先週のジョー<3>復讐に生きる・・
2017-01-31 Tue 18:02
Joe05.gif

第5話「地獄の幽霊艦隊」の一コマです。
遊んでいる健たちを尻目にのんびり浜辺で日向ぼっこ?でもパラソルの下にいるので陽には当たってないようですが。
ちょっと横道に逸れますが、イタリア人はとかく日焼けすることがステータスらしく、色白い肌は健康的じゃないと思うようです。なので夏に肌が焼けているとモテるとか?(でもあんまり焼きすぎると皮膚ガンの恐れとかあるから気をつけてね)
ジョーもご多分にもれずカッコよく焼いて女の子にモテようと思っているのか、彼のそばには何人かの女性がいます。
仕事を離れるとこれだ(爆)

とそんなことはさておいて。
のんびりくつろいでいるジョーは突如「俺はギャラクラターに復讐してやるんだ」と半ば独り言のように言います。
これで彼がギャラクターに対してただならぬ感情を抱いているというがわかります。
どうしてジョーがギャラクターを憎んているのかというのは、これから徐々に明らかに。まず18話でジョーは健に、両親がギャラクターに殺されたという話をし、その後31話でその暗殺されたシーンが少し明らかになります。彼はその時まだ8歳。それ以降ずっと憎しみを抱いて生きてきたかと思うと、子供なのに・・ととても不憫に思えてなりません。

にしても灰色がかった青い瞳が素敵です(。-_-。)

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#1〜10) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
「ニッポンアニメ100」について
2017-01-30 Mon 18:23
まるで論文のタイトルみたいだ・・(爆)

NHKで開催中の「ニッポンアニメ100」の中間発表があったようですが。

中間発表 →「アニメ100発表ページ

なんですか、これ?
もしかして10代の人にしか聞いてないの?と思いたくなるような並び。

これはやはり全世代に広く聞かなりゃ”真の”ベストにならんでしょ。
ネットでの投票ってなればそりゃあ若い人しかやらんわな。

私の好きなものというのもあるけど、あの手塚先生関係のが入ってないのにはびっくり。これってある意味危機では?
「リボンの騎士」とか「メルモ」とか・・「ジャングル大帝」とかが入ってそうなんだけどなあ。
たちあがれ、ライオンズファンよ!←違

今の人たちは知らんのかなあ。まあ「宇宙戦艦ヤマト」が入っているのはせめてもの救いだ。(初期であればいいのだが)
昔のアニメ、いいんだけどなあ。手塚先生はもちろん魔女っ子シリーズとかね。←古すぎ?

ちなみに私が入れたのは、「科学忍者隊ガッチャマン」「三つ目がとおる」。あ、そうそう「ジャングル大帝」も入れるわ。私の手塚アニメ原点だし。いろいろバージョンがあるので、佐々木さんがパンジャ役で出ている頃がいいな。

アニソンはまだ発表が出てないけど、どうなんでしょうねー。

でもちょっと・・やる気が失せてしまった結果だな。
これでは最新アニメの人気投票だ。NHKさん、やっちまったな。

まあ・・100以内に入れば御の字、か。


投票はこちらです。→ 「ニッポンアニメ100



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。
2017-01-28 Sat 10:49

ホームページにて、オリジナルフィクション『黄金の翼シーズン3:エピソード11〜宣戦布告〜」をアップいたしました。
いつも同じような話ばかり続くと飽きたりするので、たまには息抜きのような話を入れようと思います。
宣戦布告、これは誰が誰に対してでしょうか。

折り返し地点に来ました。ちょっと長いシリーズですが、よろしければお付き合いくださると嬉しいです。
お読みいただいている方には感謝いたします。


ホームページ 『El Condor Pasa


別窓 | ホームページについて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第6話「ミニ・ロボット大作戦」
2017-01-27 Fri 19:48
G6_title.jpg

なんだかタイトルの背景に変な宇宙人みたいのが映っておりますが・・・これが今回のギャラクターが世に送り出したミニ・ロボット”ミクロス”です。
これらが世界銀行から、世界中から集められた金塊をごっそり持っていくのですが、その手際の良さに感心というか、きっと将来はこんなのが町中に溢れて活躍するならまだしもこう悪いことに使われていくのだろうと思うとちょっと寒くなります。

今回の忍者隊の任務は、この金塊を奪い返すこと。博士の指令がまるっきり「スパイ大作戦」そっくりで思わずニヤっとしてしまいます。(好きだったなあ、「スパイ大作戦」)

さて、諸君ですが、二手に分かれます。
まず健、ジュン、甚平の3人は私服で基地近くをウロウロしてわざと捕まり、中で尋問されている間にジョーがこっそり中へ忍び込みます。はじめはまるでお飾り扱いだったジョーもだんだん活躍し始めます。←これでジョーが気になりファンが増えていったに違いない
そこでジョーは金庫と思わしき場所へ来ると、エアガンを使って金庫破り!
その手際のよさに感心というか(ん?)、きっと彼はこーんなことばかりしてたいけない子だったにちがいない、と思うほどです。ひとつだけ・・なーんて思わなかったのは偉いです(^-^)/

それをG−2号機で運び出すジョー。偽物の金塊とすり替えて忍者隊は退散です。

カッツェは忍者隊に見つかり、挙げ句の果てに偽物を掴ませられたと聞いて怒り、基地を自爆させます。ギャラクターの隊長が命乞いをするも無駄に終わり、基地は大爆発。
部下の命などこれっぽっちも大切に思わないカッツェの冷酷さがわかる一コマです。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第5話「地獄の幽霊艦隊」
2017-01-26 Thu 20:08
G5_title.jpg

謎の事件発生。海に沈んだ沈没船がある一箇所に集められていて、そこの近くでは幽霊艦隊によって次々と船が沈められていたのです。
ISOは、豊かな海とそこに住む生き物たちを守るため、海底牧場なるものを建築。でもギャラクターに脅かされる現状に頭を悩ます南部博士です。そして相談してきたアンダーソン長官に、科学忍者隊がいるので安心して欲しいと言うのですが・・。
その忍者隊の諸君は、そんな重苦しい空気の2人を差し置いて、海底牧場の付近でバカンスを満喫中。
健は小型船でウオータースキーを楽しむジュンと甚平を引っ張っている中、竜が浜辺でふて腐れるも、のんびりパラソルの下でチェアに寝そべっているジョーに慰めされます。
そしてジョーは「俺はギャラクターに復讐してやるんだ」とつぶやく。このセリフが後々の彼の行動や考えに反映していくわけで・・。彼のバードミサイル撃ちたい発言はギャラクターを早く倒したいという思いが強いから、と思っているのです。私はね。

で、出動した忍者隊。彼らが海の中で見たのは、まるで沈没船の墓場というような光景でした。思わず息を飲む5人。
やがてそんな彼らの乗ったGPの目の前に噂の幽霊艦隊が現れ、攻撃をしてきます。そして健がバードミサイル発射の許可を博士からもらうと、ジョーに託します。

でも、これが大変なのよ。

ジョーは前回までの鬱憤を晴らすかのように、撃つわ、撃つわ。出てくる相手に向かって撃っているうちに、なんと途中で弾切れ。そんな状況に追い打ちをかけるかのように船の中から出てきたのは円盤。しかも大量です。
もうミサイルは撃ち尽くしてしまったので、逃げるしかありません。なんということでしょう〜。

バードミサイルはいくつあるのでしょうね。前に数えてみた事あるけど、だいたい50発はありそうです。
ということは、相手はそれを上回る数で仕掛けてくるわけですね。これは大ピーンチだぞ。

そんな時に現れた謎の赤い機体。それはたった3機にもかかわらず、敵をあっという前にそして華麗にどんどん破壊していきます。彼らは登場からしてそうなのですが、やたらGPを煽ってみたりすれすれに飛んでみたりとなんだかからかっている感じです。乗っているのはおっさんたち(爆)。レッド・インパルスと名乗ってまた会おう、とかっこよく去ってしまいました。”はははは、どうだ、びっくりしたか、小童ども!”とばかりに。

最後にはまた諸君が遊んでいる映像で終わりです。大きなカメさんと戯れております。最初はのんびりしていいですね。初期はまだツッコミを入れながら楽しく観ることができます。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<2>いい男なんだよ
2017-01-24 Tue 18:20
第4話「鉄獣メカデゴンに復しゅうだ」は、話自体はアレですが、ジョーの思わぬいいお顔のシーンがあります。

Joe02.gif

その前に、こんなシーン。
なんで羽交い締めされているのかというと、ムカデメカを見たジョーに例によってバードミサイル撃たせろ病が発症されたからです(爆)
赤いボタンには誤作動を防止するための透明なカバーが覆ってあるわけですが、ジョーはそれを剥がして強行しようとする。(今後はこのカバーを割って発射させる)
そこで健が彼を抑え込むわけですね。

でも今日のテーマはここの顔ではありません。かわいいとは思うけど、うおっと唸るほどではない←ファンのくせに言いたい放題


ミサイル撃たせろ病のジョーを抑えた健ですが、結局撃ってムカデを倒すのですが・・

なんと、ボタンを押す役目を担ったのは、健が連れてきた一人の少女。

Joe03.gif


「・・・え?」

これですよ。ね、いい顔でしょ?(と無理やり同意させる(爆))

ジョーはもちろん他のメンバーも一様に驚きの表情。だって、”一般人”ですよ?いいんですか?いいんですね。


ミサイル撃てなかったジョーですが、大丈夫、次回はやってくれちゃいますから。きっと鬱憤を晴らしたのかもしれないなあ。健ちゃんのせいだぞ〜。

別窓 | コンドルのジョー(#1〜10) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『運命という罠』
2017-01-23 Mon 17:07


「お友達がね、将来パパのお仕事をやるんだって
僕も大きくなったら、パパのお仕事やってもいい?」

ジョージ、私はお前に誇れる仕事をしている自信がない
奴らはきっと有無を言わさずお前を組織に引き入れようとするだろう

だが、そんな運命という名の罠にはまるわけにはいかない
絶対にお前を守ってみせるぞ


貴方はコンドルのジョーで『運命という罠』をお題にして140文字SSを書いてください。 http://shindanmaker.com/375517



別窓 | お題でいろいろ書いてみったー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガッチャマン劇場42〜長すぎ!!〜
2017-01-21 Sat 10:49

gekijo42_1.gif


♪♪♪〜♪♪♪〜♪♪♪〜〜〜



カッツェ:・・・ややっ、この口笛は・・・っ!




gekijo42_2.gif



『力なき善良な市民がギャラクターの影に怯え恐怖におののく時、白い翼の鳥が舞う!』




gekijo42_3.gif



『ギャラクター絶滅のため、地獄の海より舞い戻った白い影・・・・!科学忍者隊G1号、大鷲の健ー』




gekijo42_4.gif


健:又の名を「ガッチャマン」!



4人:・・・んなことどーでもいいから、早く助けてよっ!!

   
(今日はえらく長かったな)

   
(いつもの2倍あったぞ)





 
ー 完 ー



別窓 | 写真(ドール) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第4話「鉄獣メカデゴンに復しゅうだ」
2017-01-20 Fri 18:28
G4_title.jpg

第4話は、ご覧の通り、大きなムカデです。
私は実を言うと、虫系は大丈夫なのですがムカデとかゲジゲジとかやたら足のある奴は苦手でして・・・多くても、8つにしとけ!というわけで・・。←蜘蛛平気
あ、あとあのやたら黒光りする奴もヤですね〜。こいつは今後の話で鉄獣として登場しますが、いつも画面の前で身悶えております(。Д゚; 三 ;゚Д゚)←こんな感じ(笑)

で、お話ですが・・
この話では、初めて健以外のメンバーの素顔が拝めます。皆、子供してるなあという感じで・・。
頻繁に起きる地震について調査することを買って出る健。地震研究所の所長と一緒にいる時に大地震に見舞われ、外へ出た2人ですが地割れに所長が引き込まれ、亡くなってしまいます。

墓前で悔やむ健に、一人の少女が襲いかかる。所長の娘というけど、かなり幼い。いくつくらいなのだろう?
そんな疑問もさておき、健はちゃっかり彼女を連れて行ってしまいます(!)←こう書くと健が危ない人物みたいだけど。
彼女は彼をギャラクターと思い込んでいたんですね。で、健はジュンの気持ちを知ってか知らずか、彼女をジュンの家の客間に預けてしまう。女の気持ちなんてわからないんだからー!とジュンはお冠です。このエピソードから健は”トンチキ”であるという設定ができます。(これはかなり美味しいネタです(爆))そしてジュンが健にぞっこん(死語?)であることも。

GPに乗り込む忍者隊ですが、ルールを破って健は少女を乗せます。忍者隊は私情に流されてはいけない、という博士の忠告を払い、彼女に父親の仇を討たせようと考えたわけです。
バードミサイルを撃とうとするジョーを抑え、少女に撃たせると宣言する健。当然4人はびっくりです。おいおい、いいのかよ・・・。

大ムカデにミサイルを打ち込み、安堵する健ですが・・。
責任を取ってブレスレットを外し立ち去ろうとするのですが、博士は「私が君を必要としているのではない。世界の人たちが君を必要としているのだ」(例によってジョー以外の台詞は自信なし(爆))と静かに語りかけます。

少女が健にブレスレットを渡すと、みんなも彼を囲みます。許します、ということでしょうか。そして皆で意味もなく夕日に向かって駆け出します。
青春だなあ〜

まあ初期の頃なので絵が安定していません。まあみんな可愛くていいんだけどね。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第3話「嵐を呼ぶミイラ巨人」
2017-01-19 Thu 19:40
G3_title.jpg

3話は、父親が亡くなったことを知らずにいつまでも待ち続ける少年マコトくんに自分を投影させる健というストーリー。
パイロットだった健の父親は10年前に事故で行方不明になり、病弱だった母も死んでしまったので、彼は一人です。
そしてマコトくんの父親も、ギャラクターの仕業ですが飛行機事故で亡くなってしまう。でも、彼は来る日も来る日も空港にやってきて父親の帰るのを待っています。
彼の伯父という男性に自分の身の上を話す健・・ですが、「大鷲の健」と名乗るんですよね。”鷲尾健”じゃなくて?
いわゆる、”大鷲の健”というのは仕事上の名前、コードネームなので、私服なんだから本名を名乗ってもいいと思うのですが。それともダメ、って言われてるのかな?←まさか
まあでもジョーもレーサーの時には「コンドルのジョー」で通してるもんなあ。きっと本名を名乗ってはいけないのですね。(変だけど)

はい、この話はですね・・ほとんど健出突っ張りで、他のみんなの登場は後半のホンの数秒です。
ジョーの台詞はというと、”バードミサイルをぶち込んでやろうぜ””さあ、これで俺たちの仕事は終わりだ。引き返そうぜ”の2つです(台詞は完璧ではありませんが・・)
しかも引き返そうぜ、という時は実は健ちゃんはいません。巨人を倒してそのまま滑走路に置いてけぼりです(爆)
あれから彼がどうやって帰ったのか謎のままです。(てか、帰れたのでしょうか)
次回以降もいるんだから、帰れたんですね。ヒーローはたとえ仲間に見捨てられても負けないのだ。

カッツェはマコト少年の気持ちを弄ぶかのように、彼の父親になりすまして、なんとか伯父である博士からプラトニウムXというものを奪おうと近づくのですが、健が阻止。
少しカッツェの声が高くなりました。

ここで登場のミイラ巨人も、新OPに少しだけ出演します。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT