第29話「魔人ギャラックX」
2017-04-19 Wed 19:56
G29_title.jpg

今日はまたでっかい人型メカです。Xとつくので、なんか総裁Xと関係あるのでしょうか。
ギャラクターだからあるか。きっと総裁Xが作り上げたんですね。

休火山にドリルを打ち込み、噴火させるということをしているギャラクター。カッツェはのんびり見学です(爆)
次はどこの休火山だろうと調査する忍者隊ですが、孤児院近くの山が怪しいと睨みます。
そしてこの孤児院は、甚平やジュンがかつて育ったところ。彼と竜はちょうどここに休暇を利用して遊びに来ていて、子供達にキックボクシングを教えるという名目で試合を見に行くことに。(貯金云々、という話だけど、えらいなあ、甚平は。いつもすっからかんの誰かさんと大違いだわ〜(笑))

でもニューフェイスのボクサーが実はギャラクターの魔人。正体を見てしまった子供達を車でさらっていこうとします。
が、駆けつけた甚平と竜にギャラックXが襲いかかり、ひとまず竜が抑え込む間に甚平は子供達を連れ去った女セコンドを追いかけます。
竜はギャラックXとの戦いで頭を負傷。魔人は逃げて行ってしまいます。

竜が怪我をしたと博士からの連絡を受けて駆けつける健、ジョー、ジュンの3人。甚平が子供をさらった女セコンドを追いかけて行ったと竜から聞いて彼を追います。
たどり着いたのは孤児院の裏手。そこにはギャラクターの基地があり、一足先に甚平が侵入していました。
甚平は勇敢にもギャラクターに立ち向かいますが、女セコンドが姿を現しギャラックXを仕向けます。実は女セコンドはカッツェの扮した姿。ギャラックXもどでかいメカに変身。
この女セコンドがカッツェの最初の女性としての姿ですね。この後も色々な女性に化けます。はじめのうちはおばちゃんっぽいんですけど(爆)時々怪しげな美女になります。

そんな中、甚平の投げたクラッカーが基地の作動する装置を起動させてしまい、カッツェも立ち去ってしまいます。ドリルは加速し、このままだと噴火してしまう。
ギャラックXは地上へ出て、健はジョーとジュンにそれを任せ、自分は穴から火山の中へ入り込みます。
そこで甚平とともに子供達を抱えて脱出。ジョーとジュン、そして甚平は孤児院にいる子供達を避難させます。
なんとかギャラックXを倒すものの、マグマが街へと流れていきます。

怪我を押して竜がGPで駆けつけ、忍者隊は合体。バードミサイルで岩を砕き、マグマの行く手を遮って進路を変えることに成功します。竜は安心したのか、ぐったり。心配して彼を支え声をかけるメンバーたちの優しさに乾杯。

そして子供達と混じって孤児院を再建しようと汗を流す忍者隊。一番力持ちの竜が怪我してあまり無理できないのは痛いですなあ。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa |