『お弁当』
2016-04-30 Sat 13:47

「このくらいだったかなあ」
ジョーは手を休めてこう呟くように言った。
「よく見とけば良かったぜ」
そう言いながらも、彼はまた”それ”を捏ね始めた。
薄力粉とセモリナ粉をよく混ぜ、生イーストを加えてまた混ぜる。そしてそこに残りの生地の材料を入れ、またよく混ぜる。
ジョーはそれを暫く置いた。イーストの発酵を待つためだ。
「こらこら、まだだよ」
彼は足元でじゃれるルナに言った。
「またお前の好きなのを作ってやるから、大人しくしてろよ」
ルナは分かったのか習慣なのか、にゃあと鳴いてまた彼の長い脚にじゃれついた。
「お前は、やっぱり生風の魚がいいだろ。”アグロドルチェ”でいいか」
”アグロドルチェ”というのは、特にまぐろを使う場合が多いが、薄力粉を混ぜてフライパンで焼き、白ワインで煮たものに、別に作った甘いマリネ液を掛けてさらに煮た料理だ。それならこいつも食べられるだろ。というわけだ。
ネコに限らずペットというものは、人間と同じものを食べてはならないのだが、どういうわけかルナはジョーが作るものを食べたがる。しかもとても幸せそうに食べてくれるのだ。彼の料理は特別らしい。まだ仔猫だというのに全く不思議だ。
「お前もお袋の味が分かるのか?ネコのくせに変だぜ」
ジョーはバッドにオリーブオイルを塗ると、発酵している生地を流した。そしてその上に、パッサータ、アンチョビ、にんにく、イタリアンパセリ、パルミジャーノ、細引きパン粉、そしてオレガノを順に乗せた。
これらは近頃出来た輸入品を扱うお店から仕入れる事が多い。この地に来て10年近く経つが、やはりどうしても故郷の料理が食べたくなるのだ。レストランはあるが、まだまだ本場の味には出会えない。だからジョーは、母親の作ってくれたものを思い出していたのだ。
さて、これからが長い。その生地に濡れたふきんをかけ、そのまま2倍になるまで約1時間発酵させるために置いておくのだ。
ルナは興味津々にマグロのマリネ付け・アグロドルチェを見つめた。食べたいのか、じっと見つめている。
ジョーはそんな彼女を見てふっと笑ったが、別のを作り始めた。これこそ定番のアランチーネだ。
彼は母親が作ってくれたそれを持ってよくアランと海の見える丘で食べた。アランチーネはラグー(牛ひき肉)入りの丸形とハム・チーズ入りの円錐形の2種があり、それを1個ずつ頬張るのが何よりも楽しみだった。
ラグーはしんなり炒めたタマネギと牛ひき肉を塩と黒こしょうで炒める。そしてパッサータ、少量のお湯とグリンピースを加えて水分を飛ばしながら煮詰める。最後にパルミジャーノを加えて完成だ。
そして円形に形づけた米に乗せ、ラグーを包み込むように米で被う。おにぎりを作る要領だ。
円錐形のは、中にハムとチーズを包む。これは食べるのも楽しいが、作る行程も楽しい。小さな頃は、よく手伝ったものだ。カテリーナはこれなら、といつもやらせてくれたのだ。
出来上がったライスボールに薄力粉をまぶし、溶き卵にくぐらせてパン粉をまぶして油でカラッと揚げる。香ばしい匂いが辺り一帯に広がった。
ジョーは先ほどからじっとそれを見上げているルナを見て、視線を戻した。
よっぽど腹が減ったのかな、と思いながらそれを引き上げると、発酵させていた生地をオーブンに入れた。
15分くらいしてそれを出し、粗熱を取って取り出し、適当な大きさに切り分ける。塩と黒こしょうを振り返れば完成だ。
「これはな、”スフィンチョーネ”って言うんだ。ピザトーストに似ているかな。親父はよくワインを飲みながらこれを食ってたっけな」
誰ともなく、ジョーはそんな事を話しだした。記憶の中に、美味しそうにスフィンチョーネを口にし、ワインを飲んでいたジュゼッペの姿がおぼろげながら残っていた。
「これなら外でも食べ易いだろ」
そう、ジョーはこれからルナを連れて、外で食べようと考えていたのだ。ちょっとしたピクニックだ。
彼には気に入っている場所があった。ちょっと遠いが、レース場近くの高台から眺める景色が最高で、彼は時々気分が乗らない時に来ては、時間の経つのも忘れて過ごす事があった。
ジョーは出来上がったものを包んで、ルナを高座席に乗せると、車を発車させた。
今日はとても天気がいい。ピクニックにはうってつけだ。
ジョーは高台近くの丘に上ると、腰掛けて包みを広げた。ルナはさっそくやってきてちゃんと座った。しつけたつもりはないのに、人間みたいなネコだ。
彼は彼女にマリネ付けのマグロを与えると、父親のようにスフィンチョーネの一切れを頬張った。フワフワとした食感とパッサータの酸味が美味しい。アンチョビが入って、なるほど酒が進むわけだ。
マリネを食べていたルナは、やはりアランチーネが気になるらしい。ごそごそと漁るように首を突っ込むと、あっという間に一つ咥えると、食べ始めてしまった。
「おい、ルナ。・・・大丈夫なのか?」
ネコにこんなもの食わせて・・と彼は心配したが、彼女は気にも留めずに美味しそうに食べている。
そんなに旨いのか?味が分かるのか?
ジョーがそんな事を思っていると、ふと彼の耳に懐かしい声が聞こえてきた。
『・・ふふ、ジョージくん、美味しいね・・・』
「・・!」
ジョーは思わず見渡した。
「・・・レナ・・?」
ふと彼は自分を見上げているルナと目が合った。彼女は首を傾げているように見える。
彼はじっと仔猫を見つめたが、やがてため息をついて再び姿勢を正した。
「・・まさかな。ちぇっ、幻聴か」
ジョーはすり寄ってきたルナを撫で、眼下にそびえる草原を見つめた。
やがてジョーは横たわり、目を閉じた。しばらく風に身を任せるようにじっとしていたが、眠ってしまった。ルナは彼のそばにやってきて丸くなり、同じように眠り始めた。



   
ー 完 ー



*今回は、以下のお題で作りました。

「誰かのためにお弁当を作っているコンドルのジョーをかきましょう。」
https://shindanmaker.com/149262


スポンサーサイト
別窓 | フィクション | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
だって台詞が少ねえからよぉ
2016-04-29 Fri 10:41
G37_1.jpg

#37「電子怪獣レンジラー」
太陽光線をさらに強力にして街などを焼き払い世界征服をしようというギャラクターです。

この話はまあ、主にセントバーナード犬のタローくんが主役のようなものですね。彼に一緒に行動する忍者隊です。

博士の説明を聞く諸君。お行儀よく座っている4人の後ろで仁王立ちしているジョーくんですが、もう見ている側は、とくにファンは慣れっこなので、そんなの気にしません。それどころか、その立ち姿の美しさに目を奪われている始末です(笑)

上のキャプチャは遠目ですが、すくっと立っているのが分かります。

それにしても見ているのはよりによって「2」ですね。ん?これは俺の数字じゃねえか、何度見てもデザイン的にいい格好だな。
とか思ってたりして。

G37_2.jpg

ジョーのスタイルの良さはさんざん言っているわけですが、このシーンは特にいいでしょ?
みんなと同じように座っていたら分からないもんね。
どうしてこう目立つ格好でいるのかと言うと、この回はジョーはあまり声を発していないんですね。なので、こうしてアピールしているわけです。強かですね。

まあジョーだから許しちゃうわけです。目の保養になるしね。

せっかくの休みの日なのにこんな話題でごめんなさいです。ジョーファンということで許してね。

別窓 | コンドルのジョー(#31〜40) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
双子?(爆)
2016-04-27 Wed 19:29
#36「ちびっ子ガッチャマン」からです。

えっとですね、本来は明日なんですが、歓送迎会で夜遅くなる関係で更新しないので、今日に前倒しになりました。
そんなわけで・・

G36_2.jpg

ほら吹き少年たちの後を付いて行く忍者隊。んで、洞穴に入った彼らは漏れる光から何かを探り当てるわけですが・・
ぽっかり開いた穴から見えたものは。

一緒になって健とジョーがそれを見たとたんにー

G36_3.jpg

と同時にこうです。
一緒になって驚く2人。でもそれだけじゃないんですよ。

G36_4.jpg

穴からちょっと乗り出して覗き込む2人。ね、一緒でしょ。
手まで出してジョーの方が興味深そうね。
だけど・・この手袋の色。思わずPhotoshopで塗っちゃおうかしらと思ってしまったわ。でも小細工はダメよ。
ありの〜ままの〜♪です。

2人並んでいるだけでもいいのに、こうして同じ表情、同じ行動していると何だかカワイイ。似てないけど、まるで”双子”ね。うん、全然似てないけど(爆)

別窓 | 健とジョー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語<21>
2016-04-26 Tue 20:04
mini_italiano_21.gif

Ciao ! 今日からまた文法を始めるよ。付いてきてね。

kisara、ダメだよ寝ちゃ。

「・・・はっ」


今日は、「よく使われる前置詞」というテーマ。
まずは

< a 場所 / 方向「〜に、〜で / 〜へ>

私たちはフィレンツェに住んでいます。
Abitiamo a Firenze.( アビティアーモ ア フィレンツェ )

今日、私たちはローマへ行きます。
Oggi andiamo a Roma.( オッジ アンディアーモ ア ローマ )

*andiamo< andare( アンダーレ:行く )


< in 場所 / 方向「〜に、〜で、〜の中に / 〜へ、〜の中に>

私の父はイタリアで働きます。
Mio padre lavora in Italia.( ミオ パードレ ラヴォーラ イニターリア )

*padre:父
*lavora:働く


この船はシチリア島へ行きます。
Questa nave va in Sicilia.( クエスタ ナーヴェ ヴァ イン スィチーリア )

*nave 船
*va< and are:行く>


< da 出発点 / 時間の起点「〜から / (いつ)から、〜以来>

私たちはミラノから(ミラノを)出発します。
Partiamo da Milano.( パルティアーモ ダ ミラーノ )

私たちは2年前からボローニャに住んでいます。
Abitiamo a Bologna da due anni.( アビティアーモ ア ボロンニャ ダ デュエ アンニ )

*due anni:2年


< di 所有 / 由来・出身「〜の / 〜から(出身)>

これはマリアの家です。
Questa è la casa di Maria.( クエスタ エ ラ カーザ ディ マリーア )

フェデリーコはパルマ出身です。
Federico è di Parma.( フェデリーコ エ ディ パルマ )


< su 場所 / 話題「〜の上に / 〜について>

鍵はあの棚の上にあります。
La chiave è su quella mensola.( ラ キアーヴェ エ ス クエッラ メンソラ )

私はレオナルド・ダ・ヴィンチについて論文を書きます。
Scrivo una tesi su Leonardo da Vinci.( スクリーヴォ ウナ テースィ ス レオナルド ダ ヴィンチ )


< per 目的 / 方向「〜のために / 〜に向かって、〜を通って>

私は仕事でローマへ行きます。
Vado a Roma per lavoro.( ヴァード ア ローマ ペル ラヴォーロ )


< con 同伴 / 手段「〜と一緒に / 〜を使って>

私マルコと一緒にローマへ行きます。
Vado a Roma con Marco.( ヴァード ア ローマ コン マルコ )


前置詞と他の単語が合わさって作るタイプ
『前置詞と定冠詞との結合形』


a + il bar → al bar( アル バール:バールで )

su + il tavolo → sul tavolo( スル ターヴォロ:テーブルの上に )

in + l'armadio → nell'armadio( ネッラルマーディオ:洋服たんすの中に )


私たちはいつもバールでコーヒーを飲みます。
Di solito prendiamo il caffè al bar.( ディ ソリート プレンディアーモ イル カッフェ アル バール )

*di solito:普段、いつも  

あのウェイトレスは朝から晩まで働きます。
Quella cameriera lavora dalla mattina alla sera.
( クエッラ カメリエーラ ラヴォーラ ダッラ マッティーナ アッラ セーラ )

*dalla → da + la
*alla → a + la
*mattina:朝 sera:夜、晩


『< di + 定冠詞 >の特殊な用法:部分冠詞 』

女の子達は(何曲か)ナポリ民謡を歌います。
Le ragazze cantano delle canzoni napoletane.( レ ラガッツァ カンタノ デッレ カンツオーニ ナポレターネ )

*ragazze:女の子達、 contano:歌う

あなたはコーヒーに(いくらか)砂糖を入れますか?
Metti dello zucchero nel caffè ?( メッティ デッロ ズッケロ ネル カッフェ )

*zucchero:砂糖


どうだった?イタリア語はこうやって結合する事がけっこうあるので大変だけど、知っておくと便利だよ。

kisara?起きてる?

「zzzzzzz・・・・・」

バードミサイルを頭の上に落としてやる

「!」

じゃあまたね。次回も形容詞についてお話するね。

Ci vediamo !

別窓 | ジョーくんのプチイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『嘘』
2016-04-25 Mon 18:28

「ジョー、大丈夫か?」

「何がだ?俺は元気だぜ」

「そうか?」

あいつは、決まって答える

元気だ、と

だが俺が目を離した隙にあいつは頭を押えている


嘘だな

絶対何か隠してる

空元気もよせばいいのに

なあ、俺に話してくれよ

前は色々話してくれたじゃないか

友人だろ?



  あなたは『嘘を吐くのがとにかく下手な』コンドルのジョーのことを妄想してみてください。 http://shindanmaker.com/450823




別窓 | お題でいろいろ書いてみったー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガッチャマン劇場33〜押すなよ!〜
2016-04-23 Sat 10:42
gekijo33_1.gif



2人一緒にお出かけ出動する健とジョー




gekijo33_3.gif



甚平:へへーん、今日はジョーもアニキもいないから、オイラがやっちゃうもんねー


ジュン:まあ、甚平ったら、ダメよ!




gekijo33_2.gif



甚平:大丈夫だよ。・・・え?



竜:どうかしたんかいのお、チャンスだぞい




gekijo33_4.gif


『これは俺が押すボタンだ! もしやったら、カンチョーするぞ! ジョー』



ジュン&竜:・・・・こわ〜





  
ー 完 ー



別窓 | 写真(ドール) | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
バードミサイル撃たせて欲しいんだけど・・
2016-04-22 Fri 19:53
G35_1.jpg

#35「燃えろ砂漠の炎」です。
国王と王子の対立で国内でクーデターが起きているドリア王国へ向かう忍者隊。みなで社会情勢というテーマで議論を交わしております。ここら辺りで観ているお子ちゃまたちは、このアニメはただのアニメではないぞ、と思った事でしょう。そうか、学校の社会の授業を真面目に受けなくては、と誓ったに違いありません。
いやあ、世のためにいい仕事してますね。
ジョーだって真面目に話に加わっているんですから、みんなもきっと勉強すれば賢くなれますよ。頑張りましょう。←誰

G35_2.jpg

さて、そんな真面目なジョーですが、今回は(も)とにかくバードミサイルを撃ちたがります。
まずは自分たちを侵犯扱いして付いてきたドリア王国の偵察機を脅かしてやろうぜ、と提案してみる。でも、やっぱり健に却下されてしまう。バカな事をするんじゃない、とまで言われてしまいました。

でもそんな事でめげる彼ではありません。ギャラクターの鉄獣モスコーン(トウモロコシ!)に撃ってみたいと思ってリーダー様にお伺いを立ててみる。ミサイルを撃ってもいいかな〜?ダメ!しょぼーん・・みたいな(爆)
ジョーは少し大人になったのでしょうか?リーダー様の顔色を伺うなんて。
いや、子供か。

別窓 | コンドルのジョー(#31〜40) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
殴る×3
2016-04-21 Thu 19:40
#34「魔のオーロラ作戦」から。この話では周りの人物を殴りまくるジョーが見られます(爆)

G34_1.jpg

手始めに博士です。
正確には、殴るというより、空手チョップで気絶させた、というわけですが。

それにしても、何と言う事でしょう。命の恩人である博士をこんな目に遭わせるとは。健も呆れていますよ。

・・・なんて、これは仕方なかったですよね。だって、博士は猿の脳波に支配されて基地の自爆スイッチを入れようとしていたのだから。健は、手荒なジョーのやり方にちょっくらびっくしたかもですが、お許しください、博士とか言っちゃって実に冷静です。


G34_2.jpg

博士の前にネコの脳波になってしまった竜。そんな彼を連れ出して真相を探ろうとしたら竜はお家へ帰りたいだの、博士なんかどうでもいいと言い出すので、思わずジョーの痛烈なパンチが!
「この野郎っ!人の気も知らねえで!」
やくざな佐々木さんの声が素敵です。ジョーの顔も一段と怖くて素敵ね♡

ん?ジョーは虎になってしまったのかな?(゚∀゚)

G34_3.jpg

最後は、甚平です。こちらも電波で狂ってしまったためと、リーダー様の素っ頓狂なご命令のためで、ジョーが進んで手を出したのではありません。とフォローしておこう。・・すると、竜は隙あれば殴りたいと思ってたのか?(違)

そんなわけで、暴れん坊のジョーくんでした。(何のこっちゃ)

別窓 | コンドルのジョー(#31〜40) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今日のお題「羽根/地球/海」
2016-04-20 Wed 18:01


地球にある海を全部合わせると

全部で70%なるんでしょ


そうしたら、羽根をたくさん体につければ

その上を渡ってどこへでも行けるね

島にも行けるかな


え?行ってはいけないって?

どうして?博士


どうして僕は戻ってはいけないの?



   キサラさんの今日のお題は『羽根/地球/海』です。
https://shindanmaker.com/313623

別窓 | ガッチャったー | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語<20>
2016-04-19 Tue 19:20
mini_italiano_20.gif

チャーオ!


すみません、コロッセオはどこだか教えていただけますか?
Senta scusi, mi sa dire dov'è il Colosseo ?( センタ スクゥーズィ、 ミ サ ディーレ ドヴェ イル コロッセーオ? )

今日は、案内所、そして薬局での便利な表現だよ。
旅行に行って迷ったら使ってみてね。


il Colosseo は、他にも下記の場所に言い換えられるね。

スペイン広場
Piazza di Spagna( ピアッツァ ディ スパーニャ )

トレヴィの泉
la Fontana di Trevi( ラ フォンターナ ディ トレーヴィ )

スカラ座
La Scala( ラ スカーラ )


この近くにホテルがありますか?
C'è un albergo qui vicino ?( チェ ウン アルベルゴ クイ ヴィチーノ? )

un albergo(ホテル)は、下記の語句に言い換えられるよ。

劇場
un teatro( ウン テアートロ )

映画(館)
un cinema( ウン チーネマ )

薬局
un farmacia( ウン ファルマチーア )

バス停
la fermata dell' autobus( ラ フェルマータ デッラウトブゥス )


la stazione( ラ スタツィオーネ )


中心街に駐車場はありますか?
Ci sono dei parcheggi in centro ?( チ ソノ デイ パルケッジ イン チェントロ? )


旅行していて気分が悪くなったりすると困るよね。
そんな時は、薬局( la farmacia )に寄って聞いてみよう。イタリアの薬局は、大きく十字の看板が掲げてあるからすぐ分かるよ。


気分がよくありません。
Non mi sento bene.( ノン ミ セント ベーネ )

頭が痛いです。
Mi fa male la testa.( ミ ファ マーレ ラ テスタ )

「〜が痛い」という言い方は、前に話した、” mal di 〜 ”でもオーケーだよ。

la testa( 頭 )の他には以下のように言い換えられるよ。



l'orecchio( ロレッキオ )   


lo stomaco( ロ ストマーコ )

お腹
la pancia( ラ パンチャ )


風邪用の何か(薬)が欲しいのですが。
Vorrei qualcosa per il raffreddore.( ヴォレイ クゥアルコーザ ペル イル ラッフェレドーレ )

il raffreddore( 風邪 )の他にはこんなのもあるよ。

喉の痛み
il mal di gola( イル マール ディ ゴーラ )

歯の痛み
il mal di denti( イル マール ディ デンティ )


la febbre( ラ フェッブレ )


抗生剤が必要です。
Ho bisogno di un antibiotico.( オ ビゾーニョ ディ ウナンティビオーティコ )


un antibiotico の他のいい方は


消毒薬
un disinfettante( ウン ディズィンフェッタンテ )

1箱の絆創膏
una scatola di cerotti( ウナ スカートラ ディ チェロッティ )


海外旅行に行く時は保険に入っておいた方がいいよ。病気にならないほうがいいに決まっているけどね。
でもちょっとした具合の悪さの場合に覚えておくと助かるよね。


mini_italiano_20_2.gif

実はここはアンティークショップなんだって。昔kisara が作ったらしいよ。
意外に器用なんだね。

「こらっ、意外に、って何よ」

まあまあ。

これは天井部分にシャンデリアがぶら下がってて、螺旋階段を上がって行くと屋根裏部屋みたいな場所に出るんだって。
何だかヨーロッパのお店みたいな雰囲気がするね。


それじゃ今日はここまで。

Ci vediamo !

別窓 | ジョーくんのプチイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT