FC2ブログ
 
TOKIOは空を飛ぶ
2018-05-14 Mon 20:14

今日は私の思いについて述べてみたいと思います。

私はTOKIOのファンです。
特に、松岡くんの大ファンで、彼の出演するドラマ等はよく観ています。
中でも、「必殺シリーズ」の彼は、まあちょっと雰囲気変わっちゃったけど、妖しいと云うか普段のチャラ男と違って仕事している姿がすごく素敵で殺しのシーンもじっと見入っていました。
なんといっても、彼の魅力は「目力」でしょうか。きっと見つめるそれはまるで獲物を狙う猛獣みたい。

そんな彼ですが、最近出演する「家政婦のミタゾノ」。時間の関係でリアルタイムでなく録画ですが、もう笑いっぱなし(ジーンとくるシーンもあったりしますが)。
特に4話は、冒頭にあの島茂子さん(城島リーダー)が登場してまた楽しませてくれました。


彼は「鉄腕DASH」では、本当にチャラくて(爆)カッコつけたり冗談言ったりして本人の言うところの”ガヤ”の一人なんですが、そんな彼が涙を見せました。くやし涙です。
メンバーだった達也くんが犯した罪をリーダーたちとともに謝罪する会見。彼は、じっと怒りを堪えて涙を流し、話をしていました。
松くんは、本当に達也くんのこと、”兄い”と慕っていました。だからこそ余計に悔しかったんだ。あの時の彼を見て胸が痛くなりました。

世の人々の中には、達也くんに対する彼らのコメントがあまりにもきつく、残酷だとの声がちらほらあったようですが、所詮は外野の意見。誰も彼らの心情を汲み取ることはできません。
頼りにしていたからこそ厳しく言えたのだと思うのです。甘やかすことだけが愛情ではないです。

でもきつく言えるのは、彼らや被害者の方々だけ。周りはもうガチャガチャ言わんでいいのです。
あんなに世間(特にネット界)では攻撃したので、彼のことが心配です。攻撃してたやつらも手のひら返してましたけどね。


昨日は事件後初の「鉄腕DASH」放送がありました。
冒頭で、島での反射炉作りの作業前に、職人さんに謝る長瀬くんの姿。そして彼はその後どうしたらいいかソワソワしている若手のスタッフたちにげきを飛ばす。「出来上がったら一緒に泣こうぜ!」
番組はしばらく島や新宿での作業を経過を交えて黙々と続け、最後には、リーダーが、福島へ向かって「男米」を作ってきた米農家さんたちに頭を下げます。
農家さんたちはこう言いました。
「もし明雄さんが生きていたら、”大馬鹿野郎!”と言うだろう」「でもまだまだ」「これからだ」「震災では一緒に逃げ、ともに米を作ってきた」「ここで終わらせない」「またみんなで一緒に米を作っていく」
リーダーはその時涙を流していました。会見でも決して涙を見せなかった城島さん。
農家さんたちの厳しくも温かい言葉に思わず吹っ切れたのでしょう。これは見ている方も胸がいっぱいで、今でも思い出すとやるせなくなります。

スタッフは、彼らに米作りのリミットを知らせ、直接農家さんたちに謝罪しなければ前に進めない、と伝えました。
その時の重たい城島さん、太一くんの表情が忘れられません。

番組継続に批判もあるのも当然でしょう。
でも、待ち望んでいる人たちはもっとたくさんいます。
また、彼らが相手にしているのは皆「いきもの」です。止めるわけにはいかないのです。ぽいっと捨てるわけにはいかないのです。”命”ですから。
それに・・残った4人には何の罪もありません。もちろん、米やミツバチや東京湾に住み着いてくれた魚たちも。そこを理解してほしい。

達也くんのしたことはもちろん擁護するつもりはありませんが、月日が流れ、世間も、被害者の方々も許してくださるときがくるならば、彼にはこっそり島などで仕事しててほしい。彼はとても楽しそうに作業していた。残念です。
まあ、そうなるのは、もう彼らがおじいちゃんになっているかもですね。
できたら私も生きてて見届けたいものですが。

新しいTOKIO、そして「鉄腕DASH」、期待しています。
学校職員として思うのは、この番組は本当に子供達のいい教材になりうる内容だと思います。
理科、そして社会。それから食育にも貢献するのではないかな。


そんな激動の日々でしたが・・感じたのは、やはりネット社会って怖いな、ということです。
「自称正義の味方」が湧いてきて攻撃する様はリンチのようで怖かったです。
こんなネットとかなかった時代がとても懐かしく思う今日この頃です。


最後に・・・変な気を起こさず、ちゃんとしっかり病気を治すんだよ、達っちゃん。


(ちなみに、タイトルはジュリー(沢田研二さん)の往年の名曲の歌詞を捩りました)

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ジョーくんのプチイタリア語2<14>何をしているかを聞く | El Condor Pasa | 『たった一分でいい』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |