先週のジョー<42>我慢の子
2017-10-31 Tue 18:23
83話「炎の決死圏」
ここで登場する高飛車なカリグ博士にイラつきながらも表面的には大人の対応をする忍者隊(甚平除く)。


Joe110.jpg

その甚平は子供なので素直。あからさまにカリグ博士に反抗します。
すると健。
「甚平のやつ、相当頭にしているようだな・・」

そこでジョー。

「当たり前だぜ!なんでえ、あの野郎の態度は!」

やはりというか当然というか、ジョーは怒りを爆発させる。まあ、江戸っ子(違)の彼には我慢というのは無理があります・・。


Joe111.jpg

でも相手は博士で大人。ここはぐっとこらえて相手を立てなければなりません。
忍者隊は辛いよ。

でも・・やっぱりジョーってば睨んでるように見えるわね(笑)


いつも怒ってばかりの短気なやつ・・特段ファンでない方はそう映っていることでしょうね。ジョーファンの私(たち)でさえそう思っておりますから。(でもそんな彼がどうしようもなく好きなのだ・・というのは解っていただこう)


でもそんな彼ではありますが・・


Joe112.jpg


カリグ博士がいつも連れている猿のサミーくん。彼に抱かれている時のおとなしいこと。

動物というのは慣れてない人に対してはかなり警戒するものですが、ジョーに抱かれても暴れたりせずじっとしている感じです。
ということは、彼が本当は優しい人だということがわかったのでしょうね。

ジョーという人は、かなり誤解されやすいタイプだけど、動物が好き。
そう見てもいいのでは。


スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Happy Halloween!
2017-10-28 Sat 10:39
halloween2017.gif

今年のハロウィンはどうしようかと考え、昨年はイラストだったので今回は写真にしました。
黒っぽい背景だったし部屋の壁際だったのでフラッシュが焚かれてしまいましたが、まあらしい雰囲気になったかなと。

やっぱりジョーはドラキュラ合いますね。怖さが倍増します〜←ファン
外国人顔は得ですね。


今年も例のごとく馬鹿騒ぎのハロウィンになるんでしょうか。やれやれですわ。
(疲れるのであまり愚痴らないようにしようっと)


別窓 | 写真(ドール) | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第84話「くもの巣鉄獣スモッグファイバー」
2017-10-27 Fri 20:10
G84_title.jpg

今日のお話は、かつての南部博士と机を並べて学問についた、といういわゆるクラスメイトだった博士の登場です。
このデーモン博士、一緒に世界平和のために科学を勉強したのに、ギャラクターに才能と魂を売ってしまったのです。

デーモン博士の声は、小林清志さんですが、私はこの方の声が好きで・・。一番好きなのは佐々木さんですが、小林さんも渋くてかっこいい。現在でもたまにナレーションで声を聞けると小躍りしちゃいます。
当時はとても若い声ですね。

そのデーモン博士の開発した蜘蛛型鉄獣、スモッグファイバーは、空いっぱいに蜘蛛の巣を張り巡らし、高圧電気を流して触れるものをたちどころに破壊してしまうという代物でした。
そしてそれはちょうど飢えにあえぐウェール国に食物を輸送する機体たちを破壊してしまい、デーモン博士はその技術のカラクリを南部にわざと漏らすよう命じます。それを知った博士と科学忍者隊を捉え、忍者隊の素顔を暴こうという作戦です。
ISO入りをかつて争って負けたデーモンは、その指示を受け、夜2人だけで会おうと博士に連絡。しっかり忍者隊もついていきます。
港についた博士はデーモンと会い、スモッグファイバーのことを聞きます。が、デーモンはすでに忍者隊が背後にいることを察知、タバコの火で彼らを照らし眼帯の奥に忍ばせた携帯カメラで彼らを撮影してしまいます。
健たちが驚く間なくデーモンは去り、博士に軽率な行動を詫びます。

素顔を見られたと悔しがる健たち。そこへカッツェからの入電があり脅しにかかります。
行動を制限されたかもしれないが、やらねばならない。彼らはアンダーソン長官からの要請で再び運ぶ輸送機を護衛する任務に当たります。
そこで南部博士は、どんな電流をも弾き飛ばす皮膜をGー4号機に吹きかけます。またまた甚平に切り込み隊長の役が与えられます。話も後半になってきて、だんだん彼の役割も大人顔負けになってきた、ということでしょうか。
小回りが利くというのはいいやね〜。

出動した彼らの目の前に早速現れたスモッグファイバー。多少犠牲は出たものの、ウェール国へ輸送機を向かわすことができたGP。甚平が先頭になって次々と糸を切り、ついにはメカ鉄獣に突入です。迎え出るデーモン博士。
ギャラクターとの戦いになり、その隙にデーモンは奥の部屋へと向かいます。竜の言葉に彼を追いかける健たち。
健の投げたブーメランがデーモンの銃にあたり、その弾がジュンのブレスレットにぶつかると、みるみるうちに彼女の変身が解けてしまいました。とっさにジュンを隠すジョーと健。デーモンがなおも写真を撮ろうとブーメランを投げ、その隙にジュンを上に上げます。ジョーは彼女のブレスレットを拾い、後に続きますが、健はデーモンと一騎打ち。
デーモンは彼らを撮ったとされる写真の焼き増しを健に渡すと、自爆ボタンを押します。
健は写真を見て躊躇しますが、ジョーに急かされ脱出します。

やがて大爆発を起こして大破するメカ鉄獣。
無事にブレスレットが帰ってきて皆に感謝するジュン。お姉ちゃんの顔なんて見れたもんじゃないから、と憎まれ口をたたく甚平ですが、その心配はなさそう。写真はなんと脚だけしか写ってなかったからです。(皆長くて綺麗な脚だねー)

しょっちゅうカッツェが、あれでも科学者か、科学者のくせに、とデーモンに文句言っていたのはこう言ったことだったからなんですね。(科学者だって失敗はするだろうが・・)
でもしっかり素顔は写っているという嘘をついて彼らを翻弄しようと思ってたんですね。ちょっと残念でした〜。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第83話「炎の決死圏」
2017-10-26 Thu 20:35
G83_title.jpg

83話と84話には、頭はいいのだが性格が・・という博士が登場します。


マントル計画の一環で地底にマントルエネルギーの蓄積工場建築のためにドリルを動かしていたISO。
そんなところにギャラクターのメカが現れてドリルが地底奥へと落ち始めます。どれがマグマ層に突入すれば大地震が発生して大変なことに!

そこで出動の命を受ける忍者隊ですが、彼らに同行する一人の男が紹介されます。
地学博士のクリグというその男は忍者隊の諸君にとても高圧的。切り込み隊長的な役を振られた甚平はカリグの横柄な態度にプンプンです。でもペットの猿のサミーが可愛いと見えてこの子には優しいです。

甚平のヘリコバギーに対し常に命令口調で指示を出し、その度に甚平が口答えしたり勝手な行動をするものだから、健たちはハラハラ。でもジョーは甚平の気持ちがすごくわかるようで彼もイライラしている様子です。健はとりあえず彼をなだめます・・。

彼らは地底奥へと進みますが、行方を阻むギャラクターのメカ鉄獣。それは彼らの行く先々で現れます。
そしてこれ以上先に進めなくなり、小さな隙間から爆弾を仕掛けることを考えた忍者隊、カリグの連れているサミーを使おうとしますが、カリグは激しく拒否。でもやらなければドリルがマグマ層に突入してしまう。
抵抗するカリグから奪って連れて行こうとしたジュンとジョーでしたが、カリグは彼らに銃を向けます。そしてなんとサミーに首輪からカッツェの声が。
カリグは実はギャラクターの一員で、カッツェの命令で忍者隊をわざとおびき寄せドリルと一緒に葬ろうと企でていたのです。サミーを使ってジョーたちの武器を奪い取ると一人で脱出しようとしますが、そこへ健がやってくる。
彼が出動する際に自分がリーダーのガッチャマンであることを知っていたことでカリグが怪しいと思っていたのです。

そうこうしているうちに、ドリルがどんどん落下していきます。時間がありません。
先回りしてワゴンやG−4号で食い止めようとしてみますが、なかなか止められません。
失敗したと知ったカッツェが自分を見捨てることを知ったカリグは意を決して、サミーを放ち、ドリルのコードを噛み切るよう言います。でもコードが太くてなかなか切れない。
一方、ギャラクターのクワガタメカに時限爆弾付きのブーメランを突きつけてきた健。そのメカは大爆発を起こし、その衝撃で砕け散った岩がワゴンの下に入り込み、静止。しかしドリルは動き続け下にいたカリグは下敷きとなって亡くなってしまいました。しかし、サミーのおかげでドリルはもう停止していました。

地上へ引き上げられるドリル。それを見つめる忍者隊。残されたサミーは不憫ですが・・。きっと博士がなんとかしてくれるよ。
あのワンちゃんと仲良くできるかな?


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<41>子供に帰る
2017-10-24 Tue 18:15
81話「ギャラクター島の決斗」
10年ぶりに故郷の島に帰ってくるジョーです。


Joe108.jpg

町はずれにある共同墓地。そこに彼の両親が眠っている場所がありました。
墓標に書いてあるジュゼッペとカテリーナの名を確認すると一人うずくまる・・・。

この時の彼はきっと子供に帰っているのではと推測してます。
とにかく目の前に両親がいたら子供は寄り添う感じになるんじゃないでしょうか。知らず知らず甘えているのかも、です。

ジョーは一体どう思っているのでしょうね。恨みつらみなど投げかけてたりして。


番組などを見ると、こういった墓場というよりは、白い壁一面に遺影が飾られ、その方が生きていた年月日が刻まれていて、小さな花瓶には綺麗なお花が飾られているという光景が登場します。
そこは管理人さんがいて花などを取り替えたり、下の道を掃除して、お祈りを捧げていました。
ヨーロッパにはよく見られる墓地の姿のようです。


Joe109.jpg


アランの部屋(かな?)で一人ぼっちになったジョー。膝を抱えてじっとしています。
この格好は後ほどの回でも登場しますね。(98話)

この格好は主に子供がやる体勢ですね。大人もやるかもしれませんが。

きっと故郷に戻ってきて8歳までの自分に帰っているのかな、とまたまた推測。
普段は強気でわがままな彼ですが、本当は寂しがりやさんなのかもしれませんね。

本当に愛おしい、でございます。

別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語・特別編<81話>後編
2017-10-22 Sun 16:26
今日は、ギャラクター相手に戦い疲れでアランの教会へ逃げ込んでからの会話です。


Joe102.jpg

Joe103.jpg



ジョー「匿ってくれ・・・頼む!」


隠す nascondere  隠れる nascondersi 

Per favore, lasciatemi nascondere ... ti prego!

*lasciare 置いていく、置いてくる


(Please let me hide ... I beg you!)


Joe104.jpg


アラン「わかったろう、ここの敵は君一人の力で簡単に倒せる相手ではない。それにいくら暴力を使ってみても無駄なことだ」


Lo sapevo.Il nemico qui non è un avversario che puoi sconfiggere facilmente da soli. E non importa quanto si usa la violenza, è inutile.

*sapere(サッペーレ)知る、わかる、知っている の過去形
*avversario 敵の、敵対する
*da solo 一人で 上記台詞では、相手に言っているので、2人称単数 soli

(The enemy here is not an opponent you can easily defeat by yourself. And no matter how much you use violence, it's useless.)


アラン「さ、ギャラクターは私に任せて、早く島を出たまえ)


Lasci il Galactors e lascia presto l'isola.

(Leave the guaractor to me and leave the island soon.)



ジョー「それもいい。だが、お前はいつギャラクターを倒すんだ?明日か?1年先か?それとも10年後なのか?」

Anche questo è buono. Ma quando si sconfiggerà Galactor ? Domani ? Un anno di anticipo ? O sono dieci anni da qui ?

(That is also nice. But, when are you defeating the guaractor ? Tomorrow ? Is it a year away ? Or ten years later ?)


アラン「それは・・・神の御心による」


Dipende dalla bolonia di Dio.

*dipendere(ディペンデレ)〜次第だ

(That is.....due to the will of God.)



Joe105.jpg


ジョー「この人は?」


Chi è questa persona?

*Chi è ? 誰?



(Who this person is?)




アラン「私の婚約者だった。」

Era la mia fidanzata.

*〜の・・・ 所有形容詞miaは、主語ではなく(この場合アラン)所有する対象にかかるので、女性形になっている。
(本来は、mio )

(It was my fiancee.)


ジョー「だった?」


Era?


(Was?)


アラン「その人はもういない。」


Quella persona non è più lì.

*non ~ più もう〜でない



(That person is no longer there.)



アラン「科学忍者隊のコンドルのジョーに殺されてしまったんだ。」

Sono stato ucciso da Joe, il Condor del corpo della Scienza Ninja.



(It was killed by Joe the Condor of Ninja Corps.)



ジョー「何!?」


Che?


(What?)



アラン「かわいそうな子だった。」


Era una ragazza povero.

*una ragazza 少女、女の子 男性= uno ragazzo


(She was a poor girl.)


アラン「両親、兄弟がギャラクターの一員だったために組織から抜け出ようとしても許されなかった。」


Non è stato permessi uscire dell'organizzazione perché lei genitori e fratelli erano membri del Galactor.

*permettere(ペルメッテーレ:許す、許可する)
*fratelli 兄弟(複数形)


(She were not allowed to get out the organization because her parents and siblings were members of the Garactor.



アラン「結局最後の仕事に手を出した。」


Dopo tutto, ho messo la mia mano sull'ultimo lavoro.

*messo mettere 置く、取り付ける 


(She ended up with the last job after all.)



アラン「科学忍者隊のコンドルのジョーにやられた。」


È stato fatto a Joe del Condor del corpo di ninja di scienza.


(I was hit by Joe of Condor Ninja Corps.)


アラン「どうしたジョージ?」


Cosa sta succedendo,George ?


(What was George?)


アラン「気分が悪いようだが・・・」


Ti sento male, ma...

*male (具合が)悪い


(You do not feel well though ...)


ジョー「いや・・・大丈夫だ。」


No ... va bene.



(No ... It's okay.)



アラン「コーヒーでも飲むか」

Vuoi un caffè ?

*caffè  カッフェーと発音(コーヒーとは、エスプレッソを指すが、本作品ではブレンドコーヒーのように見える)

(Do you drink coffee ?)



ジョー「ああ」

Oh.

(Ah.)



ジョー「それだけ悔しい思いをしながら、お前はまだギャラクターを神の御心に任せるのか?」


Hai ancora lasciare il Galacter al cuore di Dio, mentre si sente frustrato?

*mentre(メントレ)〜する間、している時
*sente sentire(センティーレ:感じる)
*frustrato frustare (努力などを)ダメにする、(期待を)裏
  切る


(Doing so regretfully, will you leave the garactor still to the will of God?)




アラン「ジョージ、私たちは苦しいんだよ。」


George, siamo soffrirmi.

*soffrire(ソッフリーレ:〜に苦しむ、苦痛を味わう)他動詞
   苦しむ、悩む<自動詞>


(George, we are in pain.)



アラン「何度、神を捨てて、銃を取ろうと思ったことか・・・。」


Quante volte ho cercato di buttare via Dio e di prendere una pistola ....

*cercato cercare(チェルカーレ)の過去形
 <他動詞>探す、探し求める、追求する
 <自動詞>( di + 不定詞と共に)〜しようとする
*buttare(ブッターレ)投げ捨てる、投げ入れる、捨てる
*prendere(プレンデーレ)〜しようと思う
*pistola <女性名詞>ピストル、拳銃


(How many times I tried to throw away God and take a gun ....)


Joe106.jpg


アラン「だが、憎いのはギャラクターだけではない。」


Tuttavia, non è solo Galacter che è odioso.

*tuttavia(トゥッタヴィーア)<接続詞>だが、しかし
*odioso<形容詞>憎い odio(オーディオ:憎しみ、憎悪)


(But the only thing I hate is not galleries.)



アラン「科学忍者隊も憎い!」


Odio anche le truppe della scienza ninja!

*anche(アンケ)〜もまた

 non solo A ma anche B  AばかりでなくBもまた
*truppe グループ、団体、軍隊



(We also hate science ninja troops!)


アラン「世間じゃ、ギャラクターと戦う科学忍者隊を正義の使者だともてはやす。」


Nel mondo, la scienza ninja che combatte contro il garattore è popolare come messaggero di giustizia.

*mondo(モンド)世界、世間、〜社会
*contro(コントロ)<前置詞>〜に対して、〜に反対して
*popolare(ポポラーレ)1、一般大衆の、庶民の
 2、人気のある、ポピュラーな
*messaggero 使節、使者
*giustizia(ジュスティッツァ)正義、公正さ、司法



(In the world, science ninja fighting against the garactor is popular as a messenger of justice.)


アラン「だが、私にとってはギャラクターも科学忍者隊も大事なフィアンセを奪った敵だ!」


Ma per me, Galacter e il ninja sono il nemico che ha portato via la fidanzata importante!

*nemico 敵
*importante 大事な、重要な


(But for me it is an enemy who robbed giants and science ninja troops as important fiancés!)


ジョー「じゃあ、お前はコンドルのジョーを殺すつもりなのか?」


Ebbene, hai intenzioni di uccidere il condor Joe?

*ebbene<接続詞>(前のセリフを受けて)それでは、それは良しとして、それで
*essere intenzione di〜 〜するつもり
*uccidere(ウッチデーレ)殺す



(Well then, are you going to kill the Joe the condor ?)


アラン「それが何になる?」

Che cosa sarà?



(What will it be?)


アラン「ジョージ、復讐したからってどうなる!?」


George, cosa succede quando ti ritrovi a vendicarti?

*ritrovare 見つける、取り返す、認める
 復讐したことを(自分で)確認して、という意味か?


(George, what about getting revenged!)


アラン「死んだ者は帰ってこない!」


I morti non stanno tornando!

*stanno stare(スターレ:〜でいる、〜である)の3人称複数
*tornado tornare(トルナーレ:戻る、帰る)の過去形


(Those who are dead will not return!)


アラン「虚しさを味わうだけだ!」


Solo per assaggiare il vuoto!


Just taste the emptiness!


Joe107.jpg


アラン「なあ・・・お前は諦めろ。」


Vorrei che tu rinunciassi.

*rinunciassi rinunciare a 〜 〜を諦める



(I wish for you to give up.)


アラン「黙ってこの島から出て行ってくれ!」


Sta zitto e Esci da quest'isola!

*stare zitto 黙る  sta : stare の2人称・命令形


(Stop silent and get out of this island!)


アラン「頼む!」

Per !


(Please !)


ジョー「休ませてくれ・・・眠くなった。」


Riposare ... Sono stato addormentato.

*riposare(リポサーレ:休む) -rsi 再起動詞(自分自身を休ませる)
*addormentare(アッドルメンターレ:眠らせる)の過去形 眠させられた・眠くなった


(Take a rest ... I got sleepy.)


アラン「それがいいだろう。」

Sarebbe bello.

*sarebbe : essere の3人称単数・条件法


(That would be nice.)


アラン「眠ってよく考えろ。」


Dormire e pensare attentamente.

*domier(ドミーレ)眠る
*pensare(ペンサーレ)考える、思う(通常は a, di などの前置詞を取る)
*attentamente<副詞>注意深く、慎重に



(Asleep and think carefully.)


アラン「私はこれから学校へ行ってくる。」


Ora vado a scuola.

*ora(オーラ)<副詞>今、現在、これから〜


(I am going to school from now.)


アラン「帰りは朝になる。」


Il ritorno è al mattino.

*mattino(マッティーノ)朝


(The morning comes home on the way home.)


ジョー「学校?」

Scuola ?


(School ?)


アラン「貧しい家庭の子供を集めて勉強を教えているんだ。昔の私たちのような子供を出さないためにな」


Sto raccogliendo bambini provenienti da famiglie povere e insegnando a studiare.

*raccogliere(ラッコッリエレ:集める、まとめる)
*proveniente<形容詞>〜から来た、に由来する (文は複数形)<名詞>出身(地)
*povero<形容詞>貧しい、貧乏な、みすぼらしい
*insegnante(インセニャンテ:教える<名詞>先生、教師)

(I am collecting children from poor families and teaching studying.)


Non mettere fuori un bambino come noi di vecchio.

*fuori(フオーリ:外へ)
*come(コメ)〜のような
*noi 私たち
*vecchio(ヴェッキオア)年取った、昔ながらの、以前の、昔の


(Not to put out a child like us of old.)



そしてアランが出かけた後、ギャラクターたちがジョーの居場所を突き止め、教会の中で戦いが繰り広げられます。

そんな戦いの後、悲劇が訪れるわけですが、この時点ではジョーもアランも知りません・・。




そんなこんなでちょっとやってみたイタリア語ですが、いかがでしたでしょうか。
きっと変なところいっぱいあるだろうなあ・・と^^;

こんな企画に付き合ってくださった方々、ありがとうございました。
また通常に戻ります。


別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語・特別編<81話>前編
2017-10-21 Sat 11:03
私には前々からやってみたいことがありました。
81話「ギャラクター島の決斗」のあるシーンをイタリア語にしてみたい。

そのシーンとは、ジョーとアランの会話です。
故郷に戻ってきて、なおかつ幼馴染と話をしているんだったら、やはり母国語でしょ、きっとこの2人の会話はイタリア語に違いない。日本語なのは、佐々木功さん(ジョー)と富山敬さん(アラン)が吹き替えをしているからであり、絶対にイタリア語だ、という妄想(笑)が私をもはや離してくれませんで。

とそんな訳でやってみたのでもしよかったらご覧いただけると嬉しいです。
なお、今回の翻訳は、Google翻訳さんとBing翻訳さんの力をお借りしました。
両方で翻訳してみて、どちらかいい方を、辞書を引き引き調べながら確認して選び、ある一部分を取り替えたり、とこう工程をしながらの作業でした。いかんせん素人なので変な訳かもしれませんが、もしいい訳があったら教えてください。
カッコ付けは、英語訳です。

今日は、子どもの頃に遊んだ小屋で再会するシーンです。


Joe099.jpg


ジョー「変わってはいない・・何もかも、10年前そのままだ。」


Non è cambiato... tutto, dieci anni fa.

*cambiare <他>変える、交換する、<自>変わる
 cambiato は、過去形。

 例:Non sai affatto cambiato. 君は少しも変わってない。

(It has not changed ... everything, as it was ten years ago.)


アラン「やっぱりここへ来たか。」


Sei venuto qui dopo tutto?

*tutto で、”やはり”という意味がある。
*venuto は、venire(ヴェニーレ:来る)の過去形。

(You came here after all?)



アラン「ジョージ浅倉・・・通称”不良少年ジョー”、待っていたよ。」


George Asakura ... noto come il "cattivo ragazzo Joe", mi stava aspettando.

*cattivo (カッティーヴォ:悪い)
*stava stare(スターレ:〜がある、いる)の半過去の3人称



(George Asakura · · It is known as "bad boy Joe", I was waiting.)



アラン「わからんのか、ジョージ!私だよ!」


Non lo sai, George! Sono io!

(Do not you understand, George? It's me!)



アラン「昔お前とそれを一緒に叩いて遊んでいたアランだよ。」


È Alan che ha usato per giocare con te.


(A long time ago, I said Alan, I was playing with you and hitting it with you.)


アラン「もう一度お前に会いたかったよ。」



Volevo rivederti.

*rivederti rivedere(リヴェデーレ:再会する)
 これに相互的を意味する接尾語 ti をつけ、再帰動詞となり、
 ”お互いに再会する”

 A rivederti ! = Arrivederci ! さようなら!


(I wanted to meet you again.)


アラン「お前は死んだことになっていた。」


Dovevi essere morto.

*dovevi dovere(ドヴェーレ:〜しなければならない)の
 半過去、2人称
*morto morire(モリーレ:死ぬ)の過去分詞

(You were supposed to be dead.)


アラン「墓地にはお前の墓もある。」


La tua tomba è anche nel cimitero.

*tomba(トンバ) 墓、埋葬場所 tua 君の〜
*nel = in + i か in + il の冠詞前置詞 〜の、〜に、と
いう意味。
 この場合、”その”ということなので、 in + il の結合形だと
 思われる。
*cimitero(チミテーロ) 墓地

(There is also your grave in the cemetery.)


アラン「しかし私はお前がどこかで生きていると信じていたんだ。」

Ma sto creduto che sei vivo da qualche parte.

*sto stare(スターレ:〜がある、〜である)状態を表す
   動詞の、1人称単数形、過去形
*creduto credere(クレデーレ:信じる)の過去形
 よって、sto creduto で、”信じていた”
語尾が、 -to で終わる形は、過去形
*vivo vivere(ヴィヴェーレ:生きる、生きている)
  sei vivo 生きている(だろう):近過去
*qualche parte どこかで


(But I believed that you were living somewhere.)



アラン「お前の墓はさっき、ギャラクターによって暴かれた。」


La tua tomba è stata scoperta da Galacter qualche tempo fa.

*scoperta scoprire(スコプリーレ:発見する、見いだす)
 の3人称単数形 主語が物の場合は、3人称となる。
*qualche 幾つかの、tempo テンポ:時間、da 〜前に
 この場合は”少し前に”

(Your grave was revealed by the garrants earlier.)


アラン「棺の中に入っていたのは、石ころだけだったよ。」


Era solo una pietra che era nella bara.

*pietra(ピエートラ)石 
*era essere の3人称単数・半過去
*bara 棺
*nella 冠詞前置詞 in + la (bara が女性名詞のため)

(Only the stone was in the coffin.)


アラン「ジョージ!」

George!

ジョー「アラン!」

Alan!

Joe100.jpg



アラン「50年に一度しか咲かないと言われている竜舌蘭の花が今年は咲いた。」


Il fiore di agave che si dice fiorire solo una volta in 50 anni fiorì quest'anno.

*agave(アーガヴェ)竜舌蘭
*fiore 咲く
*fiorire(フィオリーレ)花
*una volta 1回
*quest’anno 今年 questa(この〜)+anno(年)
 anno の複数形は、anni

(The flower of agave that is said to bloom only once in 50 years bloomed this year.)


アラン「センチュリーフラワーとも呼ばれているが、私は何か不吉な予感がしてならないんだ。」


Si chiama fiore del secolo, ma non ho alcun sentimento sinistro.

*secolo(セーコロ)世紀、100年
*alcun 何か
*sentimento 気持ち、感情
*sinistro(スィニストロ)1左の〜、2不吉な、邪悪な

(It is also called Century Flower, but I do not feel something ominous.)


ジョー「そうでなくてもこの島は不吉な島、悪魔の島だ。」


Anche così, quest'isola è un'isola minacciosa, un'isola demoniaca.

*minacciosa(ミナッチョーザ)minaccioso 脅威的な、
 恐怖に駆られた 
 直前の isola(イゾッラ:島)が女性名詞のため語尾が -a
*demoniaca(デモニアーカ)demoniaco 悪魔的な、悪魔の
 やはり、直前の単語を受けて女性名詞の変化

(Otherwise this island is an unlucky island, a demonic island.)


アラン「お前がこの島から姿を消した後、私は教会の牧師に助けられ、引き取られて学校に通った。」



Dopo che sei scomparso da quest'isola, sono stato salvato dal pastore della Chiesa e sono andato a scuola.

*salvato salvare(サルヴァーレ:救う、〜の命を助ける)の過去形
*postere  牧師

(After you disappeared from this island, I was saved by the pastor of the church, I was taken over and went to school.)


アラン「今じゃ、その後を継いで神父になった。」


Ora, succeduto, sono diventato un prete.

*succeduto succedere(スッチェデーレ:起こる、取って代わる、継承する・後継となる)の過去形
*diventato diventare(ディベンターレ:〜になる)の過去形
*prete(プレーテ)カトリックの司祭、聖務者、牧師

(Now I succeeded and became a priest.)


ジョー「立派だよ、アラン。」


È grandioso, Alan.

*grandioso (形容詞)雄大な、堂々とした、立派な
 grande(グランデ:大きい)から派生

(It's fine, Alan.)


アラン「私はこの島から昔の私たちのような子供を出すまいと努力してきた。」


Ho fatto uno sforzo per non mettere fuori il bambino come noi di vecchio da quest'isola.

*sforzo(スフォルツオ)努力
*vecchio(ヴェキオ)古い、昔の

(I have made an effort to bring out children like us of the past from this island.)


アラン「盗み、放火、喧嘩と、私たちの昔は恥ずかしいことばかりだった。」


Rubare, incendi dolosi, combattere, e i nostri vecchi tempi erano tutti vergognosi.

*incendi dolosi 放火 incendiare 火をつける + dolosi
 わざと、故意のある
*combattere(コンバッテレ)戦う
*vergognosi vergogno(ヴェルゴンニョ)恥ずかしさ、不名誉
 の形容詞形。 恥ずかしがった、恥ずべき〜

(Stealing, arson, fighting, all we had was embarrassing in the past.)


ジョー「よく暴れたっけなあ、あの頃は。」


Era spesso infuriavamo, in quei giorni.

*infuriarsi  :  scatenarsi
 (infuriare:凶暴になる: scatenare:(感情を)爆発させる)の過去形・1人称複数(今回は前者)


(It was often rampant, in those days.)


アラン「この壊れた建物を根域にしてな」

Prendi questo edificio rotto come una radice.

*edificio(エディフィーチョ)建造物、建物
*rotto rompereの過去分詞:壊れた、潰れた
*radice(ラディーチェ)1(植物の)根、根元 2語源、起因


(Take this broken building as a root.)


Joe101.jpg


アラン「ジョージ、何しに戻ってきた?」

George, cosa sei tornato?

*tornato tornare(トルナーレ:戻る)の過去形


(George, what did you come back to?)


ジョー「親父とお袋の墓参りだ。」

È una visita alla tomba di mio padre e madre.

*una visita 〜を尋ねる


(It is a visit to the grave of my father and mother.)


アラン「ただ、それだけか?」


È solo questo?


(But just that?)


アラン「お前は両親の復讐のために帰ってきたのと違うか?」


Non sei tu quella che è tornata per vendicare i tuoi genitori?

*vendicare(ヴェンディカーレ)〜の仇を討つ、恨みを晴らす、復讐する
*tuoi 君の〜(主に複数に用いる)
*genitori 両親

(Are you different from what you returned for your parents' revenge?)


アラン「だったらやめろ。」


Allora fermati.

*fermati fermare(フェルマーレ:止める)の再帰代名詞の 
      命令形

(命令形は検定3級以上に登場します)

(Then stop it.)


アラン「すぐにこの島から出て行くんだ。」


Presto, esci da quest'isola.


(You will soon leave this island.)


アラン「お前が今まで何をしてきたのか知らないが、この街でギャラクターと一人で戦うのは無茶な話だ。」


Non so cosa hai fatto, ma è una storia irragionevole combattere da sola con Galacter in questa città.

*irragionevole 非理性的な、聞き分けのない、馬鹿げた
*storia 物語  
  〜の話だ、というのを直訳?
*so sapere(サッペーレ)わかる、理解する の1人称単数

(I do not know what you have done up to now, but it is unreasonable to fight alone with the garactor in this
town.)


アラン「市長も、警察もベルク・カッツェの手下なんだぞ。」

Il sindaco e la polizia sono sotto Berg Katze.

*sindaco(スィンダコ)市長、町長、村長:男性名詞のため、冠詞が li
*polizia(ポリッツィア)警察、特に国家警察、警官:女性名詞のため、冠詞が la


(The mayor as well as the police are under Berg Katze.)



ジョー「もう遅い!奴は俺をこの島から出さないつもりだ。」


È troppo tardi! Non mi farà uscire da quest'isola.

*È tardi ! 遅い!

(It is already late! He will not let me out of this island.)




ジョー「アラン!会えてよかったぜ。元気でな!」


Alan! È stato bello incontrarvi. Essere energici!

Alan! È bello vederti. Stai bene!

*incontrare もvedere も共に、〜と会う
 前者がより偶然に出会った、というニュアンスがあり、この文はどちらも可能なので両方載せました。

Allan! It was nice meeting you. Be energetic!



アラン「ジョージ!困った時には教会へ来いよ!」

George! Vieni in chiesa quando sei nei guai!

*vieni venire(ヴェニーレ:来る)の2人称単数。
*essere nei guai 非常に困っている sei は、essere(エッセレ:〜である)の2人称単数
 guai =guaio(名詞):困難


(George! Come to church when you are in trouble!)





その後、ジョーはギャラクター隊員たちと戦い始めます。

続きは後日。


別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第82話「三日月サンゴ礁を狙え!」
2017-10-20 Fri 20:08
G82_title.jpg

さて、メンバーの過去を色々と暴いてきたこの作品、いよいよ三日月基地に的を絞ります。

ここではギャラクターが何としても憎っくき南部博士と科学忍者隊をやっつけようと彼らの基地を探り当てるため、今までの鉄獣たちを蘇らせます。なので、結構バンクが多いです。あ、見たことあるシーンだぞ、というのが続々・・。
でも楽しいから(?)いいです。←?

特に愛しのゲゾラちゃん♪この回では一段とかわゆく登場です♪←あ、ほっといてください・・・
もうこの話はゲゾラちゃんのお話と言って過言ではない・・・

あ、石投げないでっ

と、その可愛い(もういいって)ゲソラちゃんは、小舟で居眠りしている竜が遭遇。
そしてはたまたスナックJにいたジュンと甚平は、外が騒がしいのに気づいて見てみれば、火喰い竜が!
レース場そばの芝生では健とジョーが仲良く愛機を整備中。そんな彼らが見たのは、火の手が上がる街の上空を通り過ぎるカニキラー。
健はみんなに合体を命じます。

そんな彼らを密かに尾行するギャラクター。実はミスノ博士が開発したメガザイナーの小型版をいくつかの車やメカに取り付けて科学忍者隊の変身の信号をキャッチし、待ち構えていたのです。
早速彼らを追うギャラクター。

つけられているとはつゆ知らないGPは、海中へ潜り、三日月基地へ向かいます。
ギャラクターが復活させた鉄獣は、上記の他に、カブトロンとアルケオ。一斉に現地へ集合です。

GPが基地へたどり着き、やっとギャラクターにつけられていることを知り博士に逃げるよう伝えます。そう、三日月基地は移動するのです。
が、ギャラクターも黙っていません。カニ戦車たちは基地を攻撃し、それを甚平がやっつけますがGPはゲゾラに捕まる。
そして火喰い竜が基地にまとわりつき、攻撃を受けます。
ゲゾラと遊んでいた(違)GPはそれを引っ張っていき、火喰い竜と衝突させます。

さようなら、ゲゾラちゃん・・あなたの勇姿は忘れないわ・・(泣)←だから〜〜

GPは海上へ出ると、忍法・火の鳥、影分身を発動。健とジョーがアルケオ、ジュンがカブトロン、そして甚平がカニキラーを攻撃。
見事鉄獣を壊滅させるのでした。

でも、とうとうギャラクターに三日月基地のありかと秘密を知られてしまった。不気味な彼らの影の存在に不穏な空気が彼らを包み込みます・・・。

別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第81話「ギャラクター島の決斗」
2017-10-19 Thu 21:17
G81_title.jpg

この話は、ジョーファンならずともきっとガッチャマンの作中で名作の一つとしてあげられていると思います。
私はこれは洋画のようなものを感じていて、多分これは佐々木さんと富山さんの声にあるかなあと考えているわけですが。

冒頭で、BC島へやってくるジョー。サングラスに帽子、ジャケットといつもと違い変装しています。
彼はとある墓地へやってくると、まっすぐに一つの墓標へ近づいてひざまづきます。
これは彼の両親、ジュゼッペ・アサクラとその妻カテリーナの2人が眠る場所。
ジュゼッペはこの島でギャラクターの大ボスとして君臨しており、10年前に暗殺された。そんな墓を参るジョーを不審に思った墓守の男は彼の写真を撮り、ジョーの帰った後にカッツェの元へ送ります。

三日月基地では、ジョーが集合に現れないことに不思議がる面々がいましたが、甚平の様子がおかしい。彼はどうやらジョーと男の約束をしたようです。問い詰める健たちですが博士は彼らを抑えて10年前の出来事を話し出します。

学会の帰りに海岸へやってきた博士は銃声の聞こえた後の浜辺で倒れている子供を発見し、抱えて連れて行きます。
そしてその後は子供を介抱した博士・・・。そんな時にギャラクターの存在を知ったとか。
ジョーはその時博士の考えで死んだことにされ、密かに島から連れ出されたのでした。

一方、墓守が撮った写真を見たカッツェは裏切り者のジュゼッペに瓜二つな男の出現に驚きます。そしてBC島へ。
そこで夫婦殺害をよく知る市長と面談し、息子ジョージを連れ出し看取った医師という男について聞きます。
が、その医師は南部博士その人であることにカッツェは激怒。ジョージの墓を暴くことを命じます。
カッツェは睨んだ通り棺の中が石ころだけで空っぽなのを見て確信、墓参りに来た男を捕えよと命じます。

町はずれにある教会は長い階段の上にありました。そこへやってくる神父。物乞いの男たちに声をかけますが、異変を感じ、教会のそばに佇む男(ジョー)に彼らに気をつけて、と忠告します。
案の定、降りてきたジョーに銃を向ける男たち。ジョーはコインを投げつけてその隙に奪い取った銃で、やってきたギャラクター隊員たちを撃ちまくります。
ジョーはひとまず子供の頃遊んだ小屋へ逃げ込み、そこへ先ほどの神父がやってきます。
神父は幼馴染のアラン。2人してたいそう悪いことをたくさんしてきたようです。
アランはジョーが戻ってきたのは両親の敵討ちだろうと察知。無意味であることを説教しようとしますが、ジョーはギャラクター隊員たちが自分を追ってきたことに気づき、彼らを倒しに行ってしまいます。
ジョーは一旦アランと別れ、姿を消してしまうのですが・・。

三日月基地。健はマリンサターン号での出来事を博士らに話します。ジョーがギャラクターの子であったことにびっくりした甚平でした(竜は珍しくしんみり・・)が、健は、親は親、ジョーはジョーだ、と言い聞かせます。
ジョー救出とギャラクター壊滅を目的に、GP出動です。


ギャラクターとの戦いに疲れたジョー。祈りを捧げるアランのいる教会へ逃げ込みます。
部屋で休むジョーに、これで(無理なことが)わかったろう、と話しかける。ジョーはジョーで、ギャラクターをお前はいつ倒すんだ、と言い返す・・。
そんな時ジョーは戸棚の上にある写真たての女性を見ます。うーん、どこかで見たことあるぞ・・。
彼女はアランの婚約者で、科学忍者隊のコンドルのジョーに殺されたと話すアラン。ジョーは驚愕します。

彼が思い出したのは31話の「南部博士暗殺計画」のあのシーン。
自分にバラ爆弾を投げようとするデブルスターに羽根手裏剣を命中させるジョー。レースを約束してあの少女が、アランのー?
本当に具合悪くなってしまったかのように険しい表情のジョー。
ギャラクターを神の御心に任せると言うアラン。婚約者を殺されてもそんなことを言うのか?と聞くジョーに、復讐なんて虚しいだけだ、そんなことをしても死んだ者は帰ってこないと言います。
ジョーはひとまず眠ることにします。アランは、子供たちに勉強を教えるために学校へ行きます。

一人になったジョーに、ギャラクターの魔の手が忍び寄ります。応戦するジョー。
そして逃げ込んだ礼拝堂で銃弾を浴び、光の十字架の前で倒れてしまいます。まるで磔にされてしまったかのよう。
ギャラクターがジョーの死にゆく様を見物しようとしたところ、健のいつもの大見得が響き渡り、それを合図に他の忍者隊が流れ込みます。次々と倒されていくギャラクター。そして終わると4人は倒れているジョーのところへ駆け寄ります。
そして彼らがジョーと呼ぶのを聞いたアランがライフルを手にやってきて、コンドルのジョーは誰だ、私の婚約者を殺したコンドルのジョーとは一体誰だと凄みます。起き上がろうとしたジョーですが、健が自分がコンドルのジョーだと告げるとアランが彼にライフルを向けるのが見え、思わず引き金を引いてしまいます。
倒れるアラン。そして最後の一発をどうしてお前に打ち込まなければならないのかと叫ぶジョー。
光の十字架に張り付くように倒れるアラン、そして泣き崩れるジョー・・・。
アラン神父の手にしたライフルには弾は込められていなかったのです。

後日、アラン神父の葬儀が営まれました。丘の上でじっと棺を見つめるジョー。そばで健たちも彼と一緒にその様子を見守ります。


なぜアランは弾の入っていないライフルを手にしてきたんだろう。なぜ撃たれるままにいたんだろう。

「幼馴染がコンドルのジョーだと知ったことの衝撃か、それとも俺たちが正義として戦っていることの虚しさを教えたかったのか、彼が死んでしまった今ではわからない」

アラン神父はジョー、いやジョージがコンドルのジョーであることは気付いたでしょう。
彼と話をしていて薄々感じ、そしてギャラクターとの戦いぶりを見て確信した。
私はそう思っています。

憎いけど、幼馴染を手にかけたくない。だから彼のしていることの無意味さをせめて気づいてもらおうと考えたのかも、です。
他に方法はなかったのかな・・なんだか切なくなるお話です。


ところで、この話で土日に壮大な計画をやってみようと企んでおります。
本当に私の趣味そのものですが、付き合ってくださいね。


別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
先週のジョー<40>サブリーダー
2017-10-17 Tue 19:51
リーダー無き後・・もとい、リーダー不在の中、サブリーダーの仕事をこなすジョー。
79話「奪われたガッチャマン情報」80話「よみがえれ!ブーメラン」の2つではみんなを率いて行動する彼の姿が見られます。

Joe094.jpg

ISOの秘密のデータを盗むという不審な行動を取ったボロンボ博士をつけていった健から連絡が入ります。
バードスクランブルではなくてジョーだけに通信を入れたようです。

ジョーはすぐさま3人を連れて行動開始!この時の彼はサブリーダーの顔つきです。


にしてもみんなしてツケだなんて(笑)


Joe095.jpg

怪しい基地らしき建物内で警戒しながら進む4人。
ジョーはこのような状況には強いのでかなり頼もしいはずです。

まあ、エレベータでは苦心しましたが。


Joe096.jpg

さて、80話では、ピーコックデビルの中から元気にジョーへ指示。
超バードミサイルに時限爆弾を取り付け、鉄獣にぶちこんでくれとのことです。

ジョーはミサイルが撃てるということと健が無事だったということで嬉しかったでしょうね。
ん?どっちの比重が大きかったのかな、って?
そんな野暮なことは聞かないのー(爆)

ここでのポイントは、他のみんなにも届いていたのでバードスクランブルだと思いますが、真っ先に呼んだのはジョーの名前。
サブリーダーだから当たり前ですけどね。
でも健ちゃんは割とジョーを呼ぶ確率が高いのよ。ジョーもだけどね。
思わず勘ぐっちゃうでしょ(爆)

Joe097.jpg

で、ジョーの方は自分ばかり悪いと思ったのか(?)、ジュンに時限爆弾を取り付ける役を振ります。ジュンへの配慮だとすると、本当に陰ながら妹の恋を支えるお兄ちゃんみたいです。


Joe098.jpg

ラストで、健に会えて嬉しそうなジュンを見守る3人。
特にジョーは黙って見つめる。表情は現さなかったけど、心の中では嬉しくてたまらなかったでしょうね。
あくまでもクールな奴です。


別窓 | コンドルのジョー(#71〜80) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT