第5話「地獄の幽霊艦隊」
2017-01-26 Thu 20:08
G5_title.jpg

謎の事件発生。海に沈んだ沈没船がある一箇所に集められていて、そこの近くでは幽霊艦隊によって次々と船が沈められていたのです。
ISOは、豊かな海とそこに住む生き物たちを守るため、海底牧場なるものを建築。でもギャラクターに脅かされる現状に頭を悩ます南部博士です。そして相談してきたアンダーソン長官に、科学忍者隊がいるので安心して欲しいと言うのですが・・。
その忍者隊の諸君は、そんな重苦しい空気の2人を差し置いて、海底牧場の付近でバカンスを満喫中。
健は小型船でウオータースキーを楽しむジュンと甚平を引っ張っている中、竜が浜辺でふて腐れるも、のんびりパラソルの下でチェアに寝そべっているジョーに慰めされます。
そしてジョーは「俺はギャラクターに復讐してやるんだ」とつぶやく。このセリフが後々の彼の行動や考えに反映していくわけで・・。彼のバードミサイル撃ちたい発言はギャラクターを早く倒したいという思いが強いから、と思っているのです。私はね。

で、出動した忍者隊。彼らが海の中で見たのは、まるで沈没船の墓場というような光景でした。思わず息を飲む5人。
やがてそんな彼らの乗ったGPの目の前に噂の幽霊艦隊が現れ、攻撃をしてきます。そして健がバードミサイル発射の許可を博士からもらうと、ジョーに託します。

でも、これが大変なのよ。

ジョーは前回までの鬱憤を晴らすかのように、撃つわ、撃つわ。出てくる相手に向かって撃っているうちに、なんと途中で弾切れ。そんな状況に追い打ちをかけるかのように船の中から出てきたのは円盤。しかも大量です。
もうミサイルは撃ち尽くしてしまったので、逃げるしかありません。なんということでしょう〜。

バードミサイルはいくつあるのでしょうね。前に数えてみた事あるけど、だいたい50発はありそうです。
ということは、相手はそれを上回る数で仕掛けてくるわけですね。これは大ピーンチだぞ。

そんな時に現れた謎の赤い機体。それはたった3機にもかかわらず、敵をあっという前にそして華麗にどんどん破壊していきます。彼らは登場からしてそうなのですが、やたらGPを煽ってみたりすれすれに飛んでみたりとなんだかからかっている感じです。乗っているのはおっさんたち(爆)。レッド・インパルスと名乗ってまた会おう、とかっこよく去ってしまいました。”はははは、どうだ、びっくりしたか、小童ども!”とばかりに。

最後にはまた諸君が遊んでいる映像で終わりです。大きなカメさんと戯れております。最初はのんびりしていいですね。初期はまだツッコミを入れながら楽しく観ることができます。

スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第6話「ミニ・ロボット大作戦」 | El Condor Pasa | 先週のジョー<2>いい男なんだよ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |