第26話「よみがえれゴッドフェニックス」
2017-04-07 Fri 20:31
G26_title.jpg

GPの操縦は竜です。彼の腕前は天下一品。そんな彼が抜けたらどうなるでしょう・・・
こうなります、というお話です。

こともあろうにGP内豪快にいびきをかいて居眠り中の竜。なぜブレスレットを外していたのかは謎ですが。
健たちが必死に呼んでいるにもかかわらず気持ち良ささそう。もしかしたら腕にはめていたら振動か何かで気付いたかも?と考えてしまった。
なので、合体できず、ギャラクターの鉄獣に襲われるISOの関係者たちを救うことができなかった忍者隊。
竜は失敗を悔いて、忍者隊をやめて田舎へ帰ると告げます。健たちは必死で止めますが、その意思は固く、博士はブレスレットを預かってしまいます。

田舎へ戻った竜ですが、そこで怪しい事件に遭遇。工場もない海辺、海水が汚染されて魚介類がダメになってしまうとの話でそれを探ろうとします。
そこへやってくる博士と健たち。博士は竜の父である漁業組合長に汚染物質を排除するものを持参し、それを魚たちに食べさせてくださいと言います。ついてきた健たちは調査。

竜は名誉挽回とばかりに素潜りで海底にあるギャラクターの基地へ忍び込みますが、それに気づいた健がついていく。
でも基地内で捕らえられ、中では先に捕まっていた竜と力を合わせて倒していきます。
一方のGP。竜がいません。どうなったかというと・・なんとジョーが操縦です。しかもへたっぴい(笑)
盛大に波を揺らして皆を呆れさせます。車専門な彼には酷な話ってもんです。

竜の忍者隊復帰のため、博士にギャラクター基地の破壊の糸口を作ったのは彼だと告げる健。そのために単身乗り込んだと知ったメンバーは彼らを救うため海へと侵入します。しかし岩とかが邪魔して奥へと進めず、甚平がヘリコバギーで中へ向かっていきます。
水攻め作戦で溺れそうになった健と竜を救い、無事竜はブレスレットが戻り、忍者隊復帰となりました。
ジョーもGPの操縦から解放されたので安心してます。多分。(でも心ではそれ以上に竜が戻ってくれて嬉しいのです。表には出しませんが)




スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa |