♯62「雪魔王ブリザーダー」
2012-11-28 Wed 13:14
なんとも冬にぴったりですね。
この話、スタッフがキャストさんたちにネタを考えて来てくれるように頼んだところ、佐々木さんだけが持ってきたのでそれを使おうとなったらしいです(あー、そう言えば役所からの調査依頼が一つ残ってた…やらなくちゃ)。

忍者隊の身代わりロボットってのが出てきますが、凄い技術ですね。みな本人そっくり。素直そうだし(笑)。
でも健ちゃんは一人入れ替わって本人が出ちゃいます。最近の健ちゃんは一人行動が多いな…。
パレードなんかもやってますが、なんだか優勝パレードみたい。
2、3年前に所沢で見たライオンズの日本一パレードを思い出しました。

で、何故ロボットを作ったかと言うと、生身の忍者隊だと危険すぎるから…という事らしいですが、やはりみんな不満顔。
ギャラクターは本物だと思って捕まえるも、偽物と分かり、しかも侵入してきた本物の健にやられる。
だけどロボットが粉々に壊れたり爆発したりするのを見て複雑な思いがするのは私だけ?

忍者隊はやっぱり生身で戦うこそ意義があるというような締めだったような気がしますが、それが彼らとしては本望なんですよね。
スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<♯63「皆殺しのメカ魔球」 | El Condor Pasa | ♯61「幻のレッド・インパルス」 >>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |