第32話「ゲソラ大作戦(前編)」
2017-04-27 Thu 19:58
G32_title.jpg

はい、お待たせしました!←誰も待ってない(爆)
ゲゾラちゃんのお話です〜♥♡&♪───O(≧∇≦)O────♪

だけど・・可愛いんだけど、もっとかっちょいい絵なかったのかしら?なんだ眠そうよ。↑


・・・はい、真面目にやります・・・・!( ̄^ ̄)ゞ



無公害都市としてISOが力を入れるロンパーク市。その周辺をパトロール中の船舶が突如海の中から現れた巨大イカの攻撃に遭い、沈没。ゲソラは見た目よりはるかに凶暴なやつのようです。でも可愛いから許す←お前だけ(爆)

そしてやってきた戦闘機らも最も簡単に破壊。長く動き回る計10本の脚が器用に動いてあっという間に相手の動きを封じ込めます。

カッツェは博士や忍者隊に無抵抗なロンパーク市を攻撃すると宣戦布告。やってきたGPですが、ゲソラに煙幕で逃げられてしまいます。

カッツェは総裁Xの指令の下、平民に戻っている忍者隊を襲うことを計画。ロンパーク市で待ち伏せすることにします。
そのロンパーク市をパトロールする意味で市民に混じって活動を始める忍者隊ですが、彼らだと気づかれないよう、健がみんなのブレスレットを預かります。ジュンはなんだか不安そう。そう、この行為が後々響くのです・・。

待ち合わせ場所と時刻を確認すると彼らはバラバラに。
一緒に行動していたジュンと甚平は、街中で男たちに襲われている女性を発見。すぐさま彼らを追い払い、女性をタクシーで家まで送ります。彼女はお礼に、と2人を家の中へ招待。不審に思いながらも女性についていきます。

ジュンの予感は的中。女性は実はカッツェの変装した姿。男たちはギャラクターの隊員たちだったのです。
出された食べ物をガツガツ食べ、コーヒーを飲んですっかり眠り込んでしまう甚平ですが、ジュンは寝たふり。案の定彼らに襲いかかってきた男たち、ジュンは立ち向かいます。その騒動に気づいた甚平も参戦し、男たちを仕留めたと思われた時、ピストルを構えて女性がやってきます。忍者隊だと言われ、女性警官だととっさに嘘を言うジュン。しかし身のこなしを疑われ、2人は牢屋に閉じ込められてしまいます。

一方の健、ジョー、竜の3人は、2人が約束の時間までに戻ってこないことから、何か見つけたのかもしれないと察知、手分けして探しに行きます。

ギャラクターは科学忍者隊をおびき寄せるため、ISOの関連施設を襲いにゲソラを向かわせます。
さて、どうなる?


G32_title_2.jpg


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<伊検合格への道ー春季試験結果 | El Condor Pasa | 第31話「南部博士暗殺計画」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |