第11話「謎のレッド・インパルス」
2017-02-16 Thu 20:31
G11_title.jpg

ちょくちょく登場してあっという間に去っていく紅の機体、レッド・インパルスの再登場です。

そんな紅の機体が健は気になって仕方がありません。追いかけてまた逃げられてしまう。
戻って博士に尋ねるも、なんだかたぶらかされてしまう。
そんな中、博士は忍者隊に、最新鋭の航空機であるブルーホーク号の護衛を命じます。アメリス国で行われる航空ショーに出場するためでしたが、案の定ギャラクターに狙われ、乗っ取られてしまいます。
そんなこととは知らず、護衛はつまらないとこぼすジョーに、何かハプニングでも起きないかなあと言う甚平。

事実を知った博士は、レッド・インパルスにフルーホーク号を頼みます。ギャラタクーは何も知らずについてくるGPをからかってやろうとブルーホークからミサイルを発射せようとしますが、レッド・インパルスに阻まれます。
なおも攻撃を仕掛けるレッド・インパルス。それを見た忍者隊は驚き、健はすぐさま一人で追いかけます。

健はレッド・インパルスの隊長から、ブルーホークはすでにギャラクターに乗っ取られ、しかもGPは拉致されてブルーホークとともにギャラクターの基地へ連れて行かれたことを知らされ、がっくり。
2人はそのまま拉致されたとみられる場所(火山の底!)へ。健は変身しているからいいものの、レッドの隊長はそのまま・・。火山口から飛び降りるなんてすごいです。
で、ブルーホークとGPが並ぶ側では手錠につながれている4人が。早速2人はフットワークも軽くギャラクター隊員をやっつけ、4人を救いだします。登場からしてカッコよく決めるものだから、ジョーは俺にもカッコつけさせろ、と懇願。どんな時もユーモアを忘れません(←なのか?)

そんなわけで他の4人もカッコよく決め、彼らは脱出。レッド・インパルスが取り付けた時限爆弾によってブルーホークは木っ端微塵です。

仲良く飛んでいたかと思うと、レッド・インパルスの隊長は、健から去ってしまう。ちょっと意味深なことをつぶやきながら。
この辺でもう視聴者はわかってしまうんですけどね。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第12話「大喰い怪獣イブクロン」 | El Condor Pasa | 『ミモザ』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |