今日のお題「博士/ブレスレット/朝or夕」
2017-07-31 Mon 16:11

『忍者隊に朝も夜もない』


「博士はそう言っていつでも呼び出すよな」

「全く、俺たちには休むという文字はないのか」

「このブレスレットが忌々しいぜ。1日だけでも外しておきたいもんだ」

「一般の人たちはいいよなあ、こんな思いしなくてさ」



(いやいや、一般ピープルも呼び出しは昼夜問わずよ、ブレスレットに代わるものでね:陰の声)





キサラさんの今日のお題は『博士/ブレスレット/朝or夕』です。 http://shindanmaker.com/313623




スポンサーサイト
別窓 | ガッチャったー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。
2017-07-29 Sat 11:08

ホームページにて、オリジナルフィクション「黄金の翼シーズン3:エピソード17〜狩り、再び〜」をアップしました。

終盤に向けてどう着地させようかと思案していましたが、ようやく全体像が見えてきました。
今回を入れて後4話、どうぞ最後までお読みいただけると嬉しいです。



ホームページ「El Condor Pasa




別窓 | ホームページについて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第58話「地獄のメカ ブッタ」
2017-07-28 Fri 20:02
G58_title.jpg

今日は、どこを見てもカメラ目線のメカブッタさまです。

どんなに硬いコンクリなども切ってしまうという威力を持つジェットカッター。
これは高温の熱らしいのですが、水でもかなりの威力を持てばコンクリをも割ったりするんですよね。すごいものです。

と、感心している場合ではありません。そのジェットカッターを試作品と知ってかしらずか、ギャラクターのメカ鉄獣が現れ、研究所から奪い去っていきます。その鉄獣は、奈良の大仏などよりどのくらい大きいのかしら、という感じの巨大なブッタ像です。
で、そのメカブッタを操っているのは、これまた仏像みたいな格好のギャラクター隊長。コスプレ大賞をあげたいくらいです。

ISO関係の研究所からジェットカッターを盗まれたので取り返してほしいとの博士の言葉を聞いて、思わず健は「またISOの尻拭いか」と吐き捨てる。博士と一気に嫌悪の雰囲気になり、甚平が泣きべそを・・。
出動するGP。国連軍戦闘機が墜落した場所へ着いた彼らは、竜を残し、健&ジョー、そしてジュン&甚平の二手に分かれて調査開始です。

仏像だらけの怪しい洞窟に入る健とジョー。今回はこの2人での任務。やはり2人揃っているとかっこいい。
中へ進む彼らに周りの仏像の顔が飛び出し、次々襲いかかります。それを払いのけていた彼ら、健はジョーの一旦GPへ戻って作戦を練ろうという言葉を振り切って奥へと行ってしまいます。仏像を避けるジョー。これではまるで立場が逆転した2人。ジョーもなすすべがありません。どっちがリーダーなんだか。

メカブッタを発見した健、先へ進もうとして鉄格子に阻まれ、さらに高圧電流を流されて気絶してしまいます。
気がつくとGPの中。ジョーたちが救い出してくれたようです。
そして出動したメカブッタを追いかけるGP。次に狙われる場所へ向かいます。

たどり着いたところは、ISOのウラン採掘工場。メカブッタをバードミサイルで攻撃しますが、まったく効かず。メカブッタの攻撃を一方的に受けてしまいます。

そこでGPは高度3000メートルまで上昇し、新たな科学忍法・火の鳥影分身でそれぞれのGメカが火の鳥となって攻撃することに。
それによってエンジン等を攻撃されてもはや制御不能となったメカブッタは海中でジェットカッターを乱射したために加熱状態になりさらにGPの火の鳥に焼かれて自爆します。
火の鳥でかなり苦しいと思いのに、個々が火の鳥になったらもっと過酷でしょうね。
美しさの裏にはかなりの犠牲があるわけで・・。

健は自分一人の感情だけで振り回したことを皆に詫びます。ジョーはギャラクターを叩いていけば必ずカッツェを仕留めることができる、と彼に言います。きっとそれは自分にも言い聞かせているんだろうと思います。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第57話「魔の白い海」
2017-07-27 Thu 20:19
G57_title.jpg

元凄腕スナイパーのおじいちゃんと遊ぶ孫たちのお話です(違)

『その走ること草原のジャガーよりも早く
その飛ぶこと密林の猿や鳥よりも敏捷だ』

カッツェが科学忍者隊を讃えております。
血迷ったかのか?とか思ってしまいますが、刑務所から出所したかつての射撃の名手、マイク・ミラーを出迎えたカッツェ、彼らをその腕で仕留めて欲しいと伝えます。で、彼らを知らないミラーおじいちゃんにそう説明。
標的は5人、そして弾丸も5つ。撃った相手は凍りつき、そして粉砕してしまう。そんな銃を装備した戦車型メカに乗り込み(運転手はギャラクターの隊長さん・・)、忍者隊を迎え撃つことに。

その忍者隊、南極上空で謎の事件が起き、ギャラクターの罠かもしれないという中、出動します。
カッツェは早々と退散し、残ったのは、ミラー爺さん(と隊長)の乗ったメカだけ。怪しい、と睨んだ忍者隊。まずはメカの相手をしてやろうと早速ジョーはGー2号機で飛び出します。
ミラー爺さん、やってくるG−2号機に狙いを定め、老人と見くびっていたジョーが本気になると同時に、例の冷凍銃を発射させます。ジョーは避けきれず、G−2号機ごと凍りついてしまい、ひっくり返った状態に。
それを確認した健たちは驚き、これはただ事ではない、と各々Gメカで出動。
ミラー爺さんが次に狙いを定めたのは、甚平の乗るG−4号機。名乗った彼の声を聞いて子供と知るミラー爺さんですが、海中に潜るヘリコバギーに銃を撃ち込みます。凍りつくG−4号機。
それを見た竜、何かあった時に博士に連絡が取れるよう待機するよう健に言われたのですが、逆上し、メカに突進していきます。
竜は爺さんたちに反撃をしますが、海に潜ったところで撃たれてしまいます。凍りつくGP、なかなか迫力あります。

甚平、そして竜ときて何か心に湧き上がってきたのか、今度はジュンが健の制止を無視してミラー爺さんに向かっていきます。彼女に狙いを定めたミラー爺さん、女というのにびっくりしたのか手元を狂わせ、失敗。健のG−1号機に体当たりされたこともあって、最後の一発を暴発され、メカが横転し、爺さんは投げ出されます。
ゆっくり起き上がろうとするミラー爺さんですが、後ろから隊長に撃たれ、倒れます。隊長さんはここで力尽き、爺さんも虫の息。
ジュンが近づき、どうして私を撃ち損ねたのかと尋ねると、35年前に別れた娘を思い出したと告げ、また冷凍銃の核を外したので、撃った3人は眠っているだけだと言って、目を閉じます。

帰途につくGP内の忍者隊は皆無言です。
今回は相手が彼だからよかった。もしも最強の殺し屋だったら自分達は殺されていた。
自分達のGメカには武器は装着されていない。このまま武器を持たずより強い相手と戦えるのだろうかー。
次第に力をつけ強力になっていくギャラクターとの戦いに不安を感じる忍者隊なのです。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<28>兄と妹その2
2017-07-25 Tue 18:20
56話「うらみのバードミサイル」から。
ジョーとジュンの兄と妹のような2人パートツー、です。


Joe053.jpg

幼馴染かつ元カレ(まだ言うか(爆))の矢羽コウジを疑いたくないジュンにジョーは平手打ちをかまします。
これでめでたく(?)コンプリートを達成したジョーでございますが、この後彼は淡々とお説教。
ギャラクターに操られているやつを疑わないで一体俺たちはどうするんだ、と。
その姿は兄でなくもはやお父さん。貫禄バリバリです。

他のメンバー、特に竜には躊躇なくぶん殴るのに、ジュンにはなんとなく手加減した感じがします。多分本気でぶったりしたら、頬の骨が折れるでしょう。お説教も本当に親が子に言っているよう。
健ちゃんの適当なフォローもあってか、ちょっとやる気が出たようなジュンですが・・・。


Joe054.jpg

ギャラクターの手下となり、鉄獣に他のメンバーと合体して向かってくるコウジに彼女は意を決します。

「私にバードミサイルを撃たせて欲しいの」

Joe055.jpg

自分を制したのでてっきり邪魔されたと思って怒ったジョー。彼女の意外な申し出にびっくりです。


Joe056.jpg


仕事を無事に終えたジュン。動かない彼女の指をそっと離すもう一人の兄。
これだけ見ると、あら、ジュンちゃんなんだか甘えているように見えるわ、とか思っちゃいますが、好きな相手にもかかわらず、健の手を払いのけ、悔しそうに基盤の上を両拳で叩きます。
「私のこの手でコウジを・・!」
そんな彼女を見つめるジョーは顔が見えませんが、どんな表情だったのでしょうね。
仲間思いの彼のことですから、彼女を悲痛の目で見守っているかもしれません。

にしても、いつもジュンには優しいジョーですが、この話ではちょっと怖いですね。

別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーくんのプチイタリア語・夏休み特別編
2017-07-22 Sat 13:57
italiano_estate_1.gif

Ciao,tutti ! (やあ、みんな)

Come stai ?(元気かい?)

毎日暑いけどだらけてないか?適宜休んで体調に気を付けような。

夏といえば、「海」だな。
俺の故郷は周りが海だ。毎年夏になると両親に連れられて海へ遊びに行ったのを思い出すんだ。


Quando ero un bambino è stato sempre chiesto di portarmi al mare.
(クアンド エーロ ウン バンビーノ エ スタット センプレ チエスト ディ ポルタルミ アル マーレ)

quando ero〜 は、”〜の頃””〜の時”、bambino は”子供(男の子)”だ。

sempre は、”いつも”、portarmi は、再帰動詞で、元の形は portare、”連れて行く”
海は、mare だ。   **再帰動詞は、語尾にmiなどをつけ、”〜自身を”という意味にする。


本編の78話に、俺の回顧話で、俺たち親子3人が避暑に海へ訪れた、という部分がある。
まああの後はみんなの知ってのとおりだ。
海はいい思い出と辛い思い出が混じっているなあ。でも波の音は心をゆったりさせてくれる。

イタリア人の楽しみは何と言っても夏のバカンスだ。8月に2〜3週間くらいどーんと休みを取って楽しむんだ。
だから、初夏になると皆そわそわしてこう挨拶をするようになる。


 Dove vai di bello la vacanza ? ドヴェ ヴァイ ディ ベッロ ラ ヴァカンツア?
(バカンスはどこへ行くの?)

イタリア人の行き先で一番人気はやはり海だ。
道具一式を車に積んで近くにキャンプをしたり、ボードを貸し切り、はたまた大型リゾートに滞在したり、と予算とスタイルに合わせて楽しむんだ。
イタリアに近いということでエジプトの紅海沿岸が人気のようだぜ。

長い休みイタリア人はじっとのんびり過ごすのが基本。あと、日に焼けた小麦色の肌はステータスなので、男女共海辺でじっくりこんがり焼くのがスタイル、だ。日本ではあまり焼きたがらないみたいだね。イタリア人はあまり紫外線気にしないようだ。

イタリア人がのんびり休みを過ごすのは、語源が元になっている。

vacanza は、ラテン語の『空になる』という意味からきているので、長期休暇が労働者の権利として社会的に認められているイタリアでは、文字どおり”空になって”過ごす、というわけだ。予定キツキツにしなくても楽しみたいもんだぜ。


イタリアの朝食の定番を紹介しよう。


italiano_estate_2.gif

granita(グラニータ)・・・かき氷入りシロップ、シャーベット(写真はレモン味、他にもオレンジやコーヒーなど)

シチリア発祥のアイスといえば、「イタリアン・ジェラート il gelato」が有名だけど、一方イタリア版かき氷「グラニータ」が人気だ。
グラニータは、イタリア語で「粒状にする」の意味である「granire(グラニーレ)」が語源。つぶつぶで、ソルベやシャーベットよりも粒が大きい。

グラニータは楽に作れる方法がある。
カッフェー薄めを多めに作り、砂糖をたっぷり入れてそれを蓋つきのガラスびんなどに入れ凍らせる。
そしてそれが8割がた凍ったらザクザクと割る。それを容器に入れて出来上がりさ。あまり潰さないのがコツだぜ。

italiano_estate_3.gif


シチリアの名物と言ったら、アランチーニ aranchini。イタリア版ライスコロッケだ。
米(riso  リゾ)に溶き卵、パルミジャーノなどのチーズ、塩、胡椒などを丸め、パン粉をつけて揚げたもの。
形がオレンジ(arancia アランチャ)に似ているから、この名がついた。俵型もある(写真)。


まだまだ暑い日が続くが、ゆっくり休みと栄養と睡眠を取って乗り切ろうぜ。

それじゃな。

Ci vediamo.

別窓 | ジョーくんのプチイタリア語 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第56話「うらみのバードミサイル」
2017-07-21 Fri 20:06
G56_title.jpg

これは、ジョーが暴走するお話・・・ではありません(爆)

冒頭シーンは、草原の中バイクを走らせるジュンちゃんが、ブラックバードの連中に絡まれるというところから始まります。彼らは下心見え見えで彼女にちょっかいを出そうとしますが、彼女も強い。でも、そこへ現れる一人の男性。
ブラックバード隊長の彼を見たジュンは驚く。幼馴染の矢羽コウジその人だったからです。

やっぱりね、このコウジくん、ジュンの元カレですよ!誰がなんと言おうと。
だってね、「うふふふ♪」「あはははは♪」ですよ?

しかしそんな彼はどうやらギャラクターの元で何かヤバイことをしているらしい。ジュンは爆発する軍施設からバイクで逃走する彼を見て不安を覚えます。
そんな彼女にまた不安にさせるニュースが。博士の報告に引き続き、ジョーから矢羽コウジが最近オートレースに復帰したという情報がもたらされ、ジュンにコウジの身辺を洗って欲しいと頼まれます。が彼女は拒否。人を疑うこの仕事が嫌になった、コウジを疑うなんて私にはできない、と反抗して飛び出してしまいます。

スナックジュンで一人コウジとの思い出に浸るジュン。どう見ても恋人同士(何度も言うが・・)。
と、そこへ4人の男衆がやってきます。明日は大統領を招いてのレースがあるらしい。それに行くかと聞かれたジュンはコウジを疑うのかと反発。と、その時ジョーの容赦ない平手打ちが!
その様子を見守るほかのメンバーたちの表情がなんとも言えません。ジョーの仕打ちはでも仕方なかったと見たようです。
そして健が、俺たちだってコウジを救ってやりたいんだと付け加えると、ジュンは意思を固めます。

オートレース当日。トップを走っていたコウジでしたが、急に減速し、なんと大統領のいる貴賓席に向かって突進。ライフルを構えて狙いを定めますが、ほぼ同時に大統領の近くで張っていたジョーがエアガンを構える。そして狙撃を阻止、失敗したコウジはそのまま壁を突き破って下へとバイクを走らせます。
すかさず彼らを追いかけるジョー、甚平、そして竜でしたが、あえなく暗幕を張られ逃げられてしまいます。
追いついた健、ジュンがいないのに不審がります。

コウジは他のブラックバードのメンバーらにひきづられ、ギャラクター基地となっている首相官邸に連れて行かれます。
そこでカッツェは二度の失敗の責任として、バイクでメカ鉄獣に合体しそのままGPに体当たりすることを命じます。
ジュンを思いながらブラックバード隊を率いて蛇型鉄獣へ変身。GPに向かっていきます。
バードイサイルを打ち込もうとしたジョーでしたが、ジュンは自分に撃たせて欲しいと懇願します。
そして鉄獣に絡まれたGPが急上昇後に急降下して鉄獣を離し、官邸に落としたところにミサイルを打ち込む作戦に。
コウジを思い手が震えるジュンでしたが、目を閉じボタンを押します。
ミサイルは見事に官邸、そして鉄獣に打ち込まれ、大爆発を起こします。

コウジの焼けて破損したヘルメットを大事そうに抱えて撫でるジュン。
後ろの4人も悲しそうに彼女を見つめます。

バードスタイルじゃなくて私服姿というのが、一般の市民としての悲しみを感じているという表れの気がします。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第55話「決死のミニ潜水艦」
2017-07-20 Thu 19:44
G55_title.jpg

冒頭から美しい海の様子が映し出されます。が、やがて茶色いものが流れてきて、みるみる海は汚れ、そして魚たちがどんどん死んでいきます。その死に方がとてもひどい。筋肉が溶け落ち、骨だけになっていきます。
そしてそれは魚だけでなく、それを食べた鳥(おそらくカラス)たちもやがて同じように骨をあらわにして死んでいきます。
それはギャラクターが開発した汚染物質・液体セルロールPCBというもの。触れると骨だけになってしまう恐ろしい物質です。
カッツェは地球上の海という海をそれで汚染してやると博士たちに宣言。それも降伏しなければさらに海の0.1%に当たる面積を汚染してやると。

GPは出動。カッツェに降伏すると見せかけ、ギャラクターをやっつけるつもりでしたが、向こうが一枚上手というか、卑怯でした。自分たちを迎えに来た潜水艦をバードミサイルで攻撃すると、そこからは大量の汚染物質が・・。
カッツェに騙されたと知った忍者隊は怒りと悔しさで震えが止まりません。

そんな中、奇妙なタンカーが3隻を発見。健はミニ潜水艦に乗り込み、海へ潜ります。(こんなのがGPにあったなんて驚き)彼が中に入ると、他の潜水艦とともに浄化装置で浄化されていきました。

健が潜り込んだ後、GPは合体して大きなタンカーになったものに捕まります。
それは強力な磁力でGPを引きつけ、破壊しようとしていて、GPは逆噴射で懸命に上空へ上がろうとします。あまりの力に4人も必死に耐える。ジョーは「何してんだ、健は・・・」と思わず愚痴ります。

健は、カッツェに逃げられるも装置を破壊し、GPは磁力から逃れます。反発でものすごい勢いで上空へ上がるGP。またもやジョーが逆噴射を止めるよう指示。ちゃんとサブリーダーしてます。いい子、いい子♪

バランスを崩したタンカーは自爆。健は同時に流れ出た汚染物質から逃れ、GPに。
そして海は一緒に流れた浄化用カプセルによって徐々に綺麗な水質に戻っていくのでした。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<27>大人の対応
2017-07-18 Tue 18:07
54話「怒りに燃えたガッチャマン」

父を殺され暴走が止まらない健。

ギャラクターのスパイを捕まえた彼はいつもの彼なら絶対にやらないであろうという方法で相手を拷問します。
そこへ止めに入る4人。
そんな時、同じようにギャラクターに親を殺されたジョーに、同じ境遇のお前ならわかるだろう、と問う。

ジョーは答えます。

Joe050.jpg

「・・俺か?」

Joe051.jpg

「俺の気持ちはな・・・これだ!」

ジョーは咥えていた羽根手裏剣をバラに投げ、それをスパイの顔にぶつけます。(これがまたスマートでかっこいいのだ)

そう、ジョーもギャラクターが憎い。だから傷つけたんだと思います。
が、その後で彼は、健の今の姿はとにかく復讐に取り憑かれている、そんなお前の姿を見ていると自分自身を鏡に映して見ているようで自分が嫌になる。
と言います。
傷つけただけで終えたのは、そんな思いからか。

「それに・・」

「それに、何だ」

Joe052.jpg

「その役はおめえには似合わねえよ」


それでも健は、やめることはなかったのですが。
ジョーは健のいう通り、同じ境遇の立場なので、誰よりも気持ちがわかるので余計に辛いでしょう。

今まではどちらかというとジョーが荒れ、それを健がなだめたりしてたものですが、こうして健の方が荒れると、ジョーは落ち着き払ってまさに大人の対応をするのです。

口ではなんだかんだ言っても、この2人には単なる仲間ではないものがあるのかな。まだぎこちないけどね。

これでこそリーダーとサブリーダー、です。


別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今日のお題「正体/鳥orバード/ブレスレット」
2017-07-17 Mon 11:00


なあ、こうして昔の映像見てると
子供がバード・ゴー!って叫んでるじゃねえか

しかもブレスレットかざす仕草して

俺たちの変身する姿絶対に明かさないことになってなかったか?


・・え、俺?

俺が変身したのは車の中と空の上だ


TVの前の人たちには正体バレバレ?

そりゃそうだな




キサラさんの今日のお題は『正体/鳥orバード/ブレスレット』です。 http://shindanmaker.com/313623




別窓 | ガッチャったー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT