イタリアの国歌と国旗
2016-09-10 Sat 10:41

このブログを始めてからイタリアの関する話をしたりしていましたが、そういえば、国歌というのをまだ聞いたことないなあというのに気付きました。なので、改めて聞いてみようとなりました。
昔ドイツの国歌を調べたことがあっり、確か世界のーヨーロッパ、だったかな?のCDを買ったよなと思って探してみようと思ったけど、YouTubeの方が早いので、ここで聞いてみました。

ヨーロッパ系は、クラシックっぽいという印象があったのですが、イタリアは明るい調子でした。
タイトルは『マメーリの賛歌(Inno di Mameli)』、ゴッフレード・マネーリという人の作詞によります。
作詞がされた時には、イタリア統一運動が盛んだった19世紀前半で、そのため、ナショナリズム色が強くなったと言われているそうです。
そして「イタリア人達の唱歌 Il Cento degli Italiani」「イタリアの同胞・兄弟 Fratelli d'Italia」というタイトルもあります。(同じ曲です)
この曲を作曲したのは、ミケーレ・ノヴァーロ、のちに歌劇「アイーダ」で有名なジュゼッペ・ヴェルディが編曲しています。
また、ヴェルディ作曲の歌劇「ナブッコ」第3幕の合唱『行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って』はイタリア第2の国家として愛唱されているとのことです。

イタリア共和国国歌「イタリアの兄弟(Fratelli d'Italia)」



Fratteli d'Italia l'Italia s'e' desta,
Dell'elmo di Scipio, s'e' cinta la testa.
Dov'e la Vittoria?
Le porga la chioma
Che' schiava di Roma
Iddio la creo
Stringiamci a coorte,
Siam pronti alla morte,
Siam pronti alla morte
l'Italia chiamo Si!

イタリアの兄弟よ、イタリアは今目覚めた
シピオの兜(かぶと)を頭に戴き
勝利は何処にあらん
主が創りたもうたローマの僕(しもべ)
我がイタリア その美しい髪を捧げよ
さあ隊列を組め、我等は死をも恐れない
イタリアが呼んでいる、そうだ!


また、別のビデオとして短いものを載せてみます。これは、サッカー・W杯の時の映像のようです。生演奏に選手たちが歌っていて、とても臨場感があります。


L'"Inno di Mameli" cantato dagli Azzurri al Circo Massimo!




azzurri( アズッリ )というのは、”青”という意味です。日本も青いユニホームですが、イタリアも青がシンボルカラーですね。
イタリアの人たちって本当に明るくてお祭り騒ぎが大好き!という雰囲気がとても楽しいです。


お次は、国旗です。
みなさまおなじみのトリコロール(3色)ですね。イタリア語では、「トリコローレ」と言います。

1.png

向かって左から「緑」「白」「赤」。意味としては、緑は国土、白はアルプスの雪・正義・平和。赤は愛国者の赤い血を現わしていると言われています。また、もともとは、フランス国旗由来なので、緑は自由(フランス国旗は青)、白は平等、赤は友愛(博愛)を表すとも。

そういえば、ピッツアに、「マルゲリータ」というのがあります。緑はバジル、白はモッツァレッラチーズ、赤はトマト。昔ナポリを訪れた、マルゲリータ王妃をもてなした際に名付けられたといういわれがあります。


日本でも街中でこの国旗が掲げられ、イタリアレストラン、というのが簡単にわかっていいですね。お高いお店はありますが、ファミレスなど身近にあって、気軽に食べられるのが嬉しいです。


スポンサーサイト
別窓 | イタリアについてあれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『10年後に会いましょう』 | El Condor Pasa | マンモスーン、再び襲来す>>
この記事のコメント
じゃいらーんさんへ
こんにちは♪
いつもありがとうございます。

じゃいらーんさんはさすがお詳しいですね。私は世界史はちんぷんかんぷんですが、古代ローマとかの歴史をBSで見聞きするようになってすごくロマンを感じています。せっかくイタリアを好きになってるので、いろいろお勉強したいです。

>南北分離派

旅行でも北イタリア、南イタリア(&シチリア)という風に分かれてたりしますしね。
人々も北と南じゃ雰囲気が違うし、料理の感じも違う。
北から見たら、陽気な南の人々がうざったく思うだろうし、南の人たちは北の人たちがツンツンして冷たそう、とか思っているんじゃないかなーと番組とか見てて思います。

あと、イタリアの人たちは、国、といういうよりは、生まれた地方を愛しているようです。彼らが団結するのは、ワールドカップ(しかも勝っている時だけ)とF1、あとアクロバット飛行チーム(セスナ)を見ている時だけ、らしいです。
それ以外は、トスカーナ地方とかヴェローナ、ナポリ、ジェノーヴァ、という風に地方だったり、あとはシチリア、それぞれ〜人という風に区別するようですね。
日本人のように「我ら日本人」という風にはならないんだとか。

そういえば、EUから離脱するという噂もあったなあ・・。
2016-09-12 Mon 16:54 | URL | kisara #X.Av9vec[ 内容変更]
シピオ
シピオの兜?シピオってなんじゃそりゃ?
と思ったら、古代ローマの英雄スキピオさんのことだったんですね。

イタリアもドイツ同様、かなり慌てて統一したので、国民統合が大変だったみたいですね。『クオレ』読んだときにすごくそれを感じました。
でも、未だに南北分離派がけっこういるそうなので、そのうちイギリスみたいに独立投票とかやるかも。
2016-09-12 Mon 00:42 | URL | じゃいらーん #PTRa1D3I[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |