第45話「夜霧のアシカ忍者隊」
2017-06-15 Thu 20:01
G45_title.jpg

仔クジラ、子犬、と続いての動物登場です。

年中霧に包まれた島、アシカ島。じっくり見ると、島自体がアシカの形をしているんですね。
今まで結構な回数レビューしておりますが、初めて発見した気がします(爆)

んで、この島にはISOの発掘調査隊がいたのですが、ギャラクターが発見して偵察にやってきます。彼らの狙いは、ここで採れる珍しい鉱物「カエナイン」。
島を攻撃しカエナインを奪おうとするギャラクターから工作員たちと原石を守るため、科学忍者隊出動です。
でも今回は、工作員たちを乗せるために出航した船たちを護衛するという任務。つまんなそうにしている甚平とジョーですが、ここで事件発生。
ギャラクターが、上空ではなく海の中から攻撃を仕掛け、護衛船を1隻残して破壊されてしまいます。
これは迂闊だったぞ。

残った船だけでも着岸させて工作員たちを乗せなければなりません。
そこで登場する秘密兵器。GPと船を人工の金属でできた霧を噴射して防御。敵のレーダーから姿をくらますことに成功。
甚平はヘリコバギーで単身島へ上陸し、隠れている工作員たちに会いに行きます。そして健からヒントをもらい、彼らを島から脱出させることに。ーどうやったのかというと、島にいるアシカたちの下に工作員たちが隠れる形で一緒に泳ぎ、船まで向かったのでした。

そして海にいるクラゲメカたちを攻撃している間、一方のトンボメカがちゃっかり船の上に陣取っていました。
カッツェは忍者隊に武器を捨てて表へ出ろ、と彼らを脅します。この時甚平はちゃっかり一頭のアシカを連れてきていましたが、彼(彼女?)を逃して相手がひるんだ隙に武器を手にして戦い始めます。
逃げるカッツェ。忍者隊はトンボメカを乗っ取ると、次々とギャラクター隊員たちを撃っていきました。

帰還するGP。博士はいつも見ているがごとくモニターに現れ、諸君をねぎらいます。で、アシカにはたくさんの魚を用意するとか。仔クジラの時は怒ってたくせに、子犬の時はちゃっかり抱いているし、アシカに至っては、餌まで用意するなんて。
ジョーはジョーでまた、仔クジラを助けようと言った甚平に怒ってたと思ったら、結局助けてあげるし、子犬は自ら危険を顧みず助けに行っちゃうし、アシカは何にも言わず。
博士もジョーもやっぱり動物には弱いのね〜。
つか、忍者隊、動物が絡むと無条件に甘くなりすぎ。ま、いいか。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第46話「死の谷のガッチャマン」 | El Condor Pasa | 先週のジョー<22>俺のものも他人のものも俺のもの>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |