島よ蘇れ
2016-08-19 Fri 13:53
#68「粒子鉄獣ミクロサターン」
突如起きた核爆発の調査に忍者隊が挑みます。


G68_1.jpg

一人もいない島はひっそりとしてとても不気味です。最初こそ核実験が起きたことが信じられないかった忍者隊ですが、ジョーは突如動き出した路面電車の中を見て確かに実験があったことを実感します。
椅子に残る人影。それは核爆発によって被曝した人々の姿だったのです。一瞬に焼けつき、そのまま影として残ったもの。

ジョーはそんな悲惨な光景をリーダーに見て欲しかったのでしょうか、健を呼びます。まあ事実は知っておく方がいいですからね。決してジョーが意地悪したからでは・・・(そんな)
リーダーは辛いね。

G68_2.jpg

突如街の時計が不気味な音を立てて鳴り響きます。
それを合図に、建物が廃墟の姿を晒し始め、なんと覆ってた粒子が集まって鉄獣となってしまいました。

その粒子があって放射能数値が見られなかったのですが、剥がれたので辺りは高濃度の放射能が!

G68_3.jpg

一旦燃料を摘みに空母へ戻ろうとしたゴッド・フェニックスですが、何かの衝撃波を受けて5人は気絶。
気がつくと空母の甲板の上です。そしてどういうわけか、博士の姿が。
しきりに基地へ帰ろうと促す博士に不審を抱いた健はカッツェの変装だということに気づきます。(カッツェはやはり健の本名などは知らない!ーだからいつも硬い)
偽物博士にびっくりする一同。皆細すぎです、少し肉をつけましょう←ツッコミどころが違います(爆)

ギャラクターを倒した後、彼らは残って放射能発生を止めることを決めたらしいですが・・。島が元どおりになるといいですね。後は人々が住んでくれるか・・。
「誰だっ!科学忍者隊ガッチャマン」によると、『放射能帯発生装置もろとも空母を破壊した』らしいので、うまくいったのですね。見たかったなあ、そのシーン。


スポンサーサイト
別窓 | 健とジョー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ガッチャマン劇場37〜こっちが先!〜 | El Condor Pasa | いやな予感>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |