撥ねまくり!
2016-06-02 Thu 19:40
#47「悪魔のエアー・ライン」より。あんなデカい蜘蛛が歩いてたら普通気づくだろうに、というお話です。

まあとこんな感じでまんまとカッツェに乗っ取られる長官専用機。護衛するゴッドフェニックスも大変です。
先頃サミットがあったので、こんな事が起きたら国の威信に関わるだろうなあと思う今日この頃でございます。

コンピュータの中枢装置を巡る、ギャラクターとの攻防。みな所狭しと動き回って敵を翻弄させる作戦です。

G47_2.jpg

例のごとくG−2号機くんは走り回ってギャラクターの隊員たちを撥ねまくります。痛そう。

G47_3.jpg

幸いにも車に撥ねられた事はないですが、痛いでしょうね。いや、痛いどころか打ち所が悪けりゃ・・・。
敵とは言え、撥ねる事に躊躇しないのでしょうか。・・・うーん、それを言っては元も子もないか。仕方ないのよ、うん・・。

G47_4.jpg

中枢装置の入った鞄を見事な連携プレーで取り返した忍者隊。ジョーが、さあずらかろうぜ、と(台詞は違います(爆))みんなにGPへ戻るよう命じます。竜もさっさとみなを回収。
で、リーダー様のご命令により、バードミサイルを発射。ここもなんのためらいもない。

でもこの話はあまりジョーの出番はないのよね(特に前半)。
まあ取り立てて言うなら、乗っ取られたと聞いたときの怖い顔でしょうか(爆)、少ない出番の中にもちゃっかり見せ場を作ってくれるなんてさすがです。←ほめてます

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#41〜50) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<見えないところで活躍しました | El Condor Pasa | 今日のお題「傷/翼/翼」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |