第54話「怒りに燃えたガッチャマン」
2017-07-14 Fri 19:41
G54_title.jpg

レッド・インパルスを葬った。総裁Xは上機嫌でカッツェへの言葉も実に滑らかです。いつも怒られたりしているカッツェはちょっと拍子抜け?でも上司が機嫌よければ万事よし、です。
そこでメカ鉄獣カニキラーを総動員させ、世界中にあるウラン関連設備が破壊させます。なのでISOで、各国代表を集めた緊急対策会議が行われます。が・・・。
その中の一人にギャラクターの刺客が紛れ込み、その代表の死体を発見した健はなんとバードスタイルで会議に乱入。驚いて制止しようとする南部博士を無視し、勝手に行動を起こしてしまいます。
逃げるスパイを追いかけ、人様の車を奪って追跡。外で待機していた4人はびっくりです。
それにしても健ちゃんも大した運転テクニック。乱暴だけどね。壊したお店の弁償はきちんとやってくださいね。博士に借りてでも。

カーチェイスをした挙句、スパイを捕まえるとこれから健は暴走する。
光攻撃かと思えば消火器の噴射。人に向けてはいけないと小学生でも知ってるぞ。
途中止めに入ったジョー達も呆れてしまうが、健の暴走はエスカレートするばかりです。
案の定健は博士に怒られる。平手打ちもされるが、これで懲りるわけがありません。渋る4人を無理やり連れて出動してしまいます。

スパイはギャラクターの本部は北極にあると言う。5人は氷の上を渡ってある氷山に着きます。
しかしそれは思った通り罠でした。本部ではなく基地だったのです。
厚い氷の部屋に閉じ込められた忍者隊。カッツェが室温を上げたので、周りの氷にヒビが入ります。
健はジュンにヨーヨーを使ってそれを爆破するよう言うと、ジョーが隙間が開くだけだ、やめろと忠告しますが、聞く耳持たず。
結果はジョーの言う通りでした。
そして甚平が健をなじり始めますが、それを皮切りに次々と不満が爆発します。

甚平「どうしてくれるんだよ、兄貴、どうするんだよ〜!」
健「ぎゃあぎゃあ騒ぐな、そんなに死ぬのが嫌か!」
ジョー「ああ、いやだね。お前の個人的感情に巻き込まれて死ぬなんてまっぴらだ」
健「・・・何い?」
甚平「そうだよ!兄貴の感情だけでおいら達を巻き添えにしないてくれよ!」

健「・・親父をギャラクターに殺された気持ちがお前達にわかってたまるか」

健が好きなジュン。あえて彼に言い放ちます。
ジュン「弱虫!お父さん、お父さん、っていつまで子供みたいなことを言っているの?両親を失ったのはあなただけじゃないのよ。ジョーだって、甚平だって、そして私もよ。甚平を見て。一番両親が恋しい年頃なのよ。でも、今の今まで泣き言ひとつ言ったことないわ。あなたは自分一人だけ悲劇のヒーローになったつもりじゃないの?それでも科学忍者隊のリーダーと言えて?弱虫よ、卑怯よ、健は!」

ハッとする健。ますます増してくる水。みんなに促されて冷静になって竜巻ファイターで脱出することを決意。置き土産に小型時限爆弾をセットしてGPで基地から離れます。
そして自分たちを見てうろたえるカッツェらが乗るカニキラーを発見すると、バードミサイルで見事粉砕します。
例のごとく脱出用カプセルで逃げるカッツェを見つめる5人。
絶対に倒してみせる。そんな決意を新たに胸に秘めた表情です。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Birds | El Condor Pasa | 第53話「さらばレッド・インパルス」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |