ジョーの台詞でイタリア語2<13>
2016-10-25 Tue 19:42
joe_italiano_13.gif

Buonasera !
今日は1日冷えました。皆様のところはいかがでしたか。

今日の表現は、#56「うらみのバードミサイル」からです。

かつての幼馴染がギャラクターの手下となって働いていることがわかったジュン。
彼率いるブラックバード隊が鉄獣に変身すると、ジョーは早速バードミサイルを打ち込もうとします。が、ジュンが「待って」と止めます。
相変わらず相手を信用しているのかと思ったジョーは彼女を払いのけ、こう言います。


「まだわかんねえのか、ジュン」

Non lo so ancora, jun.( ノン ロ ソー アンコーラ、ジュン )



non lo so で、”わからない”となります。ancora は、”まだ”。

わからない、は Non so. とも言います。

ちなみに、「わかりましたか?」というのは、

Ha ( Hai ) capito ?( ア (アイ) カピート? )

同じ意味ですが、相手が目上か親しい人かでいいかたが違います。

ha → 目上の人  hai → 親しい人

なので、「わかりました」と答えるときは、

Ho capito ( オ カピート )と言います。capito は、capire( カピーレ:わかる )の過去形です。


(英) Do not you know yet, Jun.


そんなジョーにジュンはこう答えます。

「この手で、バードミサイルを撃たせて欲しいの」

彼女は自分の手でコウジを葬らせて欲しいと懇願します。驚くメンバーでしたが、彼女の言う通りにします。

バードミサイルの赤いボタンを押し、鉄獣を撃ったジュン。しばらく動けなかった彼女の姿に胸を打たれます。


長く忍者隊をやっていると辛いことも経験してしまいますね。彼らの青春は一体なんなのでしょうか。
それにしてもいつもはジュンに優しいジョーもこの話ではちょっと怖かったですね。


本日はここまで。また次回までごきげんよう。

Ci vediamo la prossima settimana .

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語2 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<まぶたの母・・ならぬ父 | El Condor Pasa | 『手招き』>>
この記事のコメント
じゃいらーんさんへ
こんばんは♪

>なんで健じゃないのかな

そうねえ、健はきっとどう扱ったらいいのかわからないとか・・
なんとなく女性が苦手そうだし。難しいね〜(←と逃げる)

きっとジョーなら普段から暴れん坊というか不良くんのイメージなので、ジュンをひっぱたいたって誰も驚かないし文句言わないのでは。思いっきり叩いたわけでないので大丈夫なんです。
健がやったらもうブーイングかも・・・。(ファンが暴動を起こすとか)

でもなんとなく妹が心配のあまり思わず手を上げてしまったお兄ちゃんのような感じがします。
2016-10-26 Wed 22:45 | URL | kisara #X.Av9vec[ 内容変更]
怖いジョー
ジョーがジュンをビンタした回ですね。
仰る通りで、この回のジョーは怖いんですよね。
この役目、なんで健じゃないのかな、と不思議に思ったものです。
主人公がヒロインをひっぱたくのはダメとか?
2016-10-26 Wed 13:35 | URL | じゃいらーん #PTRa1D3I[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |