ジョーの台詞でイタリア語2<3>
2016-08-16 Tue 16:19
joe_italiano_3.gif

Buongiorno !
今日は6話からです。

バードミサイルが撃ちたいジョー。でも博士の許可がないとできないと健に言われます。しかしどうしても撃ちたいので、ジョーはこう彼に懇願します。

「だがな、1回だけでいいんだ。頼む、1回だけやらせてくれ」


Ma è bene solo una volta. Ti prego, lasciami fare una volta sola.
( マー エ ベーネ ソロ ウナ ヴォルタ。 ティ プレーゴ、ラッシャーミ ファーレ ウナ ヴォルタ ソラ )

冒頭の ma は、「しかし」「だけど」という意味。
ti prego は、「お願いする」。ti というのは、2人称単数の「あなたに」です。
lasciami は、lasciare( ラッシャーレ:〜する )と mi( ミ:私に )が合わさったもので、再帰動詞と言います。この場合、「私に〜させろ」という意味になります。

solo(sola)は、「〜だけ」、una volta で、「1回」です。
最初は副詞のbene( ベーネ:良い )、後半は動詞の fare( ファーレ:行う )についているので、言い方が少し違います。意味は一緒です。

(英)But it's good only once. Please, let me do only once.

同じ言葉を繰り返すことで、相手に強調して頼んでいるのが伝わってきますね(笑)


さて、そんなバードミサイル大好きなジョーですが、時々こんなことを言いますね。


「くそっ、毎度のことながら効き目のないバードミサイルだ!」


Accidenti, ho Uccello missile alcun effetto mentre quello di tutti ì tempì !( アッチデンティ 、オ ウッチェー ロ ミッセーレ アルクーン エフェット メントレ クエッロ ディ トゥッティ イ テンピ ! )

Accidenti は、「忌々しい」という意味。
uccello は、「鳥」。ウッチェーロと発音します。また、ミサイルは同じ綴りですが、ミッセーレと発音します。

tempì はtempo( テンポ:時間 )の複数形。di tutti〜は「〜中」。di tutti ì tempì で「いつも」となります。

mentre は、「〜する間」、quello は、「あの、その」「〜において」。

alcun effetto で、「効果ない」「影響なし」です。*alcuno( アルクーノ:幾つかの、何人かの )の否定形で使われると、alcun という形になる。

( io ) ho は、〜を持つ、という意味なので、この場合は、「効果のないミサイルを撃った」という直訳になるでしょうか。


(英) Damn, it's Bird missile no effect while that of every time !


最初の懇願するセリフに戻りますが・・。あんな風に見つめられてお願いされたら、うん、いいよ〜なんて言っちゃいそうですね ← 私だけ?(爆)

でも絶対に”1回だけ”で済まないですよね。下手したら全部撃ち尽くしてしまいますから!(5話)
困ったもんです。


それでは次回にまたお会いしましょう。皆様、体調にご留意ください。


Ci vediamo la prossima settimana !

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いやな予感 | El Condor Pasa | ジョーくんのつぶやき2016>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |