよう、というわけです。
昔買ったiPodが使えるかどうかわかりませんが、そういったもので外出している時も聞けたらいいですけどね。


italiago_2.gif

あとは文章ものです。ある程度文法とか勉強していると、その言葉で書かれた本が読みたくなります。
で、物語でも童話とか短編とかだと飽きずに読めるだろうとこの2冊を選びました。
「星の王子様」はもともとフランス語ですが、これをイタリア語に翻訳したものだそうで、これは左半分にイタリア語、右に日本語、そして所々に文法や単語などの解説が載っています。
「名作短編」はイタリアの作家が書いた作品集。原語で雰囲気を味わおうという本です。こちらも日本語訳と文法などの解説があり、割と優しい文章の気がします。
検定では文法等の最後には、長文読解の問題が出されます。このような物語は長文読解に役に立つと思います。
内容も、難しい専門書と違ってお話ですしね。

検定も上級に行くにつれてネイティブに近くなってきます。
文法はもちろん、ヒヤリングも長文もさらに力をつけていきたいと思っています。


別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊検合格への道ー春季試験2018
2018-03-04 Sun 17:40
4回目の4級を受けてきました。
まあ何というか相変わらず難しかったですね〜。でも、4回目にしてようやくヒヤリングで何の話をしているのかわかるようになっていった気がします(笑)

italiano2018_primavera_1.gif

そんなわけで「フォカッチャ(focaccia)」を戦場前にいただき、早速会場へ〜

フォカッチャは、パニーニ(サンドイッチ)と並ぶイタリアのパンです。運担ぎ?

結果の通知が送られてくるのは来月下旬。4月初めにはネットで答え合わせできるし、結果も分かるのですが、実際に送られてまで内緒で〜す(爆)


italiano2018_primavera_2.gif

で、構内の学生食堂前にあった横断幕。校名言わなくても駅伝で優勝、なんて言ったらすぐ分かっちゃいますね(笑)
東京の試験会場はここだけなんですよ。
今日も他の試験もあって、たくさんの人たちがいました。

さあ、一体どうなりますやら!

別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊検合格への道ー秋季試験当日
2017-10-01 Sun 16:58
今日は、イタリア語検定試験4級を受けてきました。
これで・・3回目でしょうか。いい加減合格したいものですが、何せ合格率が5割いきなり切るという難関なのでこれを免罪符としてきております(爆)でもそろそろ受かりたいなあ。(5級は一発で受かったのに)

やっぱりヒヤリングは手強いですね。特に私の弱点は数字。英語と違って途中でいきなり入れ替わるという技をふっかけてきますので、イタリア語は侮れません。

例として、2桁の数字と挙げますと、

11から16までは、先に数字を言い(1=uno 2=due など)そのあと「10」という意味の dieci(ディエチ)というのをつけ、17〜19は、その逆、「10」+数字、という感じ。(もちろん変化あり)
でもまだいいんですよ、20以上になるとさらに複雑になります。考え方は英語と一緒ですが。
書かれたものは卑怯なことに(?)数字で書かれていて、ヒヤリングはこうかなり早いスピードで読まれるので、「?」という感じです。マンマミーア!パードン?←だからそれは英語だってばあ

さあどうなるでしょう。ネットではもう3日から解答が出るそうすが。一応問題用紙に丸つけといたので答え合わせできますのでやってみようと思います。
怖いですね〜!(笑)

これから約ドキドキの1か月になりそうです。


今日の大学構内。銀杏が満開でした。

ginnan_1.gif

ginnan_2.gif


辺りは例の匂いが立ち込めて、秋だなあ〜という雰囲気。でも銀杏大好きなので匂いなんて気にしません!

こうキャンパスを歩いていると短大時代を思い出します。まあ私の通っていたところはこんなに広くておしゃれじゃなかったけど(コラ)、でも山の上(!)だったので周りは大自然でした(注・東京です)。



別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊検合格への道ー春季試験結果
2017-04-29 Sat 11:11
この度、3月5日(日)に受けた検定試験の結果が届きました。

italiano_test_2017.gif

結果・・・5級は合格しました。認定証が同封され、イタリア語で色々書かれております。多分、合格したことを証する・・とかだろうと(←ダメじゃん(爆))
合格者には、希望で日伊で書かれた「合格証明書」を発行するとのことなので、早速発行手数料を銀行振り込みをしてメールで合格級とか住所等送りました。
するとですよ、向こうから返事が来たのですが、「5級合格おめでとうございます!早速手続きいたします。次回は4級ですね、御精進お祈りいたします」という内容でした。なんというか、検定試験でこのようなメールが来るなんて、何て丁寧なんでしょうと感動してしまいました。(さりげにプレッシャーかけている気もしますが(爆))
前回は、残念ながら仕事が入ってお休みした際にも、問題の冊子や回答も送ってくれ、今までにない親切を感じましたが、こんな心配りをしてもらうと、よし、頑張るぞ!と意欲が湧いてきます。

今まで色々な検定試験を受けてきましたが、こんなことは初めてのような。まあ、もっとも今まで欠席したこともなかったしメールでお願いすることもなかったのでなんとも比較のしようがないですが。
でも、試験会場でも、試験官の方々は受験者の緊張をほぐすためか、注意事項もユーモアを交えて話してくれたり、丁寧な印象を受けました。やはり仕事をする上でこのような気持ちは大切だな、と実感しているところです。私もより丁寧な仕事を心がけよう。

一方の4級は残念でした。前回よりは2、3正解の数が上でしたが、まだまだです。

今回の合格率は、5級が67.2%、4級が34.1%でした。やはり4級は手強い。急に合格率が半分以下になります。
結果を見るとやはりヒヤリングがちょっと弱いかな〜という感じです。合格水準は、クリアした5級だってちょうどのラインでしたから。4級なんて届かず・・・。
今後はよりヒヤリングにシフトを重くして、CDを聴きまくろうと思います。

それで・・3・4・5級の過去問集を購入したので、ちらと3級を見てみましたが、まあいつものマークシート方式の記述・ヒヤリングは同じで、これにさらに、「作文」が入ります。
これは、イラストを見て、これを100語ほどで説明するという。例えば、ホテルのロビーだとすると、「観光客が数人ロビーに入ってきました。」「カウンターでは夫婦が手続きをしています」「小さな男の子が何かをこぼして掃除係の人が睨んています」・・とか描写するわけです。もちろんイタリア語で。これはかなり勉強しないと、ですね。
英語の勉強もそうですが、やはり文法の勉強はしっかりやらないといけないと思います。このような作文の問題が出た時にはそれも必要ですからね。
よく日本の英語教育は文法ばかりで・・とか言いますが、文法は必要です。それが頭にあれば、話せるんです。文として成り立ってなければ、ただの言葉の羅列です。それでは意味が通じません。日本語だってそうですよね。

さて、今回の結果ですが、実はもう知っていました。
3月終わりごろにはHPに合格者番号が発表になり、4月初旬に見に行って確認してましたのでずっと今日までうずうずしておりました(笑)
5級は当初の目標だったので、一発で受かってよかったです。4級ですが、なんと私の前後の方が受かっておりまして、自分は飛ばされましたー(爆)(T_T)受かるようには見えなかったけどなー←失礼ですっ
ま、基準に満たないんだから当然だけどね・・。

とまあそんなわけで・・次回は4級目指して頑張ります!長い目で見守ってやってください・・。

別窓 | 伊検(イタリア語検定試験) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT