「女の子がみんな無事だったのが何よりだぜ」
2015-06-30 Tue 19:44


74話「バードスタイルの秘密」より、なけなしのキャプチャです(苦笑)←画像が荒くて残念ですわ・・(トホホ)


ジュンの靴を拾ったギャラクターは、変身の秘密を探り当て、その作戦の一つとして、同じ年頃の少女たちをさらう事を決行。
ジュンと一緒にとらわれた5人の少女たちを無事取り返した忍者隊。カッツェを取り逃がして悔しがる健ですが、ジョーは女の子達を助ける事が出来て満足して言います。


   E il migliore che tutte le ragazze sono state al sicuro.
    (*最初のEの上にチョン)
   (エ イル ミリオーレ ケ トウッテ レ レガーゼ ソノ スタッテ
    アル シクーロ)


   ”何よりだ”という意味の、il migliore ですが、この”gli”という部分、
  かなりくせがあり、g は読みません。gliで、”リ”と読みます。

  le ragazze は、ragazza”少女、女の子”の複数形。
  男の子は、 ragazzo です。


   sono は、essere(ある、いる、英語のbe動詞)の3人称複数です。
  (1人称単数の時も使用します)この場合は、「彼女たちが~である」と
  いう意味になります。
   sono state al sicuro で、”無事で良かった”となります。


  (英)It is best that all the girls were safe.

  ”すべての女の子達が無事だったのが良い”というのが直訳です。


別の翻訳を見てみます。



  (伊)E soprattutto che la ragazza tutti erano al sicuro.
   (*最初のEの上にチョン)

  (英)It is above all that the girl everyone was safe.

色々翻訳によって言い回しが違ったりしているのですが、ニュアンスとしては似たような感じです。

 ちなみに、前者は「Yahoo!翻訳」さん、後者は「Google翻訳」さんです。


あと、ついでに、イタリア語では、”~さん”と言う時のいわゆる呼称を何て言うか見てみます。


   la signora (ラ シニョーラ)既婚女性(英語のMrs.)

   la signorina(ラ シニョリーナ)未婚女性(英語のMiss)

   il signore(イル シニョーレ)男性(英語のMr.)

 つまり、”お嬢さん”と呼びかける時は、

  Signorina. と言う訳です。


  ここで、あ、と気づいた方、そうです。

  gno は、”グノ”ではなく、”ニョ”と発音します。

 以前、「仲間」という意味の、compagno(カンパーニョ)というのが出ましたね。


ここでのジョーは、ちゃんと(?)イタリア人男性としての性格が描かれていますね。
よく、ステレオタイプでは、イタリア人男性は女性が大好きでいつも声をかける、というプレイボーイみたいなイメージで言われます。
まあでもそれはあながち間違いではないようです。イタリアの男性は、女性を褒めるのが礼儀だと考えているそうで、とにかく会う女性を褒めるのが普通とのことです。
それも、たとえば、漠然と君は綺麗だね、ではなく、「その髪素敵だね」とか「君の瞳は美しいね」と具体的に何が素晴らしいのか言うそうです。

でもいくら褒められても軽くかわし、あまり付いて行ったり慣れ慣れしくしてはいけないとツアーのガイドブックに書いてありました。
適当に、ありがとう、と答えておくのが無難のようです。(向こうも気があるとは限らない)

そんなわけで、イタリアの国民性がちょっとかいま見れたセリフでした。


今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。また次回。


 A presto !

  

コメント

この話では女の子たちの人数に疑問があります。
ビューティーセンターの女所長が「カッツェ様、やっとデーター通りの女の子が5名見つかりました」と報告していますが、これは「ジュンを含めて5人」の意味ですよね。
しかしその後の場面では、ジョーは「ジュンだけじゃねえ、5人も女の子が乗ってるんだ!」と憤っていますし、ギャラ基地内に連れて来られた女の子たちは、確かに「ジュン以外に5人」描かれています。
いつの間にか1人増えた!?

そのため、基地からの脱出時に、ジュンが女の子2人を担いでヨーヨーワイヤーで上がるという、スゴイ怪力を見せました。

私としては、ここは脚本の書き方が曖昧だったために(ジョーの言う「5人」も、「ジュンを含めて」の意味と解釈できなくもない)、
演出や作画が誤解して、女の子の人数を増やしてしまったのではないかと疑っています。

[ 白井美也子 ] 2015/7/7(火) 午前 11:56

ちなみにアメリカ版DVD(ブルーレイでも同じと思いますが)の英語字幕では、

Joe:It's not just Jun, there's four other girls in there too!

ジュンを含めて5人と解釈しています。
英語訳をした人は、画を見なかったのかしら。

[ 白井美也子 ] 2015/7/7(火) 午後 0:05


こんばんは、白井美也子さん。

>1人増えた

そうなんですよ~、これって謎ですよね。
もしや、ジュンが分身の術を使ったのか?なーんて思っても楽しいですが(?)。
しかし、ジョーがジュン以外に5人、と言ったのも何だか謎ですね。数が数えられなかった・・・という事はないでしょうが・・。(←そこまでおバカさんではない(爆))
でも確かに連れて帰るシーンは5人いるんですよね。

やっぱりおっしゃるとおり、混乱してたんでしょうね。

>英語字幕

これは、ジュン+4人=5人の女の子ですね。

うーん、どちらが正しいのだろう・・。
謎多きお話です。

[ kisara ] 2015/7/7(火) 午後 7:32

スポンサーサイト
別窓 | ジョーの台詞でイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日のお題「2/火/ツケ」 | El Condor Pasa | 『嫌味なくらい、できたやつ』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |