第18話「復讐!くじら作戦」
2017-03-10 Fri 20:45
G18_title.jpg

タイトルですが・・前回5話では「復しゅう」だったのですが、今回はしっかり「復讐」です。二度と同じ手はしないぞ、ということです(?)
勉強にうるさい番組ですね←なの?

ここではその通り、クジラが登場。冒頭では巨大なクジラメカがコンビナートなどを襲い、人々を大混乱に陥れます。
そしてその電波か何かを察知した本物のクジラたちがそのメカに突進していきます。敵だと思ったのでしょうか。テリトリーを荒らされたとか・・。
そして出動した忍者隊たちの眼の前で、メカが次々をクジラたちを突き飛ばして進んでいく姿が。

クジラたちは皆腹を見せて浮いてしまいます。そこへ1頭のクジラに近づき寄り添う小さなクジラ。それがその子供だと忍者隊は気付きます。親を殺された子クジラ。甚平は涙ぐみますが、くじらに構っている場合じゃない、とジョーが一喝。
そして血の匂いを嗅ぎつけてやってくるシャチの大群に、思わず助けよう、と言い出す甚平。するとまたジョーが任務が先だ、と言い放ち、甚平は泣きながら抗議します。ジョーには孤児の気持ちがわからない、と。でも・・・。

ヘリコバギーで飛び出す甚平。幼い子クジラを追いかけるシャチを追い払い、そして網で一網打尽。でも1頭のシャチが甚平に襲いかかり、と同時に一発の銃声。甚平が見たのは、トップドーム上でエアガンを構えるジョーの姿が。彼を見た甚平は嬉しそうに手を振ります。ジョーもまたかっこいい登場です。

子クジラを海底牧場に放してやろうと連れて帰った忍者隊ですが、博士の雷が落ちます。まあ、敵を逃してしまったんですから当たり前なのですが。博士に怒られてシュンとなる忍者隊が子供らしくて可愛い(そっぽを向いているのが約1名おりますが(爆))。
博士は子クジラに探知機を取り付け、敵の基地を探り当てる作戦を話します。よっぽど君たちより役立つなんて言っちゃって、彼らの奮起を期待したのかしら?

子クジラを追ってGPがやってきたのは氷に閉ざされた場所にある観測所。北極のような感じがします。
調査に当たるのは、健とジョー。今回の2人はまるで「相棒」のようです。
中にいたのは調査員2人。でもそれはギャラクターが扮した姿でした。ジョーはすぐさま見破り、背後を見せた瞬間には羽根手裏剣を2人に向け飛ばします。健が気づいた時にはもう彼らはジョーに倒されていました。
背後から殺るのが奴らの手口と吐き捨てる。そして彼らに両親を殺されたことを告白します。
そんなしんみりとした雰囲気をぶち壊す1本の通信。受けた健は、これがギャラクターの基地から発せられたことに気づき、GP内で控えるジュンと甚平を呼び寄せます。彼らは言われた通りに爆弾を持参。逆探知に成功すると地面の下に基地があると突き止め、穴を掘って4人で忍び込みます。

そこにはあのメカくじらが!4人は次々と時限爆弾をメカに取り付けますが、姿を現した子クジラに思わず話しかけた甚平が気づかれてしまい、集まってきたギャラクターと戦う羽目になります。でもそうこうしているうちに時限爆弾の期限が!
甚平は子クジラとともに水中へと潜り、残る3人は苦渋の末、彼らを置いて先に退却します。

大爆発を起こすメカくじら。爆風に巻き込まれそうになるGPですが、からがら脱出。甚平の身を案じます。
そして子クジラに助けられた甚平は無事に上陸し、みんなに報告。安堵する4人です。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<私の好きなキャラ | El Condor Pasa | 第17話「昆虫大作戦」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |