ジョーの台詞でイタリア語2<23>
2017-01-10 Tue 18:11
joe_italiano_23.gif

Buonasera !
新しい年になって最初のイタリア語ですね。皆様は良いお正月を迎えられましたか?

今日は#96「ギャラクター本部に突入せよ」から。

マンモスキャニオンで怪しい角が発見され、どうやらこの付近にギャラクター本部があるらしいとの不確かな情報が入ります。
罠かもしれなくても出動するのが我が科学忍者隊。その渓谷を進む一行に何者かの邪魔が入ります。
険しい山道を行く忍者隊を乗せたジープを煽るように体当たりの攻撃をしてくる1台の車。
思わずジョーがこう言います。


「ちぇっ、相当せっかちなやつだぜ」


Accidenti, è notevole ragazzo impaziente.( アッチデンティ、エー ノテーヴォレ ラガッツォ インパツィエンテ )

accidenti は、”くそう””ちくしょう”という意味。
ragazzo は、”野郎””男”です。impaziente は、”我慢できない””イライラした””短気な”という形容詞です。
notevole は、”著しい””相当な”、です。

ジョーもせっかちな方だと思うのですが、忍者隊を煽った謎の男はそれを上回るせっかちさんということですね。


(英)Hey, it's a quite impatient guy.


男がなぜ忍者隊をつけ回していたかというと、ギャラクターとの戦いの中で彼の住む海底牧場が破壊されてしまい、ギャラクター同様に忍者隊をも憎んていたから。
この手のヒーロー物は、あくまでもヒーローはヒーロー、みんなの憧れとか崇拝の対象ですが、この「科学忍者隊ガッチャマン」という作品では、そんな概念を打ち破り、正義の元で戦う裏には実はこんな犠牲もあるのだ、というある意味タブーな部分もさらけ出しています。
考えてみれば、街に鉄獣が現れて街の人々が犠牲になるのはまああるとして、彼らが例えばミサイルとぶっ放したり、科学忍法・火の鳥を使って鉄獣をやっつけているシーンは、同時に街を破壊していたりするのかもしれません。
だから彼らはそういう事実を知って驚愕するとともに、重い責任というものを感じ取る、というストーリーになったわけです。
大事ですね。

さて、しばらくやってきたこのコーナーですが実は今回で終わりです。
前回同様、お付き合いいただきましてありがとうございました。

これで少しイタリアやイタリア語に興味を持っていただけたなら嬉しいです。
それでは。

Arrivederci !
さようなら!



スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語2<22>
2016-12-30 Fri 10:59
joe_italiano_22.gif

Buongiorno tutti !
今年最後のイタリア語となりました。

今日は#95「合体忍者大魔人」からです。
自分のルーツを探るため単身ジュピター山へ向かった甚平。どうやらギャラクターが絡んでいるという情報を得て出動する忍者隊。健、ジョー、竜の3人が到着した頃、小屋が燃え盛っていました。ジュピター忍者隊がどうやら火をつけたようです。そして近くには甚平のバギーが。
果たして甚平はどうなったんだろう。

そんな光景を見ていたジョーは彼がこんなことで負けるはずはないと確信。そしてこう言います。

「あの小屋にはいなかったんじゃねえのか?」

Non è forse che non erano in quella capanna?( ノン エー フォルセ ケ ノン エランノ イン クエッラ カンパンナ? )

forse は、”多分””おそらく”という意味の副詞。
erano は、essere( エッセレ:〜がいる、〜がある )という意味の動詞( 英語のBe動詞 )の半過去・大過去。
これは”彼らは”という単語を受けている形になるので、甚平だけだと”彼は”なので、本来ならば era となります。
ここにはおじいさんと一緒だったので、”彼ら”となってもおかしくはないですね。
そこまで翻訳ソフトが判断したとは思えませんが^^;

quella は、”あの、あれ”、capanna は”小屋””ぼろ家””山小屋”という名詞です。


(英)He was not in that hut?

hut は、”小屋”です。


ジュピター忍者隊との戦いの中で甚平は自分のルーツを知ることはできなかったけど、おじいさんの言った「ふるさとは心の中で抱いておけ」という言葉をしっかり覚えておこうと決心します。
これは他のメンバーたちの心にもしっくりいく言葉だったでしょうね。


次回は新年になります。今年もお読みいただきありがとうございました。また元気にお会いしましょう。

Ci vediamo la prossima settimana !

Buon anno !( 良いお年を! )


別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語2<21>
2016-12-20 Tue 18:17
joe_italiano_21.gif

Buonasera !
間も無くクリスマスですね。イタリア語で「クリスマス」は、Natale( ナターレ )と言います。
それが終わると暮れ・・。なんだか慌ただしくなりそう。

さて、今日は#94「電魔獣アングラー」からです。
帰郷する竜を見送るため、車でそちらへ向かう途中飛び出してきた子供を撥ねてしまったジョー。
彼は子供を抱き上げ、駆けつけてきたその子の母親と思しき女性に言います。


「私と一緒に来てください」

Si prega di venire con me.( スィ プレーガ ディ ヴェニーレ コン メ )

prega は、pregare( プレガーレ:〜に頼む、〜してくれるようにお願いする )、si は、”自分(たち)を””自分(たち)に”。「〜をお願いできますか」

何をお願いするのかというと、

di venire ”来ること”、con me ”私と(一緒に、共に)” con は、”〜と”という意味です。


(英)Please come with me.


ジョーはとても真面目なドライバーさんですね。母親に詫び、子供を病院へ連れて行きます。母親も彼の誠意を感じたのでしょう、感謝もしています。
途中ギャラクターのメカ鉄獣のおかげで町中が停電になり、子供の手術が中断してしまうというハプニングがありましたが、なんとか無事に成功。安心したジョーは母親にまだお見舞いに来ます、と言い残して去ってしまいます。母親からしたら、「せめてお名前を・・」というところでしょうか。さりげなく立ち去るのが紳士というものです。
でも、子供の喉に何か刺さってたみたいなことを医者は言ってましたが・・。食べながら遊んでたのかな?お行儀悪いですよ〜。

今年はあと1回で終わりです。もう一踏ん張り、です。

それではまた次回。

Ci vediamo la prossima settimana !

別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語2<20>
2016-12-13 Tue 18:08
joe_italiano_20.gif

Buonasera !
Come sta ?

今日は、先週に引き続き#88「鉄獣スネーク282」からです。

相手の鉄獣はかなり手ごわく、全員いないGPは苦戦します。
蛇のようなものが大勢で襲ってきて、彼らに攻撃をしてきます。それを躱すのも一苦労。そんな状況に、ジョーは操縦する竜にこう言うのですが・・・。


「なんとかならねえのかよ!」

O in qualche modo non diventa difficile!( オ イン クアルケ モード ノン ディヴェンタ ディフィーチレ )


qualche は、形容詞”幾らかの、いくつかの〜””なんらかの〜”という意味です。
そして、 in qualche modo で”なんとかする””なんとかして”という熟語になります。

diventa は、diventare( ディヴェンターレ:〜になる(自))
difficile は、”困難な”という名詞です。

最初の o は、呼びかけや単なる接頭語。
直訳すると、「困難にならないようなんとかしてくれ」になるでしょうか。

難しい局面でも、なんとかしろ!と無茶なことを言うのはジョーらしいです。


(英)I wonder if it is somehow!

英語の方は、「なんとかならないのかと思う」


別件で調査をしていた健とジュンが合流し、鉄獣をなんとか倒すことに成功しますが、目的は果たせず。
唯一の手がかりであった男は殺害され、カッツェには逃げられる。
主人公たちが不発に終わってスッキリしない話はいくつかありますが、このような展開も長丁場をうまくきりぬくコツなのかもですね。

今回はここまでです。また次回お会いしましょう。


Ci vediamo la prossima settimana !


別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語2<19>
2016-12-06 Tue 18:22
joe_italiano_19.gif

Buonasera !
すっかり暗くなるのが早くなりました。もう12月ですね。
あー、なんて月日の経つのが早いんだろう、いやになるなーと思いたくなりますが、こんな時はジョーに喝を入れてもらいましょう。

「ビクビクするな!」

Non abbiate paura!( ノン アッビアーテ パウーラ )

paura は、”恐れ””恐怖”という名詞。助動詞 avere と合わさって、”怖い”怖がる””恐れる”となります。
この場合、みんなに向かって言っているので、2人称複数 abbiate + paura ”怖がるな” になります。


(英)Do not be scared!


これは#88「鉄獣スネーク828」からの一シーン。健とジュンがカッツェのことを調べに行っている間、その秘密を握る男のいる刑務所の見張りをするジョー、甚平、そして竜の3人。そんな彼らの目の前に八岐大蛇のような鉄獣が姿を現します。
そしてその異様な姿にびっくりした竜にジョーは今回のフレーズを言います。
でも「ビクビクするな」と言われてもねえ、あんな蛇みたいなのがうじゃうじゃ出てきたら誰だってびっくりしますって。
その点ジョーは実に落ち着いています。健も同様の反応だと思いますが、やはりリーダー、サブリーダーである立場の人たちがこうどっしり構えているとメンバーは安心しますね。

次回も同じ回からのフレーズです。
またお付き合いください。

それでは、

Ci vediamo la prossima settimana !

別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT