ジョーの台詞でイタリア語2<12>
2016-10-18 Tue 18:14
joe_italiano_12.gif

Buonasera !
今日1日いかがお過ごしでしたか?寒かったと思ったら暑くなったり・・なんだか体が付いていけませんね。

さて、今日は#55「決死のミニ潜水艦」からです。

汚染物質を使い、降伏しなければ海を汚染してやる、と宣告してきたカッツェ。博士と忍者隊は憤ります。
そしてジョーがこう言います。


「くそう、卑怯な奴だ!」

Dannazione, ragazzo vile!( ダンナツィオーネ、ラガッツォ ヴィーレ! )

dannazione は”地獄落ち””苦痛”などの意味ですが、感嘆符のように使うと、これで”呪われろ”とか”畜生め”という罵りの意味になります。
ragazzo は、”奴””あいつ”とか、相手が男性の場合に使います。女性だったら、ragazza です。
この時はカッツェは男性と思われていたためでしょう。
vile は、”臆病な””卑怯な”、です。イタリア語は形容詞が後ろからかかります。


(英)Damn, guy cowardly!

cowardly は”臆病な””卑怯な”。
damn は”くそう”とか”畜生”、かなり強い言い方なので、特に女性が言うと憚れるようです。
今回の約では後ろからかかってますが、 cowardly guy としてもいいと思います。



ジョーの台詞は前にも話しましたが、結構べらんめえなので普通の人が言うような台詞回しで入力する必要があります。
向こうの言葉を日本語に訳する時も割と口語的に意訳したりしますね。その方が自然な言い方になりますね。
やっぱり訳というのは難しいです。

ギャラクターは地球征服のためなら手段を選ばない、というところが恐ろしいですね。彼らが本当に地球を手中に収めたらどうなることやら。

今日はここまでです。また次回お会いしましょう。


Ci vediamo la prossima settimana !

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『一時休戦』 | El Condor Pasa | かぼちゃと私>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |