第56話「うらみのバードミサイル」
2017-07-21 Fri 20:06
G56_title.jpg

これは、ジョーが暴走するお話・・・ではありません(爆)

冒頭シーンは、草原の中バイクを走らせるジュンちゃんが、ブラックバードの連中に絡まれるというところから始まります。彼らは下心見え見えで彼女にちょっかいを出そうとしますが、彼女も強い。でも、そこへ現れる一人の男性。
ブラックバード隊長の彼を見たジュンは驚く。幼馴染の矢羽コウジその人だったからです。

やっぱりね、このコウジくん、ジュンの元カレですよ!誰がなんと言おうと。
だってね、「うふふふ♪」「あはははは♪」ですよ?

しかしそんな彼はどうやらギャラクターの元で何かヤバイことをしているらしい。ジュンは爆発する軍施設からバイクで逃走する彼を見て不安を覚えます。
そんな彼女にまた不安にさせるニュースが。博士の報告に引き続き、ジョーから矢羽コウジが最近オートレースに復帰したという情報がもたらされ、ジュンにコウジの身辺を洗って欲しいと頼まれます。が彼女は拒否。人を疑うこの仕事が嫌になった、コウジを疑うなんて私にはできない、と反抗して飛び出してしまいます。

スナックジュンで一人コウジとの思い出に浸るジュン。どう見ても恋人同士(何度も言うが・・)。
と、そこへ4人の男衆がやってきます。明日は大統領を招いてのレースがあるらしい。それに行くかと聞かれたジュンはコウジを疑うのかと反発。と、その時ジョーの容赦ない平手打ちが!
その様子を見守るほかのメンバーたちの表情がなんとも言えません。ジョーの仕打ちはでも仕方なかったと見たようです。
そして健が、俺たちだってコウジを救ってやりたいんだと付け加えると、ジュンは意思を固めます。

オートレース当日。トップを走っていたコウジでしたが、急に減速し、なんと大統領のいる貴賓席に向かって突進。ライフルを構えて狙いを定めますが、ほぼ同時に大統領の近くで張っていたジョーがエアガンを構える。そして狙撃を阻止、失敗したコウジはそのまま壁を突き破って下へとバイクを走らせます。
すかさず彼らを追いかけるジョー、甚平、そして竜でしたが、あえなく暗幕を張られ逃げられてしまいます。
追いついた健、ジュンがいないのに不審がります。

コウジは他のブラックバードのメンバーらにひきづられ、ギャラクター基地となっている首相官邸に連れて行かれます。
そこでカッツェは二度の失敗の責任として、バイクでメカ鉄獣に合体しそのままGPに体当たりすることを命じます。
ジュンを思いながらブラックバード隊を率いて蛇型鉄獣へ変身。GPに向かっていきます。
バードイサイルを打ち込もうとしたジョーでしたが、ジュンは自分に撃たせて欲しいと懇願します。
そして鉄獣に絡まれたGPが急上昇後に急降下して鉄獣を離し、官邸に落としたところにミサイルを打ち込む作戦に。
コウジを思い手が震えるジュンでしたが、目を閉じボタンを押します。
ミサイルは見事に官邸、そして鉄獣に打ち込まれ、大爆発を起こします。

コウジの焼けて破損したヘルメットを大事そうに抱えて撫でるジュン。
後ろの4人も悲しそうに彼女を見つめます。

バードスタイルじゃなくて私服姿というのが、一般の市民としての悲しみを感じているという表れの気がします。


スポンサーサイト
別窓 | 科学忍者隊ガッチャマン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョーくんのプチイタリア語・夏休み特別編 | El Condor Pasa | 第55話「決死のミニ潜水艦」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |