第42話「大脱走トリック作戦」
2017-06-02 Fri 20:13
G42_title.jpg

送り込まれたら最後、死ぬまで出られないと言われるジンジン刑務所。ギャラクターによって脱走させられる囚人たちを戻すため、忍者隊が大がかりなトリック作戦に出ます。

竜だけは休暇を取り欠席。彼はひょんなことから囚人護送車に乗り、ジンジン刑務所へ向かいます。
そこでギャラクターが現れ、囚人たちを解放する。彼らは囚人たちを隊員にするつもりなのです。竜はこれでギャラクターの本部がわかるぞ、と思ったのですが・・。

一方の健、ジョー、ジュン、そして甚平の4人は、そのギャラクターの企みを阻止するため、大がかりな作戦を練ります。
1日に2回、引き潮とともに現れるジンジン刑務所へと続く道を使い、脱獄した囚人たちを連れ戻すため、GPをカモフラージュ。健がギャラクター隊長になりすまし、囚人たちを乗せ操縦することに。そしてジョーたちは輸送機と見せかけたGPの周りに景色を作り、効果音まで演出。すっかり囚人たちは外へ出られたと大喜びです。でもGPは実は元の刑務所の近くへ降りただけで、動いておりません。(中にいた竜が気づくのですが・・)

隊長に化けた健。本部のありかを聞き出そうとしますが、逆にやられて正体がバレそうに。
でもそんな時に頼りになるのはジョーです。健の危機を救い、ジュンと甚平を率いて、ギャラクターの隊員たちを倒します。
そんなこんなで輸送機(GP)が降り立つと、喜び勇んで飛び出す囚人たち。でも向かった先は刑務所。しかも他のギャラクターたちもいて、皆で現実に戻って愕然とします。

竜は一人の囚人の男と交流を深めていました。家族に会いたい、まっとうに生きたいと願っていた男は脱走もかなわず、元の刑務所へ。
健たちはそんな彼をそっとしてやろうとGPへ戻って行きました。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<アプリが動かなくなった!ーその時対処した事ー | El Condor Pasa | 第41話「殺人ミュージック」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |