FC2ブログ
 
中級のイタリア語<18>未来形<2>先立未来(前未来)
2019-07-16 Tue 21:07
medio_italiano_18.gif


先立未来(前未来とも言います)とは

「単純未来が、これから先の一時点で起こるであろう動作・状態を表すのに対し、先立未来とは、その一時点を基準にその前に起こるであろう(完了するであろう)ことを指します」

・・・です(爆)


つまり、『「〜だろう」「〜するつもりだ」と言う先の予定の前に』完了するだろうという事柄。

「この仕事が終わってから、お買い物に寄ろうかな」

この文でいうと、前半の「この仕事が終わってから」が先立未来です。お買い物は仕事が終わったら、この終わってからも一応今の時点では未来なので、「先立(前)未来」というわけです。

「先立未来」の用法は

助動詞 avere または essere の未来形+過去分詞の形です。


雨がやんだら、出かけましょう。

Usciremo appena avrà smesso di piovere.

*appena (アッペーナ)〜するやいなや、〜したら
*piovere (ピオヴェーレ)雨が降る

他に、dopo che(ドッポ ケ:〜した後に)、quando(クアンド:〜している時に)などの接続詞とともに用います。


また、会話では、同じ意味で「先立未来」の代わりに「単純未来」を使う傾向があるようです。


Usciremo appena smetterà di piovere.



実はこの「先立未来」は、もう一つ用法があります。

言葉に未来というのがありますが、過去の意味を表し、「〜だったのだろう」となる用法があります。


博士は何時に着いたのかな?

A che ora è arrivato dottore ?


さあ、午前0時ぐらいじゃないかしら。

Mah, sarà stata mezzanotte.




私は実を言うと、準2級を視野に入れて勉強しようと思っています。
この「先立未来」はその準2級でしっかり登場すると言うことなので、単純未来と同様にしっかりやろうと思っているんですが・・3級だけでも似通った用法があって、試験会場ではこんがらかりそうです。
なので、今後は整理してこちらでも紹介していきたいと思います。


さて、次回は「命令法」です。

またお会いしましょう。


Ci vediamo !


スポンサーサイト
別窓 | 中級のイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。
2019-07-14 Sun 21:20
ホームページにて、オリジナルフィクション「黄金の翼シーズン4:エピソード7〜娘たちの思惑?〜」をアップいたしました。いつもこんな感じにコンスタンスにアップできればいいのですけどね^^;

今回は城嗣の娘が何やら仕掛けそうです。少しずつ知恵がついてきて、親は本当にハラハラドキドキ、ですね。

またどんな話にしていくか悩むとします。大まかな枠組みはなんとなく頭にあるのですが、ただこれも書いていくうちに変わってしまうので、自分でもわかりません。

そんなこんなで、よろしかったらどうぞお立ち寄りください。
また、ホームページではやっと、「ジョーの台詞でイタリア語2」をアップすることができました。同時進行でやれば楽でした・・。
が、一つ問題が起きまして、このHP作成のアプリはちょっと古いタイプで、実はアップデート版が出てないのです。
なので、こちらへ移した時に、文字化けしたものがあります。
それは、è というアフファベット。イタリア語では3人称単数の文章で使う必要なものなので、欠かせないものなんですが、これが見事に文字化けしました。そう言った文章が多いので、見苦しいところが多々できてしまったこと、おわびしたいと思います。
これだと、今やっている「中級のイタリア語」なんて移せませんね。これ、たくさん出てくるので。
ちょっと残念。できる範囲で続けようと思います。


お知らせとおわびでした・・。



ホームページ「El Condor Pasa




別窓 | ホームページについて | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガッチャマン劇場59〜誰も言ってねえから!〜
2019-07-11 Thu 20:11

gekijo59_1.gif


#64「死のクリスマスプレゼント」より



健:竜っ、コンドルメカの後ろに回れ!


竜:よっしゃ、わかった!




gekijo59_2.gif


ジョー:ターイム!!!



甚平:な、なんだ?


竜:・・あー、びっくりしたわ



gekijo59_3.gif


ジョー:健っ、今”コンドル”メカって言ったか?

   
コンドルってこう言うのだろ!これ!




gekijo59_4.gif



健:まあまあ、そう言うな、言葉のアヤ、だ。

  
結構可愛いじゃないか、あいつ。


ジョー:そう言うことじゃなくて!




甚平:しばらくかかりそうだね。


ジュン:仕方ないわ。すぐ諦めるでしょ。・・でも、あれって別に”オオワシ”でもいいわよね?


竜:そうだけど・・カッツェも名乗ってないのに、なんでわかったんかいの?







           
ー  完  ー



別窓 | 写真(ドール) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
中級のイタリア語<17>未来形<1>単純未来
2019-07-09 Tue 20:28
medio_italiano_17.gif

今日からは「未来形」について、です。
未来形、とは”〜だろう””〜する予定だ”などのような表現です。

そして、イタリア語では、さらに「単純未来」と「先立未来(前未来)」という2つがあり、今回は「単純未来」の話です。


未来形の活用は、常に一定です。

順に、-rò, -rai, -rà, -remo, -rete, -renno となりますが、これらとつながる「語幹」に注意する必要があります。
また、 -are 動詞では、 -erò などと変化することにも注意です。

例をひとつあげましょう。

働く:lavorare(ラヴォラーレ)

io lavorerò
tu lavorerai
lui / lei lavorerà
noi lavoreremo
voi lavorerete
loro lavoreranno


<注意すべき活用>その1:不定詞の語尾が -care, -gare, -ciare, -sciare, -giare の場合

探す:cercare(チェルカーレ)

-care に、h を入れて、-che という語尾になる。

説明する:spiegare(スピエガーレ)

-gare に、同じく h を入れて、-ghe となる。

始まる:cominciare(コミンチャーレ)

-ciare が、-ce に変わる。例えば一人称単数形だと、語尾が -cerò となる。

置いていく:lasciare(ラッシャーレ)

-ciare が、-sce と変化。

食べる:mangiare(マンジャーレ)

-giare が、-ge に変わる。


io mangerò
tu mangerai
lui / lei mangerà
noi mangeremo
voi mangerete
loro mangeranno


<注意すべき活用>その2:不規則活用

avere, andare, dovere は a や e が抜けます。


行く:andare(アンダーレ)

io andrò
tu andrai
lui / lei andrà
noi andremo
voi andrete
loro andranno


<注意すべき活用>その3: -are 動詞でも、a を維持するもの

dare(ダーレ:与える、あげる)、fare(ファーレ:〜をする)、stare(スターレ:(〜の状態で)いる)

fare の変化

io farò
tu farai
lui / lei farà
noi faremo
voi farete
loro faranno


<注意すべき活用>その4:活用語尾の前で、-rr となるもの

bere(ベーレ:飲む)、rimanere(リマネーレ:留まる)、venire(ヴェニーレ:(〜と一緒に)行く)、tradurre(トラデューレ:翻訳する)


bere の変化

io berrò
tu berrai
lui / lei berrà
noi berremo
voi berrete
loro berranno


<注意すべき活用>その5:essere動詞

こちらは、独特の変化をします。

io sarò
tu sarai
lui / lei sarà
noi saremo
voi sarete
loro saranno



活用の例文です。

「未来の動作・状態・意思・予定」


ジョージは明日の朝10時ごろに着くでしょう。

George arriverà domani mattina verso le 10.
  * verso は「およそ、〜頃」


私たちはシチリア島へ行って、友人にあう予定です。

Andremo in Sicilia e incontreremo gli amici.
  *incontrare(インコントラーレ:〜に会う)


「現在の事柄に対する推測」

〜はどこ?と聞かれて


わからない。まだ仕事じゃないかなあ。

Non lo so. Sarà ancora in ufficio.
  *ufficio オフィス


「命令・要請」


必要なだけ取って!

Prenderai quel tanto che ti basterà !
  *bastare(バスターレ:足りる、十分だ)



次回は、「先立未来」です。それってなんぞや?

ところで、またMacくんが賢くなってきているみたいで、時々スペルチェックをしてくれちゃいます。
今回で未来形も覚えたようなので、今後楽しみのような怖いような?(笑)
私のMacくん、確実にイタリア語マスターし始めています。負けないぞ!


それではまた〜

Ci vediamo !






別窓 | 中級のイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『短冊』
2019-07-07 Sun 11:30

甚平は最後の何かを置くと、言った。
「ねえ、お姉ちゃん、見てよ。こんなのどう?」
ジュンは彼からそう遠くない場所で戸棚の中の食器を整理していた。
「え?何よ」
彼女は甚平の見せた器を覗き込んで特に表情を変えることなくこう言った。
「そうめん?ありきたりじゃないの」
すると甚平は人差し指を立ててよく外国人がやるように彼女の前で振った。
「チッチ・・これ、”七夕”メニューさ。そうめんは天の川に見立てるんだぜ」
「へー」
「で、オクラ」
「オクラ?七夕とどういう関係があんのよ」
「切り口が星型をしている」
「そうなの?知らなかったわ」
「だろうね」
「・・え?」
「とにかくこうして天の川のそうめんの周りに置けば・・どうだい?お姉ちゃん」
「なるほど!すごいわ、甚平!」
甚平は物珍しそうに見ているジュンを見てやれやれとため息をついた。
(お姉ちゃんも少しはやってみればいいのに)
「ねえ、甚平、味見していい?」
「いいよ」
と、そんな時入り口が開いて健たちが入ってきた。
なのでジュンは思わずこんなことを呟いた。
「いいタイミングで来るわねえ」
「兄貴の鼻には特別なセンサーが付いてんじゃないの?」
すると健。
「え?何だ?」
「ううん、なんでもないよ」
「健、甚平が特別メニューを作ったのよ」
「へえ」
「なんだ、そうめんだわ。これじゃ腹の足しにもならんぞい」
「何言ってんだい、竜。これはね、天の川なんだよ」
「ああ・・そういえば七夕だなあ」
「アジア特有の風習だろ」
とジョー。
「ああ。七夕といえば・・・確か、仕事をサボって・・金がなくて食いっぱぐれるって話だったか?」
「兄貴じゃあるまいし!」
するとジョーが言った。
「あれだろ、仕事をサボって、怒られて罰として恋人に会えなくなっった、というー」
「ふーん」竜は水を飲んだ。「そんじゃ仕方ないわ。甚平、水くれ」
「もうっ」
「自業自得とはいえ、なんだか可哀想ねえ」
「可哀想なもんか、仕事サボるからだ」
「甚平は厳しいのお」
「あたぼうよ、こちとら仕事して稼がないと払えない客がいるから大変なんだよっ」
健は思わず飲んでた水を吹き出し、ジョーは苦笑いをした。
「ねえ、バイトの金どこへ行っちゃうのさ、本当にもらってんの?」
「もらってるよ・・でもいつの間にか羽が生えちまうんだ」
「維持費とかバカになんねえからな」
「そうそう、わかってくれるねえ」
「兄貴たちは変なことで気があうんだから」
「似た者同士ですもんね」
健たちが彼女を、え?という顔をしてみると、ジュンは済まして奥へと姿を消した。
彼女が次に姿を見せた時には何やら手にして戻ってきた。
「ねえ、みんなで書いてみない?」
ジュンはテーブルに糸のついた短冊を並べた。
「願い事かあ・・」
甚平は手に取るとこう言った。
「ねえ、これはどうだい?”お姉ちゃんが料理できますように”」
「ま、そんなのお店に飾れないわ!」
「そうかの?おらは・・・もっとジュンが優しくしてくれますように・・」
「どうして私ばっかなのよっ、しかも私がまるで意地悪みたいじゃない」
「それじゃあ、これはどうだ。”この店がもっと繁盛しますように”」
すると甚平。
「うーん・・微妙・・っていうかさ、もっと夢はないの?」
「ギャラクターの滅亡が本望だけど、夢とはちと違うな」
「世界平和、じゃありきたりだしな」
そういえば、と彼らはふと気づいた。若者らしい夢らしい夢というのが自分たちは考えてこなかった。
ギャラクターを倒す、このことだけが彼らの生きる力になっていた。
スナックJに来る若者たちはきっとそれぞれ明るい未来を思い描いているのだろう。
そんな彼らが羨ましいと思うと同時にそれが自分たちの願いでもあると考えた。


七夕当日、スナックJの店内に笹が飾られ、近くに箱が置かれて中にまっさらの短冊が入っていた。
筆が何本が置いてあって、自由に願い事を書いてください、とあった。
そして笹には1本の短冊が吊されていた。そこにはこう書いてあった。

『みんなの願いが叶いますように!ー店主一同より』


店には続々と若者たちがドアを開けた。




           ー 完 ー



別窓 | フィクション | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
Pausa Caffè
2019-07-06 Sat 16:10
さて、今日の、Pausa Caffè は、何枚かの連続したイラストを見てそれを順を追って話を作る、というものです。

"Joe...”Guardate le illustrazioni e raccontare la storia usando il passato.( Dell 80 alle 100 parole )

(訳)「ジョーは・・」。イラストを見て、過去形を用いて話を物語ってください。(80語から100語の間で)


#57_1


Joe guidava una macchina sul ghiaccio.(ジョーは氷の上で車を走らせていきました。)(6語)

*guidava =guidare(運転する)の3人称単数・半過去
*ghiaccio(ギアッチョ:氷)
  essere ( rimanere ) di〜 冷淡である:驚いて〜のように固まる
  rompere il ghiaccio 打ち解ける

#57_2


Da un lato, un vecchio lo stavo aspettando.(一方、一人の老人が彼を待ち構えていました)
Aveva i capelli biondi e mettereva un cappello.(帽子をかぶり、ブロンドの髪をしていました)(16語)


*da un lato 一方で
*vecchio 年老いた、老人
*capelli 髪  biondi 黄色
*mettere 〜を着る、身に着ける


#57_3


Il vecchio ha inseguito la sua macchina.(老人は、彼の車を追いかけていきました)(7語)

*inseguire(他)〜を追う、追跡する、追い回す
 -irsi 追いかける


#57_4

Quindi Joe si voltò e guardò la macchina dietro di lui.(なので、ジョーは振り返り、後ろの車を見つめました)
(11語)

*quindi なので、それゆえに、従って
*voltò e guardò 振り返って見る
*dietro di 〜  〜の後ろ


#57_5


Il vecchio ha mirato a sulla macchina precedente.(老人は前の車に狙いを定めました)(8語)


*mirare(ミラーレ)他動詞:狙う、狙いを定める 自動詞:〜に狙いを定める( + a )


#57_6


E ha impostato un proiettile.(そして一個の弾丸をセットしました)(5語)

*impostare(インポスターレ)〜を設置する、決める
*proiettile(プロイエッティーレ)弾丸、ミサイル、(弾丸の)薬包


#57_7


Quando il vecchio ha sparato una pistola, l'auto di Joe si blocca in un istante, e l'auto si fermò in
superficie e si voltò,(老人が弾を撃つと、ジョーの車は一瞬のうちに凍りつき、地表へ仰向けになって止まってしまいました)(24語)

*quando 〜した時
*sparare (スパラーレ:発射する)
*bloccare (ブロッカーレ:〜の動きを止める)
*superficie(スペルフィチーレ:表面)
*fermare(フェルマーレ:止める)(他動詞)-arsi 止まる


#57_8


Quindi Joe nell'auto è stato anche ghiacciato.(なので、車の中のジョーも氷漬けになってしまいました)(7語)


#57_9


Il vecchio lo guardò e disse con soddisfazione "Prima di tutto, una persona è stata sconfitta.”
(老人はそれを見て、満足そうに「まずは一人(倒した)」と言いました。)(16語)


*prima di tutto まずは(直訳:全ての最初)
*soddisfazione (ソッディスファツィオーネ:満足感、喜び)
*sconfitta (スコンフィッタ:敗北)
  sconfiggare (戦いに)破れる
 上の文の場合は、その人物が負けた、という意味。



さて、今回のストーリーで、ちょうど100語です。最初にやってみたら97語だったのですが、色々と辞書等を開いて直したらこうなりました。

このようなイラストを順繰りに説明するタイプは、過去形を使うパターンが多いです。
過去形には、3つあるとお話ししましたね。
「半過去」「近過去」「大過去」。
今回は「半過去」と「近過去」を使いました。

近過去は普通に「〜した」という言い方で、よく使います。半過去は「〜していた」となり、その時にはquando など、
”〜の時に”という接頭語が付きます。
「私がテレビを見ていたら、彼がやってきた」という感じです。
そして、その接頭語はこの他に、

poi :それから
e :そして
o :しかし、だが、
dopo :〜の後に

があり、これらを使って文章を作っていきます。


2番目のイラストでミラー爺の描写をしましたが、試験では色はないので、例えば、

i capelli lunghi 長い髪  corto 短い

とか表現します。もちろん、黒い髪とかブロンドは説明できます。

「髪」は常に複数形です。


このタイプの作文では、だいたい「主人公の朝から夜までの1日」とか「家を出て帰ってくるまでの出来事」のストーリーをイラストを見て作るものが多いです。



誰かの1日とかもいいんですが、こういうキャプチャの方が楽しいな〜なんて^^;



それではまた。


A presto !


別窓 | 中級のイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
本日のキャプチャ<#62>
2019-07-04 Thu 20:19
今日のキャプチャは、第62話「雪魔王ブリザーダー」からです。

ギャラクターの基地を突き止めるため、忍者隊そっくりのロボットを開発したISO。
だけど・・・


#62_2


ロボットだけでお披露目ステージを野球場で行なって・・・るはずが、なんと健だけ本人が行っちゃった!

でもそれに気づいたのはジュン。

「命令は”待機”だ」

この無感情な言い方が素敵ですね〜。
でも恋するジュンちゃんにはピンと来たんでしょうか。てか、フツー気づくよな、人間とロボットって。

口の横線がいかにも、ですが、今だったらそれこそ皮膚も人工皮膚を使って縫い目などないくらい精巧な作りなので、ロボット、というかアンドロイドにしてしまうと思いますね。


#62_3


何も言わずそっと肩を叩いて

「さあ、行こうか・・」

って感じに歩くジュン。


犯人?(爆)

何をしたんだ、健ちゃん!←違


#62_4


「兄貴も変だけどさ、お姉ちゃんも変だよなあ」


まだこの時点でも疑わない3人。
いや、でもジョーのこの顔、ちょっとあれ?と思ってそう。

「健?なんか大人しくてらしくないなあ。腹でも痛いのか?・・そうか、ろくに買えないからとうとう草を食い始めたか」


おい。



#62_1


とまあそれより(?)も、忍者隊お披露目のお知らせをした際に市民たちに見せたと思われる写真。

ねえ、もっといい写真なかったの?
なんでふざけてんの?


彼らはきっと写真撮られると思わずこうおどけてしまうのかもしれない・・・(←そんな正義の味方、嫌だー)


別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
中級のイタリア語<16>助動詞が紛らわしい動詞について
2019-07-02 Tue 21:03
medio_italiano_16.gif


近過去や大過去には、助動詞が必要です。
助動詞とは、essere とavere のことですが、簡単に復習です。

essere 動詞 =「発生」「移動」「状態」などを表す自動詞や再帰動詞
avere 動詞 =「〜を」などの直接目的語が必要な他動詞


以下の動詞は、表現の仕方によって両方を使い分けます。


1 走る  correre( 過去分詞は corso )

「走る」という動作や比喩的表現は、avere
「走る方向、目的」を表す表現は、 essere


例文:昨晩、竜は公園を1時間走りました。痩せる決心をしたのです。< avare >

Ieri sera Ryu ha corso per un'ora nel parco: ha deciso di dimagrire.


私たちは庭にいましたが、電話がなっているのが聞こえたので家へと走りました。< essere >

Eravamo in giardino, ma quando abbiamo sentito il telefono siamo corso in casa.



2 跳ぶ  saltare


「〜を(直接目的語)跳ぶ」という動作や比喩的表現 → avere
跳ぶ方向を表す表現 → essere


3 上がる  salire


「〜を(直接目的語)上がる」という動作 → avere
上がる方向を表現 → essere


4 降りる  scendere


「〜を(直接目的語)降りる、下る」という動作 → avere
下る方向を表現 → essere


5 上がる  aumentare


「〜を(直接目的語)増やす、上げる」他動詞 → avere
「〜が増える、 上がる」自動詞 → essere


6 変える  cambiare


「〜を(直接目的語)替える、変える」他動詞 → avere
「〜が変わる」自動詞 → essere


7 passare


「渡る、過ごす」他動詞 → avere
「過ぎる、渡る、立ち寄る」自動詞 → essere


8 cominciare


「〜を(直接目的語)始める」他動詞 → avere
 *cominciare + a + 不定詞 の形を取ります。
「〜が始まる」自動詞 → essere


9 continuare


「〜を(直接目的語)続ける」他動詞 → avere
 *continuare + a + 不定詞


10 finire


「〜を(直接目的語)終える」他動詞 → avere
 *finire + di + 不定詞

例文:私たちは昨晩、とても遅い食事を終えました。

Abbiamo finito di mangiare molto tardi ieri sera.

「〜が終わる」自動詞 → essere


<特に注意すべき動詞>

「移動」は基本的には essere ですが、時には avere を使うものがあります。

1 frequentare「〜へ通う」他動詞 「〜へ」は直接目的語になります。

例文:私は4年間、大学へ通いました。

Ho frequentato l'università per 4 anni.

・frequentare + 人 「〜と付き合う」

2 passeggiare「散歩する」 avere を用いる自動詞


その他、 camminare「歩く」、viaggiare「旅行する」、nuotare「泳ぐ」 など。


また、これ以外でも助動詞を使い分ける動詞がいくつかあります。
問題集などで確認、です。


次回は「未来形」です。

それではまた〜

Ci vediamo !


別窓 | 中級のイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| El Condor Pasa |