ジョーくんのプチイタリア語<27>
2016-06-07 Tue 19:55
mini_italiano_27.gif

Ciao ! Come stai ?

今日は、「代名詞」のお話だよ。
代名詞には2つ用法があって、それは「直接目的語代名詞」と「間接目的語代名詞」というもの。
それじゃ、一つずつ見て行くね。


< 直接目的語代名詞 >

これは、英語の me, him, them のように、「人」に対して「誰々を」、 it のような「ものごと」に対して「それを」と言う風に示すものを言います。


「人の場合:主語との対応で覚える」

私は: io( イオ ) → 私を: mi( ミ ) 私たちは:noi( ノイ ) → 私たちを: ci( チ )

君は: tu( トゥ ) → 君を: ti( ティ ) 君たちは: voi( ヴォイ ) → 君たちを: vi( ヴィ )

あなたは: Lei( レイ ) → あなたを: La( ラ )

彼は: lui( ルイ ) → 彼を: lo( ロ ) 

彼女は: lei( レイ ) → 彼女を: la ( ラ )

彼ら、彼女たちは: loro( ロロ ) → 彼らを:li( リ )、彼女たちを: le( レ )

* 男女混合の場合は、 li( リ )を用います。


「ものごとの場合:名詞の数・性で形が決まる」


男性名詞:単数 lo( ロ ):それを → 複数 li( リ ):それらを

女性名詞:単数 la( ラ ):それを → 複数 le( レ ):それらを


直接目的語代名詞は、「動詞の直前」に置かれます。


フランチェスカを待つ    
Io aspetto Francesca. 

彼女を待つ
Io la aspetto.


代名詞を強調したいときは、「強勢形」というのを使うよ。これまで使っていた代名詞は、「非強勢形」と言うんだ。
「強勢形」は、動詞の後に続けるよ。


< 非強勢形 > 
僕は君を愛しているよ。
Ti amo.( ティ アーモ )


< 強勢形 >
僕が愛しているのは君だ、彼女じゃない。
Amo te, non lei.( アーモ テ、 ノン レイ )


< 非強勢形 → 強勢形 >

私を: mi( ミ ) → me( メ )  私たちを: ci( チ ) → noi( ノイ )

君を:ti( ティ ) → te( テ )  君たちを: vi( ヴィ ) → voi( ヴォイ )

あなたを: La( ラ ) → Lei( レイ )

彼を: lo( ロ ) → lui( ルイ )  彼らを:li( リ ) → loro( ロロ )

彼女を: la( ラ ) → lei( レイ )  彼女たちを: le( レ ) → loro( ロロ )


君と一緒にピザ屋さんに行ってもいい?
Posso venire in pizzeria con te ?( ポッソ ヴェニーレ イン ピッツエリーア コン テ )

*con:〜と一緒に

私にはコーヒーを、彼にはカプチーノをお願いします。
Per me un caffè e per lui un cappuccino, per favore.( ペル メ ウン カッフェ エ ペル ルイ ウン カップッチーノ ペル ファヴォーレ )

* e は「〜それと」
* per favore は、「〜をお願いします」

イタリアでは、コーヒーと言うのは「エスプレッソ」を差します。
日本で言うところのコーヒーは caffè lungo( カッフェ ルンゴ )、caffè americana( カッフェ アメリカーナ )と言います。


否定するときは、代名詞の前に non を置きます。


< 間接目的語代名詞 >

こちらは、英語の< to me >など、「誰々に」という意味。< a + 人 >の形で表し、直接目的語代名詞とよく似ているので注意が必要だよ。


私は: io( イオ ) → 私に: mi( ミ ) 私たちは: noi( ノイ ) → 私たちに: ci( チ )

君は: tu( トゥ ) → 君に: ti( ティ ) 君たちは: voi( ヴォイ )→ 君たちに: vi( ヴィ )

あなたは: Lei( レイ ) → あなたに: Le( レ )

彼は: lui( ルイ ) → 彼に: gli( リ )

彼女は: lei( レイ ) → 彼女に: le( レ )

彼ら、彼女たは: loro ( ロロ ) → 彼ら、彼女らに: gli( リ )


*間接目的語代名詞も、代名詞になると「動詞の直前」に置かれます。

マルコは今夜、フランチェスカに電話をします。
Marco telefona a Francesca stasera.( マルコ テレーフォナ ア フランチェスカ スタセーラ )

マルコは今夜、彼女に電話をします。
Marco le telefona stasera.( マルコ レ テレーフォナ スタセーラ )


間接目的語代名詞の強調は、次の形になるよ。


 前置詞 a + 直接目的語代名詞の強勢形


「〜が好きだ」という piacere( ピアーチェレ )という動詞は、構文はこうなるんだよ。


< 間接目的語 + 動詞 piacereの活用形 + 主語 >

この場合の、「主語」は、好きなものの対象物になるよ。


マルコはこの映画が好きです。
A Marco piace questo film.( ア マルコ ピアーチェ クエスト フィルム )

彼はこの映画が好きです。
Gli piace questo film.(リ ピアーチェ クエスト フィルム )

否定文は、間接目的語代名詞の前に、 non 置き、< a + 人 >の時は、動詞の直前に置きます。


君はこのレストランが好きかい?
Ti piace questo ristorante ?( ティ ピアーチェ クエスト リストランテ )

うん、好きだよ / いいや、嫌いだよ
Sì, mi piace. / No, non mi piace.( スィ、ミ ピアーチェ / ノ、 ノン ミ ピアーチェ )


イタリア語の文法も後半過ぎると難しくなってくるけど、これはとてもよく使う表現だよ。英語でもそうだよね。
あと少しだから最後まで付き合ってね。

それじゃあまた。

Ci vediamo !
スポンサーサイト
別窓 | ジョーくんのプチイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「南/科学/島」 | El Condor Pasa | HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |