第66話「悪魔のファッションショー」
2015-05-29 Fri 19:50


ギャラクターは、ISOへの資金援助&科学忍者隊の大ファンというモナリンス王国の王妃暗殺を企てます。

そこで出動する彼らですが、なんと普通の旅客機。世界的に有名なデザイナーと一緒に乗り合わせた事でテンション上げまくりのジュンですが、前の男どもは例によって興味なし(笑)

まあ確かに寝るしかないのよね、飛行機の中って。音楽とか聴いてたり、モニターで映画観たりとかするのですが、それも退屈してきます。
特に海外は長いからねー。アメリカに行った時は、8時間くらいだったし、昨年のイタリアへは10時間くらいでした。モニターに映る、今この辺飛んでます~というのを観てましたワ。さて、モナリンス王国へは何時間かかるのかな?

そんな訳で健とジョーも寝てる。健はすぐに目を開けたので寝た振りだったみたいですが、ジョーは完全に寝ているような・・・目を閉じているだけか?
まあこの時くらいでしょうからね、眠れるのは。不測の事態に備えて体力温存です。




宮殿に着いても正副リーダー様はゆっくりしてません。早速作戦を練ります。時差ぼけはないらしい。

警護に当たる2人は怪しい集団を発見。隠密みたいに俊敏でした。
そこで彼らが放つ爆弾を見たジョーが「あれは指輪爆弾だぜ」ときっぱり。
以前の薔薇爆弾といい、すぐに敵の武器が解るのはさすがです(薔薇爆弾の場合は思い当たる事があったからだけどね)
これも訓練の賜物・・と思うところですが、深読みすると、親がギャラクター幹部だったのでそれも叩き込まれた、と仮定すると納得するところではあります。

そんなこんなで話の全般は彼らが新しい忍法(?)を身につけるところで終わりますが、後半は実践です。ただローラースケートをしているだけですが(←それを言っちゃあおしまいよ)
それにしても、靴はいつ付けたんだろうね?それもやはり忍法だろうか?(そんなものありませんって)
スポンサーサイト
別窓 | コンドルのジョー(#61〜70) | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<HP企画「お題でイラスト」第十五弾をアップしました。 | El Condor Pasa | 第65話「合成鉄獣スーパー・ベム」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |