「小さな村の物語 イタリア」
2015-08-01 Sat 11:13



先日、毎日新聞の夕刊に、BSで放送している「小さな村の物語 イタリア」を紹介するコラムが載っていました。
これは毎週土曜日の夜に放送していて、イタリアの各村々の人々の暮らし振りを静かな語りとカンツォーネに乗せて伝えている番組です。
北から南までの山間や郊外といったほんとうに離れた場所にある村です。

これはもう7年以上も続いているらしく、200回を超えていました。
気づいた時にはもう半分身損ねているわけで、ちょっと残念。でももうずっと毎週欠かさず観ています。
いままで観た中で、シチリアは2、3回あったかな。またどこか取材して欲しいな、と思います。

記事の中で、なぜイタリアを選んだのかという理由に、「視聴者に身近すぎる国内よりも、気軽に関心を持って見てもらえると考えたためだ。中でも音楽や料理が日本人に愛されていること」「どんな困難にも立ち向かう国民性がある」からだそうです。
毎回2人くらいの村人の暮らしを見ているだけですが、観終わるとホッとするから不思議です。

またこの番組を観ていて思う事は、イタリアの人たちは自然を大切にしているという点です。
住んでいる場所は山の上だったり絶壁だったり、都会からすごーく離れていたり、と不便そうなのですが、みなそれでも満足に暮らしている感じがします。
しかも、とても段差があったり岩だらけだったりする場所でも、そこを平に直すとか自然を壊す事もなく、間借りするように住んでいる。
日本は多分そのような場所だととにかく山を崩したり舗装してマンションなんかを建てたりするでしょうが、そうすることなく自然をそのままにして自分だちはそこに住まわせていただく、という雰囲気が漂って来てちょっと羨ましくも逞しく思っています。
そもそもイタリアやフランス、ドイツなどのヨーロッパの人々は街の景観を大切にしていて、「芸術」の一つと考えているそうです。なので、開発などには興味がなく、もし壊してまうと国からお咎めがあるとか。

昨年行ったところは南イタリアの田舎でしたので、余計このような番組がいいと思ってしまうのかもしれません。もちろん北のミラノやフィレンツェとかにも行きたいですけどね。

この番組のテーマ曲となっているのは、「ラプンタメント(逢いびき)」という曲です。イタリアのカンツォーネ、なんともけだるい感じが心地よいです。映像もまた素敵なのでどうぞご覧ください。
また、観た事のない方も、是非この番組を観てください。
お勧めします。



Ornella Vanoni - L'appuntamento


スポンサーサイト
別窓 | イタリアについてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<イタリアの楽曲 | El Condor Pasa | 今日のお題「メカ/機/仕業」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |