お爺ちゃんVS若者達
2016-07-07 Thu 20:02
#57「魔の白い海」
ギャラクターがかつての凄腕スナイパーを雇ったらよぼよぼのお爺ちゃんだった、というお話。
何だか孫ぐらいの年の子たちを相手に遊ぶお爺ちゃん、という感じです。

G57_1.jpg

暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今日は「七夕」ですね。珍しくお天気でしたが上の2人は無事に会えたのでしょうか。
そんなわけで美しい星空でもどうぞ。地球が上になっているのは、ギャラクターが「こんなおいぼれが射撃の名手だなんて、天地が逆さまだ」と言うセリフを受けたためです。
みなさまの願い事は何ですか?
私は「今日もかっこいいジョーが撮れますように」です(* ´ ▽ ` *)


G57_2.jpg


そのジョー。ミラー爺ちゃんが乗る(正しくは指令してて運転はギャラクターの隊長さん)メカを挑発するように周りとかをぐるぐる。
相手が年寄りと知って、ジョーは「年寄りの冷や水」と言って半分からかっていますが、ミラー爺ちゃんが本気なのに気づいて真剣になります。

G57_3.jpg

舞台は氷の上。チェーンとかしているのか解りませんが、ジョーはGー2号機を自在に運転しているようです。まあ、前回の#37「電子怪獣レンジラー」で雪仕様に替えてくれた云々と言っていたので、きっと今回も対応バッチリなのでしょう。凍った道は危ないですからね。

結局ジョーは冷凍銃にやられて、甚平、そして竜と氷付けになって行く訳ですが・・。このミラー爺ちゃん、動くものを確実に仕留めているので腕はさすがですね。
にしても、ジョーのことを「坊や」「小僧」と言うのは、この人が最初で最後ですね。きっとお年寄りには、ちゃんと(?)ジョーも年相応に見えるのね。

あのまま生きていて、ジョーとホントに銃で対決、というの見たかったですねえ。

スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<まるで立場が逆 | El Condor Pasa | 『囁き』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |