FC2ブログ
 
2018年の終わりに寄せて
2018-12-31 Mon 14:03

なあんて、大げさなタイトルですが・・(笑)

2018年ももうすぐ半日で終わります。長いようで短かったこの1年。本当に早かったなあ・・と。
まあ考えてみれば、職場も異動になり、忙しくしてたせいであっという間に過ぎてしまったのかなあと思います。

この1年、私的なことでも充実してたかな。
このブログ的なことだと、佐々木さんのライブに行けたこと(色々な人にお世話になった)、イタリア語検定4級に合格したこと、そして、我がライオンズがリーグ優勝したこと。

でも、何と言っても、このブログがまた続けられたこと、に尽きるでしょう。
最近ネタ切れでいつも同じような内容にも関わらず、いらしてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
来年はどうなるでしょうね〜・・。なんとかネタ探しに本気になろうと思います(今までは?)

また皆様からパワーをもらって来年も続けていきたいと思います。
どうもありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください!


kisara


スポンサーサイト



別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
科学忍ニャ隊ガッチャニャン <3>
2018-12-28 Fri 10:30
さて、今日は5と6話です。




第5話「山男リュウ」

リュウの登場ですが、本編では漁師の息子だったのに、ここでは農家の息子さんです。おっとりしている感じはやっぱりリュウかな。

にゃんぶさんにお届けもの、とケンたちの前にやってくる。彼はどうやらシャインマスカットというぶどうを持参してきたのだけど、どんなものが知らないジョーたち。
で、やってきたにゃんぶさん、彼らに一粒たりともやらん!と言って、さらに今度はリュウを仲間に引き入れ、さっさと行ってしまう。マイペースだ、にゃんぶさん。




第6話「ジュンという女」


ジュンちゃん、登場です。結構というかかなり気の強そうな女子。まあ、私のブログのジュンはどちらかというとこちらに近いかも、ですが(爆)

ガッチャニャン スーツ(バードスーツをこう言っている)を着込んだリュウに、一緒にお姉ちゃんを助けて、とスマホで彼女の写真を見せるジンペイ。リュウは都会の女だ!と一目惚れ〜
あ、ここではジュンとジンペイは本当に姉弟なのかな。

そのジュンですが、結構今風のギャル(死語?)で、なんだか他のメンバーが振り回されそうな予感・・・
やっぱりケンに惚れるんですかね。ちょっと天然なところあるからなあ、ここのケンは。


さて、彼らのジュン救出作戦、どうなることやら。


別窓 | ガッチャマンその他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<36>
2018-12-27 Thu 20:33
今日は第99話「傷だらけのGー2号」から。


Joe296.jpg

Joe297.jpg

話の冒頭からカッツェを追跡するGP。
そしてたどり着いたいかにも怪しげな塔からギャラクターの攻撃が始まり、その光が発せられると、ジョーはそれに過剰反応して倒れてしまいます。

Joe298.jpg

Joe299.jpg


気を取り直していつものようにボタンに向かうジョー。
しかし、眩暈が襲い、焦点が合いません。
(この乱れる画像はすごいなあと実に思います。CGではないのに本当に眩暈がしているように感じます)


Joe300.jpg

Joe301.jpg


うまく見えなくて狼狽しているジョーに、みんなはどうしたのか、早くと急かします。
まさか具合が悪いことを言えるはずがない彼はついイライラしてあてずっぽうにボタンを叩きます。

でも、それは上の方へ飛んでいき、少し崩しただけで終わってしまいました。
なので、ギャラクターには致命的打撃を与えらなかったけど、まあそれでも多少痛めつけられたので良しとするか?

・・・でも・・


Joe303.jpg

Joe304.jpg

ジョーを置いて基地へと向かった健たち4人。大暴れする彼らですが、カッツェらに騙され、ドリルの部屋に閉じ込められてしまいます。
それはかなりのスピードで地底へと進み、そのままマグマへと突っ込んでいくもの。遠のく意識の中、健はジョーに超バードミサイルをドリルの先に撃ち込んで止めてくれ、と頼みます。

でもジョーは眩暈でうまくできるか自信がない。下手したら皆死んでしまうかもしれない・・。

ジョーはそれでもやるしかない。励まされて地下へと向かいます。


Joe305.jpg

Joe306.jpg


健の言われた通り、30秒にセットし、コックピットに戻ります。


Joe307.jpg

Joe308.jpg


そして、バードスクランブルを頼りに、一瞬だけ眩暈が治ったと同時にボタンを押します。
それは地中へと深く進み、突進していくドリルの先に見事に止まります。


Joe309.jpg

無事に脱出できた4人。ジョーも安堵の息を吐きます。心配そうなメンバーの表情が印象的です。

GPの見事な操縦さばきに称賛する竜やジュン、甚平ですが、健はジョーのいつもと違う様子にただならぬ不安を感じます。


さて、ジョーが超バードミサイルを撃つのは今回が最後となりました。もう2度と彼が撃つことはありません。


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『お導き』
2018-12-25 Tue 00:00

「ねえ、ジョー」
トレーラーに遊びに来ていた甚平はともに島名物の菓子を食べた後、こう言った。
「おいら、本物のクリスマスって知りたいんだ。兄貴は全然話になんないし、お姉ちゃんや
竜だってダメっぽいし」
ジョーはマグを置いて顔をしかめた。
「え・・?俺だって、そんなにー」
が、彼は甚平へ視線を向けた。
「ああ、そうだ。一緒に礼拝に行くか?少しはどんなもんかわかるだろ」
「本当?やった〜」
甚平は喜んだ。ジョーはそんな彼を見てそんなもんかね、と思って微かに笑った。


当日。
教会へ続く道はたくさんの人々が歩いていた。
そして彼らは引き寄せられるように次々と礼拝堂へと入って行った。
中は広く、たくさんの机と椅子が並んでいる。教会の机は長細く、その後ろの机には前の方に椅子部分があって、
そこで人々は腰掛けて説教を聞いたり賛美歌を歌ったりするのだ。

正面に飾られた大きな十字架の前にはろうそくの火が灯っている。全部で4本。当日から数えて4周目前から
1本つづ点けていくのだ。
これは「アドベント(待降節)」と呼ばれ、キリスト生誕を待ちわびる儀式だ。
「ふーん、カウントダウンみたいなもんだね」
甚平はそう言ったが、ジョーは顎に手をやった。
「・・ちょっと違うけど・・」

やがて荘厳なオルガンの音が鳴り響き、礼拝が始まった。
牧師が招詞(しょうし・招きの言葉)を述べ、皆で『主の祈り』を唱した。

『天にまします我らの父よ、願わくは御名を崇めさせ給え。御国を来らせ給え。
御心の天になる如く地にもなさせたまえ。我らの日用の糧を今日も与え給え。
我らに罪を犯す者を我らが許す如く、我らの罪をも許し給え。
我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。国と力と栄えとは限りなく
汝のものなればなり。アーメン』


礼拝は、賛美歌を歌い、祈り、そして牧師の説教を聞くというスタイルだ。
賛美歌では、オルガンの音色が会堂に響き渡り、雰囲気を味わせてくれる。
特にこのクリスマス時期になると、待降節やご降誕の歌が多くなるので、気持ちも雰囲気も
自然と引き締まる。

「神は独り子を賜ったほどに、この世を愛してくださった」

そんな中、幼い子供の洗礼式が行われた。今年生まれたのであろう。
ジョーはそれを見ているうちに遠い昔を思い出した。
「俺も赤ん坊の頃洗礼を受けたと親から聞いた」
「ねえ、赤ん坊が生まれると必ずやるのかい?」
「そうだな・・・特に俺の国はカトリック教国だから、皆生まれると連れてくる。ここでもやっているのか。
知らなかったな。別にカトリック信者の国じゃないはずなのに」
「へえ。おでこに水つけてら。あれならわかんないね」

洗礼には教会のやり方が色々あるが、水をつける方法と、その名の通り水を張った箱状のものに身を沈める方法が
ある。
洗礼とは、それまでの自分の罪や咎を洗い流し、新しく生まれ変わる、という意味の儀式である。

やがて聖餐式(せいさんしき)が行われた。
信者が前に進み出て、跪きキリストの肉と血を授かる、という儀式だ。

「えー、肉と血って・・」
ジョーは笑った。
「たとえだよ。肉は”パン”で、血は”ぶどう酒”だ」
甚平ははあっと大きく息を吐いた。
もちろん実際には、ぶどう酒の部分はお酒ではなく、ぶどうジュースが一般的だ。

見ると、次々と人々が進み出ている。こんなに信者がいたなんて。2人はそんなことを考えて見ていたが、
やがて甚平は言った。
「ねえ、ジョーは行かないの」
「・・ああ・・洗礼を受けたのは赤ん坊の頃だし、ずっとご無沙汰してるからなあ」
「いいから、行きなよ!イエス様に怒られちまうぜ?」
ジョーは笑った。
「わかったよ」
甚平は前の方へ歩いていくジョーの後ろ姿を見てやれやれという表情をした。
「ったくう・・世話がやけるなあ」
しばらくして彼らの隣に座っていた老婦人が声をかけてきた。
「坊やは洗礼をまだ受けてないの?」
「えっ・・・ああ、そうなんです・・」
「今日はご兄弟だけで?ご両親は?」
「あ、あの、2人とも忙しくて」
「そう」彼女は微笑んだ。「偉いわね、2人だけでも出席して」
甚平はなんだか照れくさそうに笑った。

会堂前には大きな木でできた十字架がつけられていた。
ジョーはじっと見つめた。
なんだお前は。今頃きたのか。
そんな声が聞こえてきそうで彼は苦笑いをした。
そして一方ではある親友の顔が浮かんできた。

(俺がこんなところに来るのは場違いだったことわかってるさ。だが、やっぱりお前に詫びなきゃいけないっていう
何かの導きなのかもしれねえな・・今更許してくれなんていうつもりはねえけど)

席に戻ったジョーは甚平を見て言った。
「おい、甚平。なんだよニヤニヤしやがって」
「別にー」
「気持ち悪いな・・」


礼拝が終わり、人々は次々と教会を後にした。
甚平は先ほどの老婦人と目が合うと、会釈をした。隣の老人は旦那だろうか。
「ねえ、ジョー。おいら達兄弟に見えるらしいよ」
「え?・・嘘だろ、全然似てねえじゃねえか」
「でもあのおばあちゃんはおいら達のこと兄弟だと思ってるよ」
「それじゃあ、健やジュンと来ればよかったな」
「でもさ、さっきも言ったけど、あの2人は期待はずれだから」
「あいつらが聞いたらどんな顔するかな」
ジョーは苦笑いをした。

と、教会庭に立っている、もみの木に足を止めた。まるで教会と競っているかのようにすくっと伸びている。
枝にはたくさんリンゴが吊るされ、てっぺんには星が輝いている。
この星は”ダビデの星”と呼ばれ、クリスマス当日につけるのが本来の形だ。リンゴの赤色はもみの木の緑とともに
永遠の命を表している。
「ありがとう、ジョー。楽しかったよ」
「そうか?それはよかった」
「クリスマスは教会が一番だね!」
ジョーは甚平の心底満足したような表情に笑みを浮かべた。子供の頃の自分はといえば、両親の目を盗んで
抜け出そうとしてたのに。

2人は聖歌隊の歌声に押されるように今来た道を歩いて行った。
上空では星々がひときわ強く光り輝いていた。



    
          ー  完  ー







           
別窓 | フィクション | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
プレゼントもう少しお待ちください
2018-12-22 Sat 10:30
santa_reindeers.gif


間も無くクリスマス。きっと世界中の子供たちはサンタさんからのプレゼントを心待ちにしていることでしょう。

いい子にして、早く寝なきゃ。でないと、サンタさんこないぞ。

そんなことを両親から言われてワクワクしながら布団に潜ったことみなさんもはるか昔にありますよね。


さあ、では出かけるとしようか・・・

あれ?肝心のトナカイたちがなんだか好き勝手なことしてて仕事の雰囲気じゃないぞ。
いつものこと、と諦めている場合じゃない。早くしないと、子供たち待ちくだびれちゃうよー。


ま、トナカイたちがお子ちゃまだからしょーがないか。


とりあえず、メリークリスマス!
別窓 | 画像(イラスト) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーとBM<35>
2018-12-21 Fri 18:00

第98話「球形鉄獣グレープボンバー」
ここでは、なんと、大好きが高じて自らミサイル内に入ってしまいます!

・・いや、そうじゃなくて、実は立派な作戦なんですが。


Joe288.jpg


鉄獣出現に出動する忍者隊ですが、突如襲った眩暈のため合体できなかったジョー。
これだけでもダメだったのに、さらに反抗しちゃったので博士の逆鱗に触れ、罰として一人で任務に当たれ、と言われてしまう始末。
具合悪かったのは事実なのになあ・・。やっぱり日頃の行いがここで響くよね。

忍者隊みんなそうだったと思いますが、特にジュンは心配そう。落ち込んでいる彼のもとへ来てくれたもんね。ジョーも他の連中みたいに彼女には邪険にすることもできず。


Joe289.jpg


で、任務に向かうジョー。どこにいるのかと言うと、なんと、超バードミサイルの中!

よかったね、ジョーo(^▽^)o

・・いや、これは任務だから。

つーっか、これ中入れるんですね。いや、今回だけかな。


Joe290.jpg

Joe291.jpg


こちらが、紫の爆弾もどきをつけた超バードミサイルでございます。
今だけの、ご奉仕!
今だけの大特価!

そこの奥様、いかがですか?

え?本物のブドウがいい?


Joe292.jpg


とそうこう言っているうちに、ミサイルは発射。撃ったのは誰だろう?
多分リーダー様かな。
さあ、ジョー、行けよ!・・と愛を込めて。

いきなり撃つなよ!心構えができねえじゃねえかっ

いいぜ、と言ったのはお前じゃないか!


・・・と後で揉めただろうな。


Joe293.jpg


そして紫の球が残った。白い部分はランチャーの役目だったようで。ありがとう。あとはジョーに任せろ。


Joe294.jpg

Joe295.jpg


ギャラクター基地。整列する紫の球にちょこん、とさりげなく付いている変なものを発見する隊員たち。
よく見れば大きさが違う。本家は大きいです。でもこの中に公害物質がたっぷり詰まっていると思うと、ぞ〜っとしますわ・・。

そして、その偽の球から登場するジョー。ただ球から出るだけなのに、なんて偉そうな感じなんでしょう。
リーダー様も相当偉そうですが、やっぱりジョーも態度が大きいです。
でも、ジョーはこうでなくっちゃ。
今後の彼を思うと、こう言う反抗的で強がりな姿を見るのは安心するものです。

ああ、病魔よ時間をください!


別窓 | コンドルのジョー(#91〜100) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
本日の隊長さん<43>
2018-12-20 Thu 20:17
taicho168.jpg

taicho169.jpg


さて、第97話「明日なき宇宙船レオナ3号」からは、この方・・・。

バッタ?(爆)


また全身タイツって感じで、なかなかの自信家だと見受けられます(なのか?)


taicho170.jpg


このバッタ・・隊長さんのそばにはカッツェが。やりにくいよねえ、上司がいるんじゃ。

南部博士を捉えたら、信号を打ち続けるので妨害電波を出していた、と説明する隊長ですが、なんとそれを切るよう指示するカッツェ。忍者隊をわざとおびき寄せる作戦です。


taicho171.jpg

taicho172.jpg


その忍者隊、まんまとおびき寄せられ、博士のもとへ。彼らを閉じ込めます。カッツェは彼らの始末を任せる、とその場を後にします。そして隊長さんは銃を構え、忍者隊抹殺を実行しようとします。

が!
突如地響きがしてカッツェがさっさとデブルスターで去っていったことを知り、ぼんやりしている隊員たちに、カッツェにまんまと騙された、もうすぐここへレオナ3号が落下してくる、そしたら我々は・・・。

慌てて逃げ出す隊員たち。追いかける隊長さんですが・・。


taicho173.jpg

taicho174.jpg


外に停めてあったヘリコプターに我先に乗り込む連中。でも、定員オーバーなのでしばらく飛んで地面に落ちて爆発してしまいます。
なんか、乗り損ねちゃった人たち、結果的に生き延びましたね。
人生、どう転ぶかわからんもんです。


別窓 | ガッチャマン・ギャラクター隊長たち | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジョーの台詞でイタリア語2<32>
2018-12-18 Tue 18:00
italiano2_92.jpg


Ciao !

今日は、第92話「三日月基地の最後」からです。


「なんだ、あの音は」


Cos'è quel suono ?( コゼエ クエル スオウノ? )


cos'è は、cosa( コザ )「何」と è( エ )「〜である」が合わさった形です。
このように、母音で終わる語は、後ろにくる語に吸収される形で結合することがあります。

quel は、「あの」「あれ」という意味。
suono は、「音」です。


英:What's that sound ?


ジョーが耳にした音。それははるか後方で基地が爆発する音でした。甚平と竜も一緒に耳にして一気に不安になります。

コバンザメメカでまんまと基地へと忍び込んだギャラクターは、内部にミサイル誘導装置を取り付けます。
カッツェによって彼らは自爆させられてしまいますが、誘導装置は見つからず、結果魚雷が大挙して襲撃してきました。

もうなすすべもなく基地は跡形もなく海の奥深い場所で静かに眠りについたのです。

その時の博士や忍者隊の諸君の無念はいかばかりか。
いつ見ても胸が締め付けられる名作です。

別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガッチャマン劇場56〜それぞれのクリスマス〜
2018-12-15 Sat 10:55

gekijo56_1.gif


甚平:もうすぐクリスマスだなあ・・

   
今年はどんなものを作ろうかなあ。


   
最近客も舌肥えてきたからやりにくいよなー


   
またジョーの兄貴に手伝ってもらおうっと♪



gekijo56_2.gif


ジュン:あ〜、素敵なものばっかりで目移りしちゃうわ〜

   
    
誰かさんはちっともくれないから、ジョーにまたおねだりしちゃお♡♡




gekijo56_3.gif


竜:あ〜、オラは寝てるわ。

  
どうせ、何かおこぼれが来るじゃろ・・



健:・・・・また前借りするか・・





gekijo56_4.gif



ジョー:アラン!また匿ってくれ!






  
ー 完 ー



別窓 | 写真(ドール) | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
科学忍ニャ隊ガッチャニャン <2>
2018-12-14 Fri 19:56
えー、今日はガッチャニャン の3・4話です。




第3話「引き裂かれた兄弟」

とうとうケンに唆されて(?)バードスーツに着替えたジョー。
ペアルックじゃん!と怒るジョーに、今人気のコーデだよ〜とケン。(でも色違いのペアルックだよね(爆))

そこへ登場するジンベイ・・。


ここでどうやらジンベイとジュンはジョーと同じニャラクターにいたことが判明。←言っていいよな
そうきたか、というギャフンな設定。まあ、ジョーは仕方ないけどね。
でもいいの?

軽いおっさんがやってきてジンベイも同じスタイルにお着替え。素直に喜んじゃって可愛い。ペコちゃん顔が何気にいいです。幼い感じで。(昭和な話題ですんません・・)

一緒に逃げたのにスマホを忘れたから戻ったという今風なジュンちゃん。どんな子かな〜(もうわかってますけどね)





第4話「旅立ちの決意」

なぜだがバッグについて盛り上がっております(笑)

トートでやってきたケン。しかもニャラクターへの地図をもらってきたとな。どんなのよ!
トートは機能性が悪いから、リュックにしろーとジョー。ここで揉める正副リーダー(ってまだか、その設定)。
ジンベイはというと、ニャップ、だそうです。(ナップサック、のことかな?)

ケンのトートに「1」と数字が入っているのが細かい。

やってきたおっさんに不満をぶちまけるジョー。さらに追い討ちをかけるように機能性ゼロのバッグを提案。
これにはジンベイも呆れ顔。

にしても、どの世界でも、ケンとジョーはこんな感じだなあ。でも、これでこそ、この2人か。


別窓 | ガッチャマンその他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa | NEXT