ジョーの台詞でイタリア語2<7>
2016-09-13 Tue 19:40
joe_italiano_7.gif

Buonasera !
今日は25話「地獄の帝王マグマ巨人」からです。

この話でレビューした際に、マグマから現れた巨人を見て、キリスト像に似ている、と見抜いたという話をしましたが、今日はその時の彼の台詞です。


「あの顔どこかで見たぞ」

Ho visto quella faccia da qualche parte.( オ ヴィスト クエッラ ファッチャ ダ クアルケ パルテ )

visto は、vedare( ヴィダーレ:見る )の過去形。”〜を見た”です。

faccia は、”顔”、女性名詞なので、quello( クエッロ:あれ )の語尾が変化しています。

da qualche parte は、これで”どこかで(に)”という熟語になります。
個々の意味は、da は、前置詞で、”〜から”や”〜で”などいろいろな使い方をします。
qualche は、”幾らかの、幾つかの〜”、parte は、”部分”です。
が、da qualche parte で、どこかで(に)という意味になります。

他にもこんな言い方があります。

da queste ( quelle ) parti ( ダ クエスト(クエッレ)パルティ ):この(あの)あたりで(に)
queste ( quelle ) も parti も、複数形です。


(英)I saw that face somewhere.


ジョーの台詞でこんな言い回しがあります。

「朝飯前だぜ」

これをイタリア語でいうとどうなるでしょうか。


Molto facile.( モルト ファーチレ )

これは、”とても簡単だ”、です。

molto は、”とても”、facile は、”〜するのが簡単な、易しい、楽な”という意味。

英語だと、

Very easy.

ところで、英語のところで、翻訳にかけてみると、文字通りにとってしまうことがわかりました。
つまり、「朝飯前」を、 front of breakfast と訳してしまうのです。朝食の前、ということかな?みたいな。

「朝飯前」とは、「すごく簡単なこと」なので、英語はそう入力してみました。


にしても、じっと大きな十字架を見つめていたジョーは何を考えていたのでしょう。単に、キリスト像を思い出していたのか、それともそれに付随する思い出が頭をよぎっていたりして・・。
私は幼い頃両親に連れられて近所の教会に出かけたことを思い出しているかも・・なんて勝手に考えています。


それではまたお会いしましょう。

Ci vediamo la prossima settimana !




スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<爆弾くん | El Condor Pasa | 『10年後に会いましょう』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |