FC2ブログ
 
ジョーくんのプチイタリア語2<30>文化について
2018-10-16 Tue 18:00
italiano_2018_30.gif

Ciao !
今日は最後のレッスンだよ。「イタリアの文化について聞いてみよう」というテーマだよ。

あー、今日はね、表示の文字が見づらいと思って、吹き出しにしてみたんだ。でかいのがいるからさ。

ジョー:ふんっ、連れてきたくせに。
    それにしても、おめえ、本当にこうしてみるとチビだな。あはははは。

・・・ふーんだ。


それじゃ、今回はこの人と会話式で例文を紹介するね。


キュージョン:In Italia andate a guardare i fiori di ciliegio ?
       ( イニターリア アンダーテ ア グアルダーレ イ フィオーリ ディ チリエージョ? )

       イタリアではお花見するの?

ドールジョー:I fiori di ciliegio ?( イ フィオーリ ディ チリエージョ? )

       桜の花?

キュージョンジョー:Sì, guardado i fiori, si mangia, si beve・・・
        (スィ、グアルダード イ フィオーリ、スィ マンジャ、スィ ベヴェ・・・)

       うん、花を見ながら、食べたり、飲んだり・・・


ドールジョー:Ah ! Una scampagnata !( アー、ウーナ スカンパンニャータ! )

       ああ、ピクニックみたいだね。

さて、イタリア語の疑問文は、英語のように主語と動詞を入れ替えたりしないで、そのまま語尾を上げて発音するだけでいいんだよ。彼は普通の「桜の花」という文章を最後に上げて言ってたね。

i fiori は、fiore( フィオーレ )の複数形。「花」という意味で、桜( ciliegio )がたくさん咲いている感じだから、i fiori と言うんだ。1本だと、fiore でいいよ。

beve は、動詞「飲む」。


もちろん君は「花見」って知っているよね。

ジョー:飲めねえけどな。

いい子だね。

さて、その「花見」を他の表現で入れ替えてみよう。

お月見をする  ammirate la luna( アンミラーテ ラ ルーナ )

雪合戦をする  giocare con le palle di neve( ジョカーレ コン レ パッレ ディ ネーヴェ )

温泉に行く   andate alle terme( アンダーテ アッレ テールメ )


<「〜しながら・・・する」ジョルンディオ>

イタリア語で「〜しながら」という表現は、”ジョルンディオ”を使います。
これは、動詞の語尾を -ando か -endo に変えたものだよ。

ジョルンディオは、文頭でも文末でも意味は同じ。


歌いながら、私はシャワーを浴びる。

Cantando, faccio la doccia.( カンタンド、ファッチョ ラ ドッチャ )

 *la doccia シャワー



Faccio la doccia cantando.


そうそう、イタリアはカトリック教国なので屋外での飲酒は昼夜問わずあまり好ましくないとされているので、注意してね。
でもパーティーは大好きだよ。時と場合をわきまえるのは当然だね。


<年中行事と挨拶>

新年  Buon Anno !( ブオナンノ! )良いお年を!

復活祭 Buona Pasqua !( ブオーナ パスクア! )良い復活祭を!

クリスマス Buon Natale !( ブオンナターレ! )良いクリスマスを!

Auguri !( アウグーリ! )おめでとう!(祝意や祈念)

Complimenti !( コンプリメンティ! )おめでとう!(賛辞)

Buone vacanze !( ブオーネ ヴァカンツェ! )良い休暇を!

Buon compleanno !( ブオン コンプレアンノ! )お誕生おめでとう!


” Natale con i tuoi, Pasqua con chi vuoi !”( ナターレ コン イ トゥオーイ、 パスクア コン チ ヴオーイ )
「クリスマスは家族と、復活祭は好きな人と」

もともとクリスマスと同様復活祭も宗教行事なので、家族と過ごすことが多かったけど、この頃は友人や好きな人と過ごす人も増えているようだよ。でもNatale は静かに教会で家族と過ごすのは変わらないね。

そんなわけで・・これで僕のコーナーは終わったよ。長い間付き合ってくれてありがとう。

ジョー:おめえもよくやったな、お疲れさん。

どういたしまして。(なんだ、気持ち悪いな〜)


それじゃあみんな、元気でね!


2人:Arrivederci !( アッリヴェデルチ! )

   さようなら!






スポンサーサイト
別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2<29>連絡先を聞く
2018-10-11 Thu 18:00
italiano_2018_29.gif

Ciao !

今日と次回でこのシリーズは終わり。なので、この人と一緒にお届けするよ。


ジョー:おい、俺ほとんど映ってねえじゃねえかよ。


そんなことはkisaraに言ってよ。

でもね、君の胸元がセクシーで好きだ〜って言ってたよ。いいじゃん。

ジョー:・・ふ、ふーん・・・(胸元じゃなくてお腹・・)


それじゃ始めよう!

今日は、親しくなった相手に連絡先を聞く表現だよ。


例題1:「〜をもらえる?」 Mi dai 〜 ?


あなたのメールアドレスを教えて。

Mi dai il tuo indirizzo e-mail ?( ミ ダイ イル トゥーオ インディリッツォ イーメイル? )

* tuo は”君の”、indirizzo は”住所” 

この、「君のメールアドレス」の部分を他の言い方で見てみよう。


君の電話番号  il tuo numero di telefono( イル トゥーオ ヌメロ ディ テレーフォノ )

君の携帯電話番号  il tuo numero di cellulare( イル トゥーオ ヌメロ ディ チェッルラーレ )

君のメルアド  la tua e-mail( ラ トゥーア エーメイル )


ジョー、 そういえば君たちはいくつの周波数で変身するんだっけ?


ジョー:・・えーと・・3600フルMHz・・っておい、聞いてどーすんだよ。

ちなみに、3600という数字をイタリア語で言って見ると、

tre mille sei cent となるよ。


例題2:「〜を送るね」Ti mando 〜

私の(番号)は後で送るね。

Ti mando il mio dopo.( ティ マンド イル ミオ ドーポ)

*mando は「私は〜を送る」、dopo は「後で」


ジョ:おい、人に聞いといてそりゃないだろ。

もう、例題だってば。うるさいな。


では、「私の〜」を他の表現で。


私の住所  il mio indirizzo

私の写真  la mia foto

私の(と、指すものが女性名詞の場合) la mia ~


<答え方>

うん、もちろん。・・はい!

Sì, certo・・・Ecco !( スィ、チェールト・・・エッコ! )


どうぞ、これが私のです。

Ecco, questo è il mio.( エッコ、クエスト エ イル ミーオ )


今、君に私のをあげるね。

Adesso ti do il mio.( アデッソ ティ ド イル ミーオ )

*adesso 今
*do 動詞dare(〜を与える) の1人称単数


そういえば、アットマーク(@)、イタリア語では、chiocciola( チオッチョラ )って言うんだよ。
これは、「かたつむり」という意味。ほら、@というマーク、なんとなくかたつむりに似ているでしょ?
他にも、独自の言い方をするんだ。

ハイフン trattino( トラッティーノ )
アンダーバー trattino basso( トラッチーノ バッソ )
スラッシュ barra( バッラ )
ドット、ピリオド punto( プント )
コンマ virgola( ヴァルゴラ )
コム  com( コム )


どうだった?今はあまりメールアドレスとか交換しないかもしれないね。電話番号はあるのかな?携帯とかね。

それじゃあ次回は最終回だよ。どんな回になるかなあ。


ジョー:楽しみに待ってろよ、チビ。


ふんっ。
それじゃね、

A presto !

ジョー:元気でな。


別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2<28>選択する
2018-10-02 Tue 18:00
italiano_2018_28.gif


Ciao !

今日は、「〜と〜、どちらがいいですか?」と相手に尋ねる言い方だよ。レストランとかお買い物とか色々なシーンで使えるフレーズだね。


例題1「どちらがいい?」 Quale 〜?


パスタと米のどっちがいい?


Quale preferisci, la pasta o il riso ?( クアーレ プレフェリッシ ラ パスタ オ イル リーゾ? )

quale は、「どちらの」という意味。preferire( プレフェリーレ )は「〜を好む」で、上の文は、それの2人称単数形だよ。

うーん、これは”ペスカトーレ”だね。うまそう・・じゅるるる・・・

では、「パスタかお米」la pasta o il riso の部分を色々言ってみよう。


肉か魚  la carne o il peace( ラ カールネ オ イル ペッシェ )

白ワインか赤ワイン  il bianco o il rosso( イル ビアンコ オ イル ロッソ )

電車か車  il treno o la macchina( イル トレーノ オ ラ マッキナ )


例題2「〜がいい」 Preferisco 〜


軽い料理がいいなあ。

Preferisco un piatto leggero.( プレフェリスコ ウン ピアット レッジェーロ )

preferisco は、1人称単数形

un piatto は「皿」、leggero は形容詞「軽い」


***「〜するのを好む?」preferisci + 動詞の原形


どこを訪ねたい?(どこへ行きたい?)

Cosa preferisci visitare ?( コーザ プレフェリッシ ヴィズィターレ? )

<visitare を他で言い換える>

食べる mangiare( マンジャーレ )
見る  vedere( ヴェデーレ )
買う  comprare( コンプラーレ )
飲む  bere( ベーレ )


例題3「じゃあ、〜がいいよ」Beh, meglio 〜

*「〜の方がいい」meglio 〜

じゃあ、トマト・スパゲティがいいわよ。

Beh, meglio gli spaghetti al pomodoro.( ベー、、メッリョ リ スパゲエッティ アル ポモドーロ )


*「いいよ」va bene 「こうしよう/そうしよう」 facciamo così


いいよ、そうしよう。

Sì, va bene ! Facciamo così.( スィ、ヴァ ベーネ! ファッチャモ コズィ )

facciamo は、動詞 fare の1人称複数形。「(私たちは)〜しよう」という意味。


同じ「〜したい」という意味の言葉に、vorrei というのがあるけど、「〜が欲しいです」という風に、欲しいものが決まっている時に使う表現で、preferire は、「〜がいいなあ」と少し曖昧というか、遠慮した言い方だね。


今日はここまでだよ。
自分の好きなものを相手に伝えるのは大事なことだね。相手にも好きなものを聞くのも会話の表現が広がるね。

それじゃあまたね。


Ci vediamo !


別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2<27>時間を聞く
2018-09-25 Tue 18:00
italiano_2018_27.gif


Ciao !

今日は、相手に今何時ですか?という風に時間を聞く表現だよ。


例題1

何時ですか?

Che ore sono ?( ケ オレ ソノ? )

これは、

Che ora è ?( ケ オラ エ? )

と言ってもいいよ。

ora は、”時間”の単数形。essere動詞も単数にする。上は複数の言い方だね。


<答え方>

sono を使い、「〜時」という場合は、定冠詞 le が入ります。

sono le 〜 「何時何分」


「〜時です」Sono le 〜


11時20分です。

Sono le undici e venti.( ソノ レ ウンディチ エ ヴェンティ )

*undici 11
*venti 20


数字を言い換えてみよう。


7時10分前  7( sette ) meno 10 ( dieci )

6時半     6( sei ) e mezza

5時15分   5( cinque ) e un quarto  *4分の1が一つ

2時45分   2( due ) e tre quarti    *4分の1が3つ
  *3時15分前と言ってもいい。
  3( tre ) mono un quarto


*「〜分前」は、引き算を意味する meno を用いる
*「15分」「45分」は、 quarto「4分の1」という表現を使って言う。

*0時台(正午も含む)や、1時台は、sono ではなく、 è を使う。

1時です。

È l'una.( エ ルーナ )

正午です。

È mezzogiorno.( エ メッツォジョルノ )

午前0時です。

È mezzanotte.( エ メッツァノッテ )


例題2:「何時に〜?」 A che ora 〜 ?


電車は何時に出発しますか?


A che ora parte il treno ? ( ア ケ オラ パルテ イル トレーノ? )


何時に、と聞かれたら、主語や動詞を省いて Alle 〜 とだけ答えることができるよ。


10時14分です。

( Parte ) Alle dieci e quattordici.( アッレ ディエーチ エ クアットルディチ )


ちなみにイタリアでは、24時間表記で表現するよ。数字を覚えておくと便利。


今日はここまで。また次回まで元気でね。


Ci vediamo !




別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語2<26>電話で話す
2018-09-18 Tue 18:00
italiano_2018_26.gif


Ciao !
いつものバージョンに戻ってきたよ。今シリーズも今回入れて5回。あと少し!Forza !(頑張ろう!)

今日は、相手に電話をかける時の表現だよ。
これはどの言語でも使うよね。



例題1:「もしもし?」


電話をかけて最初にいう表現だね。


もしもし?

Pronto ?( プロント? )

これは、直訳すると、”準備できた?””準備できてる?”
要するに、話する準備できた?という感じだね。


答え方は


はい?

Sì ?( スィ? )


どちら様ですか?


Chi parla ?( ケ パールラ? )

chi は、”誰が”、parlaは、”話す” parlare の三人称単数だよ。



こんばんは、ジョージです。


Buonasera ! Sono George. ( ボオナセエラ、 ソノ ジョージ )



例題2:「〜さんはいますか?」


こんにちは、ジョージです。アランはいますか?


Buongiorno ! Sono George, c'è Alan ?( ブオンジョールノ、 ソノ ジョージ、チェ アラン? )



いいえ、いません。

No, non c'è.


すみません、アランは留守です。


Mi dispiace, Alan non c'è.( ミ ディスピアーチェ、アラン ノン チェ )



はい、少々お待ちください。彼をすぐに呼びます。


Sì, un momento. Lo chiamo subito.( スィ、ウン モメント。 ロ キアーモ スービト )


彼を、というのを、「彼女を」の時は、la だよ。

chiamo は”呼ぶ”、subito は、”すぐに”


相手が不在の時の表現は、以下のようになります。


それでは、後でかけ直します。

Allora, richiamo dopo. Arrivederci !( アローラ、リキアーモ ドーポ。アッリヴェデリチ )


*allora それじゃ、それでは
*dopo 後で


(彼は)いつお戻りになりますか?


Quando torna ?( クアンド トールナ? )

*quando いつ
*torna 動詞 tornare「戻る」の三人称単数


伝言をお願いできますか?


Posso lasciare un messaggio ?( ポッソ ラッシャーレ ウン メッサッジョ? )

*posso 〜できる
*lasciare 〜を残す


僕たちはブレスレットで個人個人に対して話をすることができるから「〜はいますか?」はあまり言わないけど、今回みたいに、それ以外の友達とかだと機会があるね。

それと、イタリア人はとても話をするのが好きで、携帯もメールよりは直接相手と話をするのが多いんだ。
会話を楽しむのがモットーなのかもね。



それじゃまたね!

A presto !


別窓 | ジョーくんのプチイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT