FC2ブログ
 
中級のイタリア語<18>未来形<2>先立未来(前未来)
2019-07-16 Tue 21:07
medio_italiano_18.gif


先立未来(前未来とも言います)とは

「単純未来が、これから先の一時点で起こるであろう動作・状態を表すのに対し、先立未来とは、その一時点を基準にその前に起こるであろう(完了するであろう)ことを指します」

・・・です(爆)


つまり、『「〜だろう」「〜するつもりだ」と言う先の予定の前に』完了するだろうという事柄。

「この仕事が終わってから、お買い物に寄ろうかな」

この文でいうと、前半の「この仕事が終わってから」が先立未来です。お買い物は仕事が終わったら、この終わってからも一応今の時点では未来なので、「先立(前)未来」というわけです。

「先立未来」の用法は

助動詞 avere または essere の未来形+過去分詞の形です。


雨がやんだら、出かけましょう。

Usciremo appena avrà smesso di piovere.

*appena (アッペーナ)〜するやいなや、〜したら
*piovere (ピオヴェーレ)雨が降る

他に、dopo che(ドッポ ケ:〜した後に)、quando(クアンド:〜している時に)などの接続詞とともに用います。


また、会話では、同じ意味で「先立未来」の代わりに「単純未来」を使う傾向があるようです。


Usciremo appena smetterà di piovere.



実はこの「先立未来」は、もう一つ用法があります。

言葉に未来というのがありますが、過去の意味を表し、「〜だったのだろう」となる用法があります。


博士は何時に着いたのかな?

A che ora è arrivato dottore ?


さあ、午前0時ぐらいじゃないかしら。

Mah, sarà stata mezzanotte.




私は実を言うと、準2級を視野に入れて勉強しようと思っています。
この「先立未来」はその準2級でしっかり登場すると言うことなので、単純未来と同様にしっかりやろうと思っているんですが・・3級だけでも似通った用法があって、試験会場ではこんがらかりそうです。
なので、今後は整理してこちらでも紹介していきたいと思います。


さて、次回は「命令法」です。

またお会いしましょう。


Ci vediamo !


スポンサーサイト
別窓 | 中級のイタリア語 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<本日のキャプチャ<#65> | El Condor Pasa | HPにてオリジナルフィクションをアップいたしました。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| El Condor Pasa |