第81話「ギャラクター島の決斗」
2015-07-23 Thu 19:58


故郷のBC島にやっと来たジョー。墓地に建つ両親の墓の前にしゃがみ込みます。
(このキャプチャは以前にも載せたようだが・・)
何だかこうして小さくなって前を見つめている様子が子どもみたいで可愛いです。
きっと両親の前に来て幼い頃に戻ってしまったのかな?
この時ジョーは何を考えていたのでしょうね。とても寂しげで思わず声をかけずそっとしておきたくなります。

でもそこへ1人の墓守が。立ち去る彼を怪しみ、写真を撮ってカッツェに送ります。


でも景色を観てみると、実際にシチリアへ行く前と行った後では印象がやはり違いますね。
この青い空と緑、そして少し映った海とかがまさしくこんな感じでした。
実際に作画の人とかスタッフの方が行ったかどうか知りませんが、雰囲気は出ている感じがします。



ギャラクターの隊員たちに追いつめられ、幼なじみのアラン神父のいる教会へ逃げ込んだジョー。
そこでかつてデブルスターだったアランの恋人を殺してしまった事を知らされて、さらに落ち込んでしまう。
アランが出掛けて1人になったジョーの孤独な思いが伝わってくるシーンです。
こうして膝を抱えている姿は上と同じく子どもの様です。


結局自分の手でアランを殺めてしまったジョー。何か思いがあって両親に会いに来ただけかもしれなかったのに、彼にとってもとても悲劇的な旅になってしまいました。
唯一彼の慰めになるとしたら、一日も早く平和になって元の美しい島に戻る事でしょうね。


ジュゼッペパパは、かなりの権力者だったのですね。
この島を支配していた大ボス、と墓守が言っていました。きっとわりと裕福な生活してたのかな。何不自由なく育てられてーと思ったけど、きっと両親も留守がち・・と考えると今で言う鍵っ子(・・古いか、もう)だったのかな。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#81〜90) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第82話「三日月サンゴ礁を狙え!」 | El Condor Pasa | 今日のお題「正体/島/雨」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |