第67話「必殺!ガッチャマンファイヤー」
2017-08-31 Thu 20:24
G67_title.jpg

ギャラクターの脅威はますます強くなっていきます。
彼らはISOのマントル計画をことごとく邪魔をしていますが、また今回もクラゲメカというものを暴れさせ、ゴリ砂漠にあるダムを破壊。
そこへ出動したGPですが、いつもと違ってジョーの様子が変。いつもギャラクターの鉄獣を見るとバードミサイルを叩き込むと意気込むのですが、今回はなし。やる気がない彼に代わってリーダー直々に発射させます。
しかし今回の鉄獣は違いました。なんと5つに分裂しバードミサイルを発射台ごと破壊。火の付いたそれはもう凶器そのものに他なりません。放出させて難を逃れますが、さらに彼らは執拗に追いかけ、火の鳥・影分身になろうというGPに爆雷を投下。それは熱に反応し爆破するもので、あっという間にGPは火に包まれて落下していきます。
不時着をすると同時にリーダーの掛け声で皆脱出。目の前でGPは大破してしまいます。憤る忍者隊の諸君です。

出動できない彼らに代わり、国連軍が対応しますが・・・。GPがやられたんだから、無理ってもんです。(にしても弱いよなあ、いつも)
スナックジュンでなんとなく過ごす諸君は、居合わせた客とケンカ。自分たちを棚に上げて、「ここも柄が悪くなった」と言い放ちます。何も言わないジュンや甚平の姿が彼らの無念さを物語ってます・・。

さて、ISOがこの間何もせず手をこまねいていたわけではありませんで、博士は技師にGPを蘇らせていました。しかも各Gメカに武器を持たせて。

早速出動する忍者隊。
彼らがやってきたことに驚くカッツェ、クラゲメカで戦いに挑みます。
忍者隊はそれぞれのメカで相手に応戦します。
どんな武器が装着されたのかというと・・

G1号機・・・ガッチャマンファイヤー。レーザー光線でしょうか。相手を撃つと光の輪が出ます。
G2号機・・・コンドルマシーン。車の前方が左右に開き、間からバルカン砲が登場。回転してダダダダ・・と撃ちます。
G3号機・・・ジュンロケット。前方から撃ちますが、反動でメカが後ろに下がる。足の踏ん張りが大事。
G4号機・・・甚平爆弾。なんだか可愛い〜。見た目は普通の爆弾なんですが・・(爆)。これはかつてMacユーザーを悩ませた「爆弾マーク」を思い出させます・・・;;
G5号機・・・「超バードミサイル」!もちろん全機揃ってないと発射できませんが。かなりの威力です。でもたった2本です。誰かさんが心配です(笑)←本気で止めないと、すぐに打ち止め。


これにてクラゲメカは全滅。カッツェはさっさと逃げてしまいました。

だけど相手を殺す武器が開発される限り戦いはこの世から消えない。
健のセリフには今の情勢にも通じるところがあってとても考えさせられます。

スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<33>興味なし?
2017-08-29 Tue 20:56
66話「悪魔のファッションショー」
ジョーがこんなことを言うシーンがあります。


Joe070.jpg

「ちぇっ、ファッションにローラーゲームか。興味ねえ」

そして、任務がギャラクターから王妃を守るというのを知らされるものの、相変わらず浮かれるジュンと甚平。

Joe071.jpg

ジョーはまたか、といい、竜もこんな感じ。

ローラーゲームはともかく、ファッションに興味ない、というはちょっと驚きですねえ。
だって、彼、イタリア人ですよ?
イタリアの男性は特に女性を口説くためおしゃれをする、というイメージがあるくらい。まあステレオタイプかもしれませんが、それでもイタリアの人はあまり砕けた格好はせず、小綺麗にしている感じがします。
なんというか、笑顔を絶やさず、誰でも挨拶など声をかけてきます。

とはいえ、彼の場合、イタリア(シチリア)には正確には8歳までしかいなかったので残念ながらパパから伝授されなかったからでしょうね。(女性が好きなのはしっかり受け継いでいるようですが)

イタリア人の3大モットーに、mangiare(マンジャーレ:食べる)・amore(アモーレ:愛する)・cantare(カンターレ:歌う)があります。(順不同)
食べること:イタリア料理はとにかく美味。南へ来るほど味がダントツに美味しくなります。特に魚介類が豊富なシチリア島料理がイタリアで一番だと言われていて、なるほどなと思います。

愛すること:特にイタリア男性は女性を愛し、そしてイタリア人は皆家族が大好きで、親族みんな近隣に住み、一緒に食卓を囲む姿がよく見られます(テレビ番組)。
ちなみにイタリアでも嫁姑問題はあるらしく、よく母親が嫁を差し置いて息子の好物をせっせと持ってくるというお話も。
でもお嫁さんが義母と仲良くしているのもあるし、どこも息子が可愛いのね、という感じがします。息子も母親が大好きで、たいていの男性はマンマの味が一番、と思っているようで、時々検定のヒヤリング問題でもネタにされています。(妻が怒って終わりというオチ)

歌うこと:イタリアの人は歌か好き、というのはあるかと思います。ツアーでも大きな劇場を見ました。外の案内板を見ると、毎日のようにオペラとかが上演されているようでした。
エメラルドの洞窟に行った時には、小舟の船頭さんが突然歌い出したのには驚きました。やはり上手いです。


一方のジョーですが、興味ないという振りをしていますが、やはり女の子好きなのかな?と思わせるシーンもあるし(27・31・70・74)、車で撥ねてしまった老女に花束を持っていくし、スタイルや口調とか身の振り方もキザで意識はしているかも。
私はフィクとかで思いっきりイタリア人している彼を描いちゃってますけどね(笑)

やっぱり彼にはキザでスマートな彼でいて欲しいと思います。

別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
想い2017
2017-08-26 Sat 10:47
friends2017.gif

4年前に、「想い」というタイトルのイラストを描きました。改めて描いてみたのがこれです。

今回は、フォトショを利用せず、下絵から色塗りまで全てペンタブで仕上げました。そして「鉛筆」を選んだのでまるでアナログ風になったかと。
やはりいいですね、アナログ風は温かみがあります。エフェクトとか効果を駆使してすごいものを描くのも楽しいですが、これはこれでなかなかいいなと思っています。何よりも一気に描きあがるのがいい。

来月の恒例のイラストはもう仕上がったので、その前のちょっと一息、です。


ちなみに4年前の「想い」は、こちらです。
昔の絵って何だか変。(今でもあまり進歩ないですが(笑))




別窓 | 画像(イラスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第66話「悪魔のファッションショー」
2017-08-25 Fri 20:38
G66_title.jpg

さて、ISOに多額の資金を援助しているスポンサーなるものがいました。そこはファッションとローラーゲームで有名なモナリンス王国のフレーク王妃様。彼女は科学忍者隊のファンというのだから、特にジュンは大喜び。ファッションの国とだけあって盛り上がっております。
そして甚平は、ローラーゲーム。当時はこれが日本でも流行っていて、流行の先端を取り上げるのは番組としては当たり前のこと。このガッチャマンもご多分に漏れず、です。
そんな盛り上がる2人を尻目に盛り下がっている健、ジョー、竜。ったく、この男どもは。

でもこの国へ出動するのは何もファッションやローラーゲームをするためではありません。
ギャラクターが王妃暗殺を企てているとのことで彼女の護衛をすることになったのです。
しかしGPではなく、普段通りの姿で一般市民と一緒に飛行機での旅です。少し揺れてるようですが、大丈夫ですか?竜の重さかな?←コラ
そしてモナリンス王国に到着。一緒に搭乗していたデザイナーたちと同じホテルに泊まるということでまた盛り上がるジュンちゃん。
にしても、飛行機代とか宿泊費とかは全部博士の経費なのでしょうか。
いいなあ、私も博士におねだりして世界を旅してみたいです。またイタリアに行きたいなあ、ねえ、博士?←聞いてないみたいよ(爆)

宮殿に忍び込んだ忍者隊。健とジョーは宮殿周辺を見回りに出かけます。
そこで怪しい黒づくめの集団に遭遇。彼らに襲われ対戦しますが、相手は警備兵達の迎撃をかわすため、指から小型の爆弾を放ち、立ち去ります。それを見たジョーは「指輪爆弾」だと見破ります。(デブルスターの武器はみんな知っている・・と勘ぐってしまう)
健はどうにかしてあの指輪爆弾をかわす手はないかと思案し始めます。4人の前に現れた甚平、子供達から借りたローラースケートを履いて軽やかに滑ります。それを見ていた健はある作戦を思いつき、みんなで特訓を始めることに。

ジュンは宮殿でモデル達が着るドレスが並んでいる衣装部屋に侵入。思わずその中の1着に袖を通して鏡の前でうっとり。
そこへ入ってきたデザイナーのカリドンにスタイルがいいと褒められ、さらにショーのモデルにスカウト。もちろん断るはずがありません。
そんな彼女は一方で王妃の部屋に忍び、自分たちがやってきたことを告げて去っていきます。

ファッションショー当日。王妃に続いて登場したのはジュン。いろいろな衣装を着てモデルさんを務めますが・・他の4人は果たして見ているのだろうか。せっかくモデルしてんのに。ねえ。ったく、男どもはその2
そんな中、カリドンの挨拶で女たちが登場。でも彼女たちはデブルスター、カリドンもカッツェでした。夜のうちにすり替わっていたのです。王妃を囲んで凄みますが、当の王妃は実に落ち着き払い、ギャラクターのショーを「悪魔のファッション」と言い放ち、新しいファッションをお見せするといい、「バード・ファッション」と叫んで、忍者隊が舞い降りてきます。まるで打ち合わせしたような・・したのかな?

そしてデブルスター対忍者隊の戦いの幕が上がります。
女たちは早速指輪爆弾を投げつけ、忍者隊はいよいよ特訓の成果を披露します。彼らはバードスタイルにスケート靴。ちょっと変ですが、まあアニメですから・・・そんなこともあろうかと(ないか)
でもジョーが丁寧に教えてくれたおかげで竜も滑ってる!私も教えて〜

忍者隊はホイップとかウィンドミルとか技を駆使してデブルスターを蹴散らします。カッツェも降参して鉄獣を呼び、さっさと逃げてしまいます。本当に逃げ足が速い。

平和に戻ったモナリンス王国。カーニバルのようなお祭り騒ぎです。
それを見ている諸君。めでたし、めでたし、ですね。

だけど・・音楽があの「殺人ミュージックパート2」なんですが・・耳は大丈夫でしょうか。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第65話「合成鉄獣スーパー・ベム」
2017-08-24 Thu 21:00
G65_title.jpg

はい、ベムちゃんです。゚(゚´Д`゚)゚。←泣いてる(笑)気持ち悪くて(爆)

人様の脳みそを奪うベムちゃん。頭でっかちの宇宙人仕様。ギャラクターはこのベムというものを操り世界征服を企みます。
博士の指令を受け、たとえ夜中でも出動する忍者隊の諸君。ヒーローは辛いよ。
この頃にツイッターとかあったら、彼ら、愚痴ってますね。ラインでもやってお互いに文句言いあってたりして(笑)

ゴツゴツした岩場で調査する5人は、奇妙な蔦のようなものに襲われます。姿を表すとそれは不気味な生物でした。
そして滝の奥にどうやら基地があるらしいことを探りますが、とりあえず生き物の一部を持ち帰ります。

博士による分析の結果、下等な、それも乱暴な種類に入る宇宙生物とのこと。乱暴って・・?つまり凶暴ってことか?
そしてそれをギャラクターが盗んだ頭脳をベムに利用しようとしているのではと推測します。

そんな中、没後10年を記念して山科博士の未完成のロボットをお披露目する展示会なるのに護衛で出かける諸君。
皆がその完成度の高さに圧倒されている中、案の定天井からベムが現れ、あっという間にロボを奪います。そして合体しさらに不気味なものに生まれ変わって他のロボットたちを壊し穴を開けた天井から飛び出して行ってしまいます。
彼らを追いかけ出動した忍者隊。健はジョーに後を任せるとして一人滝の奥へと向かいます。

GPでスーパーベムに挑む4人。しかし捕まって身動きが取れません。バードミサイルも、健がいないので撃てず(毎度のことながら悔しがるジョーくん・・・・)。
基地では健がコンピュターを破壊。スーパー・ベムは脳からのエネルギー補充ができず動けないで苦しみます。
ちょうどいいタイミングで健の乗るG−1号機が戻り、火の鳥で脱出することを決定。ベムが自爆すると同時にその場を離れます。

帰途につくGP。
死んだ人の脳より君たちが無事なのが何より、と言う博士の言葉に笑顔を見せる5人。次の仕事が待っているからすぐに戻って来い、というおまけ付きでしたが。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<32>スポーツ観戦
2017-08-23 Wed 14:34
63話「皆殺しのメカ魔球」より。

Joe067.jpg

スナックJで野球観戦をしている男子諸君。お客がいないのをいいことに至ってのんびりです。

Joe068.jpg

熱心なのは甚平、そして竜の2人。健とジョーは付き合っているという感じでしょうか。

Joe069.jpg

でも仕事熱心なリーダー様は試合ではなく異常を察知。野球キチガイでもないのに・・とジョーが言っておりますので、彼らはそんなに熱心ではなさそうです。

さて、ジョーはどんなスポーツが好きなんでしょうね。
イタリアといえば、「サッカー」です。イタリアはサッカー王国ですね。
28話「見えない悪魔」では、冒頭で竜と一緒に子供サッカーの試合を観ていました。とても楽しそうな表情をしていた気がします。
私はあまりサッカーは知らないのですが、ジョーが好きなら勉強しよっかな〜なんて(*´~`*)

イタリアのガイドブックには、イタリアにも野球チームはあるとありました。本場アメリカや日本に比べたらマイナーなのですが、それなりに人気があるそうです。

それから人気のスポーツには、「自転車競技」「モータースポーツ」「競馬」とありました。競馬はとても盛んとのこと。
よく競馬の番組とかを見るとイタリア産の馬の話が出たのを思い出します。

ジョーはあのまま島にいて大人になった暁には、サッカー選手にでもなったかなあ。
グランドを駆け回る彼の姿が目に浮かんで来るようです。


別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
千葉・館山へ
2017-08-22 Tue 19:58
21・22日の一泊の旅行に母と行きました。
今回の旅先は、千葉県は館山です。
旅行会社で申し込みをしたのですが、館山はあまりレジャー施設がないとのことでしたが、まあ初めての土地でもあるし、今回はとにかくゆっくり過ごそうということに。なので温泉三昧、美味しい料理堪能する、です。

tateyama_1.gif

今回の旅行は電車ではなく、なんとバスです。そう、長距離バス。ブロ友さんでよく利用されている方がいらしてそんな話をなさっているのでそうっか〜とか結構他人事(爆)だったのですが、初めてそんなものを利用することに。
そして最近できた「バスタ新宿」。ここの4Fに乗り場があって、降り場は3Fです。タクシーも一つにまとまっていて、これは街中がすっきりしていいシステムだと思いますね。わかりやすいし。都がやっている事業で珍しく(?)感心したサービスです←偉そうな都民(爆)

そんなわけでバスに乗り込み、いざ出陣!
さらば、東京。さらば人混み。


tateyama_2.gif

そんなわけで約2時間くらいで館山へ到着(早)
出るときは薄曇りでしたが、ここはいいお天気でした。さずが千葉です。
館山の駅はなんだかオシャレ。館山は周りも綺麗な建物が多く、景観も素敵です。

tateyama_3.gif

そんな駅のトイレに向かう途中、ぴよぴよという声がしたので見上げたら、ツバメの巣が!子供たちでしょうか、こちらを見ています。でも写真を撮り終えたらシャッター音に驚いたのか、親らしきツバメが飛び出してしまいました。
あーんごめんね〜(´・_・`)

tateyama_4.gif

宿に着きました。
駅に指定した時間に宿からの送迎バスがやってきて、行くこと約20分。宿の方が気さくな方で、この辺もやっと日差しが戻ってきたんですよ〜、とか先週はすごい人でした、とか。私たちも会話を楽しみました。

バスが迎えにやってくるまで時間があったので近くのおみやげ屋さんで物色したり、パン屋を併設している喫茶店でお茶。母は普通のブレンドコーヒー、私はカプチーノをいただきました。

宿に着いた時は雲が多くて薄暗かったのですが、しばらくすると晴れ間が出て、海も真っ青に。
部屋の前はオーシャンビュー。やはり海はいいですね〜。浜辺には親子や友人連れの人達が泳いだりして遊んでいました。


tateyama_5.gif

その夜の会席料理です。こちらがお品書き。見ると魚介類が多いのがわかります。

tateyama_6.gif

これは「酒肴」
タコなどの酢の物や、伊勢海老。林檎酢のジュレの上に乗っています。

tateyama_7.gif

お造り。
いろいろな朝採れのお魚達がたくさん。ウニも甘くてサザエもコリコリ。トロもありました。

tateyama_8.gif

最後に登場した氷菓子、「ロイヤルミルクティープリン」です。ミントが乗ってオシャレです。

夜の特別メニューは、「鮑」。焼かれて悶えているのを見るのは苦しいですが・・(途中で見るのをやめた)でも、美味しいです(鮑さ〜ん、ありがとう〜(ノ_<))


tateyama_9.gif

翌朝の海。6時くらいなのでまだ誰もいませ〜ん。


tateyama_10.gif

朝食に出されたデザート。
ヨーグルトとスイカです。
朝は、鯵の干物、カニ焼き、なめろう、ワタリガニの味噌汁・・となかなかのボリュームでした。(でも夜よりは楽だった)


tateyama_11.gif


旅館を出ると、目の前に「海からの贈り物です。ご自由にお持ちください」と、カゴいっぱいに貝殻がありました。
なので思い出に、といくつかいただいて帰りました。色合いが綺麗です。


千葉は鴨川や、職場でマザー牧場に行ったくらいなのでまだまだ開拓の余地はあるかなーなんて思ってます。
やはり海が見えるお宿っていいですね。
人々もいい方ばかりだったしサービスも行き届いていたのでまた利用したいね、と母と話したところです。


別窓 | 旅行の話 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。
2017-08-19 Sat 11:31
ホームページにて、オリジナルフィクション「黄金の翼シーズン3:エピソード18〜毒蜘蛛退治〜」をアップいたしました。
一つのターニングポイントという位置付けの話です。あの女たちと威信をかけた主人公たちの戦いに区切りが・・。

どうぞよろしければお立ち寄りください。


ホームページ「El Condor Pasa


別窓 | ホームページについて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第64話「死のクリスマスプレゼント」
2017-08-18 Fri 21:05
G64_title.jpg

独裁者ソムレー将軍の支配するフランベル国。しかし立ち上がった国民の追放運動によって彼は追い出され、変わって就任したピース首相(”平和”になったので”ピース”なんだね)。
そして復興1年を記念した平和式典を考えていた首相と知事のいる首相官邸に突如ギャラクターの円盤が。そこにはあのソムレー将軍がおり、再び自分が国を支配し国民を皆殺しにすると宣言。降伏することを条件にし、去っていきます。
そこで知事は科学忍者隊に警備を要請。諸君は一般国民に紛れてフランベル国に潜みます。

そんな中、甚平はスラム街のようなところである子供達に出会います。彼らは下町に住むスイムス団(と名乗っている)。山手の金持ちの子らと敵対しておりこの日も金持ちの女の子をからかっていましたが、仲裁した甚平の強さに感服しほぼ強引に仲間に入れます。

そして記念式典が始まりました。知事は子供達にプレゼントを渡します。でももらえたのは山手の子達。スイムス団のような貧しい子達はもらうことができませんでした。ここでは警察官も金持ちの味方です。悔しがる子供達ですが・・。
(知事はソムレーとグルだった)

事件が起こります。プレゼントをもらった子の家の者達が皆毒ガスでやられて死んでしまいます。調査する忍者隊は、変な格好をした(@ジュン)スイムス団の子供達を発見。彼らはプレゼントをもらえなかった腹いせに会場の氷像を壊そうと出かけているところでした。甚平が彼らを知っていたということもあり、忍者隊は子供達を追っていきます。

そしてトナカイの氷像になってくると子供達は落とし穴へ。そこはギャラクターの基地になっていました。
子供達は鍋を被り、布をマントのように羽織っていたので忍者隊と間違えらた模様。前にもありましたが、ギャラクターって結構そういう間抜けなところがあるのね。
忍者隊は子供達を救うため基地へと侵入します。

子供達を相変わらずの手際の良さでGPへ乗せるとその場を離れる忍者隊ですが、ギャラクターも負けじと追いかけます。
トナカイの氷像の中から鉄獣が現れ、GPに誘導ミサイルを発射します。
GPはそのまま鉄獣の後ろへ回り込み、ミサイルを命中させます。
揺れるGPの中で転げ回る子供達にジョー、そして健は危ないから捕まってろと注意。小さな子供というのはは本当に・・ねえ(?)
ジョーは以前にも子供達に注意してましたね。今回の方が優しい顔してます。勉強したのかな?←ん?

プレゼントをもらえなかったが、忍者隊と一緒にギャラクターをやっつけたことが何よりのプレゼントだと大人のような答えをして健たちを感心させたスイムス団の子供達。忍者隊は颯爽とGPへ飛び乗り、去っていきます。

にしても、トナカイの氷像から出てきた鉄獣ですが、健が誰も言ってないのに「コンドルメカ」と言っていたけど・・何でわかったんですかね?(しかもコンドルに見えない)←タイトル画のメカがそれです。見えないでしょ?


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第63話「皆殺しのメカ魔球」
2017-08-17 Thu 20:27
G63_title.jpg

野球ファンにとっては野球用語が満載でニンマリとしてしまうお話です。

スナックジュンにて野球観戦に興じている忍者隊の男子諸君。
特に甚平と竜が熱心に観ているようです。しかもお互いに敵同士みたい。で、あまりに熱が入るもんだからジュンは甚平を叱るついでに他のメンバーにも「ツケばかりの客で占領されたら商売あがったりだわ!」と皮肉。一番身に覚えのあるリーダー様が頭を抱えております(笑)

そんな中、画面でいい球を打ち、ベースをランニングしている選手が突如ベースに足を取られ転倒。もがいているうちに相手側が捕球してしまいゲームセット。せっかく打ったのに負けてしまったようです。
甚平はお冠ですが、健は選手の様子に疑念を持ちます。

基地へ戻ると博士から、世界では選手が忽然と姿を消してしまう奇妙な事件を諸君に話します。なので、忍者隊はこの日行われるナイト・ゲームを監視するよう指令を出します。浮かれる甚平。でも仕事なのだ。
そして彼らは私服で観客等に紛れ込みます。健とジュンは観客席、ジョーはなぜか(爆)スコアボード裏、竜は売り子で、甚平はボールボーイ。とても楽しそう。
ここは今の東京ドームの前身である後楽園球場をもじった「ゴラクエン球場」。ドームではなく、横浜スタジアムのような球場です。球場の近くには遊園地。今もありますね。

で、そこで試合中に事件発生。突然停電したかと思うと急に電光設備に灯りがともり、グランドにいたはずの選手たちがすっかり姿を消していました。そして甚平の姿も・・・。
博士のもとへ戻った4人に、球場を探るため、改めてバードスタイルで出動です。
真っ暗闇のグランドを調査しているうちに、健は2塁ベースがおかしいことに気づき、剥がすとそこには強力なマグネットが。この仕組みに気づかれたかもしれないということで選手たちをさらったに違いない。彼らがそう推測すると、まばゆい限りの光が包み込みます。
とっさにその場を離れる4人ですが、突如グランドが割れ、ジョーと竜は辛くも逃れますが健とジュンは底へと落ちてゆきます。

博士に報告するジョーたち。最初こそ捕まった2人を怒ってた博士でしたが、竜のわざと捕まったみたいだという意見に納得。そこへ甚平から報告が。どうやらギャラクターが選手たちを訓練して隊員にしようと企んで知るらしい。
甚平が誰かが近づいてくるのに気づき、寝たふりをしていると、健とジュンが連れてこられてびっくり。
脱出した3人はギャラクターに操られた野球選手たちを倒します(多分気絶しているだけ?)が、カッツェに水爆の起爆装置が球場内にあることを知らされ、博士らに報告します。出動するジョーと竜。博士は警察の調査を依頼します。

健は隊長と戦い、その中で起爆装置はバックスクリーンにあることを聞き出します。とそんなとき、ホームランが!
5人はボールの阻止を試みるため一斉に駆け出します。
そしてバックスクリーンに落ちようかというタイミングで一斉に武器を投げますが、かすりもせず・・。
でも健のブーメランがボールに突き刺さり、グランドに落ち、5人は安堵。球場の観客は皆唖然としてるのと対照的ですね・・。でも当然です、ホームランになるボールですから。(でも走っていれば3塁打・・かな?)


球場を後にして去るGP。
報告を受けた博士、彼らにはもう少し機敏に動ければよかったな、と厳しい言い方をしてましたが、その後独り言のように「よくやってくれた・・・」と優しい言い方に。まるで前者は上司、後者は父親、かな。


この中の野球用語を絡めたセリフ。

「逆転満塁ホームランだな」(カッツェ)
「野球はツーアウトからだ」「強打者は内角に弱いというからな」(健)
「この試合はガッチャマンが9回裏ツーアウトから、ギャラクターズに逆転勝ちというわけですね」(甚平)

私は20数年来の埼玉西武ライオンズファン。ここ数年はちょっと寂しい限りでしたが、今年はなんだかいい調子でもしかしたら?という感じです。
ガッチャマンみたいに逆転勝ち、となるといいなあ、なんて。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT