イタリア語の文法(後編)
2015-07-05 Sun 17:30
本日は、昨日に引き続き「イタリア語」の文法についてのお話です。
読んでくださり、誠にありがとうございます。もう一息ですよ。

さて、本題に入る前に、最近話題のアイスを買ったのでご紹介します。



ハーゲンダッツより期間限定で発売された、「イタリア気分」の2種です。
手前にあるのは、「シチリアレモンパイ」、濃厚なレモン味が好評のようです。中にパイ生地が入っていてとても不思議な食感だとか。
~のようだ、なんて随分他人事だなーとお思いでしょうが、実はまだ食べてません・・。今日も実は外出した帰りに買って来たのですが、なんというか涼しくなってしまって食べる機会を逸しております。
そしてその向こうにあるのは、「アマカルポーネ エスプレッソ」というもの。サンドになっているアイスです。コーヒー味が好きなのでこれも早く食べたい(笑)
暑くなるのはイヤだけど、これで乗り切るぞー。


さて、今日は「所有形容詞」から始めます。
これは、「~の」何何、という風に、話し手の所有を言い表した表現です。

  Questo e il mio dizionario.(これは私の辞書です)
  (* e の上にチョン)

 強調する「e」ですが、このMacでは文字化けしてしまい、?になってしまうので、いつも注釈を入れています。ご面倒ですが、頭の中で変換してくださると嬉しいです。

 こちらの変化は、このようになります。

  主語        +男性単数  +男性複数  +女性単数  +女性複数
  io   私の       mio                miei               mia                mie
      tu        君の        tuo                tuoi               tua                 tue
      lui/lei   彼の/彼女の        suo                suoi              sua                 sue
      Lei       あなたの    Suo               Suoi              Sua                 Sue
      noi       私たちの    nostro           nostri            nostra          nostre
      voi   君たちの          vostro           vostri            vostra           vostre
      loro      彼(彼女)の   loro               loro               loro              loro

 なかなか手強いですね。これに名詞などが来るのですが、語尾はこれに合わせます。

   mio  padre(私の父)   la mia  mamma(私のお母さん)

   il suo  libro(彼の本、彼女の本):あなたの本(il Suo libro)

     la sua  penna(彼のペン、彼女のペン):あなたのペン(la Sua penna)


 実は所有形容詞は、「所有する人」は考えないというルールがあります。
所有されるものに合わせる、という事です。


 mio marito(私の夫):所有者(私)は女性だが、相手が男性だから。
 mia moglie(私の妻):所有者(私)は男性だが、相手が女性だから。


 人などを訪ねる表現

 Chi e  +  単数名詞?
 Chi sono +  複数名詞?   「~は誰ですか?」


  Chi e quella ragazza?(あの女の子は誰ですか?)
  E  la  mia amica.(私の友だちです)


 Di chi e    +  単数名詞?
 Di chi sono  + 複数名詞?   「~は誰のものですか?」

  
  Di chi sono questi libri ?(これらの本は誰のものですか?)
  Sono suoi.(彼のです)

あと、覚えておくと便利な形容詞の強調語尾、というのがあります。


  ~issimo(=molto) 「とても~、非常に~」


 bella(美しい)+issimo → bellissimo=molto bello (とても美しい)

 felice(幸せな)+issimo → felicissimo=molto felice(とても幸せな)


 Questa pizza e buonissimo.(=molto buona)このピザはとても美味しい。

   Gli studenti sono bravissimo.(=molto bravi)その学生達は非常に優秀です。


<規則動詞>

イタリア語で頻繁に出てくる動詞、essere とavere は、全く違う形で変わると昨日書きました。
しかし、中には語尾だけ変化するものもあります。

  (1)-are動詞   parlare(話す)

  (2)-ere動詞   prendere(とる)

  (3)-ire動詞    partire(出発する)


 これらは、基本的に、語尾に以下のように付けます。

                    例:partiteの場合
  1人称単数(io)     -o              parto  
  2人称単数(tu)           -i               parti    
  3人称単数(lui/lei/Lei)    -e,-a               parte           

  1人称複数(noi)     -iamo     partiamo
  2人称複数(voi)             -ite       partite 
  3人称複数(loro)       -ono                partono


<疑問詞>


  『 che cosa 』 (英:what)「何、何が、何を」


   Che cosa e questo?(これは何ですか?)
   (*e の上にチョン)
   E  un  albergo.(ホテルです)

 
   Carlo, cosa prendi?(カルロ、何を飲む?)

   Prendo un caffe macchiato.(ミルクをたらしたコーヒーにするよ)
   (caffe は、カッフェーと最後にアクセントがあります)

 このように、cosa だけでも訊けます。


  『 che + 名詞 』(英語:what)「何の~、どんな~」


   Che lingue parli ?(君は何語を話すの?)

   Parlo italiano e inglese.(イタリア語と英語を話します)


  『 chi 』(英語:who, whom)「誰、誰が、誰を」


   Con chi studi ?(君は誰と一緒に勉強するの?)

   Studio con Marta.(マルタと勉強するんだ)


  『 dove 』(英語:where)「どこ、どこで、どこに(へ)」


  Dove abitano i Suoi genitori ?(あなたのご両親はどこにお住まいですか?)

  Abitano a Torino.(トリノに住んでいます)



  『 quale 』(英語:which)「どちら、どちらの~、どの~」(変化あり)

           単数    複数

  男性      quale           quali
      女性                  quale           quali

     e で終わっている単語なので、男女の変化は一緒です。
     単数と複数の違いがあります。


    Quali sono i tuoi amici ?(君の友だちはどの人?)

    Sono quel ragazzo alto e quella ragazza bionda.
       (あの背の高い男の子と、あのブロンドの女の子だよ)


    Quale vino preferisce ?(どんなワインがお好きですか?)

    Preferisco il vino rosso,(赤ワインが好きです)


  『 quanto  』(英語:how mach, how many)「どのくらい、いくつ」

    これも、単数・複数、男性・女性の変化あり、です。



     Quanta birra comprate ?(君たちはビールをどのくらい買うの?)

     Ne compriamo due bottiglie.(2本買います)


  『 come  』(英語:how)「どのように、どんなふうに」



     Come e questo dolce ?(このお菓子はどうですか?)
     (*e の上にチョン 答えも)

     E  molto buono.(とても美味しいです)


  『 perche  』(英語:why)「どうして、なぜ」
   (こちらも最後にチョンがつきます。パーチェ:チェにアクセント)


     Perche studi I'italiano ?(君はなぜイタリア語を勉強しているの?)

     Perche mi piace I'Italia.(なぜなら、イタリアが好きだからだよ)

         *mi piace で、私は~が好きです


     これは、「なぜならば」という意味もあり、答えにも使います。


  『 quando  』(英語: when)「いつ」



    Quando partite per I'Italia ?(君たちは、いつイタリアに出発するの?)

    Partiamo in aprile.(4月に出発するんだ)


<不規則動詞(1)従属動詞>

   あまり聞き慣れない言葉ですが、これは英語の助動詞、must, want, can
  というようなものをイタリア語では、「従属動詞」と読んでいるそうです。

   dovere(must)   ~しなければならない
   volere(want<to>) ~したい、~が欲しい
   potere(can)    ~できる(可能性)
   sapere(can)    ~できる(能力)


<不規則動詞(2)場所の移動などを現す動詞>


   andare(行く)  venire(来る)  uscire(出る) rimanere(残る)


  その中の、andare と、venire の変化を見てみます。

           andare                   venire

      io                         vado                      vengo
      tu                         vai                         vieni
      lui/lei/Lei              va                          viene
      noi                       andiamo                 veniamo
      voi                       andate                    venite
      loro                      vanno                     vengono


<不規則動詞(3)動作・状態を現す動詞>


  fare(~をする) dare(与える) dire(言う) stare(~の状態である)


   その中の、fare と dire を見てみます。

                              fare                   dire

     io                      faccio                dico
     tu                      fai                     dici
     lui/lei/Lei           fa                      dice
     noi                    facciamo            diciamo
     voi                    fate                    dite
     loro                  fanno                  dicono


<直接目的語の代名詞>


   Conosci Paolo ?(君はパオロを知っている?)

   Si, lo conosco bene,(ええ、(彼を)よく知ってるわ)


   
   Rosanna, mangi gli spaghetti ?(ロザンナ、スパゲッティを食べる?)

   No, non li mangio. Non ho fame.(いいえ、(それらを)食べないわ。
                   お腹空いてないの)


       単数         複数

 男性   lo(彼を、それを)   li(彼らを、それらを)
 女性   la(彼女を、それを)  le(彼女らを、それらを)
     (英語:it)         (英語:them)

      La(あなたを:敬称)

<間接目的語の代名詞>


    Mi da un cappuccino, per favore ?((私に)カプチーノをください)

    Si, subito, signorina.(はい、お嬢さん、ただいま)

        per favore は、「~をください、~してください」という
       熟語で、英語の please と同じ意味です。


     1人称単数   io(私は) → mi(私に)
     2人称単数   tu(君は) → ti(君に)
     3人称単数   lui(彼は) → gli(彼に)
             lei(彼女は)→ le(彼女に)
             Lei(あなたは)→ Le(あなたに)
     1人称複数   noi(私たちは)→ ci(私たちに)
     2人称複数   voi(君たちは)→ vi(君たちに)
             Voi(あなたがたは)→ Vi(あなたがたに)
     3人称複数   loro(彼(女)らは)→ gli(彼(女)らに)


   piacere 「~が好き」


     Mi   piace  questo fiore.   私はこの花が好きです。


 他に、目的語としては、「複合形」と呼ばれるものがあり、
  「誰々に、~を」という言い方をします。

  
<その他>


 (1)近過去   助動詞+過去分詞

         avereまたはessere の現在形+過去分詞

    Abbiamo mangiato con Roberto in centro.
     (私たちはロベルトと街で食事をしました)

 
 (2)再帰動詞   「自分自身」を意味する目的語の代名詞 si  が付いて
           一体となった動詞


         「普通の他動詞」alzare(起こす、立てる)

       →  + si  「再帰動詞」alzarsi(起きる)

 (3)半過去    「(その時)~していた、~の状態であった」

 (4)関係代名詞   

      主に、che (人でも物でも可能)とchi (人でも物でも可。
      しかし、いつも前置詞を伴う)

     
     a)Questo  e  il  libro.(これはその本です)
     b)Ho finito di leggere il libro ieri.(私は昨日、その本を読み終えまし                       た)

     →  Questo e il libro che ho finito di leggere ieri.
        (これは、私が昨日昨日読み終えた本です)


 (5)ジェルンディオ

      ジェルンディオ(gerundio)は、英語の-ing で、「~しながら」
      という意味です。

      語尾が、-are の場合は、-ando、-ere は -endo、
       -ire は、-endo と変化します。


後、イタリア語の文法には、「比較級・最上級」「受動態」「命令形」「未来形」
「条件法」「接続法」とあります。また今後機会がありましたらおいおい紹介するとして、今回はこれで終わりにします。

英語と比較すると解りやすいかなーと思い、私も英語を併用して書いている訳ですが、やはり難しい言語ですね。

イタリア語には、男性名詞とか女性名詞などの違いがあったり、また人称によって語尾が変化したりと複雑ですが、基本を抑えれば何となーくなるかなーと思っているところです。(そう言ってもなかなか覚えられないですけどね)

ちょっと堅い内容で大変失礼いたしました。明日からはまた不真面目にーいや、真面目に・・でもないけど普通に頑張ります(爆)

ジョーはどっちかというと、日本語(べらんめえ)がペラペラなのでアレですが、好きな相手の国の言葉が少しでも解ればいいなあと思って勉強するつもりです。




今まで辛抱強く付き合ってくださった皆様に、とっておきの素敵な笑みを浮かべるジョーのキャプチャを貼って、お別れです。
またいつものコーナーでお会いしましょう。


  A  presto !(それではまたね!)

  Grazie !



コメント

(あとがき)
長過ぎてしまい、申し訳ありません・・(汗)

[ kisara ] 2015/7/5(日) 午後 5:38

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『理由』 | El Condor Pasa | イタリア語の文法(前編)>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |