第14話「恐怖のアイス・キャンダー」
2017-02-24 Fri 20:31
G14_title.jpg

今回の鉄獣は、セイウチくんです。アザラシではありませんよ、大きくて長〜い牙が特徴です。動物番組みたいですね〜。

そんなことはさておき、広い海上を優雅に行く客船。プールで泳いでいる男女や、輪投げをして遊んでいるお子様たちとか(なんか衣装が・・)。この方達は、きっと今日始まったプレミアム・フライデーとかなんとかいうイベントに飛びつくセレブな人たちなのでしょう。庶民には手が届きませんぜ、旦那←誰

とそんなセレブたち(笑)の乗った豪華客船ですが、突如雲行きが怪しくなりさっきまで晴天だったのに急に吹雪が。天罰でしょうか←やさぐれないの!
そしてセイウチメカが登場し、客船を凍らせてギャラクター基地へ・・・。
なんでも、ギャラクターは客船の中のウランを奪い、乗客・乗務員を皆改造して隊員にしてしまおうと企んでいるのです。
怖いですね〜。

出動する忍者隊は、博士からビデオを見せられると、氷山が怪しいと睨む。アイス・キャンダーはその氷山から飛び出たのです。バレバレです。
そして調査しているうちに怪しい基地らしき場所を発見。早速リーダー・健とジュンがそちらへ向かいます。
あら、前回ではジョーと一緒に調査したくせに、ジュンったら日替わりね。健もだいたいジュンを連れて行きます。
まあ、正副リーダーがいなくなったら、あと大変か。といっても、あとの話では健&ジョーの2人で、というのが度々ありますけど。サブリーダーのジョーにGPを任せてる、と思うことにします。(ミサイルぶっ放しても知らないぞ〜)

そうなると、ほとんど健(とジュン)の出番ばかりです。
ギャラクター雑魚をなぎ倒し、まんまと中枢まで侵入。そこでは、まさに一人の少女を改造しようとしているところでした。すんでのところで助け出す2人。しかし執刀医に扮したカッツェは時限爆弾を仕掛けて逃げてしまいます。頑丈そうな扉が閉まって脱出できそうにありません。
するともう一人そばにいた人質の車椅子に乗った老人がそれを持ち、扉に体当たりしました。見事に穴が空きましたが、当然ながら老人は・・・。これはアニメだから描かれてないけど、実際、実写とかだときっとすごい場面になりそうです。観るとトラウマになりそうです。

アイス・キャンダーの武器は何でも凍りつかせる光線。GPも凍りそうになりますが、忍法・火の鳥で鉄獣を焼き尽くし、去っていきます。

母親の待つ故郷へ帰る少女を見送る健とジュン。そりゃ5人いっぺんに来たって、少女がぴっくりしちゃうもんね。顔なじみの2人だけ、ということなのかと勝手に考えています。







スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。 | El Condor Pasa | 第13話「謎の赤い砂」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |