Macのアプリたち
2016-03-21 Mon 10:07
Macにはどんなアプリケーションがあるのかお話したいと思います。

画面下にアイコンがずらーっと並んでいるんですが、

CA3D0411_convert_20160206101635.jpg

左から、Finder(ファイルやフォルダの管理全般を受け持つ)、ランチャー(インストールされたアプリのアイコンが並び、クリックすると起動する)、Safari(インターネットブラウザ)、メール、連絡先、カレンダー、メモ、マップ、メッセージ、FaceTime(相手と通話が出来る)、Photo Booth(内蔵カメラ)、iPhoto(デジカメ画像を観る)、Pages(文章を書く)、Numbers(データ作成)、Keynote(プレゼン用)、iTunes、iBooks、App Store、システム環境設定、次の2つはプリンタ関係、デスクトップのアプリ、ダウンロード、ゴミ箱
となっています。もちろん、ランチャーを立ち上げると、他にもゲームやらお役立ちソフトなど色々なものがあります。
ちょっとインストールしすぎたかな、と思っているところですが・・・。

さて、そんなアプリたちの中で、これはみなさんがよく見聞きするものを。
「Photoshop エレメント」です。
先にイラスト用ソフトで下書きをし、それをPhotoshopに取り込み、そこから色づけをしています。

photoshop1.gif

こちらは、1月にアップした「閃光」というイラストですが、フォトショで色づけする時は、レイヤーを使うと便利です。
レイヤーというのは「層」という意味ですが、色づけを分けて重ねることで消しゴムを掛けるときに間違えて前に塗ったところを消したりするのを防ぐ効果があります(切り替えてをしないと悲惨ですが・・)

photoshop2.gif

で、右側にあるのがそのレイヤーです。
いつもは人物と背景と2つのレイヤーでやるのですが、これは文字入れをしたので、その分のレイヤーが出来ました。
文字は入れると自然にレイヤーが出来ます。
背景を塗っていて人物に掛かっても、このレイヤーだと人物より上なので消しゴムで人物の部分を消しても消えず、背景だけ取り除く事が出来る訳です。

そんなMacに搭載されているアプリですが、まだ使ってないものがけっこうあるんですよね・・。
カメラ機能のあるものなんて、起動させるといきなり自分が写るのでちょっとびびります(爆)。自撮りなんて興味ないしね。(これがまた変な顔!(苦笑))テレビカメラなんて相手がいれば楽しいのでしょうが(でもやっている人いるのかな?)
プレゼン用なんて全く使わないで終りそうですね。

スポンサーサイト
別窓 | りんごのおしゃべり | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョーくんのプチイタリア語<16> | El Condor Pasa | ガッチャマン劇場32〜こっちの雪は甘いゾ♪〜>>
この記事のコメント
聖さんへ
こんにちは。

>アイコンが右側

そうそう、昔はそうでしたねー。
今でもそのタイプのMac持ってますよ。前回の記事に色々写真を載せましたので、参考になさってください。

>手が掛かる

でもマウスで描いてた時よりはずっと楽になりました。やはりペンだと、細かいところが手描きみたいに塗れるのは嬉しいです。

さて、次のイラストは何枚のレイヤーを使うでしょう?
なんて。

2016-03-23 Wed 18:20 | URL | kisara #X.Av9vec[ 内容変更]
おはようございます
以前職場でMacを使っていた事があるのですが(事務用でMacなんて変わっていますよね?)、随分と画面が変わっているのでビックリです。
現代的になっていますね。
以前はアイコンが右側にズラッと縦に並んでいたものですが…。

イラストを描くソフトに付いては良く解りません。
Webデザイナーの学校に通っていた時に、イラストレーターとフォトショップを習ったのですが、もう今となってはヴァージョンが古くて、その知識も役に立たないでしょう。
Win版でした。

1枚のイラストを完成させるのに、これだけの事をなさっているんですね~。
手が掛かるんだな~、と改めて認識しました。
これからはそれを踏まえてkisaraさんのイラストを拝見したいと思います。
2016-03-23 Wed 09:15 | URL | 真木野聖 #iarYaaiU[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |