年越しコンサートのお話し
2017-01-04 Wed 11:00
お正月3が日も終わりまして、新しい年が始まったという感じですが、ちょっと戻って「年越しコンサート」の話をします。
題して「宮川彬良VS新日本フィルハーモニー交響楽団 超!年越コンサート2016〜2017」、です。


concert_1.gif

会場は錦糸町駅から5分くらいの場所にある「すみだトリフォニー・ホール」。道がまっすぐでおしゃべりしているうちに(母と一緒)すぐに着いてしまいました。
途中デパートの前のイルミネーションが綺麗でしたので。年末も街は眠らない・・。


concert_2.gif

ホール建物からスカイツリーが見えました。ちょっと遠めですが。色合いがなかなか渋いです。
帰りは、年が明けたので、紅白になっていました。


concert_3.gif

会場入りしていつものようにスタンドフラワーです。


concert_4.gif


はい、これがホール全体図です。私たちは2階の2列目でした。ラッキーなことに、私たちの席の前には誰も来ませんで、よく見えました。


ここでセットリストを。今回は、宮川さん曰く「自分の好きな曲ばっかやります!」だそうです。

『第1部』

1、 ビートでジャンプ(Up, Up and Away)(ジミー・ウェップ 作曲)
2、 恋のフーガ(すぎやまこういち作曲)〜恋のバカンス(宮川泰 作曲)
3、 上を向いて歩こう(中村八大 作曲)
4、 ゆうがたクインテット名曲集<ゆうがたクインテット、目はおこっている、ただいま考え中>(宮川彬良 作曲)
5、 大阪弁ラーニング(宮川彬良 作曲)
6、 アメイジング・グレース
7、 アクエリアス:輝く星座〜レット・ザ・サンシャイン(ミュージカル「ヘアー」より)(ガルダ・マクダーモット 作曲)

第1部のゲストは、アカペラユニットとして活躍されているという、「ダイナマイトしゃかりきサ〜カス」という男性1名女性2名の3人組でした。女性2人によるザ・ピーナッツ(2番目)は本物みたいな感じがしました。
1と7のフィフス・ディメンションの曲は大好きなので嬉しい選曲でした。特に、「アクエリアス」は、私の星座(水瓶座)とあって、特にお気に入りの曲なので、思わず口ずさんてしまいました(笑)
あ、そうそう、今回は、新日本フィルの生オケの他に、合唱団も控えていて、最初から最後まで大迫力でした。
アメイジング・グレースは、アカペラ。ただただ圧倒されました。

『第2部』

8、見上げてごらん空の星を(いずみたく 作曲)
9、サンダーバード(バリー・グレイ 作曲)
10、宇宙戦艦ヤマト テーマ(宮川泰 作曲)
11、真っ赤なスカーフ(宮川泰 作曲)
12、大ディンギル帝国星(宮川彬良 作曲)
13、微笑みは涙を超える(宮川彬良 作曲)
14、深い河(黒人霊歌)

8と9は演奏のみでしたが、2部は全体的に宇宙っぽい感じでした。「見上げてごらん空の星を」の曲間に他の曲を挟み込んでたのですが、忘れました。なかなか絶妙だったのにー。
「サンダーバード」は、例の、”ファイブ、フォー・・”というナレーションから始まってあのテーマが演奏されました。やはり生オケで聞くと鳥肌立ちます。
そしてその流れで「ヤマト」のテーマ。2部のゲストは、ささきいさおさんです。この時のお召し物は、白いスラックスに、上着は赤に近いローズ?っぽい色のキラキラでした。
ひときわ大きい拍手に、宮川さんが「やっぱりささきさんだね」みたいなことを言っていました。しばらく2人でおしゃべりしてました。ヤマトのテーマにまつわる話で、初めに渡された楽譜(当時は譜面のみ)に、♭がなかったので、おかしな音調だったとか。宮川さんがピアノで実演したのを聴きましたが、うん、とっても変(爆)民謡みたい、とささきさん。
ファンの間でもとても人気のあるという「真っ赤なスカーフ」。これはアニメの曲らしからぬ深みがあります。

ささきさんはここで一旦はけます。
彬良さんがお父様と一緒に作ったとされる曲を披露し、そうこうしているうちにカウントダウンが始まりました。しかも、十数秒前!

会場と一緒にカウントダウンして、年明けても続きます。

15、シンフォニック・マンボNo.5(宮川彬良 作曲)
16、若いってすばらしい(宮川泰 作曲)
17、マツケンサンバ2(宮川彬良 作曲)

15は、ベートーベンの「運命」をモチーフに、マンボ風にアレンジ。宮川さんはこの年越コンサートを6年続けているそうで、この曲は定番のようです。

16からゲストの3人組とささきさんが再登場。3人組は変わらなかったけど、ささきさんは衣装変えてきました。今度は黒っぽいラメ入り。宮川さんもキラキラのベスト着ていたので、みんなで並んでこの流れだね、なんて笑いを取っていました。

マツケンサンバは懐かしいですねー。この曲が流行った頃は、小学校でも運動会に取り入れてました。衣装ではなく、バトンに巻きつける飾りだったと思いますが、買った覚えがあります。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、出演者の皆様は挨拶をして退場。オーケストラの皆様もいなくなって私たちも帰宅です。

concert_5.gif

こちらが祭りが終わった後の会場。正面に新年の挨拶が。演奏中はカラフルでした。くす玉の中身が引っかかっています(笑)


concert_6.gif

電車を乗り継ぎ、帰宅。ここはちょうど乗り換えの駅で撮ったものです。
昼の1時じゃありませんよ、夜中の1時です。
地下鉄は30分に1本の終夜運転をしていました。にしても人が結構いること!皆さん、夜はちゃんと寝ましょう←自分たちを棚にあげる(爆)

concert_7.gif

今回のパンフ(下)と、チケットと一緒に送られてきたチラシ。ちょうどささきさんのところで折れちゃってます(苦笑)

そんなわけで初の年越しコンサートでした。近所では自分たち以外はだあれも歩いてなくてなんとなく不思議な光景でしたが、とても貴重な体験をした気がします。

メインじゃないささきさんもいいけど、やっぱり彼のライブとかまた行きたいなあ、とか思ってます。
でも生オケの演奏が素晴らしくてとても楽しい時間でした。

以上簡単ですが報告を終わります。お読み頂き有り難うざいました。


スポンサーサイト
別窓 | ささきいさおさん | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<羽根手裏剣の行方 | El Condor Pasa | 今年もよろしくお願いいたします!>>
この記事のコメント
じゃいらーんさんへ
こんにちは〜

こちらこそ、よろしくお願いいたします^^

本当、残念でした・・。
確かに年越しコンサート、いいですね。なんだか不思議な感覚です。思いっきり弾ける、という点ではやっている方も観ている方も楽しいですね。

>お衣装の分析

そうそう、またこれがビシッと決めてこられるので楽しみですよ。本当にステージ映えするというか、かっこいいですよね。
あんな風に素敵に歳を取りたいものです。

またささきさんのライブとかあるといいですね。やりくりして行きたいです。

2017-01-07 Sat 15:08 | URL | kisara #X.Av9vec[ 内容変更]
kisaraさま、こんばんは。
年賀のご挨拶が遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。

私は予定が合わなかったことで参加を見合せましたが、年越しコンサート、やっぱりいいですね。
カウントダウンがギリギリってのは、ライブならではの臨場感です。
いさお大王様のお衣装の分析も楽しいですよね。大雑把に分けるとプレスリー風、ウェスタン風、スパンコールジャケット、シンプルでカラフルなジャケット、マタドール風といったところでしょうか。個人的には、最近よく見かけるマタドール風のお衣装が好きです。
2017-01-06 Fri 20:38 | URL | じゃいらーん #PTRa1D3I[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |