先週のジョー<30>プンプン!
2017-08-08 Tue 18:20
60話「科学忍者隊G−6号」から。

とにかくこの話では、始終ご機嫌斜めのジョーです。
どうしてそうなのかは、健ちゃんが得体の知れない青年を連れてきちゃったことに始まります。

Joe061.jpg

その青年を乗せて出動するところはまだ良かったんですけどね。
でもなんとなく苛立っているようだなあ〜・・と感じるところではありますが。

Joe062.jpg

でも鉄獣ムササビくんの仕組み等を知っている彼は有力な戦力。
健ちゃんは彼と仲良く(?)出動です。
で、おまけに甚平がこんなことを言うものだから、ジョーのイライラは募るばかり!

「よ、頑張れ、G−6号!」(おやふや)

「・・・ちぇっ、何がG−6号だい、面白くねえ(♯`∧´)」


Joe063.jpg

そしてムササビメカの攻撃によって大きく揺れ動くGP。
一生懸命水平に保とうと努力しているのに、竜に八つ当たりです。

「おい、竜!もっと静かに飛べねえのか!(*`皿´*)ノ」


Joe064.jpg


業を煮やしたジョー。ふらふらと赤いボタンの前に・・・。
ジュンの、中には健たちがいるのよ、という声に、「分かっているよ」と答えますが・・。


「何やってんだ、健!(*`へ´*)」


結局青年は自爆するメカと運命を共にするわけで・・。健は涙を流して悲しんでおりましたが、ジョーはどうしたでしょうね。ちょっと気の毒に思ったかな?
いくら彼でもそんなに冷酷ではないはずですよ。寂しく思ったかもしれません(意地悪できなくて←コラ)


ファンはこんな彼でも可愛いとか思っちゃう困った人種です(笑)(いえ、私が、という意味です・・)

本当、ジョーってば子供なんだから!(*´v`)



スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#51〜60) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<第61話「幻のレッドインパルス」 | El Condor Pasa | 池袋でお買い物>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |